借金300万円は返済可能?借金ができる原因や解決方法についても解説

300万円の借金は返済できるのだろうか?

既に300万円以上の借金を抱えている方や現在借金返済中の方、またはこれから借金を検討している方であれば、一度はこうした不安を感じたことがあるのではないでしょうか。

300万円もの多額の借金を解消するのは簡単ではありませんが、解決策は存在します。

本記事では、300万円の借金を返済するためにやるべきことや、利息を減額するための効果的な手段などについて解説します。

この記事で分かること
  • 借金の返済が困難になる基準
  • 300万円の借金を返済するためにやるべきこと
  • 借金の利息を減額するための効果的な手段

借金問題の救済制度である「債務整理」についても言及しているのでぜひ参考にしてください。

借金を減らしたいと思ったら、いくら減らせるのか無料診断してみるのがおすすめです。
診断は、3つの質問に答えるだけ。借金がゼロになる場合もありますので、債務整理をする前にまずは診断してみましょう。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

借金300万円は自力で返済できる?返済が困難になる3つの基準

顔をふさぐ人

借金の返済が厳しくなる基準としては、以下のようなものが挙げられます。

返済が困難になる基準
  • 債務総額が年収の3分の1を超えている
  • 自転車操業せざるを得ない状況に陥っている
  • 複数社から借金している

それでは、一つずつ見ていきましょう。

1. 債務総額が年収の3分の1を超えている

おすすめできる手段ではありませんが、借金の返済額を借金によって工面することも可能です。

返済できる見込みがない状態で新たな借り入れをするのはリスクがあるものの、緊急的に資金を用意する手段としては、利用できないわけではありません。

 しかし、負債が増え続ける状況で際限なく借金を重ねるのは不可能です。

貸金業法には、貸金業者による債務者の年収3分の1を超える貸し付けを原則的に禁止した「総量規制」が存在するためです。

したがって、年収の3分の1が借入額の上限となります。債務総額がすでに年収の3分の1を超えている場合には、原則的に新たな借り入れはできません。

これまで借金を繰り返すことでかろうじて借金を返済していた場合には「総量規制」による規制を受けた時点で、返済が困難になる恐れがあります

\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

2. 自転車操業せざるを得ない状況に陥っている

紙幣と小銭

借金が300万円あっても自らの収入だけで返済額を工面できているのであれば、完済の見込みはあるでしょう。

しかし、借金でしか借金を返済できない状態に陥っているということは、現時点で300万円の借金を返済する支払能力がないことを意味します。

現状を打開するには、借金を減らすか支払能力を向上させるしかありませんが、新たな収入源を確保するのは簡単ではないでしょう。

そのため自転車操業を余儀なくされている場合には、借金を減額できない限り完済するのは困難であると言えます。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

3. 複数社から借金している

計画的に複数社から借金する分には良いですが、実際にはこうしたケースは多くありません。一社からの借金が返済できなくなった結果、借入先が増えてしまったといったケースがほとんどでしょう。

基本的に借金を滞納している状態で同じ貸金業者から新たに借金するのは困難である以上、一度の借金滞納を機に借入先が増えてしまうといったことは往々にして起こります。

しかし、借入先が増えるほど借金の返済は困難になるのが現実です。

 借入先が増えれば一か月に複数回の返済日が設けられるために借金の管理が大変になり、それが支払総額を大きくする一因になるからです。

消費者金融Aの返済日は毎月月末、カードローン会社Bの返済日は毎月27日等といったように金融機関ごとに返済日は異なります。

自身でそれぞれの返済日を把握してれば問題ありませんが、借入先が3社、4社、5社と増えていけば、返済日が把握しにくくなり、期日までにお金を用意するのが難しくなっていきます。

そして、返済が遅れれば遅延損害金が発生し支払総額が増えるため、ますます返済が困難になってしまうのです。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

借金300万円を返済するためにやるべきこと5選

書類に記入する人

300万円の借金を返済していくには、次の5つのことをやるのがおすすめです。

借金300万円を返済するためにやるべきこと
  • 現状を把握する
  • 現実的な返済額を計算してみる
  • いつまでに返済が終わるかを確認する
  • 支出を見直す
  • 収入を増やす

それでは、一つずつ見ていきましょう。

1. 現状を把握する

借金が300万円もあると、債務状況を把握するのが困難になっていきます。

しかし、債務状況が不明確であれば借金を完済するための効果的な手段が何か判断できないので、まずは現状を把握しましょう。

例えば、以下のような項目について債務状況を書き出してみるのがおすすめです。

書き出す項目例
  • 借り入れ額
  • 毎月の返済額
  • 金利
  • 返済日
  • 遅延損害金発生の有無

現在の借り入れ先や返済状況などを全て書き出し、債務状況を見える化させておくことが大切です。

債務状況を整理すれば返済の優先順位が明確になるだけでなく、完済に向けた現実的な解決策を導き出すことができます。

2. 現実的な返済額を計算してみる

返済額を計算する人

債務状況が把握できたら、改めて収支を確認し現実的な返済額を計算してみるのがおすすめです。できるだけ具体的な金額を計算するために、給与明細で収入を確認しましょう。

次に支出を書き出し、収入との差額から借金返済に充当できる金額を算出していきます。

あくまで例ですが、一か月の固定費としては以下のような項目が挙げられます。

支出例
  • 家賃
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • 保険料
  • 税金
  • 娯楽費
  • その他

仮に、一か月あたりの手取り収入が30万円、支出が22万円だとすれば、毎月最大8万円を借金返済に充てられることが分かります。

このように、収支を明確にすることで毎月の現実的な返済額を計算できます。

3. いつまでに返済が終わるかを確認する

では、借金300万円を毎月8万円ずつ返済していくと、どのくらいの期間で完済できるのでしょうか?

ここでは、返済額による返済期間の違いを見ていきましょう。金利については、借入額300万円の場合の上限金利である15.0%に設定します。

借金返済シミュレーションで計算したところ、借金300万円を毎月8万円で返済した場合の、完済までの期間は51カ月となりました。

 仮に毎月の返済額を10万円に増やすと、完済までの期間は38カ月に短縮されます。

毎月8万円で返済した場合と比較して、完済までの期間も大きく異なることが分かります

シミュレーションの結果、完済までに長期間かかってしまう場合は、返済額を増やして早期完済を目指すのも良いですね。

出典:ご返済シミュレーション|プロミス

4. 支出を見直す

紙幣を持つ人

借金返済に充当するお金をできるだけ多く確保するには、収支を見直すことが重要です。

先に述べたように、300万円の借金を毎月8万円で返済しようとすると、少なくとも完済までに約4年3カ月もの期間を要してしまいます。

一方、月々の返済額として10万円確保した場合の返済期間は約3年です。

よって、300万円の借金を完済するには、収支を見直し少しでも返済額を多く確保することが重要です。

ここでは、効果的な固定費の節約方法を紹介します。

固定費を節約する方法
  • 電気料金のプランを変更する
  • 携帯電話の契約内容を見直す
  • 積立型生命保険を解約する
  • 家賃を見直す

電気料金と携帯代(通信費)に関しては、契約内容の見直しやプラン変更をするだけで大幅に節約できる可能性があります。

電気料金については、大手電力会社から新電力会社が提供するプランに変更するだけで料金が下がる場合があります。

新電力会社とは?
2016年の電力自由化以降に登場した小売電気事業者を指します。

電気料金は契約電力に応じて、毎月発生する基本料金と使用電力に応じて発生する従量料金の2部料金制になっているのが一般的です。ただし、利用者のニーズを追求した新電力会社では基本料金を無料にしているケースも少なくありません。

 全ての人が新電力会社のプランに変更して料金を下げられるわけではありませんが、使用電力が少なく電気代が割高になっている人は、節約の余地があります。

携帯電話についても、不要なオプションを解約したり、大手キャリアから格安SIMに乗り換えたりするだけで料金を安くすることが可能です。

自社の通信回線網を持つ大手キャリアにとって大胆な設備投資は必要不可欠であり、その分のコストを回収しなくてはならないので、携帯電話代(通信費)はどうしても割高になってしまいます。

格安SIMに乗り換えるだけでひと月約2000円~5000円程に抑えることも不可能ではありません。

これらの固定費削減を試みても十分な借金返済額が確保できない場合には、積立型生命保険の解約や、引っ越し・大家への交渉などにより家賃を下げることも検討してみてください。

5. 収入を増やす

スマホを持つ人

支出を減らしても、収入が少なければ多額の借金を完済するのは困難です。

 収入を上げるためには、転職や昇給、資格を取得して会社から手当をもらうなどの方法が挙げられますが、どれも即効性に欠けます。

すぐに収入を上げるには「副業」を始めるのが効果的です。とはいえ、どのような副業があるのか、そもそもどうやって副業を始めたら良いか分からない人も少なくないでしょう。

そういった人のために、副業を開始する方法や副業でできる仕事を紹介します。

収入を増やせるおすすめの副業

副業を開始する方法としては、以下のような方法が挙げられます。

副業を開始する方法
  • 仕事のマッチングサイトに登録する
  • 登録制のアルバイトを開始する
  • ネットショップを開設する

「クラウドワークス」や「ランサーズ」に代表される仕事のマッチングサイトに登録すれば、すぐに副業を始められます

 これらのマッチングサイトでは、仕事のカテゴリや報酬、特定の検索キーワードから案件を探すことができるので、自分のスキルや目的に合った仕事を見つけるのに最適です。

「アンケート回答」など数十分程度で気軽に完了できるものから、「YouTube台本作成」など数カ月~数年間に渡って発注者と共にプロジェクトを進める形式のものまで多種多様な仕事があります。

早ければ応募と同時に作業を開始できるので、即座にお金を稼ぐことが可能です。

デスクワークやスマートフォンでの作業が苦手な場合には、登録制のアルバイトを開始するのが効果的です。登録制のアルバイトには、宅配や引っ越し、清掃など、アクティブに体を動かせる仕事が多数存在しています。

また、高い専門性を有している人であれば、ネットショップを開設し自分のサービスを販売するのもおすすめです。

借金300万円を返済するための効果的な3つの手段

コインに立つ人

ここでは、借金300万円を返済するための効果的な手段として、主に利息を減額する方法を紹介します。

借金300万円を返済するための効果的な手段
  • 利用可能枠を増額して利息を下げる
  • カードローンの借り換えを利用する
  • おまとめローンを利用する

一つずつ見ていきましょう。

1. 利用可能枠を増額して利息を下げる

カードローンやキャッシングの借入がある場合には、借入上限金額を示す利用可能枠を増額することで、利息を下げられる場合があります。

利用可能枠が大きいほど、金利が低く設定される傾向にあるためです。金利が低くなれば将来的に発生する利息が少なくなり、借金を返済しやすくなります。

 ただし、留意するべきは増額申請に際して行われる審査に通らなかった場合には、逆に利用可能枠が減額され金利が高くなる恐れがあることです。

契約当初よりも年収が下がった場合や、返済期日に複数回遅延している場合には利用可能枠が減額される可能性があると言われています。

2. カードローンの借り換えを利用する

クレジットカードを持つ人

カードローンの借り換えとは、現在よりも契約条件の良い金融機関から融資を受けて現在の借金を完済し、借入先を変更することを指します。

カードローンの借り換えを利用する最大のメリットは、金利を下げ利息負担を軽減できることです。

利息負担が軽減されれば支払総額を少なくできます。ただし、金利を下げても毎月の支払額によっては返済期間が長期化し、支払総額が増えてしまう懸念があります。

 金利タイプによっては、返済期間中に利率が高くなり利息負担が増える可能性があることも認識しておかなくてなりません。

なお、カードローンの借り換えを行う際には金融機関の審査を受ける必要があります。

現時点で多重債務に陥っているか、信用情報に問題がある場合には審査に通らず、カードローンの借り換えが成立しない可能性も考えられます。

3. おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、複数社からの借金を別な金融機関からの借入によって清算することで、借入先を一本化することを言います。

 金利を下げて利息を減額したり、借入先を1社にまとめることで借金の管理を簡便化したりする効果が期待されます。

ただし、カードローンの借り換え同様、審査が必要になるため借金の返済状況が芳しくない場合には、おまとめローンが利用できない恐れがあることを認識しておきましょう。

借金300万円を自力で返済できない場合は債務整理を検討しよう

コインと時計

借金300万円を自力で返済できる見込みがない場合には、債務整理を検討するのがおすすめです。債務整理とは、債権者との交渉や裁判上の手続きに基づいて借金を減額する方法のことです。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類が存在します。債務状況や収入、目的などによって選択するべき手続き異なります。

以下では、それぞれの特徴を解説します。

利息を減額することで完済が見込めるなら「任意整理」

任意整理とは、債権者と将来の利息カットの交渉をする手続きのことです。裁判を必要としない分少ない労力で手続きが実施できますが、元本の減額はできません

交渉によって減額の度合いは変わってくるものの、最終的な決定権は債権者が有しています。

 つまり、債権者が「利息カットに応じない」と言えば任意整理は成立しないのです。

とはいえ、交渉に断固として応じない債権者は珍しく、一般的には「将来利息」「経過利息」「遅延損害金」の全部またはいずれかが減額されます。

将来利息 元本が無くなるまで発生し続ける利息
経過利息 経過した期間に発生した未払いの利息
遅延損害金 返済期日に一日でも遅延した場合にペナルティとして課される損害金

遅延損害金については、遅延した分の借金を返済するまで加算され続けるため、全額カットされれば大きな負担軽減になります。

しかし、将来利息の減免には応じるものの「経過利息」「遅延損害金」については、継続的な返済を求められるケースも珍しくありません。

そのため、利息が少しでも減免されれば債務を履行できる見込みがある人に向いている手続きと言えます。

大幅な借金の減額を望むなら「個人再生」

茶色のガベル

個人再生とは、債務履行が困難な旨を裁判所に申立て認可を受けて借金を減額する手続きです。

 裁判が必要な分任意整理よりも手続き期間は長くなりますが、債務残高を5分の1程度にまで圧縮することが望めます。

また、個人再生ならではの制度である「住宅ローン特則」を活用することで、住宅ローンを手続き対象から外し、ローン返済中マイホームを維持しながら手続きできるのも大きなメリットです。

ただし、裁判所に一定水準以上の支払能力を認められなければ手続きが不認可になる恐れがあることを、留意しておきましょう。

借金を全て無くしたいなら「自己破産」

任意整理や個人再生では借金問題を解消できる見込みがなく、借金支払義務を全て無くしたい場合には自己破産を検討するのがおすすめです。

自己破産が成功すれば、車や住宅などの価値の高い財産は換価処分されてしまいますが、文字通り全ての借金支払義務が免除されます。

金融機関から借金だけでなく、闇金や知人からの借金、奨学金なども全て返済する必要はなくなります。

ただし、税金や罰金、損害賠償など「非免責債権」と呼ばれる一部の債権に関しては自己破産の結果にかかわらず免除されことはなく、返済を継続しなくてはなりません

借金問題の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所6選

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所のおすすめポイント
  • 着手金が無料
  • 手持ち資金ゼロでも今月の支払い・督促をストップできる
  • 持ち家や車を残して借金だけ整理できる
  • 債務整理するのは1社でもOK
  • 利用者の満足度95.2%!
  • 女性専用の無料相談ダイヤルあり

はたの法務事務所は、誰にも知られずに費用を抑えて債務整理をしたいという方におすすめの法務事務所です。

相談者の負担をなるべく減らしたいという想いから、以下6種類の費用がかかりません。手持ち資金がなくても、督促がストップします。

はたの法務事務所でかかる費用(一部)
① 相談料 すべて無料!
② 任意整理の着手金
③ 過払い金調査
④ 全国への出張
⑤ 土日対応
⑥ 初期費用

債務整理・過払い金などの相談実績は、20万件以上。司法書士歴40年のベテラン司法書士が在籍し、利用者の満足度は95.2%と評判も高いです。

事務所は東京と大阪にありますが、全国どこでも無料で出張してくれるほか、電話・WEBのどちらでも問い合わせができます。女性専用のフリーダイヤルがあるのも、相談がしやすいポイントでしょう。

いま借金の取り立てに悩んでいる方、早めの完済を目指したい方におすすめです。

はたの法務事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円~
過払い 無料
個人再生 385,000円~
※再生委員に払う費用は+220,000円
自己破産 330,000円~
※少額管財事件は+220,000円

はたの法務事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 登記業務 など
対応時間 <電話>平日8:30~21:30/土日祝8:30~21:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地
(東京本店)
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

※公式サイトの文言によります。
出典:【公式】はたの法務事務所|債務整理・借金返済の無料相談

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
    →電話・メールでもOK
  • 費用は分割払い可能!最初に全額支払う必要なし
  • 相談〜契約まで最短1日だからスピード解決を目指せる
  • 和解後の返済代行サービス・完済まで代理人業務をしてくれる
  • 全国からの問い合わせ、土日の対応が可能

東京ロータス法律事務所は、”債務整理の身近な窓口”としてこれまで7,000件以上の借金問題を受任しています。

弁護士事務所なので、自己破産の依頼も可能。司法書士ではできない業務も、東京ロータス法律事務所にならお願いができます。

弁護士と司法書士の違い 引用元:債務整理は東京ロータス法律事務所

また、弁護士への依頼となれば費用面を気にする方も多いかと思いますが、東京ロータスは費用面も柔軟に対応してくれるところが魅力の1つです。

 相談は無料・分割払いOK・和解後の返済を代行してくれる・過払い調査無料など。

なお、債権者との和解後〜完済までは、担当弁護士が債権者との連絡や郵便物の受け取りをしてくれるので、家族や知人に債務整理をしたことが知られにくいでしょう。

平日だけでなく土日祝日も、加えて全国からの問い合わせに対応をしています。

東京ロータス法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円
自己破産 220,000円

東京ロータス法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 交通事故 など
対応時間 <電話>平日10時~20時/土日祝10時~19時
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

※1:認定司法書士のみ対応可
※2:書類作成は可
出典:【公式サイト】弁護士法人東京ロータス法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料!匿名での相談も◎
  • 依頼費用は分割払いOK
  • プライバシー厳守だから家族に内緒で債務整理できる
  • 取扱業務は債務整理だけ!債務整理に特化した法律事務所
  • 実績は25年・満足度98%と信頼度が高い
  • 東大法学部卒の弁護士が在籍

ひばり法律事務所は債務整理だけを取り扱う、いわば債務整理のプロである法律事務所です。

25年の実績で培ったノウハウを活かしてくれるので、依頼者の満足度も98%と高いのが特徴。また、プライバシーにかなり配慮した手続きをしてくれる点も魅力でしょう。

 匿名での相談、郵送書類に事務所名を記載しない・郵便局で受け取ることができるなど、プライバシー厳守を徹底しています。

なお、急ぎの場合は最短即日で取り立てを止めてくれます。全国からの依頼に対応しているので、近くに相談できるところがない方は、まずはメールか電話で無料相談をしてみましょう。

ひばり法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 220,000円〜
自己破産 220,000円〜

ひばり法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い請求
対応時間 <電話>平日10:00~18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

出典:http://hibari-law.net/

アース法律事務所

アース法律事務所

アース法律事務所のおすすめポイント
  • 初回相談料0円!
  • 完済済みの過払い金請求は着手金無料
  • 元裁判官の弁護士が借金問題を対応
  • 匿名で相談でき、プライバシーを守ってくれる
  • 全国/営業時間外からの相談にも対応
  • 借金問題から一般企業法務まで幅広い取扱い業務

アース法律事務所は、幅広い業務の取り扱いがある中でも債務整理を得意としており、3,500件以上の実績があります。

 アース法律事務所には元裁判官の弁護士が在籍していて、直接面談してもらえます。裁判の流れや手続きを熟知しているのでスムーズな対応が期待できます。

どうしても現地に行くのが難しい・予定が合わないなどの事情があれば、電話やメールでの対応のほか、出張相談会やオンラインでの面談も実施しています。

また、紹介者がいなくても相談が可能です。営業時間外の夜間・土曜・日曜でも時間調整してくれるので、相談者に合わせた対応をしていのも嬉しいポイントです。
法律相談だけでも可能なため、依頼するかどうか迷っている人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。
\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら

アース法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円〜
自己破産 330,000円〜

アース法律事務所の基本情報

主な 対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い請求
対応時間 <電話>平日10:00~18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒105ー0004 東京都港区新橋2-12-5池伝ビル5階
\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら
出典:【公式サイト】アース法律事務所

弁護士法人・響

弁護士法人・響

弁護士法人・響のおすすめポイント
  • 多数のメディア出演実績がある法律事務所
  • 完済過払い金の相談・着手金無料
  • 弁護士費用を分割払いできる
  • 24時間・365日・全国対応してくれる
  • 依頼後すぐに借金の催促を止めることが可能
  • 費用や利益が見込めない場合の説明が丁寧と評判

弁護士法人・響では、基本的に1人の担当弁護士とスタッフが専任で対応してくれますが、経験豊富な弁護士が多数在籍しているため協力しながら事務所全体で解決してくれます。

 また、響に在籍する弁護士は、テレビや雑誌などの多数のメディアに出演しているので、実績を積んでいるのも信頼感があるポイントです。

債務整理については相談料無料。そのうえ、完済済みの過払い金に関しては着手金も無料です。

さらに響では、費用に関して事前の説明を徹底しています。利益が見込めない場合はきちんと説明し、わかりやすく方針を提案してくれるのも信頼がおけるポイントです。

築き上げてきた豊富なノウハウを使い、問題解決に誠実に取り組んでくれるでしょう。
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

弁護士法人・響の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社55,000円〜
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円〜
自己破産 330,000円〜

弁護士法人・響の基本情報

主な 対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 相続問題
  • 離婚
対応時間 <電話>:10:00~19:00
<メール>:24時間受付
対象地域 全国
所在地 169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら
出典:【公式サイト】弁護士法人・響

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所のおすすめポイント
  • 何度相談しても相談料0円
  • 取り立て・催促を最短即日ストップ
  • 初期費用0円・分割払いが可能
  • フリーダイヤルで土日祝日も相談受付
  • 債務整理に特化したチームで迅速に対応
  • 17万件以上の相談実績

天音総合法律事務所では、依頼者が満足することを最優先としています。

相談料に関しても、初回無料や30分5000円など金額を提示している法律事務所が多い中、天音総合法律事務所では何度相談しても無料としています。

 また、専門性に特化したスタッフがチームを組み、問題解決に向けて迅速に対応してくれる点も魅力です。

依頼者は強い不安を抱えていることが少なくないため、密なコミュニケーションにより、少しでも不安を緩和するよう努めている点も評価ポイントとなります。

テレビやラジオなど、メディアの取材出演にも積極的な法律事務所です。

天音総合法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社55,000円〜
過払い金請求 無料
個人再生 220,000円〜
自己破産 220,000円〜

天音総合法律事務所の基本情報

主な 対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 消費者トラブル
  • 離婚トラブル
  • 相続・遺言・後見
対応時間 <電話>9:00〜18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
出典:【公式サイト】天音総合法律事務所

まとめ

今回は、借金が返済できなくなる基準や、300万円の借金を返済するための方法などについて解説しました。

借金が300万円あると、毎月5万円を返済に充てても完済まで約9年(金利15%)かかります。9年間も借金を返済し続けるには安定した収入が求められますし、相当な根気が必要です。

 多額の借金を着実に返済していくには、債務状況を明確にしたうえで収支の見直しや利息減額を図り、できる限り負担を軽減することが重要です。

それでも返済が困難な場合には、手が付けられないほどに負債が膨れ上がる前に見切りをつけて、債務整理を検討するのがおすすめです。

記事内では債務整理の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介したため、借金問題にお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事