りそな銀行カードローンの審査・返済方法・金利は?使い方を解説

りそな銀行は大阪に本店を置く、国内で唯一信託部門を併営している大手銀行です。

そんなりそな銀行では、急な出費にも対応できる「カードローン」も提供しています。

この記事では、りそな銀行のカードローンの申し込み方法や、使い方・返済方法について詳しく解説します。

カードローンの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

りそな銀行カードローンの基本情報

まずは、りそな銀行の基本情報について見ていきましょう。

金利 年利3.5%~13.5%
限度額 最大800万円
手数料 提携ATM手数料による
審査期間

審査の状況等により異なりますが、1週間以内でご回答を差し上げております。
※不備などがあると、お申込みから2週間以上かかるケースもございます

※ 公式ページに記載

平均審査
通過率
非公開
店頭営業時間 平日10時~17時
提携ATM
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ゆちょ銀行
  • バンクタイム
  • BANCS提携銀行
  • MICS提携銀行
インターネットバンキング 24時間対応

出典:https://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/?bank=rb_unite

りそな銀行カードローンの申し込み条件

満20歳以上66歳未満の安定した継続収入がある方

りそな銀行カードローンの申し込み対象年齢は、満20歳以上66歳未満です。

 未成年は親権者の同意があっても、申し込みをすることができません。

継続して安定した収入があるかどうかも、利用条件に含まれています。収入が安定していれば良いので、正社員に限らず、アルバイトやパートでも申し込みが可能です。
※参考:https://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/?bank=rb_unite&loc=6

年金受給者も申し込み可能

年齢が満66歳未満であれば、年金受給者の方でも申し込みをすることができます
※参考:https://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/faq/faq_cardloan_0015.html

 ただし、申し込み時の年齢が満60歳以上の場合は、利用限度額が200万円以上となる点に注意が必要です。

実際、りそな銀行カードローンの公式サイトでも「年金受給者のカードローン申し込みは可能」と公表されています。

所定の審査に通る必要があるため、誰でも借り入れができるわけではないですが、申し込んでみる価値はあるでしょう。

年金は「賃金業法」という法律で、給料と同じ定期的な収入と認められています。

そのため、年金以外に収入がない方でも、カードローンの申し込み自体は可能でしょう。
※参考:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/annual_income.php

無職の学生・専業主婦は利用できない

専業主婦など無職である場合、残念ながらりそな銀行カードローンに申し込みをすることができません

 専業主婦の方がりそな銀行カードローンを利用したい場合は、まずはアルバイトを始めることをおすすめします。

少額でも収入があれば、返済能力があると判断されて、申し込みができるようになるでしょう。

学生は、アルバイトやパートをしている場合であっても、申し込みが不可となっています。

 りそな銀行カードローンに、学生が利用できるカードローン商品は用意されていないので、他社の学生ローンなどを利用するようにしましょう。

20歳以上の学生であれば、以下の通りアイフルやプロミスなどの消費者金融でも、学生ローンを利用することが可能です。

消費者金融 対象年齢 利用限度額 金利
レイクALSA 満20歳以上69歳以下 1万円~500万円 4.5%~18.0%
アイフル 満20歳以上69歳以下 1万円~800万円 3.0%~18.0%
プロミス 満18歳以上69歳以下 1万円~500万円 4.5%~17.8%
アコム 満20歳以上69歳以下 1万円~800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 満20歳以上69歳以下 1万円~800万円 3.0%~18.0%

もちろん、審査に通過しなければ融資は受けられません。

※:申込時の年齢が18歳及び19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須です。高校生の申込みはできません。

りそな銀行のカードローンの使い方

ここからは、りそな銀行カードローンの使い方について解説します。

7つのステップで進める申し込み方法や、借入診断・借入方法についても記載しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

りそな銀行のカードローンの申し込み方法

まずは、申し込み方法について解説します。

あらかじめ流れを把握しておけば、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

1.申し込み

申し込みは、Web申し込みが発行までスピーディーです。公式HPから「申し込みをする」をクリックし、必要項目を入力していきます。

 来店不要で、24時間365日いつでも申し込みができるので、時間や場所を選ばず好きなタイミングで申し込みをすることが可能です。

入力項目は審査の時に見られますので、正確な情報を嘘偽りなく記入するよう心がけましょう。

記入する上で不明な点があれば、そのままにせず、コールセンターに問い合わせることをおすすめします。

申し込み完了後にミスが見つかった場合、修正に手間がかかってしまうので、完了ボタンを押す前に確認しましょう。

2.仮審査

本審査の前に、仮審査が行われます。

 仮審査の時には、自宅や勤務先に在籍確認の電話連絡が入る場合があるため、注意しておきましょう。

在籍確認時、りそな銀行は社名を名乗らず、個人名で電話してもらえます。そのため、家族や会社の人に借り入れがバレる可能性は低いでしょう。
※参考:https://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/faq/faq_cardloan_0022.html

3.仮審査の結果報告

申し込み時に登録したメールアドレスに、仮審査の結果の報告があります。

連絡のタイミングは、審査の進み具合によって異なるので、数日待ってみましょう。

数日待っても連絡が来ない場合は、コールセンターに一度問い合わせてみましょう。

なお、仮審査の結果はあくまで仮なので、本審査で同じ結果が出るとは限りません。仮審査に通っても、本審査で落ちてしまうこともあります。

4.本申し込み

仮審査を通過すれば、次はいよいよ本審査です。

仮審査の結果報告のメールから「本申し込み用ページ」のURLをクリックします。画面の指示に従って、本人確認書類や必要であれば、収入証明書などを提出してください。

本人確認

本人確認書類には、運転免許証やパスポートなどが必要です。スムーズに手続きを進めるためにも、引っ越しで住所が変わった方は、申し込み前に変更しておきましょう。

 本人確認書類の有効期限が切れている、住所が違っているなどの場合は、受け付けてもらえないので、注意が必要です。

5.本審査

本人確認書類の提出が完了したら、本審査が始まります。数日程度かかるので、焦らずにじっくり待っておきましょう。

6.本審査の結果報告

仮審査の時と同じように、登録したメールアドレスに結果報告の連絡があります。

本審査を通過すれば、契約手続きを済ませて借り入れができます

7.契約手続き

インターネット上で必要書類を提出すれば、契約手続きは完了です。

土日祝日でも手続きは可能なので、時間ができたタイミングで契約を進めましょう。

なお契約時には、りそな銀行の口座が必要です。

あらかじめ、開設手続きを済ませておきましょう。

 郵送でも手続きは可能ですが、1週間程度かかってしまう点に注意が必要です。

借り入れ10秒診断もおすすめ

可能

審査に通るか不安な方は、公式HPにある10秒診断の利用がおすすめです。

以下の情報を入力するだけで、借り入れが可能かすぐに判断してもらうことができます。
※10秒審査は、本当に10秒で結果が出るものではありません。

10秒診断の記入事項
  • 年齢
  • 年収
  • 希望金額
  • 他社借り入れ金額

ただし、診断結果はあくまで目安です。実際の結果とは異なるケースもあるので、注意が必要です。

りそな銀行カードローンの借り入れ方法

りそな銀行カードローンの借り入れは、銀行やコンビニの提携ATMから借り入れができます。

提携ATM
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • みなと銀行
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ゆちょ銀行
  • バンクタイム
  • BANCS提携銀行
  • MICS提携銀行

提携ATMの数が多いため、利用する中で不便を感じることはないでしょう。

ATMでは、カードを差し込み口に挿入し、画面の指示に従って操作するだけで、簡単に借り入れができます。

りそな銀行カードローンの金利は?

先述した通り、りそな銀行カードローンは提携ATMの種類が多めです。コンビニやゆうちょ銀行ATMは、設置台数も多いため、全国どこにいても借り入れ・返済が可能です。

 ただし、利用時間やATMの種類によっては、所定の手数料がかかる場合もあるため、注意をしましょう。

金利については、審査の結果設定された利用限度額に応じて、以下のように変動します。

利用限度額 金利
10万円型~100万円型 年13.5%
150万円型~200万円型 年10.0%
300万円型 年7.0%
400万円型 年5.5%
500万円型 年4.9%
600万円型 年4.5%
700万円型 年4.0%
800万円型 年3.5%

限度額を広げたい場合には、あとで紹介する増額申請がおすすめです。

利用実績を詰むことで、増額に応じてもらえることがあります。

りそな銀行カードローンの返済・増額方法

りそな銀行のカードローンは、借り入れ残高に応じて毎月の返済額が変動する、変動型の定額リボ払いが採用されています。

借り入れ額が増えるほど返済額も増えてしまうので、計画的に利用するようにしましょう。

借り入れ残高 月々の返済額
1万円未満 全額
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円
500万円超600万円以下 7万円
600万円超700万円以下 8万円
700万円超800万円以下 9万円

返済は、毎月5日に口座から自動的に引き落としされるようになっています。

口座残高が返済金額に達していないと引き落としはされないので、多めにお金を預けておきましょう。

 お金に余裕がある時には、繰り上げ返済がおすすめです。提携ATMからいつでも、追加返済をすることができます。

返済は、長引けば長引くほど利息が無駄にかかってしまうので、早めに返済してしまいましょう。

返済を滞納するとどうなる?

支払い期日までに返済できなかった場合には、滞納となり「遅延損害金」が発生します。

 りそな銀行カードローンは、年365日の日割り計算で年14.0%の遅延損害金がかかります。

少しでも遅延損害金を減らすためにも、滞納してしまった場合には速やかに返済しましょう。

なお滞納してしまうと、CICなどの個人信用情報機関に5年間記録されてしまいます。

今後ローンを組む時や、増額申請の時に不利になってしまうので、滞納はできるだけ避けましょう。

前もって滞納しそうであることが分かっている場合には、コールセンターに相談することもおすすめです。何か方法を、提案してもらえるかもしれません。

カードローンは、カードローン会社との信頼関係が大切です。今後も気持ちよく付き合っていくために、利用は計画的に行いましょう。

りそな銀行カードローンの増額申請をする方法

利用限度額を広げたい場合や、金利を下げたい時には増額申請がおすすめです。所定の審査に通過すれば、利用額がアップします。

増額審査の際には、現在の借り入れ状況や利用実績が見られるでしょう。コツコツ借り入れと返済を繰り返すことで、利用実績を詰むことが可能です。

増額申請を狙う場合には、契約から最低でも半年程度は利用実績を詰んでから、申し込むことがおすすめです。

審査の結果承認されなかったとしても、契約条件が今より不利になることはありません。

カードローンの増額の申込みは、主に以下3つの方法で可能です。

カードローン増額申請の方法
  • カードローン会社に電話する
  • インターネットの会員ページから申し込む
  • 無人契約機を利用する

ローン会社によっては、無人契約機には対応していない可能性があります。事前に確認を行い、適切な方法で増額申請を行うようにしましょう。

りそな銀行のカードローンシミュレーションとは

りそな銀行公式HPでは、カードローンシミュレーション機能を使うことができます。

返済シミュレーションを活用することで、毎月の返済額や返済回数、どのくらいの期間で完済できるかが明確になります。

りそな銀行のカードローンシミュレーションで入力する項目は、以下の3つです。
ローンシミュレーションの入力項目
  • 借り入れ残高
  • りそな銀行で住宅ローンや給与振り込みの利用があるか
  • 借入金利

    入力後、結果はすぐに出るので、忙しい時でも安心です。回数ごとの返済予定表も見ることができるので、回数ごとの返済額や、借り入れ残高が確認できます。

     シミュレーションはあくまで目安であり、実際の金額や返済回数とは異なる場合があるので、注意が必要です。

    りそな銀行カードローンを利用していない方でも利用することができるので、検討中の方も気軽に利用しましょう。

    カードローンシミュレーション機能を利用するメリット

    ローンシミュレーションを利用する主なメリットは、以下3つです。

    ローンシミュレーションを利用する主なメリット
    • 返済計画が立てやすい
    • 精神的な負担が軽減される
    • 借り入れできるか簡易判断できる

    それぞれ具体的にどのような内容なのか、確認していきましょう。

    返済計画が立てやすい

    毎月の収支が可視化できることで、毎月どのくらい返済が可能であるかを知ることができます。

     余裕があれば繰り上げ返済に回すなど、効率的に返済をすることができます。

    借り入れ残高に応じた返済回数も明確になるので、借り入れをする時の目安としても活用できるでしょう。

    精神的な負担が軽減される

    完済までの道のりが分からない中で返済をするのは、精神的に負担が大きいです。

    しかし、シミュレーション機能を活用すれば、具体的な返済回数や返済金額を知ることができます

    ゴールを明確にすることで、モチベーションアップにもつながるでしょう。

    現時点でいくら返せばよいのか分からず、精神的な負担が大きい方は、シミュレーション機能の活用がおすすめです。

    借り入れができるか判断できる

    カードローン申し込み前に、シミュレーション機能で借り入れ希望額を入力し、計算することも可能です。

    あらかじめ返済金額や返済回数を知っておけば、カードローンを申し込むべきか判断する材料として、利用できます

    そうすることで「借り入れをしたのはいいが、返済できなくなってしまった…」という最悪の事態を防ぐことができるのです。

    カードローンを賢く活用するためには、計画的な利用が最も大切です。無理なく返済ができるように、シミュレーション機能を利用して、しっかりと計画を立てましょう。

    生活が圧迫されることのない程度の借り入れが理想ですよ。

    カードローンは借金なので、計画なしにカードローンを利用するのは、大変危険です。

    まとめ

    今回は、りそな銀行のカードローンについて紹介しました。りそな銀行のカードローンは提携ATMが多いため、比較的返済しやすいカードローンだと言えます。

    りそな銀行カードローンを利用する際には、使い方をしっかりと理解して、計画的に借り入れを行いましょう。

    返済計画を立てる時には、ローンシミュレーションがおすすめです。返済遅れがあれば、カード会社からの信頼を失ってしまうので注意が必要です。

    申し込みには、必ず審査が必要です。在籍確認の電話がくることもあるということを、覚えておきましょう。急な出費に備えるためにも、カードローンの利用を検討されてみてはどうでしょうか?

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事