FXの自動売買は儲かる?稼げない?

「FXの自動売買ってそもそも何?」「自動売買のメリットとデメリットは?」「FXの自動売買をやってみたいけどどのツールを使えば良いの?」

FX自動売買に関して、このような悩みを抱えている方も多いでしょう。

FXの自動売買はFXの知識や経験が必要ないので、FX初心者や時間がない人に人気があります。

しかし、FXの自動売買ソフトの種類は豊富で、それぞれメリット・デメリットがあるので選ぶのが難しいです。この記事では、

  • FXの自動売買とは?
  • FX自動売買のメリット・デメリット
  • おすすめのFX自動売買

をご紹介します。

FXの自動売買とは?

fx

FXの自動売買とは、あらかじめ設定した売買ルールに基づいて、システム(プログラム)が自動的に出す取引方法です。

 売買ルールを設定しておけば、あとはシステムが自動的に取引を行うので、FX初心者の方や仕事や家事で忙しい方におすすめです。

エンジニアが開発するEA(Expert Adviser)などの自動売買ソフトの他、独自システムを提供しているFX会社もあります。

FXの自動売買と裁量取引の違い

FXチャート

自動売買取引と対比される取引手法として「裁量取引」があります。

裁量取引とは自分で相場分析をして、売買を行う取引方法です。FXの自動売買取引と裁量取引の違いは、下記の通りです。

自動売買 裁量取引
取引方法 自動取引 自身で
取引
取引の分析 不要 必要
資金管理 不要 必要
取引コスト 比較的
高い
比較的
低い
取引チャンス 多め 人による
初心者向け 向いている 知識や経験が必要

裁量取引は、相場分析から注文、資金管理まで全て自分で行うため、FXの知識や経験・メンタル管理が必要です。

 一方で、自動売買は設定さえ済ませれば、全て自動で取引をしてくれるため、FXの知識や経験も必要ありません。

自動売買は、FX初心者に最適の投資方法といえるでしょう。

FX自動売買を利用するメリット

FX自動売買を利用する主なメリットは、3つあります。それぞれ順番に見ていきましょう。

自動売買の主なメリット
  • 24時間取引チャンスを逃さない
  • 感情に左右されない
  • 専門的な知識が必要ない

1. 24時間取引チャンスを逃さない

fx

為替市場は平日24時間取引することができ「眠らないマーケット」とも呼ばれています。

しかし取引は、自分が起きている時間かつチャートに張り付いているときにしかできませんよね。24時間ずっとチャートの前に張り付くこと自体あまり現実的ではなく、暇な相場もあるため効率も良くないです。

 ただしFXの自動売買を利用すれば、24時間常に稼働してくれるため、仕事や家事をしている間や寝ている間でも取引チャンスを逃しません。

2. 感情に左右されない

FXでは負け始めると、正常な判断ができずに失敗するケースが多々あります。

「損切りができずに1回の取引で大損した」や「損失取り返すためにいつもよりも大きな資金で取引してしまった」といった失敗は、多くの方が経験しているでしょう。

仮に良い手法が合っても、感情的になってしまったせいで大きな損失を出してしまうことも珍しくありません。

 自動売買ならどんな状況でも、一定ルールのもと運用できるので、感情的になる心配がないです。

3. 専門的なFXの知識が必要ない

FX用語

FXの自動売買には、専門的な知識が必要ないです。

裁量取引で取引をする場合は、優位性の高いポイントで取引するために、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析のような相場分析の知識が求められます。

自動売買なら、専門知識がなくてもシステムがルール通りに売買してくれるので、初心者でも安心です。

FX自動売買を利用するデメリット・注意点

FX自動売買のデメリット・注意点は、以下の3つです。

自動売買の主なデメリット・注意点
  • 必ず稼げるわけではない
  • 相場の急変に対応できない
  • 専門的な知識は身につかない

自動売買の利用を悩んでいる方は、デメリットを理解した上で検討しましょう。

1. 必ず稼げるわけではない

お金

FXの自動売買を使っても、稼げない場合があります。

 優位性の低い売買ツールで取引していれば、当然負ける可能性の方が高いです。

また、裁量取引と同じく、自動売買にも得意な相場と苦手な相場があります。得意な相場では利益を出せても、苦手な相場ではそれ以上に大きな損失を抱えるかもしれません。

自動売買は一定の売買ルールのもとでしか取引できないので、売買ルールの重要性がかなり高いです。

将来の相場で勝てるかどうかは誰にもわからないので、少額で始めることが大切です。

2. 相場の急変に対応できない

前述している通り、自動売買は一定の売買ルールに基づいて取引を行います。

 そのため、経済指標や要人発言などによって、相場が急変動した場合でも対応できません。

良くも悪くも一定の売買ルールでしか取引ができないので、予測不能な相場でも取引をしてしまい、大きな損失が発生するリスクがあります。

自動売買とはいえ定期的にニュースや経済指標を確認し、危険な相場と感じたときは自動売買の稼働を停止するなどの対応が必要です。

3. FXに関する専門的な知識は身につかない

FXの知識

自動売買では、トレーダーとしての専門的な知識は身につきません。なぜなら、最初の設定だけで、あとは放置していれば自動で取引をするからです。

 相場の状況を見ながら、自分で取引判断をするわけではないので、知識やスキルが身につかないのがデメリットです。

相場を見ながら仮説と検証を繰り返し、実際に取引をすることでFXの知識や経験が身につきます。

どれだけ長い期間、自動売買を運用しても知識や経験が身につかないということは、理解しておきましょう。

裁量取引にも挑戦したい方は、自動売買と並行して裁量取引の練習をしましょう。

おすすめFX自動売買の比較一覧表

次に、おすすめなFX自動売買を比較していきましょう。一覧表にまとめましたので、自動売買を検討している方はぜひ参考にしてください。

トライオートFX アイネット証券 外為オンライン FXブロードネット
サービス名 トライオートFX ループイフダン iサイクル2取引 トラッキングトレード
通貨ペア 17種類 20種類 26種類 24種類
取引手数料 片道20円 無料 片道20円
(90日間無料)
片道20円
収益率 160%以上 73.98% 57.2% 85.2%

国内FX会社が提供する自動売買ソフトは、基本的に売買ルールは決まっており、通貨ペアや損益確定の値幅を自分で設定するという仕組みとなっています。

これらの自動売買は、各FX会社の口座を保有している方なら誰でも無料で利用できます。

FX自動売買に関するよくある質問

最後に、FXの自動売買に関するQ&Aをまとめました。FXの自動売買を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

自動売買は絶対稼げる?

稼げる可能性もありますが、損をする可能性もあります。稼げるかどうかは、相場の状況や売買ルールによって変わります。

自動売買を利用する際は、目先の利益を求めず、長期的な目線を持ちましょう。

自動売買は無料で利用できる?

基本的にFX会社が提供する自動売買は、無料です。

SNSやブログ等では有料のEA(Expert Adviser)を販売している場合がありますが、あまりおすすめしません。なぜなら、高額なEAでも稼げるかどうかはわからないからです。

有料の自動売買が必ずしも優秀であるとは限らないので、十分注意してください。無料で利用できる自動売買でも十分利益を出すことができるので、有料の自動売買を購入する必要はないでしょう。

自動売買の利益は確定申告が必要なの?

自動売買で利益が出たら、確定申告をする必要があります。

確定申告が必要かどうかは、会社から給与所得を得ているかどうかで変わります。

給与所得を得ている会社員:年間20万円以上の利益で確定申告義務が発生
主婦や学生などの被扶養者:年間38万円以上の利益で確定申告義務が発生

なお、税金は所得に対して発生するので、FXの利益から経費を計上すれば、課税される金額が抑えられます。

主に以下のようなものが経費として認められます。

・自動売買を稼働するためのパソコン
・FX関連の書籍・セミナー代
・ネット環境・電気代

FXの利益からこれらの経費を引いた所得が、確定申告義務の条件を満たした場合は、確定申告を行いましょう。

まとめ

この記事では、FXの自動売買の概要、メリット・デメリット、おすすめの自動売買をご紹介しました。

FXの自動売買を利用すれば、24時間取引チャンスを逃さず、儲けられる可能性を秘めています。一方で、相場の急変に対応できないことや専門的な知識が身につかないことなどのデメリットもあります。

とはいえ、FX初心者の方や忙しい方にとっては、FXの自動売買は大きな武器です。まずはFX会社が提供している無料の自動売買を利用してみましょう。

 

※本記事は、FXで必ず利益を生む方法を紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事