Visaカードおすすめ12選!年会費無料・女性・学生向けも紹介

クレジットカードを作る際、国際ブランドをどこにするか迷う方もいるでしょう。そんな時には、Visaを選ぶことがおすすめです。

世界中で圧倒的な加盟店の多さを誇るVisaカードは、海外でも便利に使うことができます。

そこで今回は、Visaカードについての解説と、おすすめのVisaカードを厳選してご紹介します。

年会費無料・女性・学生向けカードも、紹介しています。ぜひ参考にしてください。

比較しよう!年会費無料のVisaカード3選

クレジットカード

まず、年会費が無料のVisaカードを3枚紹介します。

年会費無料カードは、維持費をかけずにカードを持ちたい方におすすめです。

三井住友カード(NL)

三井住友カードNL 券面

三井住友カードは、カード番号が券面に印字されないナンバーレスのクレジットカードです。

裏面を顔写真付きにすることも可能など、不正利用を徹底的に防止するさまざまなサポートが取られています。

インターネットからの申し込みなら、最短5分でカードが発行される場合もあります。今すぐカードを発行したい方にもおすすめの1枚です。

 

年会費 永年無料
ブランド Mastercard®/Visa
還元率(通常) 0.5%~5.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。
出典:https://www.smbc-card.com/index.jsp

ライフカード

ライフカード-Master青

ライフカードは、ポイントの貯まりやすさに特化したクレジットカードです。

誕生月にはポイント3倍、入会から1年間はポイント1.5倍など、さまざまなポイントアップサービスが用意されています。

ポイントの有効期限は5年間と他のカードよりも長く、コツコツ貯めることがおすすめです。

申し込みから最短3営業日でカードが発行され、家族カードやETCカードも無料で持つことができます。

 

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.3%~0.6%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:http://www.lifecard.co.jp/

dカード

dカード

dカードは、貯まったポイントでドコモ携帯料金の支払いができるクレジットカードです。

電子マネー「iD」が搭載されており、コンビニなどでも利用しやすいカードです。

ドコモユーザーは、最大1万円の携帯補償を受けることができます。
ドコモユーザー以外でも、ポイント還元率が1.0%を超えるカードなので、普段使いのカードとしても活用しやすいカードです。
年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://d-card.jp/st/

学生・専業主婦におすすめのVisaカード3選

主婦

次に、収入の少ない学生や専業主婦におすすめのVisaカードを紹介します。学生や主婦でも、カード発行は可能です。

コスパを重視して、年会費無料のものから厳選しました。

三井住友カード Revostyle

revostyle券面画像

三井住友カード Revostyleは、1回払いでも自動的にリボ払いになるリボ専用のクレジットカードです。リボ払いの手数料率は、公式サイトにてご確認ください。

 支払い金額は、残高に応じて変動する「残高スライドコース」が導入されています。

コンビニ2社とマクドナルドなどの利用では、ポイント還元率が2%プラスされます。

リボの仕組みを理解した上で、申し込むようにしましょう。

 

年会費 無料
ブランド Visa
還元率(通常) 最大1.0%~3.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/revostyle.jsp

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、キャッシュカード機能と電子マネーWAONが一体になったクレジットカードです。

カードを1枚持っておけば3役こなせるので、財布の中が嵩張りません。

イオン系列店では、毎月20日・30日に開催される「お客様感謝デー期間中は、5%割引で買い物できます。

普段イオンモールで買い物をする機会が多い方は、お得に日用品や食品を購入することができるでしょう。
年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.aeon.co.jp/

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!は、セブンイレブン・ダイエー・イオンの買い物で、ポイントの還元率がいつでも3倍になる、リボ払い専用のクレジットカードです。

可愛らしいキティちゃんのデザインが、学生や主婦におすすめです。

年間利用額に応じて、ポイントの還元率は最大1.3倍までアップします。

貯まったポイントは、手数料なしでマイルや他社サービスに移行可能です。

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.5%~1.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.cedyna.co.jp/card/lineup/detail/jiyuda/

女性におすすめのVisaカード3選

女性

次に、女性におすすめのVisaカードを紹介します。女性がクレジットカードを選ぶ場合、女性向け特典が用意されているかどうかが重要です。

毎日のお買い物がさらに楽しくなる、お得な特典が用意されたカードを厳選しました。

楽天ピンクカード

楽天ピンクカード

楽天ピンクカードは、女性が持つことをイメージした、可愛らしいピンク色の券面デザインのクレジットカードです。

 女性特有の疾病に関する入院・手術代金を補償する「女性特定疾病補償プラン」に、月額30円から加入することができます。

最高2,000万円の海外旅行保険や、月額330円で加入できる楽天グループサービスなど、お買い物が楽しくなる特典が豊富です。

上記の券面デザインの他にも、お買い物パンダやディズニーデザインも選ぶことができます。
年会費 無料
ブランド Mastercard/JCB/Visa/AMEX
還元率(通常) 1.0%~3.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-pink-card/

MUJI CARD

MUJI CARD

MUJI CARDは、無印良品なら常にポイント3倍で買い物ができるお得なクレジットカードです。

MUJI CARDで貯まるポイントは永久不滅ポイントなので、有効期限を気にすることなく利用できます。

MUJI passportアプリとつなげば、毎年MUJIボーナスマイルをもらうことができます。
MUJI CARDは、カードデザインもシンプルです。無印良品の商品が好きな方であれば、カードデザインも気に入ることでしょう。
年会費 無料
ブランド VISA/AMEX
還元率(通常) 0.5%
申込条件 18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.muji.net/mujicard/

LOFTカード

LOFTカード

LOFTカードは、ロフトのお買い物で毎月最後の金・土・日の3日間が5%割引になる、お得なクレジットカードです。

ロフトに限らず、全国の西友・リヴィン・サニーで感謝デーに5%割引が受けられます。

LOFTではおしゃれな雑貨が多く販売されており、普段からよく買い物している方もいるでしょう。

LOFTの利用が多い方であれば、5%割引が受けられる使い勝手の良いカードだといえます。

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB/AMEX
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.loft.co.jp/loftcard/

海外旅行におすすめのVisaカード3選

旅行

次に、海外旅行におすすめのVisaカードを紹介します。

海外旅行保険やショッピング保険など、万が一の時にも安心の特典が付帯されたカードを厳選しました。

エポスカード

エポスカード

エポスカードは、マルイに設置されているエポスカウンターで即日発行可能なクレジットカードです。

年会費無料にもかかわらず、旅行保険が自動付帯している珍しいカードです。

自動保険なら旅費をカードで支払っていない場合でも保険が適用されます。

エポスカードは、海外キャッシングにも対応しています。現地通貨で引き出すことができるので、手持ちのお金がなくなった際も安心です。

エポスカードサポートデスクは、全て日本語で対応してもらうことができます。

\入会費・年会費は永年無料/
エポスカード
最短即日発行はこちら

 

年会費 無料
ブランド Visa
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

三井住友カード ゴールド

三井住友カードゴールド

三井住友カード ゴールドは、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯されているクレジットカードです。

年間300万円までのお買い物安心保険や、空港ラウンジサービスも利用できます。

家族カードは、1人目まで無料で持つことができます。

満30歳以上の方しか発行できませんが、充実した旅行保険が付帯しているため、旅行に行く機会が多い方にとってはメリットが多いカードでしょう。

 

年会費 11,000円(税込・オンライン入会で初年度無料)
ブランド Visa/Mastercard®
還元率(通常) 0.5%~2.5%
申込条件 満30歳以上

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

dカード GOLD

dカード GOLD

dカード GOLDは、最高1億円の海外旅行保険が付帯されているクレジットカードです。

本会員の家族も最高1,000万円まで補償されるので、安心して家族旅行を楽しむことができます。

国内・ハワイの主要空港ラウンジも、無料で利用できます。空港ラウンジでチェックイン前後の時間を、快適に過ごしましょう。

ドコモユーザーなら、ドコモ携帯の購入から3年間で最大10万円分のケータイ補償サービスが利用できます。

年会費 10,000円
ブランド Visa/Mastercard
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満20歳以上

出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html

Visaの特徴とは?シェア率はどのくらい?

クレジットカード

国際ブランドとしてのVisaは、1958年にアメリカで誕生しました。公式サイト

現在は世界有数の国際ブランドとして知られており、名前程度は聞いたことある人が多いのではないでしょうか。

クレジットカードのブランドは、Visaだけではありません。主に以下の4ブランドが、国際ブランドとしては幅広く知られています。

その他の国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Diners

Visaのシェア率

地球

2015年にNilson Reportが調査した内容によると、Visaの世界シェア率は56%です。
※https://nilsonreport.com/content_promo.php?id_promo=10

過半数を超えており、いかに世界中でVisaカードが発行されているかわかる数字です。

ちなみに、2位はMastercardで26%ですよ。

1位と2位では、シェア率にかなりの差がありますね。

初めての海外旅行の時でも、シェア率が高いVisaカードであれば、比較的使いやすいと言えます。シェア率の高さは、Visaカードの大きな特徴です。

Visaカードがおすすめな理由

星

なぜVisaカードがここまでシェアを伸ばしてきたのか、考えられる理由を紹介します。

Visaカードがどんなブランドなのか知るためにも、ぜひ読んでみてください。

世界中200を超える国で使える

地図

クレジットカードを作る時に気になるのが、海外の利用です。

あまり利用されていない国際ブランドであると、海外旅行先でカードを使える可能性が低くなってしまいます。

 Visaなら世界中200を超える国で利用することができます。

観光スポットだけではなく、小さい店舗でも利用できるのが魅力です。

海外で手持ちのお金が無くなった際、提携ATMから海外キャッシングで、現地通貨を引き出せるメリットもあります。

環境の違う海外で、普段通りクレジットカードが使えるメリットは、かなり大きいと言えるでしょう。

※http://www.vja.gr.jp/vja_about/visa_card.html

たくさんのクレジットカードから選べる

クレジットカード

Visaは提携しているカードが多いため、選択肢が豊富です。

現在、国内発行のクレジットカードは、多くがVisaとライセンス契約を締結しています。

そのため、選べるカードが絞られる心配がありません。
 還元率の高いものから特典が豊富なものまで、自分に合った1枚を選ぶことが可能です。

初めて持つクレジットカードを探しているなら、使えるお店が比較的多いVisaカードがおすすめです。

セキュリティ対策が万全

コイン

現在、VisaカードはICチップ搭載のものが多く発行されています。

従来の磁気ストライプでは、情報を盗まれるスキミング被害も発生していました。

Visaカードなら安心して買い物をすることができますね。

Visaカードの選び方

スマホを片手に寝転ぶ女性

たくさん発行されているVisaカードから、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

ここではVisaカードを選ぶポイントを、3つ紹介します。

年会費で選ぶ

年会費

クレジットカードの年会費は、ステータスによってもさまざまです。

一般カードであれば年会費無料もありますが、より特典を求めるなら年会費は発生するでしょう。

 ステータスの高いカードは、充実した特典を求めたい方向けだと言えます。

 

クレジットカードに充実した特典を求めるなら、ゴールドカードプラチナカードがおすすめです。

年会費がやや高い分、豊富な特典を利用できます。

ゴールドカードやプラチナカードでも、使い方によっては年会費のもとを取ることも可能でしょう。

特典内容を重視するのであれば、よりハイステータスなカードを選びましょう。

ポイントの還元率で選ぶ

貯金

クレジットカードは、カードの利用金額に応じてポイントが付与されます。

 還元率が高いとその分、ポイントをたくさん貰えるためお得だと言えます。

日々の支払いをまとめるクレジットカードを探している方なら、還元率1.0%以上のカードを選ぶのが望ましいです。

特典や付帯サービスで選ぶ

プレゼント

クレジットカードには、カードごとにさまざまな特典が用意されています。主な特典は、以下の通りです。

主な特典
  • 海外・国内旅行保険
  • ショッピング保険
  • 空港ラウンジサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 加盟店の優待特典

    たくさん特典があるクレジットカードでも、使わない特典ばかりだと意味がありません。

    どんな特典があるのか、自分のライフスタイルに合っているのかなどは、事前に確認しましょう。

    ポイントの使い道で選ぶ

    ショッピング

    せっかくポイントをたくさん貯めても、使い道が限定されていると不便です。

    クレジットカードを選ぶ際には、ポイントの使い道が豊富に用意されているカードを選びましょう。

    ポイントの使い道としては、以下のようなものがあります。

    ポイントの使い道
    • 商品との交換
    • 支払いに充当
    • 他社ポイントに移行
    • マイルに移行
    • 電子マネーに交換

      基本的にはポイントには、有効期限があります。失効する前に使い切ることが大切です。

      まとめ

      今回は、おすすめのVisaカードを12枚紹介しました。

      国際ブランドの中でも半数以上のシェア率を誇るVisaカードを持っておけば、旅先でも支払いに困ることはないでしょう。

      Visaカードはカード発行枚数が多い分、さまざまな特徴を持ったカードが発行されています。いくつかを比較しながら、自分に合った1枚を見つけてくださいね。

      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事