社員から見るギフトユアライフ:坂井 保之

大きな価値の創出に向けて、仲間と共に。

常翔啓光学園高等学校 ラグビー部に所属
近畿大学商経学部経営学科 体育会ラグビー部に所属
京都市役所入局
その後、一社専属の外資系金融会社への転職を期に保険業界へ。
Gift Your Life株式会社の創業メンバーとして現職。

Q.坂井本部長から見て、ギフトユアライフという会社はどのような会社でしょうか。

一言で言うと、可能性が伸びる会社、そして可能性を伸ばしてくれる会社だと思っています。
さらに、温もりある会社だと思っています。
2013年4月の創業当時(創業2013年1月)は、何をやるにしても初めての事ばかりですから、『めちゃめちゃ』、がむしゃらにやってきました。
多くのメンバー(社員)が集まってくるような、仲間と一緒に頑張れるような環境を作ろうと活動してきて、今では全国に18拠点まで展開することが出来ました。

Q.ギフトユアライフならではの可能性というは、どのような可能性を伸ばしていけるのでしょうか。

弊社は、生命保険、損害保険だけではなくて、証券、そして不動産、コールセンター、そしてセミナー教育事業という多角的なFP事業展開をしております。
その中で例えば、セミナー教育事業部。
2015年にセミナー教育事業部を立ち上げ、今では全国で年間500回ほど講師登壇させていただいております。講師をやりたい、講師経験を活かしたいという方には、存分にチャンスを提供できる環境が出来ていますし、研修教育制度や実務のノウハウもあります。

他にも可能性というのは色々な形があると思いますけれども、証券や、不動産のスペシャリストになるという選択肢もあると思います。

ご自身の可能性をどう伸ばしていくのか、この環境をどう活かしていくのかを考えて、日々の活動に専念して取り組んでいけば、気付かなかった可能性も発見できると思っております。

Q.セミナー講師をやって、個別相談につなげていきたいと思っても、うまくいかない募集人も多くいると思いますが、会社としてどのような対策をされていますか?

まずセミナー開催については、提携企業様と共同でセミナーをさせていただいています。集客は提携企業様、登壇講師とコンテンツ作成、個別相談はGift Your Life社で、というようにポジショニングを明確にして協業しております。
またコンテンツラインアップとしては、アップデートを行いつつ20~30タイトルほどございますが、提携企業様側からカスタマイズのご要望も多くいただきますので、そのようなご要望に対してコンテンツを作り上げていきます。

個別相談に繋げるために、セミナーでお客様のニーズにカスタマイズする事は当然ですが、そもそも伝わっているのか、伝え方は間違っていないか等の確認、また工夫はできているのか、丁寧さ、声の発し方、言葉使い、見せ方、時間配分、司会者との連携等、セミナー教育事業部内で即日の検証や、各週で研修・ミーティング、年二回の合宿を行い、ブラシュアップ・アップデートを行っております。

Gift Your Lifeという強み

Q.では、次の質問なのですけれども、ギフトユアライフの強み、他の代理店に無い魅力というのはどのような点でしょうか。

そうですね。他の代理店さんと比較すると言っても、私が他の代理店さんを良く理解していません。
ただ、FPとしての前提と言いますか、大切な事というのは、お客様の担当者であり続けるということが、非常に大事だと思っています。
その前提があったうえで、やはり、生命保険一つ取ってみても、取り扱い保険会社の数の違いが大きな点だと思っていますし、また、お金の解決策というのは、生命保険だけではないと考えています。証券であったり、不動産、住宅ローンであったり多種多様であり、
こういった全てのものがお金の解決策だと思っています。そして、一番の強みはそれらの解決策を自社で取扱いが出来、ワンストップサービスができるところであると思っています。

そして、もう一点の強みは、他の会社の方々からも、よく「Giftさんって、非常に多種多様な研修制度が整っていますよね」と言われます。
金融商品に関しては、当然行っておりますけれども、代表からの自己啓発研修、そして営業職としてのリーダーシップ研修や、マーケティング戦略研修、こういったものも行っています。さらに有志による研修会も増えてきています。
自己成長する文化が育ってきているということも、我々の強みだと思います。

Q.なるほど。よく分かりました。ありがとうございます。

保険屋というよりも、ファイナンシャルプランナー、FPとしてみなさん活動しているということがすごく特色なのですね。
では、ギフトユアライフでは、どのような経験や能力が活かせるのでしょうか。

先ほども述べましたけれども、セミナー登壇できるチャンスというのは多くあります。
セミナー以外にも、証券のスペシャリストを目指すという事も、また不動産に関しても同じくです。Gift Your Life社では、そういった多彩なチャネルのプラットフォームを使うことが出来るので、それらを活用して、これまでの経験やご自身の能力を存分に発揮してもらいたいと思っています。

自分にはそんな能力も経験もないという方もいらっしゃるかもしれませんが、多種多様な研修制度などフォロー体制も整えていますので、経験や能力ばかりではなく、お客様、ご縁のある方々の幸せを願う方にジョインしていただきたいと考えています。

また、Gift Your Life社では、チームビルディングを非常に重視しています。
この業界の営業職というのは、当然、一人で活動するという事が多いと思います。
様々な反対を受けると、マインドというか、心がぶれてしまう場合もあるわけです。
でも近くに仲間がいたら、助け合えますし、一緒に成長も出来ます。また一人の考えだけではなく、色んな考えがあったらチームとして、個人のレベルを必ず上回れると思います。
ですので、チームとして協調性をもって、一緒に頑張れる方、なおかつ成長したい方は向いていると思っています。

“現状維持は衰退”という言葉をよく聞くと思いますけれども、そういう考えのもと、前向きに取り組める方にジョインいただきたいと思っています。

メーカーという価値

Q.ギフトユアライフが目指す未来、今後のビジョンについて教えてください。

そうですね。
創業当初から一つの目標にしているのが、メーカーになることです。
金融商品を作れる会社、つまり第一分野、第三分野の販売できる生命保険のメーカーになりたいと思っています。
その目的は、先ほども申しましたけれども、ご縁ある人の幸せ、そして我々の会社で働いているメンバー(社員)が長く働き続けられる環境、さらには成長を続けられる環境を作りたいからです。
考え方ではありますが、メーカーになるという事は、多くの資金が集まって、信用を得られるという事ですよね。そういう体制に持っていくのが一つの目標であります。

Q.なるほど。あくまで少額短期保険ではなくて、生命保険会社として、第一分野、第三分野の商品の開発をできるぐらいの、会社としての信用力が持てるようになりたいという事ですね。

その結果、その中にいる社員や、もちろんお客様も含めて、全員の幸せに大きなバックボーンを作りたい、という大きなコミットが聞こえてきました。

大きくデザインしないといけないと思うんですよね。
経営に携わらせていただいているのであれば、やはり大きな夢や希望というのをメンバー(社員)に伝え続けたいと思っています。

Q.ありがとうございます。
ちなみに今まで9年間やってきて、これは本当にピンチだったなという事はありましたか?
その時に、こんな仲間がいたから助けられたというようなエピソードがあれば、差し支えない範囲で。

もちろんありますよ。(笑)
本当にどん底になった時というのがあって、でも、乗り越えてきた。
がんばろうぜって、メンバー(社員)から声が上がったんです。
こんなことでくじけたらだめだよねって。
そこが非常に大きかったかなと思います。みんな応援してくれました。
これは、提携企業様や社外の方も同じですね。一緒に頑張っていきましょうと。
本当にありがたかったです。
なので、日々やってきたことが間違っていなかったのだなと思います。
同じ方向を向いて、仲間とやってきたからこそ、証明できた一つのシーンだったと思いますね。

Q.なるほど。個々がコツコツやってきて、個の力が集まって会社として強く成長しているというのがすごくよく伝わってきました。
では最後に、入社を検討している方に一言お願いします。

2020年度は弊社スローガンとしては「One Team」、そして2021年度は「Build SuperTeam ~一人一人の夢をかなえる~」という事をスローガンに掲げています。
営業職は一人でやる仕事が多いですが、個人の能力を上回る高い目標を達成するためにはチームとしてやっていくべきだと思います。
このコロナ禍の厳しい状況ではありますが、この業界全体を盛り上げていきたいという志を持っている方、また使命感を持っている方、是非、ジョインしてほしいと思います!

他の社員の声
Pマーク ?損保ジャパン日本興亜海外旅行保険申し込みペット保険
gylセミナーキャッチコピー
sbi_iDeCo