借金返済計画を立てる3つのコツとは?計画書の作り方も詳しく解説

借金を順調に返済していくには、具体的な「借金返済計画」を作成することが重要です。

借金返済計画は、借金の完済に向けた道標の役割を果たします。

とはいえ、どのように借金返済計画を立てれば良いか分からないという人もいるでしょう。

そこで本記事では、「借金返済計画を立てるコツ」や「借金返済計画を作成するメリット」などについて解説していきます。

本記事で分かること
  • 借金返済計画を立てるコツ
  • 借金返済計画書の作り方
  • 借金返済計画の成功に効果的な債務整理について

債務整理を弁護士に依頼するメリットも解説しているので、参考にしてください。

借金を減らしたいと思ったら、いくら減らせるのか無料診断してみるのがおすすめです。
診断は、3つの質問に答えるだけ。借金がゼロになる場合もありますので、債務整理をする前にまずは診断してみましょう。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

 

借金返済計画のコツ①債務状況を明確にする

パソコンを見ながらノートを取る男性

実現性の高い借金返済計画を作成するには、まず債務状況を明確にすることが重要です。

借入先ごとに、少なくとも以下の項目を書き出していきましょう。

書き出す項目
  • 借入額
  • 金利
  • 返済金額
  • 金利タイプ
  • 遅延損害金の有無

手元に契約書が無い場合には、借入先に対して「取引履歴の開示請求をする」、「信用情報機関に問い合わせる」これらのいずれかの方法で、債務状況を調べるのがおすすめです。

取引履歴の開示請求をする

借入先が分かっている場合には、当該金融機関に対して取引履歴の開示請求を行うことで債務状況を確認できます。

取引履歴の開示請求とは、借入先の金融機関が作成した顧客との借入・返済記録をまとめた「取引履歴」の開示を請求することを言います。

取引履歴が開示されれば、現在の返済状況や契約内容を把握することが可能です。

借入先が分からない場合には、信用情報機関に問い合わせる必要が生じます。

信用情報機関に問い合わせる

右手にiPhoneを持ってタップしている

信用情報機関とは、ローン契約やクレジットカード発行履歴、借金の返済記録などをまとめた個人の「信用情報」を保存する機関です。

信用情報機関には、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3種類が存在します。

信用情報機関 主な会員
CIC クレジットカード会社
JICC 消費者金融
KSC 銀行や信用金庫

各信用情報機関は、加盟会員である金融機関から顧客情報を得て信用情報を作成しています。

そのため、それぞれの信用情報機関に問い合わせれば、借入先や契約内容、借金の金額を確認できるのです。

借金返済計画のコツ②収支を見直す

借金返済計画を作成しても、計画に沿って返済できなければ意味がありません。

計画を成功させるには、できるだけ多く毎月の返済額を確保するために収支を見直すのが効果的です。

収支を見直す方法としては、非常にシンプルですが「支出を減らす」「収入を増やす」これら2つが挙げられます。

支出を減らす

ここでは、支出を減らす方法を2つ紹介します。

固定費を削る

電卓に数字が入力されている

1つ目は、生活するにあたって毎月ほとんど一定の費用が発生する「固定費」を削ることです。固定費は各家庭の生活環境によっても変わってきますが、一般的には以下のようなものがあります。

主な固定費
  • 家賃
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • 通信費(ケータイ代・インターネット代)
  • 保険料 等

「電気代」や「通信費」は節約しやすい項目のひとつです。

いずれも、契約してから何カ月、何年と契約内容の見直しをしていない人は案外多いものです。

 しかし、当初は最適な契約内容であったとしても、改めて契約を見直してみると料金が下がるケースは珍しくありません。

電気代に関しては、現在大手電力会社を利用している人は、2016年の電力自由化以降新たに市場に参入した新電力会社に乗り換えるだけでも、料金を下げられる可能性があります。

電力自由化とは?
契約できる電力会社が地域ごとに決められていた従来の仕組みが撤廃され、一般家庭でも自由に電力会社を選べるようになった電気事業分野における規制緩和を指します。

通信費に関しても、プランの見直しをして不要なオプションを解約したり、新プランに変更することで料金を下げられる可能性があります。

ケータイのキャリアとインターネット回線のキャリアを統一することで、現金キャッシュバックを受けられるケースも想定されます。

クレジットカードの利用を控える

支出を減らすには、クレジットカードの利用を控えるのもひとつの手です。クレジットカードには、買い物がスムーズになるほか、ポイント還元や各種付帯サービスが受けられるなどメリットが数多くあります。

一方で、お金を使っている感覚があまりなく、さらに金銭的に余裕が無い状態でもカードの利用可能額が残ってさえいればいつでも決済できるため、浪費を助長させる側面があることも否めません。

 日常的にクレジットカード決済を利用していることで金銭感覚が鈍くなり、気づけば支払いに追われているといった状況に陥る人も少なくありません。

クレジットカードの返済が困難になり、分割払いやリボ払いに変更することになれば、毎月の負担は軽減されるものの、利息が発生し支払総額は増えてしまいます。

クレジットカードは、使い方を誤れば負債を大きく膨れ上がらせる要因になることを認識しておきましょう。

収入を増やす

女性がお金を前に出している

収入を増やす方法としては、主に「副業をはじめる」「転職をする」の2つが挙げられます。

副業をはじめる

副業をすれば、本業を続けながら収入を増やすことが可能です。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」をはじめとしたクラウドソージングサービスを活用すれば、自分にあった副業を探せます。

 隙間時間を有効活用したい場合には、数十分~数時間で作業できる「アンケート回答」や「データ入力」などがおすすめです。

専門的なスキルや好きなことを活かしたい場合には、「プラグラミング設計」や「Webライティング」なども良いでしょう。

報酬はピンからキリまでありますが、ある程度時間をかければ、月数十万円への報酬を副業から得ることも不可能ではありません。

転職する

会社の都合上副業ができない場合には、思い切って転職するのも良いでしょう。

転職支援サービスなどを活用すれば、スキルや職務経験などを登録しておくだけで企業側から直接スカウトをもらうことも可能なので、本業と並行しながらの転職活動ができます。

借金返済計画のコツ③借金減額を試みる

積まれたコイン

借金の減額に効果的な手段としては、以下のようなものが挙げられます。

借金減額に効果的な手段
  • 借金の一本化
  • ローンの借り換え
  • 繰り上げ返済

それぞれ解説していきます。

借金の一本化

借金の一本化とは、借入先が複数ある場合に、現在よりも契約条件が良い別な金融機関に借入先をまとめることを言います。

例えば、金融機関A、金融機関B、金融機関Cから100万円借金している場合、新たな金融機関DからA・B・C社よりも低金利で融資を受け3社分の借金を完済することで、借金の一本化は成立します。

 借金を一本化するメリットとしては、「利息を軽減できる」「返済日を1日にまとめられる」などが挙げられます。

上記の例のように、現在の借入先より低金利で別な金融機関から融資が受けられれば、その分だけ利息を軽減することが可能です。

ここで留意するべきは、3社分の借金を1社にまとめることで1社あたりの借金額が大きくなるため、毎月の返済金額を低めに設定していると、金利が下がってもかえって利息が多くなる恐れがあることです。

そうなれば、借金の一本化を実施した意味が薄れてしまうので、金利だけでなく毎月の返済額も意識しましょう。

また、複数社から借金していれば、一月に返済日が複数回訪れる状況が発生し、都度お金を用意するのは大変です。

 これが原因で、期日までに返済できず遅延損害金を発生させる恐れがあります。

その点、借金の一本化をすれば返済日を1日にまとめられるため、借金の管理が簡便化され期日までに返済しやすくなります。

ローンの借り換え

小銭と新芽

ローンの借り換えは、現在よりも低金利の金融機関から新たに融資を受けて現在の借金を完済し、借り入れ先を変更することを言います。

元本の減額はできませんが、金利が下がれば、その分だけ利息負担を少なくすることが可能です。契約する商品が変わることで、これまでよりも利用限度額が高くなる可能性も考えられます。

ローンの借り換えには注意点もあります。

1つ目は、契約内容の変化がマイナスに作用するケースが想定されることです。たとえば、借金の返済日が月末から15日に変更になったとしましょう。

 もし給料日が月末であれば、このように返済日が変更されたことで、期日までにお金を工面するのが難しくなる懸念があります。

2つ目の注意点は、ローンの借り換えには審査が必要なことです。審査を受ける以上、金融機関に信用情報を参照されることは避けられません。

したがって、これまでの返済状況が芳しくなければ審査に通らない可能性も考えられますが、これに関しては、前述した借金の一本化にも同じことが言えます。

ローンの借り換えや借金の一本化を実施するなら、借金の滞納などにより信用情報に傷がつく前に申し込むのが無難です。

ローンの借り換えが上手く行けば、現在よりも良い条件で金融機関と契約を結べるかもしれません。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、毎月の返済とは別に、借入額の一部または全額を返済することを言います。繰り上げ返済のメリットは、支払った金額に利息が含まれる毎月の返済とは異なり、純粋に元本のみを減額できる点です。

 繰り上げ返済には、「期間短縮型」と「返済額減額型」の2種類が存在します。

それぞれ、以下のような特徴があります。

期間短縮型 繰り上げ返済後、毎月の返済額を維持し返済期間を短縮する
返済額減額型 繰り上げ返済後、返済期間を変えずに毎月の返済額を減額する

期間短縮型の繰り上げ返済を実施すれば、短縮された期間に払うはずだった利息を無くすことができます。

一方の返済額減額型は、毎月の返済額が減額される分家計の安定に役立ちますが、利息の減額効果は期間短縮型より劣ります。

借金返済計画書の作り方

ノートにペンで記載する人

借金返済計画書とは、毎月の返済額や完済予定日などをまとめた書類を指します。

前述した取引履歴の開示請求などを行い債務状況を明確にすれば、より現実的な借金返済計画書を作成できます。

ここでは、借金返済計画書に記載するべき内容と、借金返済計画書を作成するメリットを解説してきます。

借金返済計画書に記載するべき内容

借金返済計画書に記載するべき内容としては、主に以下のようなものが挙げられます。

借金返済計画書に記載するべき内容
  • 借入金額(借り入れた金額)
  • 支払総額(元金と利息を合わせた金額)
  • 返済金額(毎月返済する金額)
  • 完済予定日
  • 金利
  • 遅延損害金利率
  • 金利タイプ(変動金利型・固定金利型)
  • 返済方式(元利均等法式・元金均等法式)

重要なのは、完済予定日を明記することです。

 日付や曜日まで細かく予定を立てるのは難しいにしても、支払総額が分かれば、毎月の返済額からおよそ「何年何カ月後」に完済できるのか逆算できます。

金利タイプや返済方式によっても返済期間は変わるので、これらもしっかり把握しておきましょう。

金利タイプと返済方式について、以下の表にまとめておくので参考にしてください。

金利タイプ 概要
変動金利型 定期的に金利が見直される金利タイプ
固定金利型 返済期間中の金利が固定される金利タイプ
返済方式 概要
元利均等法式 利息を含んだ毎月の返済額が一定に保たれる返済方式
元金均等法式 毎月一定に保たれる元金返済分に別途算出された利息を上乗せした金額を返済する返済方式

借金返済計画書を作成するメリット

借金返済計画書を作成するメリットは以下の通りです。

借金返済計画書を作成するメリット
  • 返済額・完済予定日などを把握できる
  • 返済期日に遅れにくくなる
  • 金融機関との交渉材料になる

借金返済計画書を作成することで、返済額や完済予定日などを把握でき、完済までの具体的な道のりをイメージできます。

返済計画が可視化されれば、うっかり返済期日に遅れてしまうといったミスを回避できるだけでなく、完済に近づいていることを実感しやすくなり、モチベーションアップにも繋がるでしょう。

 金融機関から新たに融資を受けたい時に、借金返済計画書が交渉材料として価値を発揮するのもメリットのひとつです。

金融機関の審査の際に信用情報が参照されるのは前述の通りですが、仮に収入が低く支払能力をアピールできなくても、具体性の高い返済計画書があれば返済実績や信用力を示すことができます。

借金返済計画を成功させるには債務整理が効果的

ペンを持つスーツの人物

「借金を着実に返済していきたい」「借金の返済が困難な現状がある」といった場合には、債務整理を実施するのがおすすめです。

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。

以下で、それぞれの特徴について解説していきます。

任意整理

任意整理とは、債権者と直接交することで債務減免を図り、借金を返済しやすい状態にする手続きです。任意整理の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

任意整理の特徴
  • 裁判を必要としない
  • 手続きの対象を選択できる
  • 借金が大幅に減額される可能性は低い

任意整理の大きなメリットは、裁判を実施する必要がないことです。債権者との直接交渉のみで手続きが完結します。

その分、裁判が必須である個人再生や自己破産よりも短期間で手続きが実施でき、費用も安く抑えられます。

手続きの対象とする債務を自由に選択できるのも、任意整理の特徴です。

例えば、家族が保証人になっている債務は継続して返済しつつ、その他の債務を任意整理によって減免すれば、手続きによる損失を最小限に抑えられます。

 このように、比較的実施のハードルが低く手続きの自由度も高い任意整理ですが、借金の大幅な減額が望めないといった難点もあります。

法的拘束力が働かない任意整理では、債権者が手続きの主導権を握るケースが多いためです。

上手く交渉をすれば多めに減額してもらえる可能性も考えられますが、利息や遅延損害金のみ減額されるのが現実的な着地点と言えます。

個人再生

裁判するときの道具

個人再生とは、借金返済が困難な旨を裁判所に申立て、認可を受けて借金を大幅に減額してもらう手続きです。

個人再生の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

個人再生の特徴
  • 債務残高を5~10分の1程度にまで減額できる
  • ローン返済中の住宅を維持しつつその他の債務を減免できる
  • 一定以上の支払能力が求められる

個人再生では、手続きが成功すれば現在の債務残高を5~10分の1程度にまで減額できる可能性があります。

ただし、最低でも100万円は返済しなくてはならないのが個人再生の原則です。

そのため、借金が高額であれば大幅に借金を減額できる可能性があるものの、借金が100万円程度しかない場合には、個人再生を実施する意味はあまりないと言えます。

 特筆するべき個人再生のメリットとしては、ローン返済中の住宅を維持しつつその他の債務を減免できる点が挙げられます。

これは、個人再生特有の制度である「住宅ローン特則」の効果によるものです。

住宅ローン特則とは?
返済中の住宅ローンのみ従来通り返済を継続する条件で、住宅ローンを個人再生の減免対象から外すことができる制度です。正式名称は、「住宅資金貸付債権に関する特則」です。

借金が高額であり、かつ返済中の住宅ローンがある場合には個人再生が向いているでしょう。

ただし、個人再生による減額後の借金を継続的に返済しているだけの支払能力を有していない場合には、手続きが不認可となる懸念があります。

出典:個人再生の最低弁済額とは?‐債務整理・過払い金ネット相談室 

自己破産

自己破産とは、借金の支払いが不可能な旨を裁判所に申立て、保有財産の換価処分を受ける代わりに、借金支払義務を全て免除してもらう手続きです。

自己破産の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

自己破産の特徴
  • 借金の支払い義務が全て免除される
  • 一定の価値のある保有財産が処分される
  • 生活必需品は手元に残しておける

自己破産の最大のメリットは、何と言っても借金支払義務が全て免除されることでしょう。金融機関からの借金だけでなく、奨学金や知人からの借金も支払義務が無くなります。

 留意するべきは、借金支払義務が免除されるかわりに、価値の高い破産者名義の財産が裁判所によって換価処分され、債権者に分配されることです。

したがって、土地や不動産、車などを残しておくのは困難でしょう。

ただし、全ての財産を失うわけではありません。自己破産において「自由財産」と定義される法律上所有が許可されている財産は手元に残しておけます。

自由財産には、100万円以下の現金や、家具や衣服などが生活必需品が該当します。

債務整理を実施するなら弁護士に依頼しよう

依頼した弁護士と握手している

債務整理を自分ひとりで実施しても法律上の問題はありませんが、手続きを迅速に進め、できるだけ多くの借金を減額するには弁護士に依頼するのがおすすめです。

債務整理を弁護士に依頼するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

債務整理を弁護士に依頼するメリット
  • 債権者からの催促を一時的に止められる
  • 債権者・裁判所とのやりとりを一任できる
  • 書類の準備・作成をサポートしてもらえる

債務整理を依頼した弁護士が手続きに着手すると、債権者に対して手続き開始を知らせる「受任通知」が発送されます。

 この受任通知の効力によって、債務整理終了まで債権者からの催促を止めることができます。

債権者による直接の訪問だけでなく、電話や手紙などによる催促もストップします。

また、弁護士に依頼すれば債権者や裁判所とのやりとり、書類の準備・作成などを代行してもらうことが可能です。

その分、債権者自身の負担は大きく軽減され、手続きが成功する可能性も高くなります。

債務整理の相談におすすめな弁護士・司法書士事務所6選

はたの法務事務所

はたの法律事務所

はたの法務事務所のおすすめポイント
  • 着手金が無料
  • 手持ち資金ゼロでも今月の支払い・督促をストップできる
  • 持ち家や車を残して借金だけ整理できる
  • 債務整理するのは1社でもOK
  • 利用者の満足度95.2%!
  • 女性専用の無料相談ダイヤルあり

はたの法務事務所は、誰にも知られずに費用を抑えて債務整理をしたいという方におすすめの法務事務所です。

相談者の負担をなるべく減らしたいという想いから、以下6種類の費用がかかりません。手持ち資金がなくても、督促がストップします。

はたの法務事務所でかかる費用(一部)
① 相談料 すべて無料!
② 任意整理の着手金
③ 過払い金調査
④ 全国への出張
⑤ 土日対応
⑥ 初期費用

債務整理・過払い金などの相談実績は、20万件以上。司法書士歴27年以上のベテラン司法書士が在籍し、利用者の満足度は95.2%と評判も高いです。

事務所は東京と大阪にありますが、全国どこでも無料で出張してくれるほか、電話・WEBのどちらでも問い合わせができます。女性専用のフリーダイヤルがあるのも、相談がしやすいポイントでしょう。

いま借金の取り立てに悩んでいる方、早めの完済を目指したい方におすすめです。

はたの法務事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円~
過払い 無料
個人再生 385,000円~
※再生委員に払う費用は+220,000円
自己破産 330,000円~
※少額管財事件は+220,000円

はたの法務事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 登記業務 など
対応時間 <電話>平日8:30~21:30/土日祝8:30~21:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地
(東京本店)
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

※公式サイトの文言によります。
出典:【公式】はたの法務事務所|債務整理・借金返済の無料相談

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
    →電話・メールでもOK
  • 費用は分割払い可能!最初に全額支払う必要なし
  • 相談〜契約まで最短1日だからスピード解決を目指せる
  • 和解後の返済代行サービス・完済まで代理人業務をしてくれる
  • 全国からの問い合わせ、土日の対応が可能

東京ロータス法律事務所は、”債務整理の身近な窓口”としてこれまで7,000件以上の借金問題を受任しています。

弁護士事務所なので、自己破産の依頼も可能。司法書士ではできない業務も、東京ロータス法律事務所にならお願いができます。

弁護士と司法書士の違い 引用元:債務整理は東京ロータス法律事務所

また、弁護士への依頼となれば費用面を気にする方も多いかと思いますが、東京ロータスは費用面も柔軟に対応してくれるところが魅力の1つです。

 相談は無料・分割払いOK・和解後の返済を代行してくれる・過払い調査無料など。

なお、債権者との和解後〜完済までは、担当弁護士が債権者との連絡や郵便物の受け取りをしてくれるので、家族や知人に債務整理をしたことが知られにくいでしょう。

平日だけでなく土日祝日も、加えて全国からの問い合わせに対応をしています。

東京ロータス法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円
自己破産 220,000円

東京ロータス法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 交通事故 など
対応時間 <電話>平日10時~20時/土日祝10時~19時
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

※1:認定司法書士のみ対応可
※2:書類作成は可
出典:【公式サイト】弁護士法人東京ロータス法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料!匿名での相談も◎
  • 依頼費用は分割払いOK
  • プライバシー厳守だから家族に内緒で債務整理できる
  • 取扱業務は債務整理だけ!債務整理に特化した法律事務所
  • 実績は25年・満足度98%と信頼度が高い
  • 東大法学部卒の弁護士が在籍

ひばり法律事務所は債務整理だけを取り扱う、いわば債務整理のプロである法律事務所です。

25年の実績で培ったノウハウを活かしてくれるので、依頼者の満足度も98%と高いのが特徴。また、プライバシーにかなり配慮した手続きをしてくれる点も魅力でしょう。

 匿名での相談、郵送書類に事務所名を記載しない・郵便局で受け取ることができるなど、プライバシー厳守を徹底しています。

なお、急ぎの場合は最短即日で取り立てを止めてくれます。全国からの依頼に対応しているので、近くに相談できるところがない方は、まずはメールか電話で無料相談をしてみましょう。

ひばり法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 220,000円〜
自己破産 220,000円〜

ひばり法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い請求
対応時間 <電話>平日10:00~18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

出典:http://hibari-law.net/

アース法律事務所

アース法律事務所

アース法律事務所のおすすめポイント
  • 初回相談料0円!
  • 完済済みの過払い金請求は着手金無料
  • 元裁判官の弁護士が借金問題を対応
  • 匿名で相談でき、プライバシーを守ってくれる
  • 全国/営業時間外からの相談にも対応
  • 借金問題から一般企業法務まで幅広い取扱い業務

アース法律事務所は、幅広い業務の取り扱いがある中でも債務整理を得意としており、3,500件以上の実績があります。

 アース法律事務所には元裁判官の弁護士が在籍していて、直接面談してもらえます。裁判の流れや手続きを熟知しているのでスムーズな対応が期待できます。

どうしても現地に行くのが難しい・予定が合わないなどの事情があれば、電話やメールでの対応のほか、出張相談会やオンラインでの面談も実施しています。

また、紹介者がいなくても相談が可能です。営業時間外の夜間・土曜・日曜でも時間調整してくれるので、相談者に合わせた対応をしていのも嬉しいポイントです。
法律相談だけでも可能なため、依頼するかどうか迷っている人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。
\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら

アース法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円〜
自己破産 330,000円〜

アース法律事務所の基本情報

主な 対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い請求
対応時間 <電話>平日10:00~18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒105ー0004 東京都港区新橋2-12-5池伝ビル5階
\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら
出典:【公式サイト】アース法律事務所

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響のおすすめポイント
  • 多数のメディア出演実績がある法律事務所
  • 完済過払い金の相談・着手金無料
  • 弁護士費用を分割払いできる
  • 24時間・365日・全国対応してくれる
  • 依頼後すぐに借金の催促を止めることが可能
  • 費用や利益が見込めない場合の説明が丁寧と評判

弁護士法人・響では、基本的に1人の担当弁護士とスタッフが専任で対応してくれますが、経験豊富な弁護士が多数在籍しているため協力しながら事務所全体で解決してくれます。

 また、響に在籍する弁護士は、テレビや雑誌などの多数のメディアに出演しているので、実績を積んでいるのも信頼感があるポイントです。

債務整理については相談料無料。そのうえ、完済済みの過払い金に関しては着手金も無料です。

さらに響では、費用に関して事前の説明を徹底しています。利益が見込めない場合はきちんと説明し、わかりやすく方針を提案してくれるのも信頼がおけるポイントです。

築き上げてきた豊富なノウハウを使い、問題解決に誠実に取り組んでくれるでしょう。
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

弁護士法人・響の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社55,000円〜
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円〜
自己破産 330,000円〜

弁護士法人・響の基本情報

主な 対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 相続問題
  • 離婚
対応時間 <電話>:10:00~19:00
<メール>:24時間受付
対象地域 全国
所在地 169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
出典:【公式サイト】弁護士法人・響

弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)

ユア・エース(天音)

弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)のおすすめポイント
  • 何度相談しても相談料0円
  • 取り立て・催促を最短即日ストップ
  • 初期費用0円・分割払いが可能
  • フリーダイヤルで土日祝日も相談受付
  • 債務整理に特化したチームで迅速に対応
  • 17万件以上の相談実績

弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)では、依頼者が満足することを最優先としています。

相談料に関しても、初回無料や30分5000円など金額を提示している法律事務所が多い中、弁護士法人ユア・エースでは何度相談しても無料としています。

 また、専門性に特化したスタッフがチームを組み、問題解決に向けて迅速に対応してくれる点も魅力です。

依頼者は強い不安を抱えていることが少なくないため、密なコミュニケーションにより、少しでも不安を緩和するよう努めている点も評価ポイントとなります。

テレビやラジオなど、メディアの取材出演にも積極的な法律事務所です。

弁護士法人ユア・エースの費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社55,000円〜
過払い金請求 無料
個人再生 220,000円〜
自己破産 220,000円〜

弁護士法人ユア・エースの基本情報

主な 対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 消費者トラブル
  • 離婚トラブル
  • 相続・遺言・後見
対応時間 <電話>9:00〜18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
出典:【公式サイト】弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)

まとめ

今回は借金返済計画書を作成するコツや、債務整理などについて解説しました。

現実的な借金返済計画書を作成するには、まずは債務状況を明確にすることが大切です。債務総額や毎月の返済金額、完済予定日が一目で分かる借金返済計画書を作成しましょう。

そのうえで、収支の見直しなどを図り、返済に充てられるお金をできるだけ多く確保するのが望ましいと言えます。

より早く借金問題を解消したい場合には、債務整理を検討するのも一つの手段です。

債務整理を検討する際は、借金問題を得意とする弁護士に相談するのがおすすめです。

記事内では無料相談を実施しているおすすめの弁護士・司法書士事務所をご紹介したため、債務整理を検討している人はぜひチェックしてみてください。

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事