学生もカードローンは利用可能!おすすめカードローン紹介

学生のうちからカードローンを利用を検討する場合、

  • 大学生だけど本当に融資を受けられる?
  • カードローンのメリット・デメリットは?
  • 収入なしでも審査に通るの?
  • どうやって申し込みをしたらいい?

など、多くの疑問が出てきますよね。

そこで本記事では、学生がカードローンを利用する際に押さえておきたい、基本情報や注意点などを詳しく解説していきます。

カードローンを申し込む前に、ぜひ参考にしてみて下さい。

学生もカードローンを利用できる!


「学生だとお金を借りるのは難しいのでは…」と悩んでいませんか?実は学生でも、借入れは可能です。

まず最初に、どんな学生であれば借入れができるのか、条件や基礎知識について見ていきましょう。

学生が利用可能なカードローンは2種類ある

学生が利用できるカードローンは、大きく「銀行」「消費者金融」の2つに分けることができます。条件や特徴に違いはありますが、一般的にどちらも学生でも申し込みができます

申込条件は20歳以上・安定した収入がある方

収入

各事業者で細かな違いはあるものの、融資を受けるための主な条件は以下2つです。

一般的なカードローンの申込条件
  • 20歳以上
  • 安定した収入

そのため、20歳未満の学生は、そもそも申し込みができない可能性が高いです

 また、20歳以上の学生であっても、安定した収入がなければ審査に落ちてしまいます。

しかし中には、カードローンに申し込んだ後、審査に通っている学生もいます。

後に、消費者金融・銀行別に学生でも申し込めるおすすめのカードローンを紹介しますが、まずは消費者金融カードローンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

消費者金融カードローンのメリット・デメリット

メリット・デメリット

消費者金融カードローンと言うと、SMBCモビットプロミスなどが挙げられます。

消費者金融カードローンは、スピーディーに融資を受けられるメリットがある一方で、規制の影響や金利に関するデメリットがあります。

消費者金融カードローンのメリット

SMBCモビットやプロミスなどを利用するメリットは、スピーディーにお金を借りられることです。

プロミスなら、申し込みをして審査結果がわかるまで最短30分なため、最短でその日のうちに融資を受けることができます

消費者金融カードローンがおすすめなケース
  • 今すぐお金を借りたい
  • すぐに4万必要なので早く融資を受けたい…
  • 急遽、夜までにお金が必要になった

上記のように今すぐにお金を借りたいならば、最短即日融資できる可能性がある、消費者金融カードローンに申し込んでみるのがおすすめです。

ただ、申込時間や審査状況によっては、即日融資が受けられない可能性もあるので、よく確認しましょう。

消費者金融カードローンのデメリット

デメリット

消費者金融カードローンの利用には、以下のようなデメリットもあります。

デメリット
  • 規制の影響を受ける
  • 銀行に比べると金利は高い傾向にある

カードローン会社は、貸金業法に基づき貸付を行うので「融資は年収の1/3まで」というルールがあります。

年収120万だと40万まで、年収90万だと30万までの融資です。

消費者金融が利用できないケース
  • 年収80万だけど110万借りたい
  • 年収100万でA社で30万借りているけど、B社でも30万利用したい

上記のような要望は規制の影響を受けるため、実現できません。

また消費者金融カードローンの金利は、銀行カードローンと比較して高くなる傾向があります。

【学生申し込み可能】おすすめ消費者金融カードローン

消費者金融系でおすすめなのは、プロミス・アコム・SMBCモビットです。

 最短30分審査や最短即日融資に対応しており、WEB完結も可能です。

それぞれの特徴について紹介していますので、消費者金融系カードローンを利用する際の、参考にしてください。

アコム

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 公式アプリで利用状況を確認できる
  • 最短30分のスピーディーな審査回答
  • クレジット機能付きカードあり

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。借入は、来店不要。

振込による借入なら、インターネットや電話から、24時間365日・日本全国から申し込めます。

アコムでは、公式スマホアプリを提供しています。

スマホひとつで返済、利用状況が確認可能。生体認証でらくらくログインできたり、プッシュ通知で支払い日を知らせてくれたりと、利便性抜群です。

金利(実質年率) 年3.0%〜18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入限度額
800万円
WEB完結
申し込み条件
  • 18歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
  • アコムの基準を満たす方

※在籍確認が行われる場合がございます。
出典:https://www.acom.co.jp/

\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • WEB完結なら電話連絡なし
  • 最短30分審査、即日融資が可能
  • 返済でTポイントが貯まる

SMBCモビットのWEB完結申込であれば、勤務先への電話連絡がありません。書面などで、在籍の確認ができます。

金利は年3.0%〜18.0%で、限度額は800万円。最短30分で審査結果がわかり、即日融資にも対応しています。

また、返済額の利息分200円につき、Tポイントが1ポイント貯まるサービスも用意されています。

アルバイトやパートの方でも、申し込みが可能です。
金利(実質年率) 年3.0%〜18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入限度額
800万円
web完結
申し込み条件
  • 満20歳以上69歳以下
  • 日本国内に居住し、安定した収入がある

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

\WEB完結なら電話・郵送なし/
SMBCモビット
WEB完結で今すぐ申し込み

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 最短30分で融資可能
  • WEBからの申込なら来店不要・郵送物なし
  • 30日間無利息サービスあり
  • 申込方法や返済方法を選べる

プロミスは金利年4.5%〜17.8%で、最大で年収の1/3まで借入れができます。最短30分で審査結果がわかり、即日融資も可能です。

WEB申込なら、申し込み→借入→返済までWEBで完結。カードレスで、自宅への郵送物もありません。

また返済日は、5日・15日・25日・末日の4つから選択可能。

メールアドレス登録とweb明細を利用すれば「30日間無利息サービス」が適用されるため、元金のみの返済で済ませることもできます。

金利
(実質年率)
年4.5%〜17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短30分
借入限度額
500万円
WEB完結
申込条件
  • 満20歳以上69歳以下
  • 日本国内に居住し、安定した収入がある

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

銀行カードローンのメリット・デメリット

次に、銀行カードローンのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

銀行カードローンを利用する場合は、規制の影響がなく、利息を抑えられるなどの利点がある一方で、申込日に借入れできないなどのデメリットがあります。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには、以下のようなメリットがあります。

メリット
  • 総量規制を受けない
  • 金利負担が少ない

銀行系カードローンは、銀行法に基づき貸付を行うため規制の影響を受けません。年収の1/3以上借入れもできます

銀行と消費者金融カードローンの金利を比較

金融機関 金利
三井住友銀行 年1.5%〜14.5%
プロミス 年4.5%〜17.8%

また上記のように、消費者金融カードローンと比較すると金利が有利なので、利息を抑えることが可能です。

銀行カードローンならではの安心感があるのも、魅力ですね。

銀行カードローンのデメリット

銀行

一方で、次のようなデメリットもあります。

デメリット
  • 申込日に借入れができない
  • 口座開設が必要なこともある

申込者の反社チェックなどを行うので、審査時間は長くなります

利用できるか結果がわかるのは、早くても申込日の翌日以降。場合によっては、1週間以上かかるケースもあります。

加えて、口座開設が必要になることもあるため、お金を借りるのに手間がかかります。

学生がカードローンを申し込む手順

ここからは、学生が融資を受ける際の申し込み手順について紹介します。

難しい内容はありませんので「はじめてなのでうまく申し込みできるか不安…」という方でも安心です。

学生がカードローンを利用する際の7つの手順について、1つずつ確認してきましょう。

1. 申し込む商品を選ぶ

まずは、借入方法や返済方法、金利、キャンペーンなどを比較して利用するカードローンを決定します。

\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

2. 申込フォームの入力

webサイトへアクセスをして、申込フォームの必要事項を入力します。主な入力項目は、次のとおりです

入力内容
  • 氏名
  • 連絡先
  • 住所
  • 勤務先・アルバイト先情報
  • 他社借入状況 など

このような入力内容をもとに審査が行われますので、間違いがないようにしてください。

「本当は無職だけど、前のアルバイト先を載せておこう」など嘘の情報を載せてもバレてしまいます。

 虚偽情報は審査落ちしますので、正しい情報を載せてください。

3. 必要書類の提出

学生に限った話ではありませんが、融資を受ける際は、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(借入金額が50万超の場合)

の2つの書類提出が必要になります。

それぞれの該当書類には、次のようなものがあります。

本人確認書類をチェック

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(顔写真付き)
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

収入証明書をチェック

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 市県民税特別徴収税通知書
  • 確定申告書 など

書類の提出方法

書類の提出方法は、以下のとおりです。

提出方法
  • web
  • アプリ
  • 郵送 など

スピーディーに審査を進められるので、webやアプリによる提出がおすすめです。

必要書類は事業者によって異なりますので、事前に確認をしましょう。
\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

4. 在籍確認・審査

申込者が勤務先で本当に働いているか確認するため、アルバイト先への在籍確認があります。

非通知番号で個人名による連絡のため、アルバイト先に融資を受けることはバレません。

 事前に、アルバイト先の店長や社員に連絡があることを伝えておくと、スムーズに確認を終えることができます。

5. 審査結果の連絡

審査が終わると、結果の通知が登録したメールアドレス宛に届きます

迷惑メールに振り分けられないように、事前にドメイン指定を確認してください。

6. 契約手続き

審査を通過した後は、契約手続きを行います。

7. カードの発行

契約手続き完了後は、ローンカードの発行です。郵送で受け取る、またはローン契約機でカードを発行します。

カード発行後は、限度額内でいつでも融資を受けることが可能です。

\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

学生がカードローンを利用する際の5つの注意点

大学生などが融資を受ける際は、年齢や親の許可・勤務先への連絡など、前もって注意点を知ることで、スムーズな事前準備やリスク管理がしやすくなります。

融資を受ける前に知っておきたい5つの注意点について、確認していきましょう。

120歳未満は申し込みが難しい

どの事業者から融資を受ける場合も「満20歳以上」という年齢条件があります。

 一定の収入がある学生でも、18歳〜19歳であれば融資を受けることはできません。

20歳未満の場合は、親にお金を借りたり日雇いバイト等で足りないお金を稼ぐようにしましょう。

学生といっても、利用できるのは「20歳以上の学生」です。

\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

2親の同意書が必要なケースもある

事業者によっては、利用時に親の同意書が必要です

親が賛成している場合はいいですが、反対している場合は同意書の用意は難しくなります。

 親の同意書を用意できないと、融資は受けられません。

また、同意書提出後に審査となるため、準備に時間がかかると融資も遅くなります。

事業者によって同意書の有無が異なるため、事前に確認をして下さい。
\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

3アルバイト先に在籍確認がある

審査に伴い「申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているか」を確認するための連絡があります。

返済能力があるか確認する上で大切な情報なので、在籍の確認連絡は必ずあります。

在籍確認と審査の関係
  • 在籍している→審査が進む
  • 在籍していない→審査に落ちる可能性がある

在籍が確認できない場合は審査が進まないだけでなく、審査に落ちる可能性が高いため注意が必要です

 アルバイト先へは、非通知番号+個人名で連絡があるため、融資を受けることはほとんどバレません。

心配な場合は、事前に勤務先に「クレジットカードを作るので連絡があると思います」と伝えておくといいでしょう。

4延滞や滞納すると今後のローン審査に影響が出る

学生は、無理のない計画を立て借入れすることが大切です。

返済のあてがないのに融資を受けると、延滞や滞納リスクが高くなります。

 延滞や滞納をしてしまうと、いわゆる「ブラックリスト」に情報が載り、今後数年間ローンが利用できなくなったりクレジットカードを作れなくなります。

融資を受ける際は、現実的な返済計画を立て、可能な限り少ない借入金額に抑えるようにしましょう。

5自宅に郵送物が届く

審査が通り、契約手続きが完了すると、自宅に明細やローンカードが届きます。

同居している方は要注意

「ローンの申し込みを同居人や親に話さず内緒にしている…」という学生は、カードローン会社からの郵送物によって、家族や同居人に融資を受けることがバレる可能性があります

自宅に郵送物が届くため、親や同居人には事前に話して同意を得ておきましょう。
\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。

学生がカードローン以外でお金を借りる方法は?

学生 カードローン以外

ここまで、学生がお金を借りる方法としてカードローンを主に紹介してきましたが、学生がお金を借りる方法はカードローン以外にも複数あります。

今回は、以下の方法について解説していきます。
学生のお金の借り方
  • 学生ローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 郵便局の担保自動貸付

学生ローン

学生ローンとは、学生に特化したローンのこと。大学生が多くいる街に、店舗が見られることが多い賃金業者です。

学生向けのローンのため未成年でも契約ができたり、アルバイトでの収入が多くなくても審査に通過できる可能性があります。

銀行系のカードローンよりも、学生は審査に通りやすいと言えるでしょう。
 学生ローンによっては、未成年だと契約できないものもあるので注意しましょう。

金利は15%前後のものが複数見られ、決して低くはないというデメリットもあります。計画的に利用しましょう。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能でも、お金を借りることができます。

これはキャッシング機能の付帯しているクレジットカードを所持していれば、誰でも利用できます。

キャッシング機能はATMがあればすぐに現金を引き出せるだけでなく、Web申し込みをすれば指定した口座に振り込んでもらえるサービスもあります。

郵便局の担保自動貸付

郵便局の担保自動貸付とは、定額貯金や定期預金を担保とする貸付のことです。

 自身の貯金を担保にする方法なので審査がなく、現在アルバイトでの収入がなくても利用できるというメリットがあります。

また、限度額は担保にした貯金や預金の90%以内になっているので、貯金額が少ないと借りられる金額も少なくなってしまいます。

さらに貯金のない人は担保にできるものがないため、貸付を受けられませんので注意をしましょう。

まとめ

ここでは、学生がカードローンを利用する際に押さえておきたい基本情報や注意点などを解説しました。

最後にこの記事で紹介した、大切なポイント3点をまとめています。

この記事のまとめ
  1. 20歳以上で安定収入がある学生であれば融資を受けられる可能性がある
  2. 郵送物が届いたり同意書が必要なケースもある
  3. 最短30分審査、即日融資を受けることも可能

融資を受けることを検討している方は、ここで紹介した内容やおすすめカードローンを参考にしてみてください。

\パート・アルバイトでも申し込みOK/
アコムにWeb申し込み
はじめてなら30日間金利0円
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性がございます。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事