借金の相続放棄とは?手続き方法やメリット・デメリットなどを解説

親や親族の死に関して、財産や借金の問題は切って離せないものです。財産相続というワードは耳にするかもしれませんが、借金の相続について知らない人は少なくありません。

親の相続には、財産の他にも借金があります。自分名義でもない借金を返さなくてはならなくなったという事態は避けたいところです。

そこで今回は、借金の相続放棄とは何か、その手続き方法や注意点などを徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

借金があっても相続放棄をしなくて良いケースについても触れていくため、要チェックです。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
借金減額診断はこちら
無料・匿名でOK

 

借金の相続放棄とは?

手帳の上に置かれた紙幣

相続放棄とは、簡単に言うと初めから相続人ではなかったとすることです。なお、借金の相続を放棄する手段として、以下2つの方法があります。

借金相続放棄の方法
  • 限定承認
  • 相続放棄

限定承認は遺産から借金分の金額を差し引いて、過剰分があった際は引き継ぐものです。しかし、自分だけでの判断では不可能で、相続人全員が実施しなければいけません。

そして、相続放棄とは文字通り被相続人のプラスマイナス関わらず、すべての相続を放棄することです。相続人としての地位を放棄して、その人の存在そのものを無かったことにします。

 限定承認とは異なり、自分だけの判断で相続放棄が可能です。借金の相続放棄をしたい場合は相続放棄を実施します。

相続するかしないかについては、原則として相続が起こってから3カ月以内に判断しなければいけません。

3か月間特に何も申請をしなかった場合は「単純承認」といい財産・借金もすべて相続することになるため、被相続人の借金が多い場合は注意しましょう。

相続の判断を下すために時間がかかる場合、家庭裁判所に申し出れば期間を延長してもらえることもあります。

相続放棄のメリット・デメリット

丸められた紙幣

相続放棄は、借金を相続しなければならないという事態を免れることで、もめ事から解放される点は大きなメリットです。

しかし、一方では仮に財産が残っていた場合も放棄してしまうというデメリットもあるため、判断する前は慎重に検討すべきと言えます。

相続放棄した借金はどうなる?

相続放棄をした人には取り立てがこなくなる

外国の紙幣

借金の相続放棄をすると、その証明書が手に入ります。相続放棄の証明があれば今後支払う必要がなくなるため、取り立てや請求書はなくなるのです。

 取り立てがこなくなることは、精神的なストレスからも解放されることに繋がります。日常を取り戻せるきっかけになるとも言えるでしょう。

なお、最も被相続人に近い人が相続放棄をすると、次に近い関係者に請求が移っていきます。

ただし、借金の連帯保証人になっていた場合は、相続放棄をしても請求がその人に届くことから返済の義務を負わなければいけません

残った財産は国のものになる

海外紙幣

最終的に相続人全員が借金の相続放棄をした場合、その財産も借金も国のものになります。

 借金を国のものにさせる手続きを進めるには、弁護士や司法書士などの第三者を「相続財産管理人」とする申請が必要です。

また、申請が受理された後に借金相続人がいないことを法律的に確定させなければいけないことも理解しておきましょう。

国に財産や借金が移行するまでにはさまざまな手続きが必要であり、全員が相続放棄するまでに期間が空くため、すぐに個人の相続物から離れる訳ではありません

借金の相続放棄をする際の4つの注意点

1. 3ヶ月以内に家庭裁判所へ申し立てをする

燃えた紙幣を持つ女性

借金の相続放棄は単独判断で進めることが可能です。そのため、親族一同が集まり相続について話し合う手間が無い分、限定承認などに比べて簡単に相続放棄を選択できます。

原則、相続放棄をする場合は相続が起きてから3カ月以内に家庭裁判所に申請しなければいけません。

 相続放棄の判断に3カ月以上期間が必要な場合は、事前に申請しておきましょう。申請しなければ、自動的に財産も借金も相続する単純承認になってしまいます。

なお、財産よりも借金の方が多い場合に単純承認になってしまうと、支払わなければならない金額の方が多いということです。

また、相続が起こってから3カ月を経過してから自力で相続放棄の手続きを進めることは難しくなるため、弁護士や司法書士に依頼しなければなりません。

弁護士や司法書士への依頼の手間も考慮すると、より3カ月以内に申立てをすることが大切になります。

家庭裁判所の確認について

申請先の家庭裁判所についても、事前によく調べなければいけません。

相続放棄を申請する家庭裁判所は、被相続人、つまり亡くなった方が最後に住んでいた住所に属するところです。

 申請者は基本的に相続する本人ですが、未成年者の場合は親権者などの法定代理人が代わりに申請します。

申請先の家庭裁判所や申請人を事前に把握し、スムーズに申請する準備をしておくことで、3ヶ月以内の相続放棄完了が実現しやすくなるでしょう。

2. 相続放棄の撤回はできない

現金とペン

原則として、借金の相続放棄は撤回できません。しかし、相続の取消は以下のケースなどで認められる場合があります。

続放棄の撤回が認められる場合
  • 法定代理人の同意なしの未成年者・成年被後見人・保佐人の同意等なしの被保佐が相続放棄手続きをした場合
  • 被相続人が抱える多額の借金を知らなかったなど、相続放棄の申請前の調査が十分であるにも関わらず認識錯誤があった場合
  • 他の相続人から脅迫・詐欺に遭う、相続人本人の意思とは言い難い理由により相続放棄をした場合

これらを総じて言及できるのは、相続放棄の取消は認められているとはいえ、その取消理由を証明するまでの手続きは非常に難しいことです。

また、必ず相続放棄の取消が認められるという訳ではなく、むしろ取消が認められるケースは少ないと理解しておきましょう。

「借金を背負いたくない」「親族のもめ事を回避したい」など目先のことだけを考えるのではなく、被相続人の財務状況をよく調べておかなければ、後々相続権を取り戻したいと思ってもなす術がありません。

3. 相続財産は一切相続できない

紙幣を持つ女性

被相続人には財産が無く、借金が多いと思っていても、実はプラスになる財産を持っていたと後から発覚するケースもあります。

 しかし、一度相続放棄をすると、当然ですが財産も相続する権利はありません。

相続放棄の撤回は不可能なため、相続放棄を決意する前には、事前に正確な財務状況を調べておくことが大切です。

4. 家族には事前に借金について伝えておく

「個人自営業で、実は社長名義の借金があった」など、家族が把握していない借金が後々発覚した場合、突如返済を強いられる可能性はゼロではありません。

そのような事態を防ぐために、事前に財産だけではなく借金についても伝えておくことは非常に重要です。

また、相続放棄によって借金が他の親族に行き渡る際、自分の家族がお金を巡るトラブルに巻き込まれる可能性も考えられます。

いかなる理由に関わらず、生前に家族へ自分の財務状況を正確に知らせておくことは、将来的に家族を守ることにも繋がります。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
借金減額診断はこちら
無料・匿名でOK

借金があっても相続放棄をしなくて良いケースとは?

書類に記入する男性

被相続人に借金があった場合でも、相続放棄をしなくて良いケースがあります。

相続放棄をしなくて良い場合
  • 自己破産をしたとき
  • 限定承認の場合

1. 自己破産をしたとき

自己破産とは、裁判所に対して支払い不能であると申立てをし、免責を受けて債務を無くす方法です。

本人が健在であれば本人による手続きを進めますが、既に亡くなっている場合は連帯保証人による代行手続きが可能です。

 自己破産をすると必要最低限の現金・家財道具は所持できますが、ブラックリストに載り、一定期間はローンが組めないなどのデメリットもあるため要注意です。

生活に支障をきたす手続きでもあるため、本当に自己破産すべきか手続き前にはきちんと判断・検討しなければいけません。

2. 限定承認の場合

書類に記入する男性

限定承認は、被相続人のプラスの財産から借金を差し引いた額を相続する手段です。借金の方が大きかったとしても、その額は相続財産内で済むというメリットがあります。

 例えば財産が1,000万円で借金が3,000万円であった場合、本来ならば差額は2,000万円ですが財産内の返済で良いため、返済額は1,000万円となります。

一方で、相続人全員の同意が必要であったり手続きに手間がかかったりと、さまざまな制限があることも知っておきましょう。

借金の相続放棄手続きの流れ

1. 必要な書類を用意する

書類に記入する男性

相続放棄をするにあたって、さまざまな書類が必要です。まずは、被相続人との関係を証明する戸籍謄本・被相続人を除票した住民票を手配しましょう。

そして、裁判所のサイトもしくは家庭裁判所へ行き、相続放棄申請書の用紙を手に入れてください。相続放棄申請書には、必要事項を漏れなく記載します。

 必要事項の記載が正確でない場合、家庭裁判から申請を却下されてしまう可能性があるため要注意です。

この必要事項を記載した相続放棄申請書を家庭裁判所へ提出すると、相続放棄の準備は完了です。

相続放棄申請書を家庭裁判所へ提出する際は、戸籍に関する書類の他に800円分の収入印紙や郵送切手なども準備してください。

2. 家庭裁判所に申述する

家庭裁判所

家庭裁判所へ相続放棄申請書を提出すると、家庭裁判所から相続放棄の照会書が届きます。申述した内容について、

  • 意思と申述内容に相違が無いか
  • 申述内容を把握しているか
  • なぜ相続放棄をしたいか

などを確認されるため、正確に回答してください。

 郵送で家庭裁判所へ申請書を送った場合は照会書と一緒に回答書が同封されているため、質問に対する返答を記載し家庭裁判所へ送り返します。

このとき、回答書の字が汚くて読めない、内容に正確性が無いといった場合は申述が認められないケースもゼロではないため、記入は慎重にすべきです。

家庭裁判所へ回答書が届き申述内容が認められた場合「相続放棄申述受理通知書」が、約2週間で送られてきます。

相続放棄申述受理通知書が家庭裁判所から届けば、これをもって正式に相続放棄の手続きは完了です。

借金の相続放棄手続きにかかる費用

書類を見ながら話す女性

相続放棄の手続きにおいて、かかる費用はだいたい2,000円ほどと考えておきましょう。

費用の内訳
  • 被相続人の住民票除票:300円
  • 相続放棄をする人の戸籍謄本:450円
  • 印鑑代:800円
  • 郵便切手代:約500円

また、忘れてはいけないのが「相続放棄のチャンスは一度きり」ということです。

万が一、申述が家庭裁判所に取り下げられてしまうと、特例の理由が無い限りは再び申述できません。

相続放棄をする場合は、事前に必要書類・必要経費の他、家庭裁判所に認められるような申述内容を書き出すなど、慎重かつ正確な準備・回答が求められます。

借金の相続放棄は弁護士・司法書士への依頼がおすすめ

書籍と手

親族が亡くなった後の3ヶ月以内というタイムリミットがあるうえで、慣れない書類準備や申請手順を進めるとなると、スムーズに手続きをすることは難しいかもしれません。

 借金の相続放棄手続きは、自力ではなく弁護士・司法書士への依頼がおすすめです。

依頼費用は約3万円~約10万円と高くなりますが、自分で借金の相続放棄をした際に起こり得る期限超過や知識不足などのトラブルを考えると安いと言っても過言ではありません。

また、初回相談料無料で引き受けてくれる弁護士・司法書士もいるため、自分の予算と照らし合わせながら依頼先を選ぶことをおすすめします。

相続が起こってからすでに3ヶ月以上が経過している、財産関係が複雑、相続にかけられる労力や時間が無いという場合は、ぜひ弁護士や司法書士に依頼してみましょう。

ただし、司法書士に依頼した場合は、裁判所への紹介に対して代わりに回答してもらうことはできないなど、弁護士と司法書士には対応できる業務範囲に違いがあります

司法書士に依頼した場合はすべての手続きを代行してもらえる訳ではないため、よく理解しておきましょう。

出典:グリーン司法書士OnLine

借金問題の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所6選

はたの法務事務所

はたの法務事務所

はたの法務事務所のおすすめポイント
  • 着手金が無料
  • 手持ち資金ゼロでも今月の支払い・督促をストップできる
  • 持ち家や車を残して借金だけ整理できる
  • 債務整理するのは1社でもOK
  • 利用者の満足度95.2%!
  • 女性専用の無料相談ダイヤルあり

はたの法務事務所は、誰にも知られずに費用を抑えて債務整理をしたいという方におすすめの法務事務所です。

相談者の負担をなるべく減らしたいという想いから、以下6種類の費用がかかりません。手持ち資金がなくても、督促がストップします。

はたの法務事務所でかかる費用(一部)
① 相談料 すべて無料!
② 任意整理の着手金
③ 過払い金調査
④ 全国への出張
⑤ 土日対応
⑥ 初期費用

債務整理・過払い金などの相談実績は、20万件以上。司法書士歴40年のベテラン司法書士が在籍し、利用者の満足度は95.2%と評判も高いです。

事務所は東京と大阪にありますが、全国どこでも無料で出張してくれるほか、電話・WEBのどちらでも問い合わせができます。女性専用のフリーダイヤルがあるのも、相談がしやすいポイントでしょう。

いま借金の取り立てに悩んでいる方、早めの完済を目指したい方におすすめです。

はたの法務事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円~
過払い 無料
個人再生 385,000円~
※再生委員に払う費用は+220,000円
自己破産 330,000円~
※少額管財事件は+220,000円

はたの法務事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 登記業務 など
対応時間 <電話>平日8:30~21:30/土日祝8:30~21:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地
(東京本店)
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

※公式サイトの文言によります。
出典:【公式】はたの法務事務所|債務整理・借金返済の無料相談

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料
    →電話・メールでもOK
  • 費用は分割払い可能!最初に全額支払う必要なし
  • 相談〜契約まで最短1日だからスピード解決を目指せる
  • 和解後の返済代行サービス・完済まで代理人業務をしてくれる
  • 全国からの問い合わせ、土日の対応が可能

東京ロータス法律事務所は、”債務整理の身近な窓口”としてこれまで7,000件以上の借金問題を受任しています。

弁護士事務所なので、自己破産の依頼も可能。司法書士ではできない業務も、東京ロータス法律事務所にならお願いができます。

弁護士と司法書士の違い 引用元:債務整理は東京ロータス法律事務所

また、弁護士への依頼となれば費用面を気にする方も多いかと思いますが、東京ロータスは費用面も柔軟に対応してくれるところが魅力の1つです。

 相談は無料・分割払いOK・和解後の返済を代行してくれる・過払い調査無料など。

なお、債権者との和解後〜完済までは、担当弁護士が債権者との連絡や郵便物の受け取りをしてくれるので、家族や知人に債務整理をしたことが知られにくいでしょう。

平日だけでなく土日祝日も、加えて全国からの問い合わせに対応をしています。

東京ロータス法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 330,000円
自己破産 220,000円

東京ロータス法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 債務整理
  • 過払い金請求
  • 交通事故 など
対応時間 <電話>平日10時~20時/土日祝10時~19時
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

※1:認定司法書士のみ対応可
※2:書類作成は可
出典:【公式サイト】弁護士法人東京ロータス法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所のおすすめポイント
  • 相談は何度でも無料!匿名での相談も◎
  • 依頼費用は分割払いOK
  • プライバシー厳守だから家族に内緒で債務整理できる
  • 取扱業務は債務整理だけ!債務整理に特化した法律事務所
  • 実績は25年・満足度98%と信頼度が高い
  • 東大法学部卒の弁護士が在籍

ひばり法律事務所は債務整理だけを取り扱う、いわば債務整理のプロである法律事務所です。

25年の実績で培ったノウハウを活かしてくれるので、依頼者の満足度も98%と高いのが特徴。また、プライバシーにかなり配慮した手続きをしてくれる点も魅力でしょう。

 匿名での相談、郵送書類に事務所名を記載しない・郵便局で受け取ることができるなど、プライバシー厳守を徹底しています。

なお、急ぎの場合は最短即日で取り立てを止めてくれます。全国からの依頼に対応しているので、近くに相談できるところがない方は、まずはメールか電話で無料相談をしてみましょう。

ひばり法律事務所の費用

各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

任意整理 1社22,000円
過払い金請求 無料
個人再生 220,000円〜
自己破産 220,000円〜

ひばり法律事務所の基本情報

主な
対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い請求
対応時間 <電話>平日10:00~18:00
<メール>24時間受付
対象地域 全国
所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

出典:http://hibari-law.net/

アース法律事務所

アース法律事務所

おすすめポイント
  • 相談料0円!
  • 借金問題から一般企業法務まで幅広い取扱い業務!
  • 休日・夜間の相談も対応可!
アース法律事務所は、債務整理など借金問題から家事(離婚等)、一般企業法務など幅広い業務の取り扱いがあります。営業時間は平日10:00~19:00ですが、事情により調整のうえ休日・夜間の相談にも対応しています。

 基本的には面談での相談を行っていますが、電話やメールでの相談にも対応しているため、どうしても現地に行くのが難しい・予定が合わないなどの事情があれば問い合わせてみると良いでしょう。
費用は事案により異なりますが、弁護士がきちんと相談内容を聞いたうえで費用の説明をしてくれるため、安心して利用できます。

法律相談だけでも可能なため、依頼するかどうか迷っている人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。

\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら

主な対応業務
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 労働問題
対応時間 平日10:00~19:00
料金例(税込)
  • 任意整理:着手金/報酬金1社あたり22,000円
  • 自己破産:着手金/330,000円~
  • 個人再生:着手金330,000円~(住宅なし)/着手金440,000円~(住宅ローン特例あり)
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒105ー0004 東京都港区新橋2-12-5池伝ビル5階
\元裁判官の弁護士が対応可能/
アース法律事務所
公式サイトはこちら

出典:http://earth-lawoffice.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響

おすすめポイント
  • グループ全体で問題解決に取り組む!
  • 利益が見込めない場合はきちんと説明してくれる!
  • 費用面についても丁寧に説明!
弁護士法人・響では、基本的に1人の弁護士に対してスタッフが専任で担当しますが、必要に応じて他の弁護士や各専門家と協議をして、事務所全体で問題解決にあたる点が特徴です。

 弁護士へ依頼するうえで利益が見込めるか気になる人は少なくありません。響では利益が見込めない場合はきちんと説明し、わかりやすく方針を提案してくれます。
また、気になる費用についても依頼前にできるだけわかりやすく説明してくれるため、不安を軽減したうえで検討できる点が特徴です。

築き上げてきた豊富なノウハウを使い、徹底的に問題解決に取り組んでくれる頼もしい存在です。

\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

主な対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 相続問題
  • 離婚
対応時間
  • 電話:10:00~19:00
  • メール:24時間受付
料金例(税込)
  • 任意整理:着手金55,000円~/解決報酬金11,000円~
  • 個人再生:着手金330,000円~/報酬金220,000円~(在宅あり330,000円)
  • 自己破産:着手金330,000円~/報酬金220,000円~
  • 完済過払い:着手金0円/解決報酬金22,000円(過払報酬金返還額の22%)
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
おすすめポイント
  • 専門性に特化したチームで対応!
  • 依頼者との関係性を意識した丁寧な対応!
  • 自己満足ではなく顧客満足を強く意識!
天音総合法律事務所は、専門性に特化したスタッフがチームを組み、問題解決に取り組む点が特徴となります。

 依頼者の満足が最優先という考えのもと、自己満足ではなく顧客満足が得られたかどうかを意識した、丁寧なかつスピーディーな対応は魅力です。
また、依頼者は強い不安を抱えていることが少なくないため、密なコミュニケーションにより少しでも不安を緩和するよう努めている点も評価ポイントとなります。

テレビやラジオなど、メディアの取材出演にも積極的な法律事務所です。


主な対応業務
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 消費者トラブル
  • 離婚トラブル
  • 相続・遺言・後見
対応時間 9:00~18:00
料金例(税込)
  • 任意整理:着手金1社につき55,000円~/和解報酬11,000円~
  • 完済過払:着手金0円/過払報酬22%
  • 個人再生:着手金605,000円~(住宅ローン無)/715,000円~(住宅ローン有)
  • 自己破産:着手金605,000円~
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階

出典:https://amane-law.or.jp/

借金の相続放棄に関するよくある質問

借金問題の相談先としておすすめの法律事務所・法務事務所は?
はたの法務事務所、東京ロータス法律事務所、ひばり法律事務所、アース法律事務所、弁護士法人・響、天音総合法律事務所などが挙げられます。借金問題の解決事例・実績が多く、積み上げてきたノウハウを活かして問題解決にあたってくれるでしょう。また、無料相談も実施しているため、まずは気軽に問い合わせてみてください。遠方で足を運べない場合でも、電話あるいはWebなどで相談に乗ってくれることもあります。
借金の相続放棄とは?

相続放棄とは、文字通り被相続人の財産や負債に関わらず、すべての相続を放棄することです。相続の地位を失い、その人の存在そのものを無かったことにする手続きとなるため、単独で手続きできます。

そのうちの借金相続を放棄することなので、相続人に返済義務が無くなると同時に、財産なども受け取る権利を失うことになるのです。

相続放棄した借金はどうなる?

被相続人に近い関係者から相続放棄していくと、遠い親戚へと相続権が移っていきます。借金の相続放棄手続きをしなければ、相続権を持った人が借金を負う必要があるのです。

なお、最終的に相続人全員が放棄した場合は、国がその財産や負債を請け負うことになります。

借金の相続放棄をする際の注意点は?
相続が起こってから、3ヶ月以内に手続きを完了させなければならないというタイムリミットがあります。
また、一度相続放棄をすると撤回できないため、後からプラスの財産が出てきた場合などを想定して借金があるからとすぐに手続きを進めることは避けた方が良いです。相続放棄の手続きをする際は、きちんと事前調査を慎重に実施してから進めましょう。
借金があっても相続放棄をしなくて良いケースとは?

自己破産や限定承認といった場合です。自己破産は本人が死亡していた場合、連帯保証人が代理で申請できます。なお、自己破産をすると今の債務をゼロにできますが、その後は個人信用情報機関に登録されブラックリストとなるため、各種ローンが組めないなど私生活に支障をきたすデメリットがあります。

そして、限定承認は被相続人の財産から借金を差し引いた額を受け取れます。しかし、相続人全員の同意が必要であったり手続きが複雑だったりと、承認されるまでの道のりは険しいものです。

借金の相続放棄手続きはどのように進める?
家庭裁判所に申述を提出し、認められたら相続放棄が受理され完了となります。家庭裁判所へ送付する相続放棄申請書を入手するため、最初に戸籍謄本を入手する、被相続人の住民票からの除票などの対応が必要です。
家庭裁判所からの質問に対する回答は一度却下されると相続放棄ができなくなるため、字を丁寧に書くこと、内容を具体的に書くことなどを徹底し慎重に対応しましょう。
借金の相続放棄は弁護士・司法書士への依頼がおすすめと言える理由は?

自力で相続放棄の手続きを完了させるより費用はかかりますが、タイムリミットや手続きミス、親族トラブルなどを考慮すると弁護士・司法書士に一存した方が安心です。特に相続が起こってから3ヶ月経過した、あるいは所持している財産が複雑な場合などは自力での解決は難しいでしょう。

親族が亡くなった3ヶ月間で慣れない手続きを完璧に進める時間・労力が無い場合は、早めに弁護士・司法書士への相談をおすすめします。ただし、弁護士・司法書士には扱える業務範囲に違いがあるため、ご注意ください。

まとめ

この記事では、借金の相続放棄とは何か、その手続き方法や注意点などを解説しました。

借金の相続放棄とは、初めから相続人ではなかったことにする手続きです。慣れない手続きとなることからミスが発生する可能性も否めないため、弁護士や司法書士への依頼をおすすめします。

相続放棄は撤回できない、申請までの期間にリミットがあるなど注意点を把握しておきましょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事