プロミスの審査は甘い?金利や借り入れ・返済・申込方法を紹介

プロミスの利用を考えている方の中には、審査や申込条件・返済方法など詳しく知りたいと考えている方も多いでしょう。

プロミスの基本情報や特徴がわかっていれば、他のローン商品との比較もしやすくなり、申し込みから借入まで円滑に進められます。

そこで今回は、プロミスについて以下3つのポイントを紹介します。

この記事でわかること
  • 借入方法・返済方法(返済額・返済日・一括返済など)について
  • 金利や審査などサービス利用に必要な情報
  • アプリやレディースコールなどのプロミスの特徴

プロミスの申し込みを迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスとは?金利・利用限度額は?

プロミス

プロミスは、SMBCグループが運営する消費者金融です。最短30分の審査や即日での融資ができ、実質年率は年4.5%〜17.8%で利用限度額は500万になります。

  • 担保・保証人不要の「フリーキャッシング」
  • 女性向け「レディースキャッシング」
  • 自営業者向け「自営者カードローン」

など多彩な商品が用意されています。

条件を満たせば、利用日の翌日より30日間利息0円で利用することが可能です。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの7つの特徴

プロミスには、即日融資が利用可能・女性専用ダイヤルで安心などの特徴があります。

ここでは、7つのプロミスの特徴について紹介します。

① 即日融資が利用可能

プロミスは、審査結果がわかるまで最短30分で、その日のうちに融資を受けることも可能です。

こんな人におすすめ
  • なんとか今日中に10万円が必要
  • 想定外の出費で急ぎでお金がいる
  • 融資を受けたいけど店舗で手続きする時間がとれない

また、パソコンやスマホを使ったWeb完結申し込みをすれば、郵送物なし・カードレスで即日で借り入れができるでしょう。

申し込みをした日に借入できる可能性があるのは、便利ですね。

② はじめての利用で30日間金利0円

プロミスをはじめて利用する場合は、30日間金利0円で利用することが可能です。以下の条件をクリアすることで、金利0円が適用されます。

金利0円条件
  • プロミスをはじめて利用
  • メールアドレスを登録
  • Web明細を利用

これにより初回利用日翌日から30日間が無利息となり、対象期間に完済をすれば元本のみの返済で済みます

30日間無利息サービスを利用できるので、短期借入の方に適しています。

 

※無利息期間中に返済日が到来した場合、残高に応じた返済額の入金が必要となります。この場合、入金した金額は元金に充当されます。※無利息期間中であっても、返済日が経過した場合、その他の事情によりサービスの提供を停止することがあります。

③ アプリローン

プロミスは、専用アプリから必要な手続きを済ませられます。アプリローンは最短1時間で融資ができ、カードレスで利用可能です。全国にあるセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借り入れができます。

 また、アプリを使って三井住友VISAプリペイドカードへのチャージができたり、限定のお得なクーポンが手に入ります。

「自宅にパソコンがない」という方でも安心して利用できますよ。

④ 女性専用ダイヤルで安心

「融資を受けたいけど男性相手には相談しづらい」と困っている女性のために、プロミスには女性専用ダイヤル「レディースコール」があります。

レディース コールの特徴
すべて女性オペレーターが対応するため、安心して疑問や不安点を相談できます。

また、女性向け融資商品「レディースキャッシング」も用意されています。

女性でも安心して利用できる環境が整えられているのは、プロミスの魅力ですね。

⑤ 取り扱う商品が豊富

プロミスは、以下のように多くの融資商品を取り扱っているのも特徴です。

取り扱う商品
  • フリーキャッシング
  • レディースキャッシング
  • おまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

利用者の状況や目的・ライフスタイルに合わせて最適な商品を選択できます。

⑥ Web完結はカードレスで郵送物なし

「自宅へ明細などが届くのは避けたい」「ローンカードは落としそうだから心配」という方もいるでしょう。プロミスのWeb完結申し込みであれば、自宅への郵送物がありません。

 また、カードレスで契約できるので、ローンカードを持たずに借り入れできます。
そのため、誰にも知られずにプロミスを利用できるでしょう。カードを紛失する心配もありません。審査は最短30分・即日での融資に対応しているため、スピーディーに借り入れできるのも魅力です。

⑦ 優待サービス「おとくらぶ」

おとくらぶとは、プロミス利用中の方※1が受けられる優待サービスのことです。国内外20万ヶ所以上の施設が割引価格になり、レジャー・グルメ・宿泊・日帰り湯などが最大90%OFFになります。

おとくらぶ優待サービス(例)
  • PIZZA-LA(Lサイズ500円OFF)
  • 極楽湯(極楽湯会員料金から10%OFF)
  • 横浜・八景島シーパラダイス(アクアリゾーツパス3,000円→2,400円)
  • 赤坂エクセルホテル東急(赤坂スクエアダイニング ディナーブッフェ 大人5,300円→4,240円)
  • オリックスレンタカー(特別プラン 基本料金より最大55%OFF)

※2021年3月10日現在の情報です。最新の情報は公式サイトを参照してください。

※1おとくらぶは株式会社リロクラブがサービスを提供しています。おとくらぶサービス提供期間は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社と株式会社リロクラブの本サービス提供に関する契約期間となります。

プロミスでの借入方法

プロミスの借入方法は、口座振込み店舗・ATMで借り入れの2通りです。

口座振込みは手数料無料で24時間いつでも手続きができ、店舗・ATMで借り入れは近くの窓口やプロミスATMなどで簡単に借り入れができます。

もう少し詳しく、プロミスの2通りの借入方法について見ていきましょう。

口座振込みで借り入れ

プロミスは、口座振込みによる借り入れが可能です。パソコンやスマホから、簡単な手続きで振込キャッシングができます。

 指定の口座に最短10秒程度で振り込まれ、手数料0円で24時間利用可能です

また、プロミスコールから手続きをすることもできます。

店舗・ATMで借り入れ

その他、近くのプロミス店舗や提携ATMで借り入れも可能です。

 店頭窓口は平日10時〜18時、プロミスATMは平日・土日祝日どちらも7時〜24時まで利用できます
※ATMにより営業時間、休日が異なります。

自宅や勤務先の近くに、店頭窓口やプロミスATM・提携ATMがある場合は立ち寄って借り入れができます。

プロミスの返済方法

では、プロミスからの借り入れを返済したい際は、どんな方法で返済できるのでしょうか?

返済方法について理解していないと、借り入れ後の適切な計画を立てることができません。ここでは、プロミスの返済方法の種類や一括返済、返済額について見ていきましょう。

インターネット返済

返済方法の1つが、インターネット返済です。プロミスのインターネット返済は約1,100の金融機関で利用でき、振込手数料は0円になります。

さらに平日・土日祝日いつでも利用可能で、最短10秒で返済が可能です「仕事が忙しい」「近くに店舗やATMがない」という方でも利用しやすい返済方法です。※2021年3月時点

口座振替での返済

口座振替(口フリ)を利用すれば、返済日に指定口座から自動引落しが可能です。毎月決まった日に引落しとなるため、店舗やATMに行く必要がありません。

手数料0円で、インターネット会員サービスから設定できます。

店頭窓口での返済

プロミスでは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)で返済もできます。店頭窓口での返済は手数料0円で、スタッフに返済計画を相談したり疑問点を尋ねることが可能です。

プロミスの公式サイト内で店舗の位置を検索できますよ。

プロミスATM・提携ATMでの返済

プロミスATMは土日祝日も利用でき、手数料0円です。プロミスの公式サイト内で近くのプロミスATMの位置を検索できます。また、公式サイト記載の提携ATMからも返済できます。

※提携ATMでのご返済は、手数料が発生いたします。手数料は公式サイトを確認してください。

コンビニでの返済

プロミスからの借り入れは、ファミリーマートに設置されているファミポートを使って返済することもできます。

 土日祝日も含めて24時間いつでも利用でき、手数料はかかりません。

ファミポートを操作して申込券を受け取り、30分以内にレジにて返済を行います。

近くにファミリーマートがある方におすすめの返済方法です。

プロミスで一括返済するには?

プロミスでは、返済日前に一括返済することも可能です。利息は利用日数分だけを負担しますので、無駄なく返済できます。

インターネット返済やプロミスATM、提携ATM、店頭窓口などの方法で一括返済ができます。

プロミスの返済期日は選択可能

プロミスからの借り入れの返済期日は、以下4日程から選択できます。

返済期日
  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

また、初回の返済期日については、初回の借入日と返済期日によって変わります。

 たとえば、返済期日が毎月5日で借入日が1日〜19日なら、初回の返済期日は借り入れした翌月の返済期日です。

返済期日が毎月末日で借入日が1日〜14日であれば、初回返済期日は借り入れした月の返済期日になります。

このようにプロミスは返済期日が多く、都合に合わせて選択が可能です。

返済額は借入残高で変わるので注意!

プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」を採用しており、借入残高に応じて毎月の返済額が決まります

返済額の例
  • 借入後残高30万円→返済額11,000円
  • 借入後残高10万円→返済額4,000円
  • 借入後残高5万円→返済額2,000円

借入後残高別の返済額については、プロミス公式サイト上で確認できます。借り入れをする前に返済額を確かめるようにしましょう。

プロミスの申込方法

プロミスの申込方法は、Web・プロミスコール・郵送・店頭窓口の4つがあります。

それぞれの申込方法で特徴や進め方が異なりますので、事前に内容を理解しておきましょう

Web申し込み

プロミスでは、パソコンやスマホを使ったWeb申し込みができます。

 24時間365日受付しており、借り入れまでをWeb上で完結することも可能です。

ローンカードの有無を選択できるため、カードレスの利用もできます。最短即日で融資を受けられる申込方法です

プロミスコールからの申し込み

プロミスコールから申し込みができます。プロミスコールの受付時間は9時〜21時で、土日祝日でも対応可能です。通話料は無料のため安心して利用できます。

契約手続きとカードの受け取りは、来店または郵送で行います。

郵送での申し込み

時間に余裕のある方は、郵送での申し込みもおすすめです。郵送の場合は申込書に必要事項を記入し、必要書類と一緒にしてプロミス宛に送ります。

審査が通ると、契約書類とカードが自宅に郵送で届きます。

店頭窓口での申し込み

近くのプロミス店舗で申し込みをすることも可能です。必要書類を用意して、自動契約機または店頭窓口で手続きを行います。近くに店舗がある方は、検討してみるといいでしょう。

プロミスの審査は甘い?審査基準を解説

「プロミスの審査は甘いの?」など、審査に関して疑問を持っている方は少なくないようです。

結論から言えば、プロミスの審査基準が甘いことはありません。しっかりと審査が行われるため、利用できない人もいます。

ここでは、プロミスの審査難易度や申込条件について見ていきましょう。

プロミスの審査は甘いの?

プロミスだけでなくアコムアイフル、SMBCモビットやレイクALSAなどにも言えることですが、貸金業者は利用者に貸付したお金の利息で収益を得ているため、審査が甘いことはありません。

 審査が甘いと、返済能力が低い人に貸付することになり、貸し倒れが起きて元本と利息どちらも回収できなくなります。

プロミスを利用できる人の条件

しかし、プロミスの申込条件は以下の2つです。

プロミスを利用できる人の条件
  • 年齢18歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

これらの条件を満たしていれば、プロミスに申し込みをして融資を受けられる可能性があります。

収入面の条件は「◯◯万円以上」など明確な基準は公表されておらず、あくまでも「安定した収入」という表記の仕方です。

どのくらいの収入が安定収入になるかは、プロミスの独自基準で判断されます。
注釈
※:申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須となります。高校生は申込みできません。

プロミスを利用できない人の条件

プロミスを利用できないのは「年齢18歳〜69歳」「安定した収入がある」の2つの条件を満たしていないと判断された人です。例えば、次のような人が該当します。

利用できない人の例
  • 年齢は18歳〜69歳だが収入が安定していない、もしくは無収入の人
  • 安定した収入はあるが年齢が17歳以下または70歳以上の人

このような人はプロミスに申し込みをしても審査が通らないため、融資を受けることができません。

プロミスでスムーズに融資を受けるポイント

プロミスでスムーズに融資を受けたい場合は、事前に必要書類を準備した上で、Web・アプリで申し込みをすることがおすすめです。

また、勤務先に在籍確認があることを伝えておくことも大切です。ここでは、プロミスでスムーズに融資を受けるための3つのポイントについて詳しく確認していきます。

申し込みに必要な書類を準備しておく

プロミスの申し込みをスムーズに進めるためにも、事前に必要書類を準備しておきましょう。プロミスでは、以下の本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

また、プロミスでの借り入れが50万円を超える、または他社分も含めて100万円を超える方は、以下の収入証明書類の提出も必要になります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書 など

書類準備に時間がかかるケースもあるため、早めに手元に揃えておきましょう

Webやアプリで申し込みをする

スムーズに融資を受けたい場合は、Webやアプリで申し込みをしましょう。Web完結で申し込みをすれば、最短即日で融資を受けられるからです。また、郵送物もなくカードレスで利用できます。

 Webやアプリの申し込みは24時間365日いつでもできるため、忙しい方でも安心して申し込みができます。

「融資を受けられるなら早めが良い!」という方は、Webやアプリによる申し込みで進めましょう。

勤務先に在籍確認があることを伝えておく

審査の際に「申込者が勤務先・アルバイト先にきちんと勤めているか」を確認する、在籍確認の連絡があります。

 勤務先に「●●と申しますけど、そちらに▲▲(申込者)さんはいらっしゃいますか?」と個人名で連絡があるため、事前に勤務先に伝えておかないと「いません!」と伝えてしまう恐れがあります。

確認が取れないと審査が進まないだけでなく、審査落ちする可能性があるため注意してください。

もし可能であれば勤務先に連絡があることを事前に伝えておくことで、スムーズに審査を進められます

まとめ

この記事では、プロミスの審査や申込条件・返済方法や借り入れのポイントなどについて解説しました。最後に、ここで紹介した重要ポイント4点を以下にまとめています。

この記事のまとめ
  • プロミスの申込条件は「年齢18歳〜69歳」「安定した収入がある」ことで審査は必ず実施される
  • Web完結なら最短即日で融資を受けられ、郵送物はなくカードレスで利用できる
  • 専用アプリから申し込み借入が可能
  • 返済シミュレーションで返済額を確認できる

プロミスの利用を検討している方は、ここで紹介した内容を参考にしてみてください。金利やサービス内容を確認して、申し込みを判断しましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事