個人再生は失敗しやすい?成功率を上げるための対策を徹底解説

借金の返済がなかなか進まず、個人再生を検討している人もいるでしょう。とはいえどのくらいの確率で成功するのか、気になりますよね。

個人再生は条件を満たしていなかったり約束事を守っていなかったりすると、失敗してしまう可能性が高くなります。

本記事では、個人再生の成功率や失敗した場合にどうなってしまうのか、詳しく解説します。

スムーズに個人再生手続きを進めるためのコツについても紹介しているので、最後までぜひ参考にしてみてください。
\個人再生について相談したいなら/
弁護士・司法書士事務所
おすすめ6選はこちら

個人再生の成功率はどのくらい?

タブレット端末データが表示されている

裁判所の「令和2年司法統計年報概要版」によると、個人再生手続きの件数と成功件数は、以下の通りです。

新規受理数 手続き完了
小規模個人再生手続 12,064 11,948
給与所得者等再生手続 777 764

上記データから、成功率は小規模個人再生手続で99%以上、給与所得者等再生手続で98%と、ほとんどの人が一年間で手続きを完了しているということが分かります。

つまり個人再生の成功を「一年間で手続きが完了している」と定義する場合、成功率はほぼ100%に近いということになります。

出典:裁判所「令和2年司法統計年報概要版」

個人再生でよくある失敗例

落ち込んでいる男性

個人再生の成功率は非常に高いといえますが、それでも一定の人は申立が受理されず失敗に終わることがあります。ここでは個人再生が失敗する原因を、5つの例でご紹介します。

よくある失敗例
  • 申し立て条件を満たしていない
  • 再生計画書の作成に問題があった
  • 提出した再生計画書が認められなかった
  • 再生スケジュールどおりに返済ができない
  • 不正手続きと判断された

    5つの項目をそれぞれ、紹介していきます。

    \個人再生について相談したいなら/
    弁護士・司法書士事務所
    おすすめ6選はこちら

    申し立て条件を満たしていない

    金づちが置いてある

    個人再生を申立てても、裁判所が条件を満たしていないと判断した場合、成立されません。個人再生の申立てができる条件は、下記の3つです。

    申立てできる条件
    • 債務総額が5,000万円以下
    • 継続的に収入を得る見込みがある
    • 給料が安定している(給与所得者等再生手続の場合)

    これらの条件を確認せずに手続きを進めると、申立が受理されずに失敗に終わってしまいます。細かい条件がわからず不安な場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみると安心です。

    再生計画書の作成に問題があった

    手で止められている

    個人再生の申立てが受理されても、再生計画書に不備が見つかって打ち切りとなるケースもあります。手続きが打ち切りになる理由は主に2つです。

    打ち切りとなるケース
    • 計画案の提出期限を遅れた
    • 計画書に大きな問題がある

      また個人再生の再生計画書は裁判所に提出する大切な書類のため、1日でも遅れると手続きが途中で終了となります。

      再生計画書の作成をお願いされたら、期限を守り日時に余裕を持って提出しましょう。

      計画書は自分に返済能力があることを、裁判所に信じてもらうために必要な書類です。継続して得る収入の内容が怪しい場合、手続きが打ち切られます。

      \個人再生について相談したいなら/
      弁護士・司法書士事務所
      おすすめ6選はこちら

      提出した再生計画書が認められなかった

      親指を下に向けられて反対されている

      再生計画書を受理されても、毎月の返済金額が少なかったり債権者に反対されたりすると、個人再生が認められません。

       再生計画は裁判所だけでなく、借入先(債権者)にも計画書を認めてもらう必要があります。

      借入先の多数決によって計画書の判断がされるため、事前に弁護士や司法書士に相談して対策を取ると安心です。

      再生スケジュールどおりに返済ができなくなった

      手で顔を隠している人

      個人再生中、裁判所に提出したスケジュール通りにいかず返済が滞ってしまうと、再生計画は取り消されます。

      ただし毎月の返済がどうしても難しい場合、再生計画の変更(リスケジュール)をおこなうことで、裁判所に認められると返済期間が最大で2年間延長されます。

       急な事態により毎月の返済が厳しくなった方は、すぐに再生計画を変更すべきです。

      また返済まであと少しのところ、病気や怪我で返済が困難になってしまった方には「ハードシップ免責」という救済制度もあります。ハードシップ免責を満たす条件は下記の2つです。

      ハードシップ免罪を利用できる
      • 怪我や病気などの特別な事情により就業が困難な状態
      • 全体の3/4以上の返済を終えている

        ハードシップ免責の条件を満たしているかどうか判断するには、専門家に相談するのが一番です。

        \個人再生について相談したいなら/
        弁護士・司法書士事務所
        おすすめ6選はこちら

        不正手続きと判断された

        不正な取引をしている様子

        個人再生が受理された後に、不正な再生計画であると裁判所が判断した場合、再生計画が取り消しになることもあります。不正な再生計画とは主に下記のケースです。

        不正と判断されるケース
        • 計画書に書かれていない財産を隠していた
        • 脅迫や詐欺といった違法行為で得た収益を再生計画書に記載していた

          個人再生に失敗したらどうなるの?

          窓を見ながら考えている女性

          個人再生手続きに失敗してしまった場合、借金は減額されることなく進めていた手続き全てが無効となります。個人再生手続きをする前の状態に戻ってしまうわけです。

           したがって「支払いを促す通知や連絡」や「財産の差し押さえ」を禁止する法的能力も消失します。

          弁護士や司法書士に依頼していた場合はその費用が発生し、手続き期間中の借金利息や遅延損害金も必要なのでさらに状況は難しくなるでしょう。

          ここでは個人再生に失敗してしまった場合に、どのような対応を取ればよいのかについて解説します。

          個人再生で失敗した場合
          • もう一度申請を行う
          • 自己破産申請をする
            \個人再生について相談したいなら/
            弁護士・司法書士事務所
            おすすめ6選はこちら

            もう一度申請を行う

            チェックマークを持っている人形

            個人再生は一度裁判所に受理されなくても、もう一度申請できます。受理されない理由を考え、下記のように対策を練り直してみましょう。

            毎月の返済金額を上げたい場合は副業で収入をアップし、支出を見直してみてください。

            専門家に相談しながら返済計画を再度見直すなどして、原因を明確にしたうえで再度提出を試みるとよいでしょう。

            自己破産申請をする

            お金を数えている人

            個人再生が認められない場合、債務整理の自己破産を検討します。自己破産の申請をすると借金の返済義務は消失しますが、自分の所持している財産を処分される点は覚えておきましょう。

            処分される主な財産
            • テレビ
            • 自動車
            • 購入した家
            • パソコン

            上記のような20万円以上の高額な財産から、差し押さえられます。ただし、すべての財産が差し押さえされるのではなく「食料」や「洋服」など、生活必需品は差押禁止財産に当てはまるため、手元に残せます。

            自己破産申請は借金問題の最終手段と考え、あらゆる手を尽くしても返済ができない時に利用を検討しましょう。
            \個人再生について相談したいなら/
            弁護士・司法書士事務所
            おすすめ6選はこちら

            個人再生の失敗を防ぐ方法

            直線に続いている道

            個人再生の成功率は高いとはいえ、一定の人が失敗に終わっているという事実もあります。ここでは、個人再生の成功率をなるべく上げるためにできる対策について解説します。

            個人再生で失敗せずに進む方法
            • 家計管理に注力する
            • 債務整理の専門家に依頼する
            • 専門家に任せっきりにしない
            • 相談をしながら最後までしっかり返済する

              3つをそれぞれ、紹介していきます。

              家計管理に注力する

              書類を書いている

              個人再生では、裁判所への申立ての際に直近2~3ヶ月分程度の家計簿を裁判所に提出する必要があります。返済能力があるか、判断材料にするためです。

               もしも「浪費が激しく、返済が難しい」と判断された場合、個人再生手続きが失敗に終わってしまう可能性が高くなるでしょう。

              娯楽費や交遊費などをなるべく削り、無駄のない支出を心がけて生活する必要があります。毎月、収入よりも支出が多く赤字状態の家計簿では、個人再生を認めてもらえません。

              もしも家計の収支に不安がある場合は一人で悩まず、専門家に相談してみましょう。

               

              \個人再生について相談したいなら/
              弁護士・司法書士事務所
              おすすめ6選はこちら

              債務整理の専門家に依頼する

              椅子に腰を掛けている専門家のような人

              個人再生の申請手続きは自分でもできますが、内容が複雑であり失敗する可能性は高くなるでしょう。

               成功率をなるべく上げたいという場合は、個人再生などの債務整理に強い弁護士や司法書士に依頼すべきです。

              また裁判所での手続きは平日となるため、仕事をしている場合、時間の調整もしなければなりません。専門家に依頼すれば、手間を減らしながら個人再生手続きを進められます。

              専門家に任せっきりにしない

              パソコンを操作している女性

              弁護士や司法書士依頼したからといって、手続き全てを丸投げするのはよくありません。特に家計簿など本人しか作成できない書類は、手を抜かずにしっかり対応しましょう。

              書類を作成する際は、虚偽の申告をしないことや疑問点が出た場合にすぐ専門家に相談することが大切です。
              \個人再生について相談したいなら/
              弁護士・司法書士事務所
              おすすめ6選はこちら

              相談をしながら最後までしっかり返済する

              握手をしている画像

              個人再生の申請書類がすべて受理され、裁判所や債権者から返済スケジュールが承諾されても、安心してはいけません。

               個人再生中は申請したスケジュールどおりに返済ができなくなると、減額はすべて取り消しとなります。

              ただし借金の全体のうち3/4を返済しており、病気や怪我で借金が返済できない状態に陥った際は「ハードシップ免責」の対象となる可能性があります。

              返済に困ったときは「ハードシップ免責」の条件を満たしているかどうかを含めて、専門家に相談して返済計画を見直しましょう。

              個人再生の相談におすすめの弁護士・司法書士事務所6選

              はたの法務事務所

              はたの法務事務所

              はたの法務事務所のおすすめポイント
              • 着手金が無料
              • 手持ち資金ゼロでも今月の支払い・督促をストップできる
              • 持ち家や車を残して借金だけ整理できる
              • 債務整理するのは1社でもOK
              • 利用者の満足度95.2%!
              • 女性専用の無料相談ダイヤルあり

              はたの法務事務所は、誰にも知られずに費用を抑えて債務整理をしたいという方におすすめの法務事務所です。

              相談者の負担をなるべく減らしたいという想いから、以下6種類の費用がかかりません。手持ち資金がなくても、督促がストップします。

              はたの法務事務所でかかる費用(一部)
              ① 相談料 すべて無料!
              ② 任意整理の着手金
              ③ 過払い金調査
              ④ 全国への出張
              ⑤ 土日対応
              ⑥ 初期費用

              債務整理・過払い金などの相談実績は、20万件以上。司法書士歴40年のベテラン司法書士が在籍し、利用者の満足度は95.2%と評判も高いです。

              事務所は東京と大阪にありますが、全国どこでも無料で出張してくれるほか、電話・WEBのどちらでも問い合わせができます。女性専用のフリーダイヤルがあるのも、相談がしやすいポイントでしょう。

              いま借金の取り立てに悩んでいる方、早めの完済を目指したい方におすすめです。

              はたの法務事務所の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社22,000円~
              過払い 無料
              個人再生 385,000円~
              ※再生委員に払う費用は+220,000円
              自己破産 330,000円~
              ※少額管財事件は+220,000円

              はたの法務事務所の基本情報

              主な
              対応業務
              • 債務整理
              • 過払い金請求
              • 登記業務 など
              対応時間 <電話>平日8:30~21:30/土日祝8:30~21:00
              <メール>24時間受付
              対象地域 全国
              所在地
              (東京本店)
              〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

              ※公式サイトの文言によります。
              出典:【公式】はたの法務事務所|債務整理・借金返済の無料相談

              東京ロータス法律事務所

              東京ロータス法律事務所

              東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
              • 相談は何度でも無料
                →電話・メールでもOK
              • 費用は分割払い可能!最初に全額支払う必要なし
              • 相談〜契約まで最短1日だからスピード解決を目指せる
              • 和解後の返済代行サービス・完済まで代理人業務をしてくれる
              • 全国からの問い合わせ、土日の対応が可能

              東京ロータス法律事務所は、”債務整理の身近な窓口”としてこれまで7,000件以上の借金問題を受任しています。

              弁護士事務所なので、自己破産の依頼も可能。司法書士ではできない業務も、東京ロータス法律事務所にならお願いができます。

              弁護士と司法書士の違い 引用元:債務整理は東京ロータス法律事務所

              また、弁護士への依頼となれば費用面を気にする方も多いかと思いますが、東京ロータスは費用面も柔軟に対応してくれるところが魅力の1つです。

               相談は無料・分割払いOK・和解後の返済を代行してくれる・過払い調査無料など。

              なお、債権者との和解後〜完済までは、担当弁護士が債権者との連絡や郵便物の受け取りをしてくれるので、家族や知人に債務整理をしたことが知られにくいでしょう。

              平日だけでなく土日祝日も、加えて全国からの問い合わせに対応をしています。

              東京ロータス法律事務所の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社22,000円
              過払い金請求 無料
              個人再生 330,000円
              自己破産 220,000円

              東京ロータス法律事務所の基本情報

              主な
              対応業務
              • 債務整理
              • 過払い金請求
              • 交通事故 など
              対応時間 <電話>平日10時~20時/土日祝10時~19時
              <メール>24時間受付
              対象地域 全国
              所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

              ※1:認定司法書士のみ対応可
              ※2:書類作成は可
              出典:【公式サイト】弁護士法人東京ロータス法律事務所

              ひばり法律事務所

              ひばり法律事務所

              ひばり法律事務所のおすすめポイント
              • 相談は何度でも無料!匿名での相談も◎
              • 依頼費用は分割払いOK
              • プライバシー厳守だから家族に内緒で債務整理できる
              • 取扱業務は債務整理だけ!債務整理に特化した法律事務所
              • 実績は25年・満足度98%と信頼度が高い
              • 東大法学部卒の弁護士が在籍

              ひばり法律事務所は債務整理だけを取り扱う、いわば債務整理のプロである法律事務所です。

              25年の実績で培ったノウハウを活かしてくれるので、依頼者の満足度も98%と高いのが特徴。また、プライバシーにかなり配慮した手続きをしてくれる点も魅力でしょう。

               匿名での相談、郵送書類に事務所名を記載しない・郵便局で受け取ることができるなど、プライバシー厳守を徹底しています。

              なお、急ぎの場合は最短即日で取り立てを止めてくれます。全国からの依頼に対応しているので、近くに相談できるところがない方は、まずはメールか電話で無料相談をしてみましょう。

              ひばり法律事務所の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社22,000円
              過払い金請求 無料
              個人再生 220,000円〜
              自己破産 220,000円〜

              ひばり法律事務所の基本情報

              主な
              対応業務
              • 任意整理
              • 個人再生
              • 自己破産
              • 過払い請求
              対応時間 <電話>平日10:00~18:00
              <メール>24時間受付
              対象地域 全国
              所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

              出典:http://hibari-law.net/

              アース法律事務所

              アース法律事務所

              アース法律事務所のおすすめポイント
              • 初回相談料0円!
              • 完済済みの過払い金請求は着手金無料
              • 元裁判官の弁護士が借金問題を対応
              • 匿名で相談でき、プライバシーを守ってくれる
              • 全国/営業時間外からの相談にも対応
              • 借金問題から一般企業法務まで幅広い取扱い業務

              アース法律事務所は、幅広い業務の取り扱いがある中でも債務整理を得意としており、3,500件以上の実績があります。

               アース法律事務所には元裁判官の弁護士が在籍していて、直接面談してもらえます。裁判の流れや手続きを熟知しているのでスムーズな対応が期待できます。

              どうしても現地に行くのが難しい・予定が合わないなどの事情があれば、電話やメールでの対応のほか、出張相談会やオンラインでの面談も実施しています。

              また、紹介者がいなくても相談が可能です。営業時間外の夜間・土曜・日曜でも時間調整してくれるので、相談者に合わせた対応をしていのも嬉しいポイントです。
              法律相談だけでも可能なため、依頼するかどうか迷っている人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。
              \元裁判官の弁護士が対応可能/
              アース法律事務所
              公式サイトはこちら

              アース法律事務所の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社22,000円
              過払い金請求 無料
              個人再生 330,000円〜
              自己破産 330,000円〜

              アース法律事務所の基本情報

              主な 対応業務
              • 任意整理
              • 個人再生
              • 自己破産
              • 過払い請求
              対応時間 <電話>平日10:00~18:00
              <メール>24時間受付
              対象地域 全国
              所在地 〒105ー0004 東京都港区新橋2-12-5池伝ビル5階
              \元裁判官の弁護士が対応可能/
              アース法律事務所
              公式サイトはこちら
              出典:【公式サイト】アース法律事務所

              弁護士法人・響

              弁護士法人・響

              弁護士法人・響のおすすめポイント
              • 多数のメディア出演実績がある法律事務所
              • 完済過払い金の相談・着手金無料
              • 弁護士費用を分割払いできる
              • 24時間・365日・全国対応してくれる
              • 依頼後すぐに借金の催促を止めることが可能
              • 費用や利益が見込めない場合の説明が丁寧と評判

              弁護士法人・響では、基本的に1人の担当弁護士とスタッフが専任で対応してくれますが、経験豊富な弁護士が多数在籍しているため協力しながら事務所全体で解決してくれます。

               また、響に在籍する弁護士は、テレビや雑誌などの多数のメディアに出演しているので、実績を積んでいるのも信頼感があるポイントです。

              債務整理については相談料無料。そのうえ、完済済みの過払い金に関しては着手金も無料です。

              さらに響では、費用に関して事前の説明を徹底しています。利益が見込めない場合はきちんと説明し、わかりやすく方針を提案してくれるのも信頼がおけるポイントです。

              築き上げてきた豊富なノウハウを使い、問題解決に誠実に取り組んでくれるでしょう。
              \無料・匿名で今すぐ診断/
              弁護士法人・響
              借金減額診断はこちら

              弁護士法人・響の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社55,000円〜
              過払い金請求 無料
              個人再生 330,000円〜
              自己破産 330,000円〜

              弁護士法人・響の基本情報

              主な 対応業務
              • 債務整理
              • 交通事故
              • 労働問題
              • 相続問題
              • 離婚
              対応時間 <電話>:10:00~19:00
              <メール>:24時間受付
              対象地域 全国
              所在地 169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階
              \無料・匿名で今すぐ診断/
              弁護士法人・響
              借金減額診断はこちら
              出典:【公式サイト】弁護士法人・響

              天音総合法律事務所

              天音総合法律事務所

              天音総合法律事務所のおすすめポイント
              • 何度相談しても相談料0円
              • 取り立て・催促を最短即日ストップ
              • 初期費用0円・分割払いが可能
              • フリーダイヤルで土日祝日も相談受付
              • 債務整理に特化したチームで迅速に対応
              • 17万件以上の相談実績

              天音総合法律事務所では、依頼者が満足することを最優先としています。

              相談料に関しても、初回無料や30分5000円など金額を提示している法律事務所が多い中、天音総合法律事務所では何度相談しても無料としています。

               また、専門性に特化したスタッフがチームを組み、問題解決に向けて迅速に対応してくれる点も魅力です。

              依頼者は強い不安を抱えていることが少なくないため、密なコミュニケーションにより、少しでも不安を緩和するよう努めている点も評価ポイントとなります。

              テレビやラジオなど、メディアの取材出演にも積極的な法律事務所です。

              天音総合法律事務所の費用

              各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

              任意整理 1社55,000円〜
              過払い金請求 無料
              個人再生 220,000円〜
              自己破産 220,000円〜

              天音総合法律事務所の基本情報

              主な 対応業務
              • 債務整理
              • 交通事故
              • 消費者トラブル
              • 離婚トラブル
              • 相続・遺言・後見
              対応時間 <電話>9:00〜18:00
              <メール>24時間受付
              対象地域 全国
              所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
              出典:【公式サイト】天音総合法律事務所

              個人再生にかかる費用|弁護士に依頼した場合

              重なった本と金づち

              もしも弁護士に個人再生を依頼した場合、どの程度の費用が発生するのでしょうか。ここでは3つのポイントに分けて解説します。

              裁判費用

              個人再生にかかる必要は、まず弁護士費用と裁判費用の2つに分類されます。裁判所に支払うべき費用は、弁護士に依頼した場合30,000円程度です。横浜地裁を例にすると内訳は、以下のようになります。

              収入印紙(申立手数料) 1万円
              郵便切手 1円切手×10組
              10円切手×10組
              82円切手×10組
              20円切手×債権者数×2
              120円切手×債権者数×2
              予納金 12,268円

              ちなみに弁護士に依頼しない場合は、予納金として約19万円かかるため、全体として215,000円ほどの費用が必要です。

              出典:横浜地裁
              出典:裁判所

              個人再生委員費用

              場合によっては、個人再生委員を選任しなければならない場合があり、費用は裁判所によって異なりますが、15万円~25万円程度かかります。

              第1項 裁判所は,第221条第2項の申述があった場合において,必要があると認めるときは,利害関係人の申立てにより又は職権で,一人又は数人の個人再生委員を選任することができる。

              引用:民事再生法

              弁護士費用

              札束の上にのる硬貨

              個人再生を弁護士に依頼した場合の弁護士費用は、50万円から60万円が相場となっています。料金は3つに分けられます。

              相談料 相談をした際に払う費用。無料の事務所が多い
              着手金 個人再生をお願いする時に支払う費用
              報酬金 裁判所から個人再生の計画書が認められた時に支払う費用

              仮に個人再生に失敗した場合は、報酬金を除いた相談料と着手金を支払う必要があります。

              分割予納金

              テストと書かれているボード

              裁判所は、本人に個人再生するための返済能力があるのか「分割予納金テスト」を実施する場合があります。

               テストは6ヶ月にわたり、裁判所に毎月同じ金額を分割で支払いを続けます。

              支払う能力があるのか確認するためのテストなので、「一括支払い」や「納付遅れ」は認められていません。

              支払った費用は債権者ではなく選出された個人再生委員の報酬に充てられ、余った分は弁護士を通じて自分に返還されます。

              まとめ

              この記事では、個人再生の成功率や失敗するケースについて解説しました。個人再生を成功させるには、条件を十分確認して手続き書類を正確に作成することが大切です。

              もしも返済スケジュールなど不安な点があれば、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみるとよいでしょう。

                少しでも手続きがスムーズに終わるよう、本記事を参考にして準備を進めてみてください。

                ※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。

                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                おすすめの記事