みずほ銀行

みずほ銀行が提供する「みずほ銀行カードローン」は、どんな特徴があるのでしょうか?

この記事では、みずほ銀行カードローンの審査基準、金利、申込・借入方法、返済についてなどをまとめてご紹介します。

事前に利用する際の注意点などを知っていれば、スムーズな申し込みや、計画的な利用がしやすくなるでしょう。

事前シミュレーションの方法もご紹介します。ぜひ参考になさってください。

みずほ銀行カードローンとは

クレジットカード

みずほ銀行カードローンとは、メガバンクのみずほ銀行が提供するカードローンです。

 金利は年2.0%〜14.0%で、利用限度額は800万円、担保・保証人不要で利用できます。

みずほ銀行ATMだけでなく、提携金融機関や提携コンビニATMでも借入れ・返済ができるため便利です。

24時間受付のWeb完結申し込みや、ATM利用手数料などが無料になる特典もあります。

提供元がメガバンクのため、信用性が高いことも魅力です。

みずほ銀行カードローンの審査基準

会社員

「みずほ銀行カードローンは、どんな人が利用できるの?」と疑問を持っている方も多いでしょう。

みずほ銀行が設定する年齢や収入などの条件を満たし、審査に通ることができれば、融資を受けることが可能です。

申し込みをする前に、利用できる人・利用できない人の条件について確認していましょう。

みずほ銀行カードローンを利用できる人

女性

みずほ銀行のカードローンを利用できるのは、以下4つの条件を満たす人です。

利用できる人
  • 満20歳以上66歳未満
  • 安定かつ継続した収入がある
  • 提携する保証会社の保証を受けられる
  • みずほ銀行の独自基準を満たす

これらの条件をクリアしている場合は、利用が可能です。

外国人の方は、永住許可を受けている必要があります。

みずほ銀行カードローンを利用できない人

悲しむ

「満20歳以上66歳未満」や「安定かつ継続した収入がある」など、年齢や収入条件等をクリアしていない場合は、利用できません。

基準を満たしていなければ、申し込みをしても審査に通ることはできないでしょう。

具体的には、次のような人です。

利用できない人
  • 19歳以下の人
  • 66歳以上の人
  • 安定かつ継続した収入がない人
  • 保証会社の保証を受けられない人
  • みずほ銀行の独自基準を満たさない人

このような人は利用できないため、他の方法も検討する必要があります。

返済額の確認や金利は?みずほ銀行カードローンの6つの特徴

スーツ男性

みずほ銀行カードローンには「24時間受付のWeb完結申し込み」「月々の返済額は2,000円から」などの特徴があります。

特徴を知ることで、他社との比較がしやすくなりますね。

ここでは、6つの特徴について1つずつ確認していきましょう。

1金利は年2.0%〜14.0%

コイン

みずほ銀行カードローンの金利は、年2.0%〜14.0%です。

以下で比較する消費者金融と比べると、上限金利・下限金利がともに低いのが特徴です。

主な消費者金融の金利
  • SMBCモビット:年3.0%〜18.0%
  • アコム:年3.0%〜18.0%
  • アイフル:年3.0%〜18.0%
  • レイクALSA:年4.5%〜18.0%

このように、みずほ銀行カードローンは大手消費者金融よりも、上限金利が4.0%も低くなります。

利用する業者によって、上限金利・下限金利に差があることが分かりますね。

2Web完結申し込みは24時間受け付け

パソコン

みずほ銀行カードローンは、24時間いつでもインターネットから申し込みが可能です。

パソコンやスマホによるインターネット申し込みなら、24時間受付なのでいつでも好きなタイミングで申し込みができます。

申し込みをWeb上で完結できるため、窓口へ行く必要がありません。

仕事が忙しく申し込みに行く時間がない」という方でも、利用しやすいです。

3利用限度額800万円で資金使途は自由

紙幣

みずほ銀行カードローンの利用限度額は、10万円〜800万円の範囲で以下のように選択できます。

利用限度額
  • 10万円
  • 20万円
  • 30万円
  • 50万円
  • 100万円〜800万円(100万円単位)

インターネットからの申し込みの場合は、100万円〜800万円が50万円単位になります。

資金使途は自由のため「急な出費で10万円必要」「海外旅行のために20万円借りたい」という方でも安心です。

 ただし、事業性資金には使用できないので、ご注意ください。

4みずほ銀行のキャッシュカードで利用できる

ATM

みずほ銀行カードローンは、普通預金のキャッシュカードもしくは、専用カードのどちらでも利用できます。

 キャッシュカードで借入れできるため「ローンカードを持っていると誰かに見られるかもしれない」という心配もいりません。

普段使っているキャッシュカードを持っていれば、預金引き出し・振込み・借入れのすべてに対応できます。

複数枚のカードを管理する必要がないので、助かりますね。

5月々の返済額は2,000円〜

返済

カードローンを初めて利用される方であれば「毎月の返済額が高いのでは?」と、心配をされる方もいるでしょう。

 みずほ銀行のカードローンは、月々の返済額が2,000円からとなっています。利用残高に応じて、月々の返済額が決まる仕組みです。

利用残高が10万円以下だと月々返済額は2,000円、利用残高20万円だと月々返済額は4,000円になります。
※利用限度額200万円以下の場合

また、毎月の返済とは別に、随時返済もできます。早く完済したい方は、随時返済を進めていけば良いでしょう。

2,000円から返済できるなら、無理なく完済を目指せそうですね。

6みずほマイレージクラブ「うれしい特典」の最高ステージ適用

プレゼント

みずほ銀行には、会員サイト「みずほマイレージクラブ」があります。

 みずほマイレージクラブでは、取引状況に応じて3つのステージに分け、ステージに応じた特典を受けられる「うれしい特典」サービスを提供しています。

みずほ銀行カードローンを利用すると、みずほ銀行マイレージクラブでの最高ステージである、Sステージの特典を受けられます。

例えば、Sステージの特典内容は、次のとおりです。

Sステージ主な特典
  • みずほ銀行・イオン銀行ATMの時間外手数料無料
  • イーネットATM時間外手数料・利用手数料が月3回まで無料
  • みずほ銀行本支店宛振込手数料が無料(みずほダイレクト利用時)
  • みずほダイレクトによる他行宛振込手数料が月3回まで無料 など

このように、ATMや振込手数料が無料になるため大変お得です。

みずほ銀行カードローンの申し込み〜利用までの流れ

契約

みずほ銀行カードローンは、以下5つの手順で申し込みから利用まで進められます。

難しい手順はないため、カードローンの利用がはじめての人でも安心です。

ここでは、Web申し込みの場合の、5つの手順を紹介します。

1.申し込み

パソコンまたはスマホからカードローンのサイトにアクセスをして、申込フォームを入力します。

2.審査

みずほ銀行と保証会社による審査が行われます。審査前に本人確認の連絡が入る場合があります。

3.審査結果の連絡

パソコン

審査結果の連絡は、登録メールアドレス宛に届きます。迷惑メール扱いにならないように設定しておきましょう。

4.契約手続き

契約手続きを行います。カードローン口座開設の完了連絡はメールで届きます。

5.借入れ

みずほダイレクトまたは提携ATMで借入れをします。

みずほ銀行カードローンの4つの申込方法

パソコン

みずほ銀行カードローンは、インターネットや郵送など4つの申込方法があります。

それぞれで特徴や進め方が異なり、都合に合わせて選択すると良いですよ。

ここでは、4つの申込方法について見ていきましょう。

1. インターネットでの申し込み

スマートフォン

パソコンやスマホを使って、インターネット申し込みができます。

24時間受付で、自宅や外出先からでも簡単に申し込みが可能です。

すぐに申し込みをしたい方や、Web上で完結させたい方におすすめの申込方法です。

2. 郵送での申し込み

郵送にて申し込みもできます。みずほ銀行普通預金口座を持っている方が対象で、

  • 申込書
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

を同封して郵送します。

融資を急いでいない方や、インターネット申し込みに抵抗がある方におすすめです。

3. 電話での申し込み

電話

専用ダイヤルから、申し込みができます。

受付時間の平日9時〜20時の間に、みずほ銀行カードローン専用ダイヤル(0120-324-555)へ連絡をすれば、申し込み・審査が可能です。

4. 窓口での申し込み

近くのみずほ銀行窓口で、申し込みもできます。

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

を用意して、銀行窓口へ行きましょう。

わからないことがあれば、気軽に相談ができるので心強いですね。

みずほ銀行カードローンの借入方法

手帳

みずほ銀行カードローンの借入方法は「みずほダイレクト」と「提携ATM」の2通りで、状況に合わせて使い分けができます。

それぞれの借入方法について、見ていきましょう。

1. みずほダイレクトでの借入

会員サイトのみずほダイレクトを利用して、借入れが可能です。

パソコンやスマホを使ったインターネットバンキングによって、24時間借入れができます。

2. 提携ATMでの借入

ATM

みずほ銀行やゆうちょ銀行、提携コンビニATMなどで借入れができます。

提携コンビニATMは、セブンイレブンやローソン・ファミリーマート・デイリーヤマザキなど多くに対応しています。

全国展開しているコンビニと提携しているため、外出先からも借り入れができて便利です。

みずほ銀行カードローンの返済日(引き落とし日)は?一括返済は可能?

パソコン

みずほ銀行カードローンは、自動引き落としで返済をします。引き落とし日は、毎月10日です(休業日の場合は翌営業日)。

余裕を持って、返済日の前日までに返済額以上のお金を入金しておくと安心です。

一括返済・随時返済も可能

返済

毎月の返済とは別に、随時返済・一括返済も可能です。返済方法は、以下の2通りです。

返済方法
  • 提携ATM
  • みずほダイレクト

提携ATMは1円単位で返済でき、みずほ銀行とコンビニATMが対応しています。

また、会員サービスのみずほダイレクトでは、パソコンやスマホ等から24時間返済できます。

パソコンやスマートフォンからもいつでも返済ができるので、忙しい方にもおすすめです。

増額も可能

紙幣

みずほ銀行カードローンは、利用限度額の増額の申し込みも可能です。

パソコンやスマホを使ったWeb上での申し込みや、みずほ銀行アプリで増額申請ができます。

電話やみずほ銀行の窓口からも申し込みもできますよ。
 ただし、申請をすれば必ず増額できるわけではありません。

みずほ銀行カードローンの注意点7つ

女性

「即日融資はできない」「希望額を借入れできるとは限らない」など、みずほ銀行のカードローンを利用する際には注意点があります。

 事前に注意点を押さえておくことで、スムーズに利用しやすくなります。

ここでは、7つの注意点について見ていきましょう。

1勤務先の在籍確認がある

電話

申し込みをすると、申込者が勤務しているか確認するため、勤務先に電話をかけて在籍確認が行われます。

「▲▲と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

など、非通知・個人名で連絡が入ります。確認が取れないことには、融資は受けられません。

 連絡が入ることを上司や同僚に伝えていないと、警戒して「●●という者はいません」と答える可能性があります。

スムーズに確認を得られるように、在籍確認の連絡が入ることを、事前に上司や同僚に伝えておくのもおすすめです。

2事前に返済シミュレーションをする

パソコン

申し込みをする前に、返済シミュレーションをするようにしましょう。

返済シミュレーションをすれば、利用後のイメージをつかみやすいですよ。

具体的な返済計画を立てやすくなりますね。
みずほ銀行カードローンのサイト内で、返済のシミュレーションができます。
後々返済に困らないように、返済シミュレーションをしたうえで借入金額を決めるようにしてください。

3即日融資はできない

払う

みずほ銀行カードローンは、即日融資を受けることは原則的にできません。

銀行カードローンの融資は反社チェック等の目的のため、時間をかけて慎重に審査を行います。

そのため融資を受けられるのは、早くても翌営業日以降です。

申し込んですぐに融資を受けられる訳ではないため、ご注意ください。

申し込みをする際は、余裕を持ったスケジュールで進めるようにしましょう。

4利用限度額に応じて金利が変わる

お金

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0%〜14.0%ですが、適用される金利は利用限度額によって異なります。

以下は、利用限度額に応じた借入金利です。

利用限度額 借入金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満
年7.0%
400万円以上500万円未満
年6.0%
500万円以上600万円未満
年5.0%
600万円以上800万円未満
年4.5%
800万円
年2.0%

このように、利用限度額が多くなるほど、金利が低くなる仕組みです。

利用限度額によって金利が変わることを理解したうえで、返済計画を立てるようにしましょう。

5希望額を借入れできるとは限らない

銀行

借入希望額=利用限度額ではありません。利用限度額は審査のうえ決まるため、借入希望額よりも少ない可能性があります。

例えば100万円の借入れを希望していても、審査の結果、実際の利用限度額は50万円かもしれません。
 必ずしも、借入希望額が利用限度額になるわけではないことを理解したうえで、資金計画を立てるようにしてください。

6審査に落ちる可能性もある

審査

みずほ銀行カードローンに申し込みをすれば、必ず利用できるわけではありません。

年齢や収入、信用情報などが審査基準をクリアしておらず、審査落ちする人もいます。

 みずほ銀行に限ったことではありませんが「誰でも審査に通るわけではない」ということを理解したうえで、申し込みをするようにしましょう。

7必要書類は事前に用意しておく

書類

申し込みには、運転免許証などの本人確認書類と、源泉徴収票などの収入証明書類が必要になります。

必要書類には、主に以下のようなものがあります。

主な必要書類の例
  • 本人確認書類(運転免許証、住民票など)
  • 年収を確認できる書類のコピー

これらの書類を提出しないと、契約手続きを進められず融資を受けることもできません。

書類の準備には時間がかかる場合もあるため、早めに揃えておきましょう。

まとめ

今回は、みずほ銀行カードローンの審査基準や金利、返済日、注意点などについて解説しました。

最後に、ここで紹介した重要ポイント4点をおさらいしましょう。

今回の記事のポイント
  • みずほ銀行カードローンは、メガバンクが提供しているため信用性が高い
  • 「満20歳以上66歳未満」など年齢や収入等の条件をクリアしていれば申し込みができる
  • ATMの時間外手数料無料やなどの特典を受けられる
  • みずほダイレクトや提携ATMを使って、手軽に借入れ・返済が可能

    また、事前にシミュレーションをしておくと、返済スケジュールも立てやすく、計画的にお金の管理ができるでしょう。

    借入れを考えている方は、ここで紹介した内容や注意点を参考にしながら、ぜひみずほ銀行カードローンも検討してみてください。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事