クレジットカード
  • クレジットカードで任意整理できる?
  • クレジットカードで任意整理したら、カードは解約しないといけない?
  • クレジットカードを任意整理したら、新しいカードはいつから作れる?

こんな不安を抱えていませんか?

この記事では、クレジットカードで任意整理はできるのか?完済したらいつから使えるのかを解説します。

クレジットカードの借金を任意整理しようと検討している人は、この記事を読んで参考にしてください。
なお、任意整理を相談するのにおすすめな弁護士・司法書士事務所もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。
借金を減らしたいと思ったら、いくら減らせるのか無料診断してみるのがおすすめです。
診断は、3つの質問に答えるだけ。借金がゼロになる場合もありますので、債務整理をする前にまずは診断してみましょう。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

クレジットカードの任意整理はできる?

クレジットカードの任意整理は可能

サイン

結論から言うと、クレジットカードでつくった借金を任意整理することは可能です。

 ショッピングとキャッシングの借り入れどちらでも任意整理ができ、多くの場合で、利息のカットや長期の分割払いを認めてくれます。

もし長期のキャッシングの支払いで過払い金が発生していた場合は、そのお金も戻ってきます。

そもそも任意整理とは?

任意整理とは、消費者金融などの「債権者」に債務者の代理人である「弁護士・司法書士」が直接交渉をして、利息のカットや長期の分割払いを認めてもらい、借金を減らすことを目的とした手続きです。

任意整理を利用できるのは、安定した収入があり、減額後の借金を3年〜5年で返済できる見込みのある方。

月々の返済額の負担が減るので、完済までのゴールが見えやすいと言われています。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

クレジットカードの任意整理の注意点

クレジットカード

クレジットカードで任意整理をする際に注意すべき点は、主に以下の4つがあります。

クレジットカードの任意整理の注意点(一例)
  • クレジットカードのポイントは失効する
  • 資産価値のあるものは没収されることがある
  • クレジットカードを新規発行できないことがある
  • 定期のクレジットカード払いは事前に変更する

クレジットカードのポイントは失効する

任意整理をするとクレジットカードを解約しないといけないため、必然的にこれまで貯めたポイントやマイレージなどがなくなります。

残っているポイントなどは、任意整理手続きをする前に使うのがおすすめです。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

資産価値のあるものは没収されることがある

クレジットカードで分割払い中の資産価値のある物は、任意整理をすると没収されることがあります。例えば、高価な家電や家具、パソコンなど。

 没収されたくない商品がある時は、その商品を買ったときに使ったクレジットカードを、任意整理の対象にしないようにしましょう。

クレジットカードを新規発行できないことがある

任意整理を行ったクレジットカード会社では、信用情報機関から事故情報が消えても、クレジットカードを新規発行できなくなる可能性が高いです。

 その理由は、信用情報機関とは別に、クレジットカード会社独自の信用情報を保持していることがあるからです。

過去に任意整理などの債務整理をした履歴をチェックされると信用を疑われ、クレジットカードの審査に落ちてしまうかもしれません。

クレジットカードを新規発行する時は、債務整理をしたカード会社と別のところにしましょう。
\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

定期のクレジットカード払いは事前に変更する

クレジットカード払い

クレジットカードの任意整理を行う前に、定期的にカードで支払いをしている物は、銀行口座払いなど他の支払い方法に変更しておきましょう。

多くの人がクレジットカード払いに設定している支払いは、以下のようなものです。

定期的なカード払いが多い料金
  • スマホや携帯電話料金
  • インターネットのプロパイダ料金
  • 光熱費
  • サブスク代

支払い方法の変更を忘れると、自動解約になってしまうケースもあるかもしれませんので、事前によく確認することをおすすめします。

\借金が減らせるかすぐ分かる/
無料診断スタート
匿名でOK・30秒でわかる

クレジットカードは任意整理後どうなる?

クレジットカード

現在進行形で使っているクレジットカードを任意整理すると、そのクレジットカードは解約しないといけなくなります。

任意整理後クレジットカードは使えなくなり、別のクレジットカードを新しく申し込もうとしても、審査に通らないので新規発行ができません。

使っていない別のクレジットカードを既に持っていたとしても、そちらのクレジットカードも使えなくなります。

任意整理後にクレジットカードを使えない理由

クレジットカード

任意整理をすると、その情報が信用情報機関に登録されます。

 信用情報機関とは、その人のお金に関する情報、つまりクレジットカードやローンの契約や申し込みに関する情報を管理している機関のことです。

信用情報は、クレジットカード会社が顧客の「信用」を判断するための基準として利用しています。そのため、クレジットカードの支払いを延滞し続けたり、任意整理などの債務整理をすると、その情報が信用情報機関に記録されるのです。

いわゆる「ブラックリストに載る」ということなのですが、この状態になると、基本的に新規のローン等の借り入れやクレジットカードの新規発行ができなくなります。

任意整理後に、家や車を買うためのローンを組むこともできません。

任意整理後クレジットカードはいつから使える?

カード

クレジットカード会社や任意整理の内容にもよりますが、信用情報機関に記載されている事故情報が消えると、クレジットカードを新規発行できるでしょう。

事故情報が消えるまでの期間は信用情報機関により異なりますが、5〜10年ほどかかると言われています。

自分自身の信用情報がどうなっているか確認したい場合は、各信用情報機関に手数料(500〜1,000円程度)を払って確認することが可能です。

気になった際は以下の各信用情報機関にて確認してみましょう。
主な信用情報機関
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

任意整理後クレジットカードが必要になったら?2つの解決策

カード

任意整理後どうしてもクレジットカードが必要な状況になったら、どう解決すればいいでしょうか。ここでは、2つの解決策をご紹介します。

1. 家族カードを発行してもらう

任意整理後でも、家族カードの発行は可能です。

 信用情報機関に事故情報の名前が載るのは本人のみであるため、その家族は関係ありません。

しかし注意してほしいのは、家族カードでもまた借り入れをし、借金を繰り返してしまうことです。

ですので、たとえ家族名義のカードだとしても、任意整理後にクレジットカードを使い続けることはあまりおすすめできません。

もし使うならカードを使う時は家族の許可を得る、などルールを決めておくといいかもしれませんね。

2. デビットカードを発行する

デビットカードは、クレジットカードのように後払いの仕組みではないので、任意整理後でも発行できます。発行時に審査はなく、オンライン通販などでも問題なく使えるでしょう。

デビットカードの支払いは、銀行口座から即時に代金が引き落とされ、利用限度額は銀行の預金残高と同様です。

お金の管理もしやすく、ATMにわざわざ引き出しに行かなくてもいい点がメリットです。

【費用比較】任意整理が得意な弁護士・司法書士事務所6選

任意整理を検討したら、弁護士・司法書士の専門家に相談することをおすすめします。

弁護士・司法書士事務所の中には、無料相談を何回でも受け付けている事務所も多数あるため、納得いくまで相談ができます。

一人で抱え込まず、専門家である弁護士・司法書士事務所の力を借りましょう。

そこでここからは、任意整理が得意なおすすめの弁護士・司法書士事務所を紹介します。

費用も記載していますので、弁護士・司法書士事務所を探す時間がない方は、ぜひ参考にしてみてください。

※記載の金額は全て税込表示です。

東京ロータス法律事務所

ロータス

東京ロータス法律事務所は、東京都台東区に拠点を持つ弁護士事務所です。

相談は何度でも無料で、土日祝日も対応しています。メールでの相談も可能です。

相談料 無料
任意整理 基本報酬:1社/22,000円
着手金:22,000円
減額報酬:11%
過払い報酬:22%※1
訴訟費用、出廷日当

※1 訴訟の場合は回収額の27.5%

出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり法律事務所

ひばり

ひばり法律事務所は、東京都墨田区に拠点を持ち、25年の実績を持つ法律事務所です。

相談は何度でも無料。電話は土日祝日対応しており、webも24時間365日相談可能です。また、依頼費用は分割可能です。

相談料 無料
任意整理 基本報酬:1社/22,000円
着手金:22,000円
減額報酬:11%
過払い報酬:22%※1
経費:5,500円

※1 訴訟の場合は回収額の27.5%+実費

出典:https://www.hibari-law.net/

はたの法務事務所

はたの

 

はたの法務事務所は、東京都と大阪府に拠点があり、20万件以上の実績を持つ司法書士事務所です。

 

全国出張が無料なので、地方にお住まいでも気兼ねなく相談できます。

相談料 無料
任意整理 基本報酬:1社/20,000円
減額報酬:10%
過払い報酬:20%※1

※1 100,000円以下の場合は12.8%(別途10,000円の計算費用を頂きます)

出典:https://hikari-hatano.com/

アヴァンス法務事務所

アヴァンス

 

アヴァンス法務事務所は、相談実績23万件を誇る大阪市中央区にある司法書士事務所。

 

女性のための相談窓口を設けており、安心して相談できます。相談は何度でも無料で、分割払いも可能。減額報酬0円なのが、嬉しいポイントです。

 

相談料 無料
任意整理 着手金:1社/44,000円
過払い報酬:15.4%※1

※1 訴訟の場合は回収額の27.5%

出典:https://avance-jud.jp/

5アディーレ法律事務所

アディーレ
アディーレ法律事務所は、65万人の相談実績を誇る法律事務所です。

 

全国60拠点以上に支店があるので、地方在住でもお住まいの近くで相談しやすい場合が多いでしょう。

 

相談は何度でも無料で、電話なら土日祝日、webなら24時間365日対応しています。分割払いにも対応しています。

 

相談料 無料
任意整理 着手金:1社/44,000円
基本報酬:22,000円
減額報酬:11%
過払い報酬:22%※1

※1 訴訟の場合は回収額の27.5%

出典:https://www.adire.jp/

6天音総合法律事務所

 

天音綜合法律事務所は、東京都中央区に拠点を持つ弁護士事務所。相談は無料で、24時間365日電話で受け付けています。

 

相談料 無料
任意整理 基本報酬:1社/11,000円
着手金:55,000円
減額報酬:11%
過払い報酬:22%※1

※1 訴訟の場合は回収額の27.5%

出典:https://amane-law.or.jp/

まとめ

今回はクレジットカードで任意整理はできるのか?完済したらいつから使えるのかをお伝えしました。

 

クレジットカードで作ってしまった借金の任意整理は可能で、任意整理の手続きが終わってから5〜10年ほど経過すると新規発行できるケースが多いです。

 

また任意整理を検討したら、弁護士・司法書士の専門家に相談することをおすすめします。

 

借金は、放置すればするほど延滞金と利息が増えていきます。早めの解決を目指しましょう。

 

※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事