専業主婦におすすめのクレジットカードは?審査や選び方についても解説

街のお店やインターネットショッピングで、キャッシュレス決済に対応している店舗はどんどん増えています。特に、日用品や食品など買い物をする機会の多い主婦に、クレジットカードは大変おすすめです。

しかし、収入の少ない主婦は、審査に通るか不安に思う方もいるでしょう。そこで、今回は主婦におすすめのクレジットカードを紹介します。

気になる審査についてや、カードの選び方についても解説するので、参考にしてください。

 

主婦はクレジットカードの審査に通るの?審査は甘い?

主婦は収入が少ないため、クレジットカードの審査に落ちる可能性が高いという情報を見たことがある方もいるでしょう。しかし、主婦は全員審査に落ちるというわけではないので、安心してください。

 一般的にクレジットカードを申し込む際、審査でよく見られるのは収入が安定しているか、勤続年数や勤務体制などです。

クレジットカード会社は一時的に利用者の支払いを立て替える形になるため、きちんと支払い分を全額返済できる人でなければ貸し倒れを起こしてしまいます。

では、収入の少ない主婦は審査上不利になってしまうのでしょうか。もちろん、収入はあるに越したことはありません。しかし、カード会社の中には、扶養者の年収や資産などで見てもらえることもあります。

また、最近では、主婦向けのクレジットカードを発行しているカード会社も存在します。

主婦向けであるからと言って審査が甘いというわけではありませんが、通常のカードよりも収入面などを考慮してもらえる可能性が高まるでしょう。

デポジット型クレジットカードもおすすめ

審査にどうしても通らない場合は、デポジット型クレジットカードがおすすめです。

 デポジットとは保証金のことで、入会時にあらかじめ保証金を預けることで、保証金の限度内でクレジットカードを使うことができる仕組みです。

デポジット型クレジットカードの場合、カード会社が貸し倒れを起こすリスクは低いです。そのため、通常のクレジットカードよりも審査に通る可能性は高いと言えます。

ただし、入会時には年会費と保証金を支払う必要があります。まとまったお金を用意しなければならないため、注意が必要です。

一度預けた保証金は、解約すれば全額返してもらえるので、安心してください。

無収入の主婦(専業主婦)でもクレジットカードは作れる?

収入のない専業主婦はクレジットカードを持つことができない、と思っている方もいるかもしれません。しかし、専業主婦であってもクレジットカードを持つことは可能です。

 専業主婦の場合、収入がないため、夫である配偶者の情報をチェックされます。そのため、夫に安定して継続した収入があれば、審査に通ることは可能なのです。

ただし、夫の職歴が浅い、日雇いなどで収入が安定していないなどの場合は、審査に落ちてしまうことがあります。また、過去に滞納などの記録が残っている場合も審査には通りにくいです。

クレジットカードを申し込む際は、上記のような心配がないか確認しておきましょう。

上記の項目を全て満たしているにも関わらず、審査に落ちてしまった場合には、以下のことが考えられます。

一度に複数のクレジットカードに申し込みを行った

欲しいクレジットカードが複数あるからといって、一気にたくさんのクレジットカードを申し込むのは危険です。お金に困っていると判断されて、審査に落ちる可能性が高まります。

 具体的には、1カ月以内に3社以上のクレジットカードを申し込むことは、やめておきましょう。

中には、一気に申し込めば、カード会社にばれないだろうと考える方もいるでしょう。

 しかし、クレジットカードを申し込んだ履歴は、個人情報機関に一時的に記録されます。カード会社は審査の時に個人情報機関の情報を確認するため、複数に申し込みをしたことがばれてしまうのです。

複数申し込んだことで全てのカードを持つことができなくなった、ということにならないためにも、クレジットカードは間隔をあけて申し込むようにしましょう。

キャッシング枠を多めに設定した

クレジットカード申し込み後、キャッシングを利用することを考えている方もいるでしょう。しかし、無収入の専業主婦が高額なキャッシング枠を設定した場合、審査に落ちる可能性が高まります

 また、すでに他のクレジットカードを持っている場合、キャッシング枠を多めに設定することで、総額が年収の3分の1を越えてしまい、総量規制という法にひっかかってしまうこともあります。

キャッシング枠は入会後に変更することもできるため、まずは0円に設定して申し込むことがおすすめです。

主婦向けクレジットカードの選び方

ここからは、主婦向けのクレジットカードの選び方について解説します。どのカードを選ぶか迷っている方は、参考にしてください。

年会費

クレジットカードをお得に使うために、年会費がいくらかかるかは大切なポイントです。ポイント還元率が高くても、年会費分のもとが取れなければ、結果的に損をしてしまいます。

 最近では、年会費が無料のクレジットカードも増えているので、カードの維持費をかけたくない方は年会費が無料のものがおすすめです。

また、カードによっては年に1回以上の利用で年会費が無料など、条件付きで年会費が無料になるものもあります。条件が達成しやすいものであれば、こちらも検討してみましょう。

ポイントの還元率

お得にクレジットカードを利用する上で、ポイント還元率は大切なポイントです。通常の還元率が低くても、よく利用するお店が加盟店であった場合、還元率を高めることができます

普段よく利用するスーパーやドラッグストア、ネットショップなどを絞り、そのお店が加盟店となっているクレジットカードを選びましょう。

また、マイルや他社ポイントに利用することを考えている場合は、交換レートがよいカードを選ぶことがおすすめです。

付帯特典

多くの場合、クレジットカードにはカードごとに独自の付帯サービスが用意されています。新規入会時のキャッシュバックや、海外・国内旅行保険、加盟店の割引サービスなど、さまざまです。

クレジットカードを少しでもお得に活用するために、どのような特典が付帯されているのか確認しておきましょう。

 年会費がかかるクレジットカードでも、特典を賢く利用できれば、もとを取ることも十分に可能です。

特典内容はゴールドやプラチナカードなど、カードのステータス性が上がるほど豪華になることが多いです。

しかし、最近では一般カードであっても、海外旅行保険やショッピングガード保険などが付いているものもあります。

年会費が無料であっても特典が充実しているものはあるので、しっかり比較してお得なカードを見つけましょう。

女性向けのサービス

クレジットカードの中には、女性向けのサービスが充実しているものもあります。女性向けの保険や施設の割引サービスなどを利用すれば、よりお得に利用できるでしょう。

女性向けのカードは券面が可愛らしいデザインであるものも多いので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

主婦におすすめのクレジットカード6選

ここからは、主婦におすすめのクレジットカードを紹介します。毎日の買い物がお得になる、自分にぴったりの1枚を見つけましょう。

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、通常時のポイント還元率が1%と高い水準のクレジットカードです。楽天サービスはもちろん、ドラッグストアなどの加盟店でもポイントを貯めることができます。

 不定期に開催される楽天キャンペーンを活用すれば、さらに還元率を高めることが可能です。貯まったポイントは1ポイントを1円として、楽天市場や加盟店で買い物に使うことができます。

また、月々のクレジットカード料金の支払いにも充てることが可能なので、ポイントを貯めて節約することもできます。

年会費永年無料なので、所持コストがかからないのもうれしいポイントです。
年会費 永年無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB/AMEX
還元率(通常) 1.0%~3.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)
\新規入会・利用で7,000ポイント獲得/
楽天カード
無料申し込みはこちら

出典:楽天カード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオングループの買い物でポイントの還元率がいつでも2倍になるお得なクレジットカードです。

 毎月20日と30日に開催されるお客様感謝デーでは、5%割引で買い物をすることができます。

電子マネーWAONとイオン銀行のキャッシュカード機能も付帯されているので、たくさんカードを持つ必要はありません。

また、ETCカード・家族カードも無料で作ることができるので、家族みんなでお得にポイントを貯めましょう。
年会費 永年無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生を除く)

出典:イオンカードセレクト

JCBカード W Plus L

JCB CARD W plus L

JCB CARD W Plus Lは、39歳以下の女性限定で申し込むことのできるクレジットカードです。39歳までに申し込むと、40歳以降も引き続き年会費無料で使い続けることができます。

 通常のJCB CARDの2倍である1%の還元率でポイントが貯まります。また、加盟店の利用でさらに還元率を高めることができます。

スターバックスやAmazon、セブン-イレブンなどが対象となっているため、普段からよく利用している方はぜひ持っておきたいカードです。

協賛企業「LINDAリーグ」による女性にうれしい会員特典も満載です。
年会費 無料
ブランド JCB
還元率(通常) 0.5%~2.0%
申込条件 18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方※一部申し込み不可の学校あり。

\常にポイント2倍/
JCB W plus L
無料申込みはこちら

出典:JCB CARD W Plus L

エポスカード

エポスカード

エポスカードは、年会費が永年無料であるにも関わらず、1万店舗を超える優待加盟店で割引サービスを受けることのできるクレジットカードです。マルイを普段利用しない方でも十分にお得に利用することができます。

 マルイの店舗で申し込めば、最短当日からカードを使うことが可能です。

また、「EPOSポイントアップサイト」経由でお買い物をするとポイントが最大30倍に。楽天市場などの総合通販のほかにも旅行予約サイトやファッションなど様々なカテゴリのショップが対象となっています。

近隣にマルイがないという方は、マルイのネットショップを利用することがおすすめです。
年会費 永年無料
ブランド Visa
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

\入会費・年会費は永年無料/
エポスカード
最短即日発行はこちら

出典:エポスカード

MUJI CARD

MUJI CARDは、シンプルな雑貨や食品で人気の無印良品がセゾンと提携し、発行するクレジットカードです。

 入会後は、年に数回行われる「無印良品週間」に10%割引でお得に買い物をすることができます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、無印良品で買い物をすると、ポイント還元率は3倍の1.5%になります。

貯まったポイントは、MUJIショッピングポイントへ交換すれば、還元率が1.8%にアップするので、お得に活用しましょう。
年会費 無料
ブランド VISA/AMEX
還元率(通常) 0.5%~1.5%
申込条件 18歳以上(高校生を除く)

出典:MUJI CARD

デポジット型ライフカード

ライフカード(デポジット)は、デポジットと呼ばれる保証金をあらかじめ預けることで利用することのできるカードです。入会時には、年会費とデポジット分のお金を用意しておきましょう。

 弁護士無料相談サービスや海外・国内旅行傷害保険、シートベルト障害保険など便利なサービスが自動付帯しているのもうれしいポイントです。※1

電子マネーiDも利用できるので、キャッシュレス決済に活用することができます。

通常のライフカードと違い、デポジット型は保証金を預けるため、審査に比較的通りやすいメリットがあります。
年会費 税込5,500円
ブランド Mastercard
還元率(通常) 0.3%~0.6%
申込条件 日本国内在住の20歳以上で、電話連絡が可能な方

出典:ライフカード
※1国内旅行傷害保険は旅行で利用する宿泊施設や交通手段を対象カードで支払った場合が対象。

主婦なら家族カードという選択もある!

主婦で審査に通らなかった方や、専業主婦で審査に不安を感じている方には、家族カードという選択もおすすめです。家族カードとは、クレジットカードを契約している家族が持つことのできるカードです。

家族カードは申し込みに審査は不要で、年会費も通常より安いメリットがあります。カード自体は通常のクレジットカードとほとんど同じように使うことができるので、不便を感じることもありません。

 家族で同じクレジットカードを使うことで、協力して効率的にポイントを貯めることができます。また、家族カードの利用明細はクレジットカード本会員にまとめて請求されるため、家計管理も楽になります。

ただし、カードの利用限度額は本会員のものを共有することになる点に、注意が必要です。例えば、本会員の利用限度額が100万円であった場合、家族全員で100万円以内の利用しかできません。

誰かが使いすぎると他の家族が困るなどのデメリットがある点も、覚えておきましょう。

まとめ

主婦におすすめのクレジットカードを紹介しました。普段利用するお店でお得に使えるカードを見つけてください。

審査に通るか不安な方は、デポジット型クレジットカードや家族カードもおすすめです。クレジットカードはポイントが貯まる、家計の管理がしやすいなど、主婦にとってはさまざまなメリットがあります

クレジットカードを賢く活用して、毎日のお買い物をより便利にお得にしましょう。
\新規入会・利用で7,000ポイント獲得/
楽天カード
無料申し込みはこちら
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事