「借金減額シミュレーターは怪しい!」という人向けにからくり・仕組みやデメリットを徹底解説

借金減額シミュレーターの仕組みやデメリットを解説

借金の減額を診断できる借金減額シミュレーター(借金減額診断)は、無料かつ匿名で利用できます。

弁護士事務所や司法書士事務所が運営元なので、安心して利用できるサービスです。

しかし、なかには「借金減額シミュレーターは怪しい!」と判断してしまう人がいます。

からくり・仕組みを理解すれば、なぜ借金が減るのかがわかるでしょう。

本記事では、借金減額シミュレーターで減額できるからくり・仕組みを解説します。

借金があって減額を望んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 借金減額シミュレーターは嘘でも怪しいわけでもない
  • 弁護士事務所・司法書士事務所の利用がおすすめ
  • なるべく早めに相談するのが最適
目次

借金減額シミュレーターとは、借金をどれだけ減額できるか診断できるサービス

借金減額シミュレーターのおすすめポイント

借金減額シミュレーターとは、借金をどれだけ減額できるか診断できるサービスです。

誰でも無料で利用できるサービスで、弁護士事務所または司法書士事務所のサイトに設置してあります。

借金について詳しく知らなくても、本名を明かさなくても利用できる安心のサービスです。

診断結果によって、過払い金の発生や債務整理の可否などを判断できます。

債務整理をするとローンが組めない心配をされる人がいますが、事故情報の登録期間は5年〜10年です。

期間が経過すれば、お金を借りられる可能性があります。

減額シミュレーターのおすすめポイント
  • 借金をどれだけ減額できるかを診断できる
  • 誰でも匿名かつ無料で利用できる
  • 一生ローンを組めないわけではない

借金減額シミュレーターの利用で返済負担が減るからくり・仕組み

借金減額シミュレーターで返済負担が減るからくり

借金減額シミュレーターを利用すると「借入状況に応じて月々の返済負担を減額できる可能性がある」といった診断結果になります。

少ない情報の入力で返済減額ができると教えてくれるのは、からくり・仕組みがあるからです。

借金減額シミュレーターを安心して利用できるように、からくり・仕組みを把握しておきましょう。

借金減額シミュレーターの利用で返済負担が減るからくり・仕組み
  • 過払い金返還請求で返還できた過払い金と借金を相殺する
  • 債務整理の任意整理・個人再生・自己破産で借金を減額または免除する

過払い金返還請求で返還できた過払い金と借金を相殺する

過払い金返還請求とは、利息制限法の上限を超えて払い過ぎた利息を貸金業者に請求する手続きです。

計算して払い過ぎた利息があれば、以下の通り現在の借金と相殺できます。

借金と過払い金との比較過払い金返還請求後の結果
借金>過払い金借金を減額できる
借金=過払い金借金がゼロになる
借金<過払い金お金が手元に残る

払い過ぎた利息については、上限金利の引き下げが適用されます。

元金によって、以下の通り上限金利が異なるので確認してください。

元金上限金利
10万円未満年20.0%
10万円以上100万円未満年18.0%
100万円以上年15.0%

なお、過払い金は誰もが返還されるわけではありません。

以下に当てはまる人であれば、過払い金返還請求ができます。

過払い金返還請求ができる人
  • 2010年6月以前に借り入れの契約をしている人
  • 貸金業者が倒産せずに取引から10年以内の人(時効を除く)

時効の詳細は、最後に取引してから10年経過することです。

10年経過すれば、過払い金返還請求の権利が消滅してしまいます。

第百六十六条 債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。

一 債権者が権利を行使することができることを知った時から五年間行使しないとき。

二 権利を行使することができる時から十年間行使しないとき。

引用元:e-Gov法令検索「民法」

債務整理の任意整理・個人再生・自己破産で借金を減額または免除する

債務整理とは、返済する借金を減額したり免除したりができる手続きです。

借金救済制度のうちの1つで、合法的に借金問題を解決できます。

債務整理でできる手続きは、主に任意整理・個人再生・自己破産の3つです。

任意整理は弁護士や司法書士が裁判所を利用せず、貸金業者と直接交渉し、長期の分割払いで支払う和解を目指します。

個人再生と自己破産は裁判所を利用しますが、任意整理よりも減額幅が大きいです。

ただし、自己破産は借金がゼロになる代わりに、自宅や車などの財産が没収されるので注意してください。

債務整理でできる手続き特徴
任意整理債権者と直接交渉して返済方法を決める手続き
個人再生裁判所を介して借金総額の原則5分の1を減額する手続き
自己破産裁判所を介して借金総額の返済義務を免除する手続き

任意整理は債権者と直接交渉して返済方法を決める手続き

任意整理とは、債権者と直接交渉して返済方法を決める手続きです。

交渉後に和解が成立すれば、将来利息や遅延損害金を減らせたり、分割回数を増やして月々の返済負担を少なくしたりができます。

分割払いに関しては3年(36回)〜5年(60回)で返済していき、延長された期間分には利息がかかりません。

任意整理にかかる費用は債権者数によりますが、一般的に1社につき10万円前後の費用がかかります。

債権者との和解には最短で3か月程かかるので覚えておきましょう。

デメリット
メリット
  • 信用情報機関に情報が約5年間載る(ブラックリストに載る)
  • 約5年間は借入・ローンの利用ができない
  • 将来利息をカットできる
  • 督促や取り立てが来なくなる
  • 任意整理する借入先を選択できる
  • 完済までに見通しを立てられる
  • 任意整理したことがバレにくい

個人再生は裁判所を介して借金総額の原則5分の1を減額する手続き

個人再生とは、裁判所を介して借金総額の原則5分の1を軽減する手続きです。

人によっては10分の1程度まで減額ができて、借金額が多い人が利用する傾向があります。

ただし、最低限返済しなければならない最低弁済額の指定によって、100万円以下の圧縮は不可能です。

手続きは裁判所を介するため、半年から1年ほどかかります。

費用は約70万円かかり、マイホームを処分しない住宅ローン特則の制度を利用すると追加で10万円です。

デメリット
メリット
  • 信用情報機関に情報が5年~10年載る(ブラックリストに載る)
  • 継続的に返済しなければならない
  • 返済義務が保証人へ移る
  • 官報に掲載されて周囲にバレる可能性がある
  • 債務対象が広い
  • 借金総額の原則5分の1を軽減できる
  • 場合によっては10分の1まで軽減できる
  • 住宅ローンを完済していなくても住み続けられる
  • ローンを完済している車は処分されない
  • なぜ借金したのかが問われない

自己破産は裁判所を介して借金総額の返済義務を免除する手続き

自己破産とは、裁判所を介して借金総額の返済義務を免除する手続きです。

生活ができず、完済できる見込みがないほど追い込まれている人が利用する傾向があります。

完済できる見込みがあると、裁判所から支払いの免責を認可してもらえないからです。

手続きをするには少なくて約30万円、多くて約100万円の費用がかかります。

裁判を利用する都合上、約3か月〜1年しないと手続きが完了しません。

借金ゼロになるメリットはありますが、代わりに保証人や連帯保証人が支払うデメリットがあります。

デメリット
メリット
  • 信用情報機関に情報が5年~10年載る(ブラックリストに載る)
  • 官報に掲載されて周囲にバレる可能性がある
  • 家や車などの財産がなくなる
  • 一定の職業と資格に制限がかかる
  • 借金がゼロになる
  • 督促や取り立てが来なくなる
  • 無職やフリーターの人でも利用できる

借金減額シミュレーターのデメリット3選

借金減額シミュレーターのデメリット3選

借金減額シミュレーターには、メリットだけではなくデメリットもあります。

借金減額シミュレーターのデメリット3選
  • シミュレーターのみの診断結果は正確ではない
  • 診断時に入力した情報から電話やメールがくる場合がある
  • 悪質な業者に個人情報を悪用される詐欺サイトがある

借金減額シミュレーターを利用すると、借金を減額できるかを無料で診断してくれるメリットがあります。

いきなり弁護士事務所・司法書士事務所に相談するハードルが下がるため、利用しやすいです。

特に悪質な業者に引っ掛からないように、注意して利用するようにしてください。

弁護士事務所・司法書士事務所のサイト上にある借金減額シミュレーターであれば、比較的安全に利用できるでしょう。

シミュレーターのみの診断結果は正確ではない

シミュレーターのみを利用した診断結果では、正確性に劣るデメリットがあります。

診断結果でわかることは、たった3つの質問だけで回答者の借金が減らせるかどうかの答えです。

より具体的な情報がなければ、確実に借金を減らせるとは言えません。

シミュレーターを利用するときに出てくる質問は以下の3つです。

借金減額シミュレーターに出てくる質問内容
  • 借入金額
  • 借入期間
  • 返済状況

ここからさらに専門家に相談することで、どれくらい借金を減額できるかがわかります。

過払い金返還請求を利用する場合、借入契約をした時期や貸金業者の経営状況などを確認すれば減額できる可能性が高いです。

債務整理を利用する場合、債権者または裁判所の判断に委ねられます。

債権者が和解の交渉に応じなかったり、仲介する裁判所が認可しなかったりすると借金を減額できないからです。

借金減額シミュレーターの診断結果だけではなく、実際に専門家と相談してみて減額できるかを確認してください。

診断時に入力した情報から電話やメールがくる場合がある

イーメールの画面

最後の質問まで回答すると、診断結果の詳細を伝えるために個人情報の入力を求める画面が出てきます。

入力する情報は主に以下の3つです。

最後の質問のあとに入力する個人情報
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 苗字(匿名可能)

利用先のサイトを運営している事務所から電話やメールが来る場合があるので、覚えておきましょう。

人によっては忙しいときに電話が来たり、メールを見落としたりしてデメリットを感じる人がいます。

電話番号やメールアドレスを入力する際、どちらの連絡方法を希望するかを選択する項目がありません。

借金減額シミュレーターは24時間いつでも受け付けていますが、営業時間は決められています。

営業時間外で電話が来ることはないので、都合が合わない人には不向きです。

悪質な業者に個人情報を悪用される詐欺サイトがある

個人情報を悪用される詐欺サイトには注意する

悪徳な業者に個人情報を悪用される詐欺サイトがあるので、利用しないでください。

借金減額シミュレーターを実施しているのは、基本的に弁護士事務所・司法書士事務所です。

実在する事務所に設置している借金減額シミュレーターなら、安心して利用してください。

事務所以外に、企業や個人が借金減額シミュレーターをサイト内に設置している場合があります。

企業や個人には、弁護士法や司法書士法にある守秘義務が適用されません。

個人情報を悪用する事例は後を絶えないので、利用時は注意してください。

また、利用登録時には個人に関する情報を入力しますが、氏名、住所、年齢、性別、メールアドレスなどが 無断で、別の目的に使われたり悪質な業者に第三者提供されたりするリスクもないとは言いきれません。 登録情報の利用目的についても、しっかり読んで確認しておくことが大切です。 

引用元:総務省「インターネットトラブル事例集」

騙されるのが不安な人は、なるべく弁護士事務所・司法書士事務所を利用しましょう。

企業・個人でも個人情報を正しい目的で使用するところもありますが、リスクがないとは言い切れないからです。

借金減額シミュレーターを利用するべき人

借金減額シミュレーターを利用すべき人の特徴

以下の項目に当てはまる人は、借金減額シミュレーターを利用するべきです。

借金減額シミュレーターを利用するべき人
  • 返済の負担で生活が苦しい人
  • 借金を滞納している人
  • 借入先の数や借入総額が不明な人
  • 自己破産したくない人
  • 借金苦を他の人には知られたくない人
  • 督促状が届いている人

今の生活でも何とかできていても、根本的な問題を解決しなければ、将来的に安定した生活が継続しません。

しかし、自分が借金減額シミュレーターを利用するべきなのか、迷っている人がいることでしょう。

早めに借金を減額できれば、返済で苦しかった生活から少し解放されるでしょう。

借金減額シミュレーターを利用するか迷っている人は、参考にしてみてください。

返済の負担で生活が苦しい人

返済の負担で苦しい人は、すぐに借金減額シミュレーターを利用するべきです。

収入と返済の差額が狭いと、生活に必要なものを購入するのが困難になります。

以下を利用して返済苦になっている人は、前向きに利用を検討してみてください。

借金苦になっている人が使っている傾向があるサービス
  • カードローン
  • リボ払い
  • 消費者金融
  • 銀行

特に借金を返済するために新たな借金をしている人は、完済しない限り返済先が増えてしまいます。

返済先が増えると総返済額も増えてしまい、借金が中々減らない事態に陥るので注意してください。

返済期日も返済先によって異なるため、管理が複雑になってしまいます。

弁護士事務所・司法書士事務所に相談して、最適な解決方法がないかを聞いてください。

借金を滞納している人

借金の期日までに返済ができず、滞納している人は借金減額シミュレーターを利用するべきです。

早めに借入先に相談して返済する意思を伝えないと、以下のリスクが起こる可能性があります。

借金を滞納していると起こるリスク
  • 借入先からの催促状・督促状が届く
  • 返済していない分が一括請求になる
  • 債権者が裁判を起こす
  • 財産を差し押さえされる
  • ブラックリストに載る

借金の返済から抜け出せず、何から始めればいいかわからない人は早めに弁護士事務所・司法書士事務所に相談してください。

事情や要望、状況によって最適な解決策を教えてくれるからです。

滞納を放置すると、遅延損害金が増えて高い金利を請求されます

借入先の数や借入総額が不明な人

借入先の数や借入総額が不明な人は、多方向からの請求で返済が困難になります。

借金減額シミュレーターを利用して、弁護士事務所・司法書士事務所に相談してください。

例えば複数社の消費者金融から借入しているとき、おまとめローンを利用すれば借入利率が1つに定まって返済負担を軽減できます。

おまとめローンとは、複数ある借入先を一本化するローンです。

利用イメージは以下の通りです。

A社・B社・C社の毎月の返済金額の合計36,000円から、おまとめローンによって12,000円が削減されます。

スクロールできます
借入利率借入残高毎月の返済金額
A社16.0%30万円9,000円
B社17.0%40万円12,000円
C社18.0%50万円15,000円
おまとめローン15.0%120万円24,000円

自己破産したくない人

借金が苦しくても、自己破産だけはしたくない人がいます。

マイナスのイメージがあり、自己破産に踏み切れない人が多いです。

イメージを払拭するために以下の表にまとめたので参考にしてください。

スクロールできます
自己破産のマイナスイメージ回答
人生の失敗した人生活を1から立て直せる制度だから人生の失敗ではない
財産を失ってしまう生活に必要な家電や家具、債務者以外の財産などは差し押さえの対象にならない
仕事を辞めさせられる自己破産が理由で懲戒解雇にはならない
やりたい仕事がもうできない一定の職業と資格に制限がかかるものの、一生続くわけではない

どうしても自己破産したくない人は、任意整理か個人再生がおすすめです。

いずれにせよ借金減額シミュレーターを利用して、専門家へ相談する手続きが必要になります。

借金苦を他の人には知られたくない人

借金苦で問題を抱えてしまい、他の人には知られたくなくて悩んでいる人は借金減額シミュレーターを利用してください。

1人で悩んでいても、問題は解決しないからです。

世間体を気にする人や相談が苦手な人、責任感が強い人などは1人で何とかしようとします。

しかし、借金問題を解決できるのは借入先の貸金業者と弁護士事務所・司法書士事務所です。

無料で相談ができて、正式な契約を結ぶまで費用がかかりません。

相談内容が誰かにバレる心配もないため、気軽に利用してください。

また、相談は自分だけではなく、家族に借金がある場合でも相談を受けてくれます。

相談者に無理のない最適な提案をしてくれるので、心配する必要はありません。

督促状が届いている人

督促状が届いている人は、すぐに借金減額シミュレーターを利用して専門家に相談してください。

生活が破綻して、取り返しのつかない事態になってしまうからです。

そもそも督促状は、返済が滞ったときに貸金業者や銀行から送られてきます。

「重要」「至急開封」などが赤字で封筒に書かれていて、初めて見た人は驚いてしまうことでしょう。

しかし、封筒の外または中身の文書には、支払いの期限が記載されています。

期限内に支払わずに無視してしまうと、催告書や最終勧告が届き、最終的に一括請求や差し押さえになるので注意してください。

借金減額シミュレーター怪しい?初めて使う人向けに利用の流れを解説

借金減額シミュレーターを利用する際の流れ
借金減額シミュレーターの利用の流れ
  • 弁護士事務所または司法書士事務所のサイトにアクセス
  • 借入金額を答える
  • 借入期間を答える
  • 返済状況を答える
  • 個人情報を入力して無料相談を受ける

自分が借金減額シミュレーターの利用するべき人でも、怪しいイメージがあって利用を躊躇する人がいることでしょう。

少なくとも利用先が弁護士事務所・司法書士事務所であれば、安心して利用できます。

問われた質問に対してワンクリックで回答するだけなので、難しい操作がありません。

利用の流れが不安な人はぜひ確認して、借金減額シミュレーターを利用してみてください。

弁護士事務所または司法書士事務所のサイトにアクセス

法務事務所のスマホ画面

弁護士事務所または司法書士事務所のサイトにアクセスしてください。

アクセスすると、借金減額シミュレーターが設置しているサイトと設置していないサイトがあります。

設置していればそのまま借金減額シミュレーターを利用、設置していなければ無料相談のサービスを提供している事務所の利用がおすすめです。

企業・個人が借金減額シミュレーターを設置している場合がありますが、利用をおすすめしません。

一部のサイトでは個人情報を抜き取り、悪質に利用する場合があるからです。

弁護士事務所または司法書士事務所で借金減額シミュレーターを見つけたら、質問に回答していきます。

借入金額を答える

借金減額シミュレーターを利用すると、借入金額を聞かれます。

シミュレーターはシンプルな操作性で、基本的にクリック形式で進めていく流れです。

指示に従って必要な情報を入力するだけなので、難しい操作をする必要はありません。

以下3つの項目があるので、当てはまる回答をクリックしてください。

借入金額で回答する項目
  • 0~49万円
  • 50~200万円未満
  • 200万円以上

なお、借金が少なすぎると、弁護士事務所・司法書士事務所に相談しても減額できない可能性があります。

借入期間を答える

借入金額を回答すると、借入期間がどれくらいなのかを聞かれます。

正確に答える必要があるため、選択する際は自身の借入期間を確認したうえで選択しましょう。

複数社から借入している人は、現在借りている1社目をいつから借りていくのかを確認すればわかります。

以下3つの項目があるので、当てはまる回答をクリックしてください。

借入期間で回答する項目
  • 0~5か月未満
  • 5か月~10年未満
  • 10年以上

なお、借入期間が短すぎると、弁護士事務所・司法書士事務所に相談しても減額できない可能性があります。

返済状況を答える

借入期間を回答すると、返済状況を聞かれます。

現在の返済状況を正確に伝えることで、どの手続きが必要になるのかを知ることができます。

回答数る際は見栄を張らず、正直に選択しましょう。

以下3つの項目があるので、当てはまる回答をクリックしてください。

返済状況で回答する項目
  • 支払うことはできているが、できれば減らしたい
  • 定期収入はあるが、支払いはできていない
  • 定期収入がなく、支払いができていない

支払いができていれば、借金を減額できる可能性が高いです。

定期収入がないと、債務整理をしても支払いができなくて困難になります。

個人情報を入力して無料相談を受ける

プライバシーポリシーが記載されている画面

全ての質問に回答すると「月々の返済額を減額またはゼロにできる可能性がある」といった診断結果が表示されます。

詳細は相談すると伝えてくれるので、個人情報を入力してください。

個人情報の入力後、必ずプライバシーポリシーの内容を確認しましょう。

プライバシーポリシーとは、個人情報の取り扱いを示す方針です。

簡単に説明すると、入力した情報は無料診断・相談以外の用途に使用しないことが記載されています。

問題なければ同意して、個人情報を送信してください。

借金減額シミュレーターをやってみた人の事例を紹介

借金減額シミュレーターを実際に利用した人の事例

借金減額シミュレーターをやってみた人の事例を紹介すると、利用するイメージができるでしょう。

例えば自営業をしている30代男性の返済額が4分の1にまで減った事例を紹介します。

苗字(匿名)H様
性別男性
年齢30代
職業自営業
借金総額200万円以上
相談前の毎月の返済額20万円
相談後の毎月の返済額5万円
借金が膨れ上がった背景売上の低下や生活費・家賃の支払いでやりくりをしていた
利用した減額方法任意整理

毎月の返済額が20万円だった人でも、任意整理によって5万円まで下げられた事例があります。

利用者の状況によって異なりますが、完済できる人もいるほどです。

以下2人目の事例を紹介します。

苗字(匿名)S様
性別女性
年齢50代
職業パート
借金総額120万円以上
相談前の毎月の返済額10万円
相談後の毎月の返済額0円
借金が膨れ上がった背景10年以上も前に複数社から借りた。今となっては今月の返済分を用意するだけの生活になって苦しくなった。
利用した減額方法過払い金返還請求

S様は過払い金返還請求をして、手元に40万円程残りました

完済できれば、これまでの苦しかった生活から解放されます。

まずは借金減額シミュレーターを利用して、事務所に相談してみてください。

借金減額シミュレーターはどこがおすすめ?失敗しない選び方

自分に合った借金減額シミュレーターの選び方

借金減額シミュレーターを設置しているサイトが多く、どこを利用するべきか迷っている人がいることでしょう。

安心安全なサイトで利用できれば、個人情報を悪用される心配がありません。

以下3つの項目を満たす利用先であれば、おすすめの利用先と言えます。

借金減額シミュレーターのおすすめの利用先
  • 弁護士事務所または司法書士事務所で実績があるところ
  • 関係のない情報の入力を要求しないところ
  • 個人情報を適切に取り扱うプライバシーポリシーがあるところ

借金の減額に失敗しないために、利用先の特徴を確認してください。

ここでは、借金減額シミュレーターのおすすめの利用先かつ失敗しない選び方を解説します。

弁護士事務所または司法書士事務所で実績があるところ

弁護士事務所または司法書士事務所で実績があるところであれば、失敗するリスクがほとんどありません。

実績については、サイト内をチェックすると見つけられます。

ほとんどの事務所では相談件数が数万〜数十万件以上の記載があり、全国対応しているところが多いです。

一部の事務所では実際の相談をもとに、一般的な事例を作成しています。

相談後のイメージがしにくい人は、ぜひ確認してみてください。

実績の他に、事務所の強みを挙げているところがあります。

都合に合う事務所を選び、借金減額シミュレーターを利用してください。

よくある事務所の強みは以下の通りです。

よくある事務所の強み
  • 相談無料
  • 何度でも相談可能
  • 誰にもバレない
  • 最短即日で催促ストップ
  • 全国どこでも対応
  • 24時間365日受付中

関係のない情報の入力を要求しないところ

関係のない情報の入力を要求しないところは信用できるため、借金減額シミュレーターの利用先としておすすめです。

悪用を目的としているサイトの場合は、必要以上に情報を求めてくるからです。

例えば勤務先や住所など、借金減額の相談においては必要ありません。

必要なのは、診断結果の詳細を伝えるための電話番号とメールアドレスです。

中には年齢や在住している都道府県を聞いてくるサイトもありますが、個人を特定される心配はありません。

特に全国各地の事務所や専門チームが連携して対応している場合、在住している都道府県の情報は重要です。

勤務先や自宅の住所は個人を特定できてしまうため、慎重に利用先を選んだ方が良いでしょう。

個人情報を適切に取り扱うプライバシーポリシーがあるところ

弁護士事務所のプライバシーポリシー

プライバシーポリシーがあれば、安心して借金減額シミュレーターを利用できます。

もしプライバシーポリシーのないサイトの場合、悪質な業者の可能性が高いです。

個人情報の利用目的を明らかにしないことを意味するため、信用ができません。

弁護士事務所・司法書士事務所に限らず、企業・個人のサイトでも同様です。

代表的な消費者金融を例に挙げると、プライバシーポリシーが必ず掲載されています。

信用性の高い証明になるため、借金減額シミュレーターの利用先を決めるときの判断基準にしてください。

スクロールできます
プロミスアイフルSMBCモビットアコムレイク
社名SMBCコンシューマーファイナンス株式会社アイフル株式会社三井住友カード株式会社アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)新生フィナンシャル株式会社 Shinsei Financial Co., Ltd.
資本金1,407億37百万円940億28百万円200億円638億3,252万円1億円
加盟指定信用情報機関日本貸金業協会
(社)日本クレジット協会
(社)日本経済団体連合会
株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー
日本貸金業協会日本貸金業協会
(社)日本クレジット協会
(社)日本経済団体連合会
日本貸金業協会
登録番号関東財務局長(14)第00615号近畿財務局長(14)第00218号近畿財務局長(14)第00209号関東財務局長(14)第00022号関東財務局長(10) 第01024号
所在地東京都江東区豊洲二丁目2番31号 SMBC豊洲ビル (03)6887-1515(代)京都府京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1大阪府大阪市中央区今橋4-5-15東京都港区東新橋一丁目9番1号 東京汐留ビルディング東京都千代田区外神田三丁目12番8号
電話番号0120-24-03650120-201-81003-5908-024103-6885-0001(代表)03-3525-9000(代表)

借金減額シミュレーター後に依頼して支払う費用を抑えるコツ

借金減額シミュレーター後の依頼で費用を抑えるコツ

借金減額シミュレーターの利用およびその後の相談は無料ですが、依頼して契約を結ぶと費用が発生します。

費用を抑えておかないと、今月の返済がより苦しくなるでしょう。

依頼後の費用をどのように抑えるのか、コツを3つ紹介します。

借金減額シミュレーター後に依頼して支払う費用を抑えるコツ
  • なるべく早めに無料相談をする
  • 保険や特約を惜しみなく活用する
  • 複数社に見積もりを依頼して比較する

コツを押さえておけば費用の負担が減り、返済の負担も減ります。

返済の負担が減れば、将来的に安定で継続的な生活を早く実現できるでしょう。

なるべく早めに無料相談をする

借金の返済が苦しいと感じたら、なるべく早めに無料相談を利用してください。

依頼する件数が少ないほど、費用を抑えられるからです。

問題を先送りにしてしまうと、返済金額が膨れ上がったり、返済期間が延びたりします。

特に借金を返済するために新たな借入をする人は、根本的な解決になりません。

借入先が増えれば、弁護士事務所・司法書士事務所に対して長期的な依頼になってしまいます。

少ない依頼件数と短期間の依頼を意識して、相談する決断をしてください。

「今の生活でも何とかできている」という人でも手遅れになるケースがあるので、早期の相談が重要です。

弁護士保険を惜しみなく活用する

弁護士の利用に備えて、弁護士保険を惜しみなく活用したほうが費用を抑えられます。

弁護士保険があると、弁護士費用の負担をしてくれるからです。

数十万円、数百万円する弁護士費用を用意するのが難しい人に向いています。

急にお金が必要になり、借金をしてしまう問題に直面するリスクは誰にも予測できません。

いざというときに備えてなるべく弁護士費用を安くできるように、弁護士保険の加入を検討してみてください。

なお、弁護士保険と似た保険に弁護士費用特約があります。

弁護士費用特約は交通事故や日常事故に関するトラブルを解決するための保険なので、借金問題の対象に含まれません。

以下、弁護士保険と弁護士費用特約の違いです。

スクロールできます
弁護士保険弁護士費用特約
適用される内容・交通事故
・日常事故
・離婚問題
・権利侵害
・契約問題
・労働問題
・交通事故
・日常事故
扱い広範囲限定
月額の保険料数千円~数百円~
契約するための条件単独で契約可能自動車保険+基本補償があれば契約可能

複数社に見積もりを依頼して比較する

複数社に見積もりを依頼して比較する

複数社に見積もりをして依頼をしたあと、比較して安い事務所を選んでください。

理由は事務所によって費用が異なるからです。

例えば事務所Aでは見積もりで出た費用が50万円のところ、事務所Bでは40万円になる場合があります。

実績や専門性などを考慮しつつ、自分に適した費用と依頼先を決めたほうが良いでしょう。

ちなみに弁護士事務所と司法書士事務所との費用は、一概にどちらが安いとは言えません。

依頼内容や事務所などによって、費用が異なるからです。

債務整理の費用相場では弁護士より司法書士の方が安いと言われていますが、見積もりして比較したほうが安心でしょう。

借金減額シミュレーターについてよくある質問

借金減額シミュレーターに関するよくある質問

いざ借金減額シミュレーターを利用しようと思っても、不安な点があると利用を躊躇してしまうでしょう。

納得して利用できるように、借金減額シミュレーターについてよくある質問をまとめました。

借金減額シミュレーターについてよくある質問
  • 怪しい広告をインスタで目にしたことがあるのですが詐欺ではないでしょうか?
  • 借金減額後はどのようなリスクがありますか?
  • 借金が減るのは嘘と思ってしまうのですがどうしたら安心できますか?
  • なぜ無料で相談を受けてくれるのでしょうか?
  • 借金の返済もできないのに費用は支払えるでしょうか?
  • 相談先の事務所が本物かどうかを調べる方法はありますか?

上記の項目の中で気になっている箇所がある人は、回答を確認してください。

怪しい広告をインスタで目にしたことがあるのですが詐欺ではないでしょうか?

結論、詐欺ではありません。

一時期「国が認めた借金救済制度」「借金の減額ができる」の広告が増えましたが、内容は本当です。

借金で苦しんでいる人向けに作られた制度なので、安心して利用してください。

ただし、正しい事実を利用して詐欺サイトに誘導する悪徳業者がいる可能性があります。

借金減額シミュレーターは広告を経由して利用するのではなく、弁護士事務所・司法書士事務所のサイトで利用してください。

弁護士事務所・司法書士事務所であれば、騙される心配がありません。

借金減額後はどのようなリスクがありますか?

借金減額後は、金融商品の利用ができなくなるリスクがあります。

理由は信用情報に金融事故が登録されてしまうからです。

金融事故が履歴に残れば、以下の利用が一定期間できなくなります。

借金減額後に一定期間できなくなること
  • ローンを組む
  • 新たに借入をする
  • クレジットカードを発行する

登録される信用情報機関と利用する債務整理によって、5年〜10年残ります。

目安となる起算日は以下の通りです。

目安となる起算日
  • 任意整理:債権者と和解成立した日
  • 個人再生:裁判所を介して再生手続きが始まった日
  • 自己破産:裁判所を介して免責の認可が下りた日

借金が減るのは嘘と思ってしまうのですがどうしたら安心できますか?

弁護士事務所・司法書士事務所に相談すれば、借金が減るのは嘘ではないと確信できます。

借金問題を数万件以上も解決してきたプロなので、安心して利用してください。

もし借金が減るのを疑ってしまう人は、安心となる判断材料を見つけましょう。

解決してきた実績や相談時の人柄、事務所の概要などがホームページにあるはずです。

それでも不安に感じている人は、無料相談の際に納得がいくまで質問をしてください。

何度でも相談を受け付けている事務所があるので、焦る必要はありません。

時間をかけて、納得してから依頼の契約へと進みましょう。

なぜ無料で相談を受けてくれるのでしょうか?

無料で相談を受けてくれる理由は、借金減額ができる事実を認知してもらうためです。

借金で苦しんでいると目の前の問題しか見えず、誰かに相談する余裕がなくなってしまいます。

そのような状況で相談が有料になってしまうと、料金に躊躇して相談を諦めてしまうでしょう。

ただし、弁護士事務所も司法書士事務所もボランティアではありません。

依頼をすると、以下の報酬を得ています。

利用者が支払う費用にもなるので、参考にしてください。

依頼して支払う費用
  • 相談料(無料)
  • 過払い金の報酬
  • 着手金
  • 基本報酬金
  • 減額報酬金
  • 実費

借金の返済もできないのに費用は支払えるでしょうか?

借金の返済ができていなくても、費用を支払えるように事務所が対応してくれます。

相談時に説明されるので、契約を結ぶ前によく確認しておいてください。

例えば任意整理をすると費用が数十万円かかりますが、弁護士に相談すれば分割払いや後払いに応じてくれます。

他にも国が設立した法テラスと呼ばれる日本司法支援センターでも、同様に分割払いの支払いが可能です。

ただし、法テラスは弁護士を選べないので、期待通りの相談結果にならない場合があります。

相談先の事務所が本物かどうかを調べる方法はありますか?

日本弁護士連合会および日本司法書士会連合会で検索すれば、本物かどうかを調べられます。

検索して出てこなければ弁護士でも司法書士でもありません。

調べたい事務所の代表者名や住所などの情報を画面に従って入力すると、検索結果が表示されます。

相談先の事務所が本物かどうかが不安な人は、ぜひ確認してみてください。

なお、利用するタイミングは、借金減額シミュレーターに回答する前が最適です。

診断内容とは関わりのない質問に答えて個人情報を伝えてしまうと、悪用される可能性があります。

借金減額シミュレーターを運営するおすすめの司法書士事務所を紹介

借金減額シミュレーターでおすすめの司法書士事務所

借金減額シミュレーターを運営する事務所の中で、おすすめの司法書士事務所を紹介します。

どちらも無料かつ匿名で利用できるので、利用先を迷っている人はぜひ診断を受けてみてください。

スクロールできます
事務所名司法書士渋谷法務総合事務所司法書士法人みつ葉グループ
設立2012年3月5日
所在地〒150-0011
東京都渋谷区東2丁目22−14 ロゼ氷川ビル 6F
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町4階・5階
電話番号0120-871-2440120-56-9911
認定番号第201085号
登録番号
借金減額シミュレーターのURLhttps://saimukyusai-shibuyahoumu.com/chatlp8https://mitsubagroup.co.jp/saimu-kaiketsu/sim-contact-2.html?cvpage=kaiketsu-pc-7803_

渋谷法務総合事務所は無料相談会を実施するほど問題解決に積極的

渋谷法務総合事務所のスマホ画面
おすすめポイント
  • 借金問題を解決する取扱案件が豊富
  • 全国で相談会を開催した実績あり
  • JR渋谷駅から徒歩7分のアクセス

渋谷法務総合事務所は借金に関する取扱案件が多く、月々の返済を抑えられる可能性があります。

任意整理・自己破産・過払い金・個人再生など、利用を検討している人はぜひ相談してみてください。

当事務所は債務整理や過払い金等の借金問題をはじめ不動産登記業務、商業登記業務及びこれらの相続関係業務まで幅広く取り扱っております。ご相談者様に寄り添いながら親切丁寧な対応を心掛けて最適な解決策を提案させて頂きます。

引用元:渋谷法務総合事務所「当事務所について」

債務整理と過払い金においては全国で相談会を開催して、問題解決に取り組んだ実績もあります。

JR渋谷駅から徒歩7分で着くほどアクセスが良好なので、電話やメールだけではなく、相談窓口の利用もおすすめです。

事務所名司法書士渋谷法務総合事務所
設立
所在地〒150-0011
東京都渋谷区東2丁目22−14 ロゼ氷川ビル 6F
電話番号0120-871-244
認定番号第201085号
登録番号
借金減額シミュレーターのURLhttps://saimukyusai-shibuyahoumu.com/chatlp8

司法書士法人みつ葉グループは弁護士事務所と共同運営しているから安心

司法書士法人みつ葉グループのスマホ画面
おすすめポイント
  • 債務整理を専門的に取り扱っている事務所
  • 共同運営者が弁護士法人・響
  • 認定司法書士が全国8拠点に多数在籍

司法書士法人みつ葉グループは、債務整理を得意とする事務所です。

弁護士法人・響と共同運営することで、幅広く借金問題に対応しています。

自己破産及び個人再生事件の申立代理人として対応が必要な案件等、弁護士でないと扱えない案件は、弁護士が受任いたします。

引用元:司法書士法人みつ葉グループ「運営方針・運営者情報」

また、全国8拠点に認定司法書士が多数在籍しています。

幅広い相談に対応できるため、複雑な相談内容でも問題ありません。

チームで解決して、利用者の状況に合わせた最適な提案をしてくれます。

事務所名司法書士法人みつ葉グループ
設立2012年3月5日
所在地〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町4階・5階
電話番号0120-56-9911
認定番号
登録番号
借金減額シミュレーターのURLhttps://mitsubagroup.co.jp/saimu-kaiketsu/sim-contact-2.html?cvpage=kaiketsu-pc-7803_

借金減額シミュレーターは嘘でも怪しいわけでもない!

借金減額シミュレーターは安心して利用できる便利なサービス
まとめ
  • 借金減額シミュレーターは嘘でも怪しいわけでもない
  • 弁護士事務所・司法書士事務所の利用がおすすめ
  • なるべく早めに相談するのが最適

結論、借金減額シミュレーターは嘘でも怪しいわけでもありません。

過払い金返還請求や債務整理のからくり・仕組みによって成り立っている無料のサービスです。

安心して利用したい人は、弁護士事務所・司法書士事務所のサイトに設置してある借金減額シミュレーターを利用してください。

診断結果の正確性は保証できませんが、少なくとも個人情報を悪用されるリスクが少ないからです。

より安心して利用したい人は、実績のある事務所を選び、複数社の見積もりを依頼すると良いでしょう。

目次