学生ローンはやばいって本当?

学生生活を送る上では、何かとお金が必要です。

生活の足しにしたい方、本や参考書を購入して勉学に務めたい方、車を購入する費用に充てたい方など、お金が必要な理由はさまざまです。

そこで頼りになるのが、学生ローン。ただ「学生ローンはやばい」という噂が本当なのか、気になりますよね。

学生ローンは審査が甘いのか、金利や最短即日融資が可能かどうかも、同様に知りたいところです。

そこで今回は、学生ローンの借り方について詳しく解説します。18歳から利用できる学生ローンはあるのか?などについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

学生がお金を借りる方法|学生ローン・奨学金など

充実した学生生活を送るには、授業料やサークル費用等、何かとお金が必要になります。

しかし、勉強に精を出していてアルバイトの時間を十分に確保できず、お金が足りないと感じる人もいるかもしれません。

本項では、学生がお金を借りる方法について解説します。
学生がお金を借りる方法
  • 学生ローン
  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 奨学金
  • 郵便局の担保自動貸付

それでは、一つずつ解説していきます。

学生ローン

コインと新芽

学生ローンとは、学生に向けて融資を行う消費者金融を指します。

「イー・キャンパス」、「学生ローンのマルイ」等が代表的な例です。

高卒以上で安定的な収入があることが条件とされていますが、審査は特別厳しいわけではなく、週に数日アルバイトをしていれば審査に通る可能性は高いと考えられています。

ただし、金利は約15~18%ほどであり、一般的なカードローンの金利よりもやや高めに設定されている傾向です。

消費者金融カードローン

積まれたコイン

消費者金融カードローンとは、消費者金融が提供するカードローンを指します。多くの場合は、アルバイト等の収入源があれば学生でも申し込み可能です。

 消費者金融カードローンの大きなメリットとしては、銀行口座の開設が不要であることや、融資までの時間が短いこと等が挙げられます。

銀行カードローンであれば、融資を受ける銀行の口座を開設しなくてはいけないケースも想定されるため、口座開設が不要な点は消費者金融カードローンのメリットと言えます。

また、銀行カードローンの場合審査に数日の期間を要するのが一般的ですが、消費者金融カードローンでは、最短30分で審査が完了し1時間以内に融資を受けられる場合もあるのです。

ただし、金利に関しては比較的高めに設定される傾向にあります。

学生は大手消費者金融のカードローンが安心

学生がカードローンをしたいと思ったときには、大手消費者金融が運営するカードローンを利用するのが安心でしょう。

下記に、人気なカードローンの運営会社をまとめてみました。

カードローン 運営会社
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(三井住友ファイナンシャルグループ)
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アイフル アイフル株式会社
SMBCモビット 株式会社SMBCモビット
(SMBCグループ)

ある程度知名度がある大手企業が運営するカードローンなら、何かあったときにも電話やメールですぐに問い合わせが可能です。

プロミスでは女性も相談しやすいよう、女性専用のダイヤルも用意されています。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が提供するローン商品を指します。

銀行カードローンの代表的な例としては、「三井住友銀行カードローン」や「みずほ銀行カードローン」等が挙げられます。

 銀行カードローンのメリットは、上限金利が約15%と低めに設定されていることです。

ただし、地方銀行が提供する銀行カードローンには学生不可の商品も存在するので、申し込む前に条件を確認する必要があります。

出典:ローンノート

クレジットカードのキャッシング

キャッシングとはクレジットカードを利用して、コンビニや銀行の提携ATM等から限度額の範囲内でお金を引き出せる機能を指します。

キャッシングが利用できる明確な年齢制限はありませんが、多くのカード会社では利用条件のひとつとして、最低年齢を20歳としています。

 安定的な収入があることも求められますが、基本的には、アルバイトをしていれば収入面での審査要件をクリアできるケースが多いです。

したがって、20歳以上でアルバイトをしている学生であればキャッシングを利用できる可能性が高いと言えます。

キャッシングの大きなメリットは、限度額に達していない限り、必要な時に即座に金融機関等の提携ATMからお金を引き出せることでしょう。

無担保・無保証で借り入れできる点もキャッシングの強みです。

このように、比較的簡単に借り入れができますが、無計画にお金を引き出していると返済が困難になるため注意が必要です。

出典:クレジットカードの三井住友VISAカード 

 

奨学金

コインに立つ人物

学生がお金を借りる手段として多く利用されるのが、日本学生支援機構の奨学金です。

奨学金は、在学中の学生を経済的に支援するための制度であり、返済不要の給付奨学金と返済が必要な貸与奨学金の2種類に大別されます。

 給付奨学金は、高い学力水準が求められ、全ての学生が利用できるわけではないので、多くは貸与奨学金による貸し付けを受けることとなります。

給付奨学金には、無利子で借り入れ可能な第一種奨学金と、有利子で借り入れる第ニ種奨学金が存在します。

第一種と第ニ種では、申し込み条件や借り入れ金額が異なるものの、どちらも返済が必要である以上実質的には借金と同様です。

卒業後に返済が困難になれば、詳しくは後述しますが信用情報機関に延滞情報が登録され、様々な社会生活上の弊害を被ることとなります。

出典:独立行政法人日本学生支援機構 | JASSO

郵便局の担保自動貸付

郵便局の担保自動貸付とは、定額預金や定期預金を担保に郵便局(ゆうちょ銀行)からお金を借り入れできるサービスのことを言います。

担保を用意する必要はありますが、審査なしで借り入れ可能です。

 借り入れの上限金額は、担保に指定した預金額の9割、または300万円です。

貸し付け日から2年間は何度でも借り入れ可能ですが、返済が遅れると遅延分が担保の預金から差し引かれます。

出典:ゆうちょ銀行 

 

18歳から利用できる学生ローンはある?

夕焼け

学生ローンに限らず、高校生はカードローンの申し込みができません。またほとんどのカードローンでは、20歳以下の申し込みができない傾向にあります。

しかし、以下のような学生ローンなら、18歳からでも申し込みは可能です。

18歳でも申し込み可能な学生ローン
  • カレッヂ
  • フレン田
  • アイシーローン

申し込みが可能だからといって、審査に通過しやすいわけではありません。

学生ローンにおいても、ローン会社の適正な審査をクリアした方のみがお金を借りられる仕組みをとっています。

なお、学生ローンであっても総量規制の対象であるので、申し込み者の収入は必要となります。

総量規制とは?
貸金業者から借り入れできる上限額を定めた法律です。年収の3分の1を超える借り入れは制限されています。
 つまり、アルバイトをしていない学生は、学生ローンを利用することができません。

 

18歳で利用できる大手消費者金融はある?

学生

残念ながら、18歳から申し込みできる大手消費者金融はありません

中小消費者金融の場合でも、18歳から借り入れできるところはほとんどありません。しかし、20歳を過ぎると、学生でも借り入れできる消費者金融はたくさんあります。

 大手消費者金融には、無利息期間などのキャンペーンもあるため、カードローンは成人してから申し込むことがおすすめです。

20歳までの間にアルバイトをして、実績を詰んでおきましょう。

大手消費者金融なら学生でも安心

学生 ローン 画像

先述したとおり、20歳未満の学生は大手消費者金融では借入れできません。20歳未満で借入れ可能を謳っているカードローン会社は、違法行為などをしている闇金の可能性もあります。

 その場合、利息額が増えてしまったり、過度な取り立てなどで家族や友人を困らせてしまう可能性もあります。

20歳以上であれば、これからご紹介するような大手消費者金融のカードローンを利用するのをおすすめします。

来店不要で借入れできるカードローンもありますよ。

未成年の借り入れには注意が必要

お金

18歳で申し込みができる学生ローンは確かに存在しますが、借り入れには相応のリスクをともないます。

未成年であっても、返済が滞った場合のペナルティは、大人と同様に課せられます。

遅延損害金の支払いはもちろんのこと、CICなどの個人信用情報機関に滞納の記録が残ってしまいます。

一度滞納の記録が残ると、5年間程度は情報が消えません。将来ローンを組む時に、不利になってしまいます。

リスクをよく考えてから申し込んでくださいね。

学生も申込できる!おすすめカードローン4選

以上の注意点を踏まえて、学生向けにおすすめのカードローンは以下の4つです。

会社ごとにサービスの強みや契約の条件、金利、申し込み方法など少しずつ異なるので、ぜひ参考にしてください。

1プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 融資まで最短30分
  • 原則24時間借り入れOK!土日祝・夜間も含む
  • 最大30日間利息0円なので初めてな方におすすめ
  • Web申込なら来店不要・郵送物なし!周りにバレたくない方も安心
  • 上限金利(実質年率)が17.8%と低め
  • 三井住友銀行グループ運営の消費者金融

プロミスは、業界大手のSMBCグループに属している消費者金融です。

申し込みから契約内容の確認、返済に至るまでの全てを公式アプリで行うことができ、最短30分でお金を借りられる点が魅力です。

 また借入希望額が50万円以下の場合、収入証明書を提出する必要がありません。本人確認書類のみで申し込みができます。
プロミス利用の流れは大まかに、申し込み→審査→契約→借り入れ→返済です。
Web完結申し込みならカードを発行せずに申し込みができ、店舗などに出向く必要がありません。
契約後はネット上で手続きをすれば、原則24時間365日、最短10秒程度で指定口座にお金を振り込んでくれます。その際の振り込み手数料は0円

返済も近くのコンビニATMやWebなどから行えるので、簡単に済ませられるでしょう。
金利(実質年率) 4.5~17.8%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
申し込み可能年齢 18歳以上69歳以下

 

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※:申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、年収証明書の提出が必要となります。高校生は申込みできません。
出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

2
アコム

アコム バナー

アコムのおすすめポイント
  • Web申込でスピード審査!最短30分で回答
  • 最短30分の融資も可能
  • 契約までスマホで完結!来店不要
  • 24時間365日いつでもネットやATMから借り入れできる
  • はじめてなら30日間金利0円
  • 電話以外で在籍確認ができる場合あり

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する大手消費者金融業者です

 アコムでは、スマホやパソコンから24時間365日Web申し込みが可能です。また電話対応を24時間受け付けているので、疑問点などがあればすぐに解決できる点もメリットです。
審査後も、全国のアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)からすぐにカードを発行することができるので、自宅への郵送物なしでスムーズな借入が実現されています。

さらに、はじめてのご利用の場合、契約完了日の翌日から最大30日まで利息0円の期間があります。

金利(実質年率) 3.0~18.0%
利用限度額 1万円〜800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
WEB完結 可能
申し込み可能年齢 成人以上
\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。
※在籍確認が行われる場合がございます。
出典:https://www.acom.co.jp/

3アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • Web申込なら、最短25分で融資
  • 原則、申し込み時の自宅・勤務先への連絡と郵送物なし
  • スマホだけで手続き・取引可能
  • 全国のアイフル、セブン銀行、ローソン銀行ATMから1,000円単位で借り入れOK
  • 融資可能か1秒で診断
  • はじめてなら最大30日間利息0円

アイフルは、Web申し込みをすると最短25分というスピードで現金を借りることができ、24時間即時振込のサービスもあります。

申し込み時の郵送物も不要であるため、誰にも知られず全ての手続きがWeb上で完結します。

アイフルの契約条件は、下記の通りです。

キャッシングローンの場合、満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

また、アイフルの大きな特徴は「おまとめローン」を契約できる点です。

複数の借り入れがある場合、ローンを一本化することで管理がしやすくなるなどのメリットがあります。
金利(実質年率) 年3.0〜18.0% 
利用限度額 800万円
審査スピード Web申し込みなら
最短25分
融資スピード Web申し込みなら
最短25分
WEB完結 可能
申込可能年齢 2069
\WEB申込なら最短25分で融資/
アイフルにWeb申し込み
WEB完結はこちら

 

※参照・引用元:https://www.aiful.co.jp/

4SMBCモビット

モビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • すでに他社から借り入れしている方や、リボ払い返済中の方でも利用できる※1
  • WEB完結申し込みなら電話連絡・郵送物なし!誰とも顔を合わせない
  • 審査結果がわかるまで最短30分※2
  • 最短3分で指定口座に振り込み※2
  • 返済でTポイントが貯まる
  • アルバイト、派遣社員、パート、自営業者の方でも利用可能

SMBCグループの会社には先ほどのプロミス以外に、SMBCモビットがあります。

最短30分で審査が完了※2し、以下の条件を満たすことでWeb完結申し込みが可能です。

◎三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方
◎全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っていること

 

※引用元:https://www.mobit.ne.jp/index.html

SMBCモビットのWeb完結申し込みの特徴は、電話連絡がないこと。

条件に当てはまる方で、カードローンを使用していることを人に知られたくないという場合は、SMBCモビットをおすすめします。

金利(実質年率) 年3.0〜18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
WEB完結 可能 
申込可能年齢 2069
\WEB完結なら電話・郵送なし/
SMBCモビット
WEB完結で今すぐ申し込み
※1:他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
※2:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

学生ローンはやばいの?おすすめできない人の特徴

ローン

学生の中には、アルバイトをしながら学費や生活費に充てている方もいるでしょう。

家庭の経済状況が厳しく、援助を受けることができない学生はたくさんいます。

どうしてもお金が必要な時には、学生ローンは便利な商品だと言えるでしょう。

しかし、場合によっては学生ローンをおすすめできない方も中にはいます。以下、学生ローンをおすすめできない方の特徴を3つ紹介します。

① 無駄遣いが多い人

ショッピング

気になるものがあるとすぐに買ってしまうなど、日常で無駄遣いの多い方は注意が必要です。借り入れたお金を、上限いっぱいまで使いきってしまう可能性があります。

学生ローンはキャッシングであり、受け取ったお金はあくまでもカードローン会社から借りているだけです。必ず、全額返済しなければなりません。

 普段から無駄遣いが多いという方は、家計簿をつけるなどして、返済計画をきちんと立てた上で申し込むことがおすすめです。

無駄遣いをした結果、最悪の場合返済が滞ってしまうでしょう。滞納の記録が残ってしまうと、今後ローンを組む時に不利になってしまいます。

最近では、スマホのアプリで簡単に管理できる家計簿も登場しているので、便利に利用しましょう。

② 期限を守れない人

カレンダー

学校の提出物の期限を守れない方など、時間にルーズな方は学生ローンをおすすめできません。

なぜなら、カードローンを利用する場合は、返済期限を守らなければいけないからです。

期日を守れなければ遅延損害金が発生し、無駄な利息を支払わなければなりません。

 遅延損害金の金利はカードローン会社によって異なりますが、通常の金利よりも高い金利を支払わなければいけなくなります。
消費者金融 遅延損害金
アコム 20.00%
レイクALSA 20.00%
プロミス 20.00%

遅延損害金は日割り計算のところが多いので、もし滞納してしまった場合は、1日でも早く返済することをおすすめします。

③ ギャンブル好きな人

ギャンブル

パチンコや競馬など、一発逆転を狙うギャンブルが好きな方は学生ローンに向いていません。

賭け事をするお金が足りない時に、学生ローンに手を出してしまう可能性があるからです。

 持っているお金を全てかけてしまうような方は、特に注意が必要です。

学生ローンを元手に、大きなお金を得ようと考えてしまいます。その結果、学生ローンを上限いっぱいにつぎ込んでしまい、お金が足りなくなってしまう可能性があります。

学生ローンで借り入れたお金は、ギャンブルに利用しないようにしましょう。

学生ローンの利用が向いている人

ここまで、学生がお金を借りる手段について解説してきました。本項では、上記で説明した手段のうち学生ローンの利用が向いている人の特徴について解説します。

学生ローンの利用が向いている人の特徴は以下の通りです。

学生ローンの利用が向いている人の特徴
  • 借り入れ希望額がそこまで大きくない人
  • アルバイトの収入が多くないが融資を受けたい人

一つずつ解説していきます。

借り入れ希望額がそこまで大きくない人

紙幣を持つ人物

学生ローンで、融資を受けられる限度額は50万円です。

20歳以下の場合は限度額を10万円としているローン会社も存在するため、借り入れ希望額が大きい人には不向きだと言えます。

 なお、貸金業法の総量規制によって、個人の借り入れは年収の3分の1までと規定されており、必ずしも限度額の50万円を借り入れできるとは限りません。

出典:日本貸金業協会 

アルバイトの収入が多くはないが融資を受けたい人

学生ローンは、銀行カードローンと比較して厳しい審査条件がなく、アルバイトの収入が少なくても申し込みできる商品もあります。

そのため、アルバイトの収入が多くないけれど融資を受けたい人に最適です。

ただし、利用目的によっては審査に通らない可能性も考えられます。

とはいえ、学費やサークル費等、学生生活において重要度の高い投資であれば審査にマイナスに作用する可能性は低いため、審査時に利用目的を問われた際は正直に答えましょう。

学生ローンの選び方

書類に書き込む人物

申し込み条件

ローン会社ごとに申し込み条件は異なるので、年齢制限や借入上限金額は必ず確認しましょう。

借り入れができたとしても、必要な金額を借り入れられなければ、ローンに申し込んだ意味が薄れてしまいます。

また、充分な収入があったとしても年齢制限に引っかかれば、審査に通ることはありません。

審査に落ちると後述する信用情報機関に情報が保存され、その他のローンも組みにくくなってしまいます。

金融庁と貸金業協会に登録があるかどうか

学生ローンを利用する際に絶対に避けなくてはならないのが、悪徳業者から借り入れしてしまうことです。

 悪徳業者から借り入れしてしまえば、暴力的な取り立てを受け、人生が大きく狂わされてしまうリスクがあります。

健全な業者であるか判断するために、金融庁と貸金業協会に登録があるかの確認は欠かせません。二つの機関に登録されていなければ、違法業者の可能性があります。

上限金利を比較

積まれたコインと時計

各ローン会社の金利を確認する際は、上限金利を比較するのは無難です。

一般的に金利は〇%~〇%と幅を持たせて表示されており、申込者の収入や社会的信用力等といった属性によって適用される金利が決められます。

しかし、下限金利が適用される可能性は低いのが実情です。

そのため、上限金利で比較しなければ、想定以上に高金利で返済しなくてはいけなくなる懸念があります。

営業時間

即日の融資を望むのであれば、営業時間の確認は必須です。

学生ローンの中には、申し込み当日に審査が完了し即日融資が受けられる商品もありますが、営業時間内に審査が終わらなければ、借り入れできるのは翌日以降になってしまいます。

すぐに融資を受けたい場合には、営業時間終了間際の申し込みは推奨できません。

口座振替への対応可否

口座振替の返済に対応しているローンであれば、毎月口座にお金を入れておくだけで自動的に引き落とされて返済が完了します。

毎月の返済を楽にしたい人は、口座振替が可能かどうかもチェックしておきましょう。

学生ローンの金利を解説!

お金

学生ローンの金利は、カードローン会社によって異なります。負担を少なくするためには、金利をできるだけ抑えることが大切です。

学生ローンを用意している主なカードローン会社の、金利を紹介します。
学生ローン 金利
アミーゴ 年利14.4~16.8%
フレン田 年利15.0~17.0%
イー・キャンパス 年利14.6~16.5%
マルイ 年利12.0~17.0%

また、学生ローンではありませんが、以下の大手消費者金融では学生でも借り入れが可能です。

消費者金融 金利
アコム 年利3.0%~18.0%
プロミス 年利4.5%〜17.8%
アイフル 年利3.0%~18.0%
SMBCモビット 年利3.0%~18.0%

消費者金融カードローンの申し込みは、全て20歳以上の方が対象です。

未成年の学生は、親権者の同意があっても借り入れができないので、注意してください。

 

学生ローンの金利は高い?

計算

学生ローンの上限金利は、大手消費者金融の上限金利と比較しても特別高いということはなく、ほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。

しかし、カードローン会社によっては金利に差があります。大手消費者金融では、初回契約時に無利息期間を設けているものもあります。

例えばプロミスでは、初回契約時から最大30日間利息0円サービスを行っています。

短期間の借り入れを検討している場合には、このような無利息期間のあるカードローンを利用すれば、利息を抑えることにつながります。

 

学生ローンで車は買える?

自動車

学生ローンは、利用目的を問われることはありません。引き出した現金の用途は、利用者が自由に決めることができます。

そのため学生ローンを、車の購入費用に充てることも可能です。学生ローンは、主に以下の用途で利用することができます。

学生ローンの使い道
  • 学費
  • 教科書代
  • 旅行
  • 車の免許
  • 就職活動
  • 生活着
  • プレゼント など

    しかし学生ローンは、通常のカードローンと比べて、利用上限額が低めに設定されている傾向があります。

    基本的に学生は収入が少ないため、収入に見合った額しか融資されないように、はじめから限度額が抑えられています。

    学生ローン 利用限度額
    アミーゴ 3万円~50万円
    フレン田 1万円~50万円
    イー・キャンパス 50万円以内
    マルイ 1万円~50万円

    上記を見ても分かる通り、50万円以上借り入れできるところはほとんどありません。車の購入費が高額である場合には、全てをカバーすることは難しいでしょう。

    学費が目的なら金利が優遇される場合も

    メリット

    借り入れたお金の使用目的が学費である場合、以下の学生ローンなら金利が優遇されます。

    学生ローン 学生優遇金利
    アミーゴ 年利15.5%(通常年利14.4~16.8%)
    イー・キャンパス 年利15.6%(通常年利14.6~16.5%)

    通常の上限金利よりも、低い金利で借り入れができるのでお得です。

    金利優遇を受けるには、学生証や学費の請求書の提出などが求められるので用意しておきましょう。

    学生ローン以外でお金を工面する方法

    合意

    どうしてもお金が必要な場合、学生ローン以外にお金を工面できる方法はないか考えるのもひとつの方法です。

    学生であれば、親や親戚に借りるなどが考えられますね。

    知り合いに借りれば金利がかからないので、返済の負担は軽減されるでしょう。その他、生活費を節約してお金を捻出することも、場合によっては可能となるでしょう。

    無駄遣いを減らしてコツコツ貯金をすれば、希望額貯めることができるかもしれません。

    学生ローンは便利ですが、期日までに必ず返済しなければならないなどの責任を伴います。

    滞納した時のリスクを考えると、学生ローン以外の資金調達方法を利用する方が、よい場合もあります。

    返済が難しくなった時には、そのままにせずカードローン会社に相談しましょう。連絡を無視していると、親に連絡が入ることもあります。

    学生ローンは最短即日融資できる?

    計算

    学生ローンによっては、最短即日融資を受けることも可能です。

     ただし、最短即日融資の申し込みが可能な時間帯は、カードローン会社によって異なるため注意が必要です。

    ローン会社によって営業日も営業時間も異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

    午前中の申し込みであれば、余裕を持って手続きを進められるのでおすすめですよ。

    なお、規定の時間内に申し込みを済ませても、審査に通らなければ借り入れをすることはできません。万が一、借り入れができなかった場合のことも考えておきましょう。

    大手消費者金融は最短即日融資が可能?

    サイン

    アコムプロミスなど、大手消費者金融は最短即日融資が可能です。

    カード会社ごとの審査回答時間内に申し込めば、最短で当日に融資を受けることができます。

     土日祝日であっても、対応してもらえるところがほとんどなので安心です。

    インターネットからの申し込みをすれば、自宅にいながら借り入れをすることもできます。

    お急ぎの方は、大手消費者金融も選択肢のひとつに入れましょう。

    学生ローンでお金を借りる際の注意点

    スーツの人物

    ここまで解説してきたように、学生がお金を借りる手段は存在します。しかし、お金を借りる際には注意点があるのも事実です。

    本項では、学生ローンでお金を借りる際の注意点について解説します。

    学生ローンでお金を借りる際の注意点
    • インターネット情報に惑わされないようにする
    • 「審査なし」「必ず借りられる」など甘い謳い文句の業者に注意する
    • 在籍確認をなくすことは基本的にできない
    • 即日融資を受けられるとは限らない
    • 返済が滞ると信用情報機関に登録される
    • 就職活動に影響を及ぼす可能性がある

    それでは、一つずつ見ていきましょう。

    インターネットの情報に惑わされないようにする

    学生ローンには種類があるため、何を利用すれば良いか判断に迷うこともあるはずです。

    申し込むローン会社を決めるために、口コミや評判が記載されたインターンネットの情報を参考にするのも有効的ですが、情報が氾濫している分惑わされやすい側面があります。

     だれでもカキコミができるインターネットには、悪意を持った第三者が記載した嘘の情報も存在します。

    まとめサイトやSNSの情報を鵜呑みにせず、ローン会社の公式サイトも確認するのが賢明です。

    「審査なし」「必ず借りられる」など甘い謳い文句の業者に注意する

    首をかしげる女性

    「審査なし」「必ず借りられる」等と謳う業者には、注意しなくてはなりません。経済力が低い学生をターゲットにして詐欺行為をはたらく、悪徳業者の可能性があります。

    万が一悪徳業者からお金を借りてしまえば、たとえ少額でも返済できなくなる恐れがあります。

    健全な貸金業者であれば法廷金利を遵守して貸し付けを行いますが、悪徳業者は法廷金利など意に介さず、超高金利で金銭を貸しつけるのです。

    法律に違反する悪徳業者に従う必要はないものの、個人情報を握られてしまえば、非人道的な手段で脅迫され、返済を余儀なくされるケースも珍しくありません。

     万が一悪徳業者から借り入れしてしまった場合には、すぐに弁護士や警察に相談しましょう。

    在籍確認をなくすことは基本的にできない

    在籍確認とは、審査時に記載した勤務先に申込者が本当に在籍しているかの確認のことです。学生ローンの場合は、アルバイト先に電話が入り在籍確認が行われることとなります。

    在籍確認と言っても仰々しいものではなく、一般的には、当人が勤務先に所属しているか事務的に確認される程度です。

    在籍確認を行わないローン会社もありますが、在籍確認を必要とするローン会社に申し込んだ場合、例外的に在籍確認を免除してもらうことは基本的に不可能です。

    なお、在籍確認ができなかった場合、虚偽の申告をしたと判断され、審査に通らない可能性が非常に高くなってしまいます。

    即日融資を受けられるとは限らない

    紙幣を持つ手

    学生ローンは、審査が1日で終わり即日融資を受けられる場合もあります。

    しかし、審査に数日かかるケースも想定されるため、必ずしも即日融資を受けられるとは限らないことを認識しておきましょう。

    返済が滞ると信用情報機関に登録される

    学生ローンの返済が遅れると、遅延情報が信用情報機関に登録されるのが通常です。信用情報機関とは、個人の借り入れ記録や支払履歴等を一括管理している機関を指します。

     延滞情報は一般的に事故情報と呼ばれ、社会生活上の様々な弊害をひき起こす要因となります。

    事故情報が登録されると、登録期間中は以下のような弊害が生じます。

    事故情報が登録されることによる弊害
    • クレジットカードが発行できなくなる
    • 新規の借り入れができなくなる
    • 携帯電話の分割購入が困難になる
    • ローンを組むことが困難になる

    このように、社会的な信用力が求められる様々な取引ができなくなってしまうのです。

    なお、学生ローン延滞による事故情報は、約5~7年ほど信用情報機関に保存されると考えられています。

    就職活動に影響を及ぼす可能性がある

    書類を持つ人物

    基本的には、学生ローンを利用してお金を借りた事実が就職活動に悪影響を与えることはありません。

    そもそも、銀行や消費者金融等の一部の金融機関を除き、企業が個人の信用情報および借金の記録を確認することはできないため、就職先に学生ローンを利用したことを知られるリスクは高くないと言えます。

    しかし、返済が滞りローン会社に訴訟を起こされた場合などは、事情が異なります。

    就職先に訴訟内容が通知されることはないものの、借金を滞納していた事実が明るみに出て、就職活動にも影響する可能性は決して皆無ではありません。

    学生がお金を借りるときの流れ

    面談をする人

    本格的に借り入れを検討するのであれば、融資を受けるまでの一連の流れも把握しておきましょう。

    厳密にはローン会社によって異なりますが、学生がお金を借りるときの流れは概ね以下の通りです。

    お金を借りる際の流れ
    1. 申し込み
    2. 必要書類の提出
    3. 担当者からヒアリング
    4. 審査
    5. 借り入れ

    必要書類には、学生証や運転免許証、キャッシュカード等が挙げられます。

    書類を提出した後に担当者から、利用目的等に関するヒアリングが行われるケースもあります。

     ヒアリングの際に虚偽の申告をすれば審査に通らない可能性が高くなるため、質問には正直に回答しましょう。

    その後、審査が行われ融資するべき相手かが審議されます。前述した在籍確認が行われるのもこのタイミングです。

    利用条件を満たし、審査に通れば融資が開始されます。

    最短即日融資を受ける時の注意点

    注意

    ここからは、最短即日融資を受けるために注意すべき点について、解説します。

    最短即日融資は、急な出費に対応できる便利なサービスですが、当然注意すべきポイントもあります。

    スムーズに手続きを進める上でも、ポイントをしっかりと確認しておきましょう。

    在籍確認に対応できるようにしておく

    電話

    学生ローンの審査では、アルバイト先に本当に在籍しているかどうかを確認する「在籍確認」が行われる可能性があります。

    在籍確認の内容は簡単で、5分以内で終わることがほとんどです。

    借り入れについて聞かれることもないため、バイト先に借り入れがばれる心配もありません。社

    名を伏せて個人名で電話をかけてくれるなど、申し込み者に配慮した対応を受けることができます。

     最短即日融資を受けたい場合には、在籍確認に対応できる準備をしておくことが大切です。

    基本的には、在籍確認が終わらなければ、審査を完了することはできません。最短即日融資を受けたい場合には、事前準備をしっかりと行っておきましょう。

    \WEB完結なら電話・郵送なし/
    SMBCモビット
    WEB完結で今すぐ申し込み

    申し込み内容は正確に記入する

    記入

    申し込み時に記入する主な内容は、以下の通りです。

    申し込み時に記入する内容の例
    • 氏名
    • 年齢
    • 住所
    • 勤務先・勤続年数
    • 年収
    • 他社の借り入れ状況
    • 希望借り入れ額

      申し込み内容にミスや漏れがあると、確認作業が必要となり時間がかかってしまいます。

      スムーズに手続きを進めるためにも、申し込み内容は正確に記入しましょう。

      記入する中で不明点があった時には、コールセンターで相談してみましょう。

      学生ローンの審査は甘いの?

      疑問

      学生ローンの審査は決して甘くありません。通常のカードローンと同じ基準で審査されます。

       審査なしで借り入れができる学生ローンも存在しません。借り入れをするためには、必ず審査に通過する必要があります。

      学生ローンの審査内容については、各カードローン会社は詳細を公表していません。

      しかし、申し込み条件などから審査時に見られるポイント予測することは可能です。

      ここでは、学生ローンの審査に通るためのポイントについて考えていきましょう。

      学生ローンの審査ポイント

      チェックポイント

      学生ローンの審査に通るためのポイントとしては、以下の通りです。

      学生ローンの審査ポイント
      • 申し込み条件に当てはまっているか
      • アルバイトの収入があるか
      • 総量規制の範囲内であるか
      • 他社の借り入れ状況
      • 過去に滞納の記録がないか

        申し込み条件に当てはまっているか

        申し込み条件はカードローン会社によって異なります。以下は、学生ローンカレッヂの申し込み条件です。

        日本国籍の方で、高卒以上の大学生・短大生・予備校生・専門学校生の方。
        安定した収入のある方

        海外に在住している方や、高校生は申し込みができません。条件を満たしているかどうかは、入会前に確認しましょう。

        アルバイトの収入があるか

        学生

        先ほどもお伝えした通り、学生ローンであっても申し込み者に収入がなければ借り入れはできません。

        現在仕事をしていないという方は、アルバイトの収入を得てから申し込みましょう。

        収入の金額は問われませんが、少額であれば借り入れできる金額も少なくなります。

        総量規制の範囲内であるか

        学生ローンは、総量規制の対象です。借り入れ希望額が年収の3分の1以内であるかを確認しましょう。

        他社の借り入れ状況

        他社からすでに借り入れをしている場合には、その金額も含めて総量規制の範囲内でしか借り入れができません。借り入れ総額を計算してみましょう。

        過去に滞納の記録がないか

        カードローン会社は、審査の時にCICなどの個人信用情報機関で、申し込み者の過去の借り入れ状況を確認します。

         過去に悪質な滞納が見つかった場合には、審査に落ちる可能性が高まってしまいます。

        滞納の記録は、5年間残ってしまいます。過去に滞納したことがある方は、記録が消えるまで待ってから申し込むことがおすすめです。

        学生証の提示が必要

        一般的にローンの審査では、身分証明のために運転免許省等の提示が求められます。学生ローンを利用する場合には、学生であることを証明するために学生証の提示が必要になるのです。

        提示方法はローン会社によって異なりますが、最近ではインターネットを介して学生証のデータを送信する方法が増えています。

        学生証の代わりに、生徒手帳や通学定期券などが証明書類として認められるケースもあります。

        未成年は親の同意書が必要

        ペンを持つ人物

        大多数の学生ローンは、利用要件の一つに「年齢が20歳以上であること」を設けていますが、未成年が融資を受けられる学生ローンも存在します。

         しかし、未成年が学生ローンを利用するには親の同意が必要になるのが一般的できあり、親に見つからずに借り入れすることは困難です。

        また、前述したように未成年の場合は、支払能力や責任能力が考慮され、借り入れ上限金額が10万円に設定されるケースも少なくありません。

        もっとも、仮に10万円の融資しか受けられなくても、未成年の学生からしてみれば大金と言えます。まとまったお金を手に入れることに味を占めて、若いうちから借金する癖がつかないように注意しましょう。

        審査に落ちた場合

        審査落ち

        学生ローンに限らず、ローンの申し込みをした記録は、CICなどの個人信用情報機関に半年間程度残ります。

         審査に落ちてしまった情報は半年間残り、他のカードローン会社に申し込みをした時にバレてしまいます。

        「他社の審査に落ちたということは何か原因がある」と判断されて、審査に落ちる可能性が高くなると言われています。

        万が一審査に落ちてしまった場合には、半年間待って記録が消えてから申し込むようにしましょう。

        その他、短期間で複数の学生ローンを申し込むこともおすすめできません。

        上記で説明した通り、申し込みの記録が残るため、カードローン会社には同時に複数社に申し込みをしていることが知られてしまいます。

         具体的には、1カ月以内に3社以上申し込みするのはおすすめできません。

        複数の学生ローンに同時申し込みを行ってしまうと、お金に困っていると判断されて融資を断られる可能性があります。

        複数借り入れを希望している方は、一定期間あけてから申し込みをすることがおすすめです。

        【学生向け】おすすめのクレジットカード4選

        学生が即日融資を受ける方法は、学生ローンだけではありません。

        キャッシング枠が付いたクレジットカードを持っていれば、コンビニなどで即日お金を借りられます。しかもクレジットカードには、学生だけが発行可能なカードもあります。

        ここでは、学生向けクレジットカードを5枚紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

        JCB CARD W

        JCB CARD W_新券面

        JCB CARD Wは、18歳〜39歳を対象としたカードです。

        学生向けではありませんが、比較的若年層をターゲットにしているため、学生でも発行しやすいと言えます。

        JCB CARD Wは、JCB一般カードと比較してポイントがいつでも2倍貯まります。ポイント還元率が常に1.0%以上なので、日々の買い物で効率よくポイントを貯められます

        年会費 無料
        ブランド JCB
        基本還元率 1.0%
        申し込み条件 18歳〜39歳
        \ポイント常に2倍〜最大20倍/
        JCB CARD W
        無料申し込みはこちら

        https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

        学生専用ライフカード

        ライフカード学生用-Master青

        学生専用ライフカードは、最短3営業日以内に発行可能な学生カードです。

        海外旅行傷害保険付帯、海外ショッピング利用分の3%キャッシュバックなど、海外でも使いやすいカードだと言えます。

        カード利用で貯まるポイントは「LIFEサンクスポイント」です。有効期限は最大5年間なので、ポイントの使い道をじっくりと考えることができます。

        年会費 無料
        ブランド JCB/VISA/MasterCard
        基本還元率 0.50%
        申し込み条件
        • 高校生を除く満18歳以上満25歳以下
          ※未成年の方は、親権者の同意が必要
        • 大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の方

        http://www.lifecard.co.jp/card/credit/std/

        エポスカード

        エポスカード

        エポスカードは、入会金・年会費無料のクレジットカードです。高校生を除く満18歳以上の方が申し込み対象となっています。

        エポスカードには、全国の飲食店・カラオケ・舞台・イベントなど、さまざまな場所で割引などの優待が受けられる特典があります。

        学生の方がよく利用する店舗も含まれており、学生におすすめできるカードだと言えるでしょう。
        年会費 無料
        ブランド VISA
        基本還元率 0.5%
        申し込み条件 満18歳以上
        ※高校生を除く
        \入会費・年会費は永年無料/
        エポスカード
        最短即日発行はこちら

        https://www.eposcard.co.jp/index.html

        楽天アカデミー

        楽天アカデミー

        楽天アカデミーが楽天カードの学生専用カードです。

        卒業後は自動的に楽天カードに切り替わるため、貯まったポイントもそのまま引き継げます。

        楽天アカデミーの限度額は30万円です。使いすぎが心配な学生の方でも安心して利用できます。

        楽天市場でポイント最大3倍なので、ネットショッピングにも利用しやすいカードです。

        年会費 無料
        ブランド JCB/VISA
        基本還元率 1.0%〜
        申し込み条件 18歳以上(高校生除く)の学生

        https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card-academy/

        まとめ

        学生ローンについて紹介しました。学生ローン自体がやばいわけではありませんが、浪費癖がある、自己管理ができないなどの方にはおすすめできません。

        学生ローンの審査は甘くありません。最短即日融資可能な業者もあるので、金利やメリットとデメリットをよく比較して自分に合ったものを見つけましょう。

        学生ローンの使い道については特に決まりはないので、車を買うことも可能です。しかし、融資の上限額が低いことが多いので注意が必要です。

        学生ローンをうまく活用して、楽しい学生生活を送ってくださいね。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事