FXで借金ができるのはなぜ?借金してしまうケースと対処法を紹介

FXに対して、損失・借金のリスクがあるのではないかと心配している方も多いでしょう。

実は、FXにおいては借金が発生しないような仕組みが用意されています。それでも借金が発生するのには理由があります。

今回は、FXで借金が発生する要因と、発生させないための注意点などを紹介します。

 

FXで借金をしてしまうことがあるのはなぜ?

借金

FXには投資家保護の観点から、借金が発生しないための仕組みが用意されています。それが、強制ロスカットと呼ばれるルールです。

FXの借金は強制ロスカットが原因?

強制ロスカットとは、投入した証拠金以上の損失が発生しないためのルールです。

 保有するポジションにおいて、含み損が膨らんできた際に、一定の証拠金率を下回ると強制的に保有ポジションが決済されます。

FX会社によってロスカットが実行される証拠金率は違いますが、例えば証拠金率100%でロスカットが実行されるとします。

この場合は、含み損を含めた口座内の評価額が、ポジションを保有するために必要な証拠金額と同額になった時点で、ポジションが自動で決済され、損失が確定します。

強制ロスカットは、投資家にとっては損失が一気に確定するという点で、避けるべきルールです。

しかし、強制ロスカットがあるからこそ損失が証拠金の範囲内で抑えられるので、借金が発生せず安心してトレードができるんですね。

FXで借金してしまう4つのパターン

以上のような強制ロスカットのルールがあるにも関わらず、FXを利用する中で借金が発生してしまうケースもあります。

FXのシステム上、どうしても避けられない要因もあれば、トレーダー側の心がけによって避けられる要因もあります。以下に、FXトレードにおいて借金が発生する要因を4つご紹介します。

FXで借金をしてしまう4つの原因
  • 強制ロスカットが間に合わないとき
  • 窓開けによる追証が発生したとき
  • システムトラブルが起こったとき
  • 投資資金を捻出するため

1. 強制ロスカットが間に合わないとき

FXチャート

強制ロスカットとは、所定の証拠金率に到達したときに自動的にポジションが決済される仕組みです。

しかし、相場が急変している局面においては、ロスカットの水準に相場が到達した時点でポジションの決済が間に合わないケースがあります。

市場に多大な影響を及ぼす事件や、重要指標発表において想定外の結果が発表された場合、外国為替相場は急激な変化を起こすことがあります。

 その中でロスカットの水準に到達したとしても、水準を超えて想定以上の損失が発生してしまうケースが起こりえます。

投入している証拠金の範囲内で損失が抑えられれば、借金発生は免れますが、もし証拠金以上の損失が発生してしまった場合、追加で証拠金を投入しなければならない、いわゆる追証の義務が生じます。

要するに、FX会社に対して負債を背負うことになります。

2. 窓開けによる追証が発生したとき

カレンダー

大きな窓開けが起こった場合も、強制ロスカットの水準を超えて決済されてしまうことがあります。

窓開けとは、主に週末に市場がクローズした後の週明けに発生することが多い現象です。週末でのクローズ時点の相場から大きくかけ離れた水準から、週明けに相場がスタートする現象のことを窓開けと呼びます。

本来、チャートはジグザグの曲線でつながっていますが、窓開けが起こった場合は曲線が離れてしまいます。
 窓開けが発生した場合は、ロスカットの水準を大きく超えて損失確定が実行されてしまいます。

場合によっては、証拠金以上の損失が発生してしまい、追証の義務を負うことになります。

3. システムトラブルが起こったとき

パソコン

FX会社が提供するトレードシステム上でトラブルが起こった場合、ロスカットが実行されないケースがあります。

FX会社側に過失があったと判断される場合、システムトラブルの中で起こった想定外の損失は、FX会社側で負担をしてくれるケースが多いです。

しかし、FX会社側の過失なのか・トレーダー側に非があったかどうかの判断は細かく規定されているので、場合によってはシステムトラブル中の損失をトレーダー側で負担しなければならないケースもあります。

 また、FX会社のシステムトラブルではなく、使用するパソコンやスマートフォンでの機器不具合によるトラブルも起こりえます。

この場合は、トラブル中に大きな相場変動が起こって損失が発生したとしても、トレーダー側の負担となってしまうので注意しましょう。

4. 投資資金を捻出するため

借金

FXに投資する資金を捻出するために、借金をするケースもあります。

FXは、レバレッジを利用して取引をすれば、一攫千金が狙える投資商品です。大きな利益を獲得するため、借金をして投資資金を確保する方がいます。

 これは、ギャンブル好きの方が陥りやすい傾向にあります。投資は、あくまで余剰資金で行うべきで、借金をしてまで行うものではありません。

また、保有ポジションの含み損が大きくなってきた場合に、ロスカットの発生を回避するために証拠金を追加投入するケースも危険です。

投入する資金が不足した場合、借金をして資金を捻出する方が意外に多くいます。相場状況によっては損失がどんどん拡大していきますので、大きな借金を背負ってしまう可能性のある危険な行為です。

FXで借金をつくるリスクを防ぐ方法

以上のように、本来は借金が発生しないFXですが、例外的、あるいは資金調達方法によっては借金を背負ってしまうリスクがあります。

FXで借金を発生させないようにするためには、どのような方法を採用すればいいのでしょうか。借金のリスクを防ぐ方法について、以下に3つご紹介します。

FXで借金をするリスクを防ぐ方法
  • 許容範囲以上のレバレッジをかけない
  • 週末にポジションを持ち越さない
  • 感情的なトレードを控える

許容範囲以上のレバレッジをかけない

無理なレバレッジをかけたトレードをしないことが、安全に取引をするための有効な手段です。

現在、日本のFX会社では最大25倍のレバレッジをかけてトレードができます。しかし、その最大レバレッジをかける必要性はもちろんありません。

 口座のレバレッジ比率が3倍~5倍程度に収まるように、保有ポジションや証拠金の金額をコントロールするのがおすすめです。

仮にシステムのトラブルや、急激な相場変動が起こったとしても、余裕のある口座管理をしておけば、少なくとも借金を負うリスクは大幅に軽減できます。

 

週末にポジションを持ち越さない

窓開けによるロスカット水準を超えた決済がなされる現象を防ぐためには、週末にポジションを持ち越さないことが最善の対策といえます。

 想定した相場にまで達しなかった場合でも、その週内に決済を行なっておき、ポジションを残さないようにすると、安心して週明けを迎えられます。

ただし、スワップポイント狙いの長期スタンスの投資をしている場合は、窓開けの影響を受けることは避けようがありません。

その場合は保有ポジション数に注意して、無理なトレードをしないことを心がけましょう。窓開けが発生してもロスカットの水準に達しないように、余裕を持った口座管理が重要です。

感情的なトレードを控える

FXスワップポイントリスク

感情的なトレードは、FXにおいては失敗のもとです。常に冷静な気持ちを保って、機械的にトレードを行なった方がベターでしょう。

例えば、買いエントリーをして相場の上昇を期待したものの、相場が下落して含み損が発生したとします。

「いずれは相場が上昇して元に戻るだろう」と、根拠のない判断でそのまま保有し続けることで、どんどん損失が膨らみ、ロスカットの水準に近くなってしまうというケースが結構あります。

ある水準に達したら損切りをする、あるいはあらかじめ損切りの逆指値注文を入れておくなど、感情に左右されない機械的なトレードをしていれば、少なくとも借金を負う心配はないでしょう。

 

FXで借金を抱えてしまったら債務整理がおすすめ

もし、FXがうまくいかず、借金してしまった場合は債務整理がおすすめです。債務整理とは合法的に借金問題を解決する手段です。

 主に、「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

どの手続きを利用するかは、借り入れ金額により異なります。

なお、債務整理の手続きには法律などの専門的な知識が必要となるので、どの手続きを選べばよいかは弁護士・司法書士に相談して決定するのが良いでしょう。

 

債務整理方法①任意整理

任意整理とは、債権者との交渉で返済額や返済方法を調整し、無理なく完済するための債務整理方法です。

任意整理のメリットは、以下のようなことが挙げられます。

任意整理のメリット
  • 利息がカットされる
  • 裁判の必要がない
  • 任意整理の対象を選択できる
  • 家族などにバレにくい

    任意整理は、債権者の意向によって手続きの方針が決まるので、元本が減額するようなケースは珍しく、多くの場合は「将来利息」「経過利息」「遅延損害金」など、返済金額のうち主に利息分が減免対象となることが一般的です。

    元本が減るわけではないですが、月々の返済額が減らせる可能性が高いです。

    債務整理方法②個人再生

    個人再生とは、裁判所に個人再生を申し立て、再生計画案を作成・提出することで認可されれば、返済額が5分の1〜10分の1程度まで減額が見込める債務整理の手続きです。

    個人再生後は、原則3年〜5年で残った借金を返済していくことが定められています。

     また、個人再生の特徴として「住宅ローン督促」を利用すれば、住宅についてはローン返済中であっても手元に残しておけます。

    住宅ローンを手続きの対象から外すことができるのは、個人再生にのみ認められた制度です。ただし、特定の借入先だけを選んで手続きすることはできません。

    また、一定水準以上の収入があり、支払い能力があると裁判所に認められなければ、個人再生の手続きは実施できません。

    収入がある人で、住宅などの財産を残したまま、大幅に借金を減額したい人に向いている手続きと言えます。

     

    債務整理方法③自己破産

    自己破産とは、裁判所に申し立てを行い「免責許可」が下りれば、借金の支払い義務を免除してもらえる手続きです。

     未払いの税金などを除いて、これまで抱えていた借金を返済する必要がなくなるのが最大のメリットです。

    その代わりに、一部の自由財産(総額99万円)を除いて財産を処分する必要や、払えなかった借金の返済が保証人・連帯保証人に一括請求が求められ、大きな迷惑がかかるなどデメリットがあります。

    手続き後に会社を解雇されるということは基本的にないため、最低限度の生活が失われる心配はありません。

    債務整理するなら弁護士・司法書士に相談しよう

    FXで借金額が増えてしまい、返せないときは早めに債務整理を行うのが良いでしょう。

     借金問題が長引けば、利息などで借金額が増えるだけでなく、債権者に訴訟を起こされ多くの財産を失う可能性もあります。

    法律の専門的な知識が必要となる債務整理は、その道のプロである弁護士・司法書士に相談して手続きを進めましょう。

    メリットとして、以下の内容が挙げられます。

    弁護士・司法書士に相談するメリット
    • 最適な債務整理の手続きを提案してくれる
    • 借金の催促を一時的に止められる
    • 債務整理が成功しやすい

     

    相談料無料の弁護士事務所を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

    おすすめ弁護士・司法書士事務所6選

    はたの法務事務所

    はたの法律事務所

    はたの法務事務所のおすすめポイント
    • 着手金が無料
    • 手持ち資金ゼロでも今月の支払い・督促をストップできる
    • 持ち家や車を残して借金だけ整理できる
    • 債務整理するのは1社でもOK
    • 利用者の満足度95.2%!
    • 女性専用の無料相談ダイヤルあり

    はたの法務事務所は、誰にも知られずに費用を抑えて債務整理をしたいという方におすすめの法務事務所です。

    相談者の負担をなるべく減らしたいという想いから、以下6種類の費用がかかりません。手持ち資金がなくても、督促がストップします。

    はたの法務事務所でかかる費用(一部)
    ① 相談料 すべて無料!
    ② 任意整理の着手金
    ③ 過払い金調査
    ④ 全国への出張
    ⑤ 土日対応
    ⑥ 初期費用

    債務整理・過払い金などの相談実績は、20万件以上。司法書士歴27年以上のベテラン司法書士が在籍し、利用者の満足度は95.2%と評判も高いです。

    事務所は東京と大阪にありますが、全国どこでも無料で出張してくれるほか、電話・WEBのどちらでも問い合わせができます。女性専用のフリーダイヤルがあるのも、相談がしやすいポイントでしょう。

    いま借金の取り立てに悩んでいる方、早めの完済を目指したい方におすすめです。

    はたの法務事務所の費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社22,000円~
    過払い 無料
    個人再生 385,000円~
    ※再生委員に払う費用は+220,000円
    自己破産 330,000円~
    ※少額管財事件は+220,000円

    はたの法務事務所の基本情報

    主な
    対応業務
    • 債務整理
    • 過払い金請求
    • 登記業務 など
    対応時間 <電話>平日8:30~21:30/土日祝8:30~21:00
    <メール>24時間受付
    対象地域 全国
    所在地
    (東京本店)
    〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

    ※公式サイトの文言によります。
    出典:【公式】はたの法務事務所|債務整理・借金返済の無料相談

    東京ロータス法律事務所

    東京ロータス法律事務所

    東京ロータス法律事務所のおすすめポイント
    • 相談は何度でも無料
      →電話・メールでもOK
    • 費用は分割払い可能!最初に全額支払う必要なし
    • 相談〜契約まで最短1日だからスピード解決を目指せる
    • 和解後の返済代行サービス・完済まで代理人業務をしてくれる
    • 全国からの問い合わせ、土日の対応が可能

    東京ロータス法律事務所は、”債務整理の身近な窓口”としてこれまで7,000件以上の借金問題を受任しています。

    弁護士事務所なので、自己破産の依頼も可能。司法書士ではできない業務も、東京ロータス法律事務所にならお願いができます。

    弁護士と司法書士の違い 引用元:債務整理は東京ロータス法律事務所

    また、弁護士への依頼となれば費用面を気にする方も多いかと思いますが、東京ロータスは費用面も柔軟に対応してくれるところが魅力の1つです。

     相談は無料・分割払いOK・和解後の返済を代行してくれる・過払い調査無料など。

    なお、債権者との和解後〜完済までは、担当弁護士が債権者との連絡や郵便物の受け取りをしてくれるので、家族や知人に債務整理をしたことが知られにくいでしょう。

    平日だけでなく土日祝日も、加えて全国からの問い合わせに対応をしています。

    東京ロータス法律事務所の費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社22,000円
    過払い金請求 無料
    個人再生 330,000円
    自己破産 220,000円

    東京ロータス法律事務所の基本情報

    主な
    対応業務
    • 債務整理
    • 過払い金請求
    • 交通事故 など
    対応時間 <電話>平日10時~20時/土日祝10時~19時
    <メール>24時間受付
    対象地域 全国
    所在地 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

    ※1:認定司法書士のみ対応可
    ※2:書類作成は可
    出典:【公式サイト】弁護士法人東京ロータス法律事務所

    ひばり法律事務所

    ひばり法律事務所

    ひばり法律事務所のおすすめポイント
    • 相談は何度でも無料!匿名での相談も◎
    • 依頼費用は分割払いOK
    • プライバシー厳守だから家族に内緒で債務整理できる
    • 取扱業務は債務整理だけ!債務整理に特化した法律事務所
    • 実績は25年・満足度98%と信頼度が高い
    • 東大法学部卒の弁護士が在籍

    ひばり法律事務所は債務整理だけを取り扱う、いわば債務整理のプロである法律事務所です。

    25年の実績で培ったノウハウを活かしてくれるので、依頼者の満足度も98%と高いのが特徴。また、プライバシーにかなり配慮した手続きをしてくれる点も魅力でしょう。

     匿名での相談、郵送書類に事務所名を記載しない・郵便局で受け取ることができるなど、プライバシー厳守を徹底しています。

    なお、急ぎの場合は最短即日で取り立てを止めてくれます。全国からの依頼に対応しているので、近くに相談できるところがない方は、まずはメールか電話で無料相談をしてみましょう。

    ひばり法律事務所の費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社22,000円
    過払い金請求 無料
    個人再生 220,000円〜
    自己破産 220,000円〜

    ひばり法律事務所の基本情報

    主な
    対応業務
    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産
    • 過払い請求
    対応時間 <電話>平日10:00~18:00
    <メール>24時間受付
    対象地域 全国
    所在地 〒130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目22-4 第一東永ビル6階

    出典:http://hibari-law.net/

    アース法律事務所

    アース法律事務所

    アース法律事務所のおすすめポイント
    • 初回相談料0円!
    • 完済済みの過払い金請求は着手金無料
    • 元裁判官の弁護士が借金問題を対応
    • 匿名で相談でき、プライバシーを守ってくれる
    • 全国/営業時間外からの相談にも対応
    • 借金問題から一般企業法務まで幅広い取扱い業務

    アース法律事務所は、幅広い業務の取り扱いがある中でも債務整理を得意としており、3,500件以上の実績があります。

     アース法律事務所には元裁判官の弁護士が在籍していて、直接面談してもらえます。裁判の流れや手続きを熟知しているのでスムーズな対応が期待できます。

    どうしても現地に行くのが難しい・予定が合わないなどの事情があれば、電話やメールでの対応のほか、出張相談会やオンラインでの面談も実施しています。

    また、紹介者がいなくても相談が可能です。営業時間外の夜間・土曜・日曜でも時間調整してくれるので、相談者に合わせた対応をしていのも嬉しいポイントです。
    法律相談だけでも可能なため、依頼するかどうか迷っている人はまずは相談してみてはいかがでしょうか。
    \元裁判官の弁護士が対応可能/
    アース法律事務所
    公式サイトはこちら

    アース法律事務所の費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社22,000円
    過払い金請求 無料
    個人再生 330,000円〜
    自己破産 330,000円〜

    アース法律事務所の基本情報

    主な 対応業務
    • 任意整理
    • 個人再生
    • 自己破産
    • 過払い請求
    対応時間 <電話>平日10:00~18:00
    <メール>24時間受付
    対象地域 全国
    所在地 〒105ー0004 東京都港区新橋2-12-5池伝ビル5階
    \元裁判官の弁護士が対応可能/
    アース法律事務所
    公式サイトはこちら
    出典:【公式サイト】アース法律事務所

    弁護士法人・響

    弁護士法人・響

    弁護士法人・響のおすすめポイント
    • 多数のメディア出演実績がある法律事務所
    • 完済過払い金の相談・着手金無料
    • 弁護士費用を分割払いできる
    • 24時間・365日・全国対応してくれる
    • 依頼後すぐに借金の催促を止めることが可能
    • 費用や利益が見込めない場合の説明が丁寧と評判

    弁護士法人・響では、基本的に1人の担当弁護士とスタッフが専任で対応してくれますが、経験豊富な弁護士が多数在籍しているため協力しながら事務所全体で解決してくれます。

     また、響に在籍する弁護士は、テレビや雑誌などの多数のメディアに出演しているので、実績を積んでいるのも信頼感があるポイントです。

    債務整理については相談料無料。そのうえ、完済済みの過払い金に関しては着手金も無料です。

    さらに響では、費用に関して事前の説明を徹底しています。利益が見込めない場合はきちんと説明し、わかりやすく方針を提案してくれるのも信頼がおけるポイントです。

    築き上げてきた豊富なノウハウを使い、問題解決に誠実に取り組んでくれるでしょう。
    \無料・匿名で今すぐ診断/
    弁護士法人・響
    借金減額診断はこちら

    弁護士法人・響の費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社55,000円〜
    過払い金請求 無料
    個人再生 330,000円〜
    自己破産 330,000円〜

    弁護士法人・響の基本情報

    主な 対応業務
    • 債務整理
    • 交通事故
    • 労働問題
    • 相続問題
    • 離婚
    対応時間 <電話>:10:00~19:00
    <メール>:24時間受付
    対象地域 全国
    所在地 169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階
    \無料・匿名で今すぐ診断/
    弁護士法人・響
    借金減額診断はこちら
    出典:【公式サイト】弁護士法人・響

    弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)

    ユア・エース(天音)

    弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)のおすすめポイント
    • 何度相談しても相談料0円
    • 取り立て・催促を最短即日ストップ
    • 初期費用0円・分割払いが可能
    • フリーダイヤルで土日祝日も相談受付
    • 債務整理に特化したチームで迅速に対応
    • 17万件以上の相談実績

    弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)では、依頼者が満足することを最優先としています。

    相談料に関しても、初回無料や30分5000円など金額を提示している法律事務所が多い中、弁護士法人ユア・エースでは何度相談しても無料としています。

     また、専門性に特化したスタッフがチームを組み、問題解決に向けて迅速に対応してくれる点も魅力です。

    依頼者は強い不安を抱えていることが少なくないため、密なコミュニケーションにより、少しでも不安を緩和するよう努めている点も評価ポイントとなります。

    テレビやラジオなど、メディアの取材出演にも積極的な法律事務所です。

    弁護士法人ユア・エースの費用

    各債務整理の基本報酬(税込)は、以下の通りです。

    任意整理 1社55,000円〜
    過払い金請求 無料
    個人再生 220,000円〜
    自己破産 220,000円〜

    弁護士法人ユア・エースの基本情報

    主な 対応業務
    • 債務整理
    • 交通事故
    • 消費者トラブル
    • 離婚トラブル
    • 相続・遺言・後見
    対応時間 <電話>9:00〜18:00
    <メール>24時間受付
    対象地域 全国
    所在地 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階
    出典:【公式サイト】弁護士法人ユア・エース(旧:天音総合法律事務所)

    まとめ

    FXでは、ロスカット制度があるために、一般的には借金を負うことはありませんが、システムの問題など例外的な事象により大きな損失が発生することもあります。

    しかしそれ以上に、FXにおいて借金が発生する事例としては、トレーダー自身の性格によるところが大きいと考えられます。

    • 感情的になりやすい人
    • 楽観的な考え方の人
    • ギャンブル好きの人

    などがFXをすると、思わぬ大きな損失を負うリスクが高いです。

    きちんとリスク管理をすれば、FXでは借金が発生することはほとんどありません。無理のない口座管理を徹底して、リスクの少ないトレードを目指してくださいね。

     

    ※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事