ETC おすすめ クレカ

ETCカードは高速道路をはじめ、有料の場所を使う場合に適しているカードのことです。

種類は数多くあるため、選ぶ際に「ETCカードでお得なクレジットカードは?」「クレジットなしのETCカードはあるの?などと疑問が出てくるかもしれません。

今回はETCカードを利用したいと考えている方のために、タイプ別のおすすめとランキングをまとめています。作り方や選び方なども紹介しているため、本記事で必要な知識を学んでいきましょう。 

女性向けや年会費無料など、タイプ別のおすすめを紹介していますので参考にしてみてください。

【年会費無料】おすすめETCカード2選

JCB CARD W

JCB CARD W_新券面

JCB CARD Wは、従来のJCBカードよりもポイント還元率が2倍とお得です。年会費も本会員・家族カードともに無料なので、使い勝手に優れています。

セットで発行してもらえるETCスルーカードも、年会費・発行手数料ともにかかりません。余分な出費をかけないで、好きなときに高速道路を使えるメリットがあります。ちなみに入会の年齢制限は、18歳以上39歳以下です。

申し込みハードルをクリアできれば、ポイント還元率の高さとETCカードの使いやすさがおすすめの一枚です。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら
クレジット年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ブランド JCB
還元率 1.0%〜5.5%
申込条件 18歳〜39歳の方(高校生除く)

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

ENEOS CARD S

ENEOS CARD S

ENEOS CARD Sは、車をよく使う人の味方になります。年会費は初年度だけ無料ですが、2年目以降も年1回以上使うだけで無料です

お出かけや仕事で高速道路をよく使う人には、ENEOSのETCカードが便利でしょう。

このカードを使うと、ガソリンや軽油は常に2円/L安くなります。車が好きな人はガソリン代もかさむので、カードによる割引は助かりそうです。運転が習慣になっている人には、ENEOS CARD Sがおすすめです。 

クレジット年会費 税込1,375円(初年度に加え、2年目以降も年1回以上利用で無料)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ブランド JCB
還元率(通常) 0.6~2.0%
申込条件 18歳以上(高校生除く、20歳未満の人はオンライン申込不可)

出典:https://www.eneos.co.jp/consumer/ss/card/card/kind/card_s.html

【法人向け】おすすめETCカード2選

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード

三井住友カードが提供するビジネスカードです。個人事業主や法人代表者のみが入手でき、年会費は一般クラスの「クラシック」で1,375円となっています。

ただし社員などをパートナー会員とすれば、1枚440円で彼らに発行できるしくみです。このカードを使えば、ビジネスの現場でも経費や資金の管理を効率よくできます

ETCカードも社員やアルバイトのために複数枚発行すれば、会社全体の交通に関する経費を見通せることでしょう。

クレジット年会費 1,375円(税込)
ETC年会費 税込550円(初年度に加え、2年目以降も年1回以上利用で無料)
ETC発行手数料 無料
ブランド VISA、Mastercard
還元率(通常) 0.5~1.0%
申込条件 満20歳以上の法人代表者または個人事業主

出典:https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/business_owners_index.jsp

JCB法人カード

JCB法人

JCB法人カードも、ビジネス現場で役に立ちます。法人カードとしては年会費が比較的安く設定されており、発行に余分なコストがかからない点もメリットと言えそうです。

旅行保険が国内・海外問わず最高3,000万円なので、出張時の事件や事故のリスクにも対処できます。ETCカードは年会費・発行手数料無料なので、手軽に申し込めるでしょう。

また枚数無制限なため、規模が大きな会社でも従業員全員に手渡せます。これは会社全体のETC利用経費を、ひとまとめに管理するのに役立ちます。JCBは法人ETCカードとして経理の効率化に一役買ってくれます。 

クレジット年会費 1,375円(税込)
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ブランド JCB
還元率(通常) 0.47~1.49%
申込条件 18歳以上の法人代表または個人事業主

出典:https://www.jcb.co.jp/corporate/houjin/ippan.html#contents__card__personal__detail__basicInfo

【女性向け】おすすめETCカード2選

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lは、女性向けのクレジットカードです。従来のJCB CARD Wと同じく、ポイント還元率は1.0%以上です。

ほかにも「ネイルクイック」や「@cosme」など、女性向けの優待サービスがまとまった「LINDAリーグ」も付帯しています。

年会費も発行手数料も無料のため、ETCカードの中でも低コストで使えます。クレジットカードの特典とETCカードとしての使いやすさを両立しており、おすすめの女性向けカードといえるでしょう。

\常にポイント2倍/
JCB W plus L
無料申込みはこちら

 

クレジット年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ブランド JCB
還元率 1.0%〜5.5%
申込条件 18歳〜39歳の学生か安定収入のある人(高校生除く)

出典:https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/wplusl/?13230273950100

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオングループで買い物をするとポイントが2~5倍とお得になります。クレジットカード本体もETCカードも、発行や年会費にお金がかかりません。18歳以上からもてるので、幅広い層に役立つことでしょう。

高速道路を仕事や旅行でよく使う人にとっては、ETCでポイントを貯められるメリットがあります。旅先でイオングループの店に行き、お土産をカード決済するのも有用です。

さまざまなシチュエーションでポイントを貯められるという意味で、イオンのETCカードも見逃せません。

 

クレジット年会費 無料
ETC年会費 無料
ETC発行手数料 無料
ブランド VISA、Mastercard、JCB
還元率(通常) 0.5~1.33%
申込条件 18歳以上(高校生除く)

出典:https://www.aeonbank.co.jp/aeoncard/

【学生向け】おすすめETCカード2選

楽天カード

楽天カード

楽天カードポイント還元率の高さがおすすめです。ショッピングではもちろん、ETCの利用料金からも100円ごとに1ポイント貯まるしくみです。一般的には200円ごとに1ポイントが相場と言われており、アドバンテージがあります。

ETCカードの年会費無料は条件つきですが、一般会員でも550円です。ドライブが好きな学生にとっても、少しの負担で扱えます。

クレジットとあわせて使えば、ポイントを積極的に貯めて使えることでしょう。
\新規入会・利用で5,000ポイント獲得/
楽天カード
無料申し込みはこちら
クレジット年会費 無料
ETC年会費 税込550円(ゴールドカード・プレミアムカード所有、PointClubの会員ランクがダイヤモンド・プラチナなら無料) 
ETC発行手数料 無料
ブランド Mastercard、VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス
還元率(通常) 1.0〜3.0%
申込条件 18歳以上(高校生除く)

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/

dカード

dカード

dカードは、ドコモが発行する年会費永年無料のカードです。ポイント還元率も1.0%〜と高く、長期にわたって使えば利便性を感じられます。

ETCカードは初年度の年会費が無料となっていますが、2年目以降も一度の利用だけで無料になります

事前にマイレージサービスに登録しておけば、クレジットとは別に独自のポイントが貯まり、今後のETC利用料として決済可能です。ドライブが好きな学生には、dカードをおすすめします。

クレジット年会費 無料
ETC年会費 税込550円(初年度に加え、2年目以降も年1回以上利用で無料)
ETC発行手数料 無料
ブランド Mastercard、VISA 
還元率(通常) 1.0~4.5%
申込条件 満18歳以上(高校生除く)

出典:https://d-card.jp/st/abouts/d-cardapply.html

おすすめETCカード還元率ランキング

1JCB CARD W

JCB CARD W_新券面

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 還元率1.00〜5.50%
  • カード年会費・ETCカード年会費永年無料
  • ポイントは常にJCB一般カードの2倍以上
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

2JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lのおすすめポイント
  • 還元率1.00〜5.5%
  • カード年会費・ETCカード年会費永年無料
  • 月ごとに優待・プレゼントあり
\常にポイント2倍/
JCB W plus L
無料申込みはこちら

3dカード

dカード

dカードのおすすめポイント
  • 還元率1.00〜10.50%
  • 年1回以上のETC利用でETCカード年会費無料
  • カード決済額に応じてdポイントが貯まる

※dカードポイントアップモール利用時

おすすめな高還元率クレジットカードについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

※本ランキングは本記事内で紹介したおすすめETCカードの還元率を比較し作成しています。
※ETC還元率が高いカードを上位にしています(還元率が同率の場合は最大還元率が高い方を上位としています)。
※情報は2021年3月10日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。

ETCカードの使い方

クレジットカード

ETCカードとは、高速道路のような有料道路にある料金所で使えるカードです。車載器に入れて使えば利用料の自動決済ができ、スムーズに料金所を抜けられます。

基本的な使い方は、以下のとおりです。

ETCカードの使い方
  1. 車載器にカードを入れておく
  2. 高速道路の料金所で、ETC専用レーンに入る
  3. バーが自動的に上がるので、そのまま通り抜ける

以上の手順で有料道路を利用できるのが、ETCカードの特徴です。料金所で待つ従業員とのコミュニケーションが必要ないので、便利でしょう。

 ETC専用レーンのバーは、車が来てからあがるまで若干のタイムラグがあるので、直前の一時減速・停止が必要です。

万が一ぶつかったり開いたりしたときは、管轄区域内のNEXCOのお客さまセンターへ連絡しましょう。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

クレジットなしもある?ETCカードの種類を紹介

高速

ETCカードには、以下の2種類があります。

2種類のETCカード
  • クレジット機能がついたもの
  • クレジットなしでETCカードのみのパーソナルカード

クレジット機能がついたもの

ETCカードの主流は、クレジットカードの機能がついたものです。一般的に2つは別々に発行されますが、請求は各利用金額の合計で決まり、指定期日に銀行口座から引き落とされる形です。 

 以前はクレジットカードそのものにETCの機能がついた一体型もありましたが、2021年現在は不正利用防止を理由に廃止されています。

年会費や発行手数料も発行会社で異なりますが、両方無料という種類もあります。

個人でも法人でも、クレジットつきのETCカードは使いやすいと言えるでしょう。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

クレジットなしのパーソナルカード

クレジットカード

ETCパーソナルカードは、クレジット機能なしのタイプです。発行会社は全国の高速道路株式会社6社による共同で、クレジットカードを所有していなくても使えます。

ただし作るには保証金が必要です。年会費も1,257円かかるので、コストが気になるかもしれません。

たとえば1か月のETC平均利用額が6,000円なら、保証金は2万4,000円です。保証最低額は2万円になります。

審査なしで発行してもらえるのが特徴的です。高速道路をよく使う人なら、選択肢に入ることでしょう。 

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

お得なのはどれ?ETCカードの選び方

ETCカードを選ぶには、以下の2つを重視しましょう。

ETCカードの選び方
  • 年会費や発行手数料が無料なカード
  • クレジット付帯でポイント還元率が高いカード

クレジットカードとETCカードは、同じ発行会社の方が使いやすいといえます。これから両方を申請するなら、以上の2つを重視して選びましょう。

年会費や発行手数料が無料なカードを選ぶ

ETCカードは、年会費や発行手数料が無料がおすすめです。クレジットカードで年会費がかからなくても、ETCは有料なこともあるので注意しましょう。

ただし「初年度無料」でも、2年目以降も年に1回でも使えば会費免除というETCカードもあります。お出かけや仕事で高速道路を使う習慣があるなら、そういった種類のETCカードでも問題ないといえるでしょう。

同じ年会費無料でも、初年度無料と永年無料があります。できれば永年無料をチェックするとよいでしょう。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

クレジット付帯でポイント還元率が高いカードを選ぶ

お得なETCカードを選ぶなら、クレジット付帯でポイント還元率が高いものに決めましょう。ポイントを貯めやすければ、貯めたポイントを決済手段として有効活用できるケースもあります。

たとえばETCつきの普通車で首都高に入れば、基本料金は最低300円です(2022年9月12日現在)。
※参照:https://www.shutoko.jp/fee/fee-info/pay_etc/

もし300ポイントあれば、首都高の基本料金をまかなえます。

ポイントはクレジットカード特有のサービスです。還元率が高ければ、ETC料金に相当するポイント獲得も期待できるでしょう。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

ETCカードの作り方

クレジットカード

ETCカードを作る手順は、以下の種類によってわかれます。それぞれの作り方を説明するので、発行したい種類別に作り方をみていきましょう。

ETCカードの種類
  • クレジット付帯のETCカード
  • ETCパーソナルカード

クレジット付帯のETCカードの場合

クレジット付帯の場合は、以下の手順を踏まえましょう。

クレジット付帯のETCカードの作り方
  1. クレジットカードとETCカードを同時に申し込む
  2. 発行会社の審査に通過する
  3. クレジットとETC両カードが同時に発行される

審査期間やそこからの発行・自宅への郵送などにかかる時間は、カード会社により異なります。しかし大まかな手順は同じです。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

ETCパーソナルカードの場合

ETCパーソナルカードの場合は、以下の手順をたどりましょう。

ETCパーソナルカードの作り方
  1. 利用申込書に必要事項を記入し、事務局に送る
  2. 事務局から保証金依頼が郵送される
  3. 郵便局やコンビニで保証金を振り込む
  4. 事務局からパーソナルカードが送られてくる

審査不要の代わりに保証金の振込を要するのが、クレジットカードとの違いです。クレカの作り方は、こちらの記事を参考にして下さい。

ETCカードの4つの注意点

夜景 高速道路

ETCカードを扱うには、以下4つの注意点を覚えておきましょう。

ETCカード4つの注意点
  • 車載器を自分で用意すること
  • 審査なしで発行できるのはETCパーソナルカードのみ
  • パーソナルカードは年会費がデポジットが発生する
  • 他人に車を貸しても、ETCの利用料金は名義人の負担

車載器を自分で用意すること

ETCカードを使うなら、車載器を自分で用意しなければなりません。車載器にカードを差し込まないと、高速道路での自動決済ができないからです。

車載器は、カー用品店やネットショップで購入できます。設置やセットアップは業者に依頼でき、カードを試しに差して機能すれば使用可能です。ETCカードの利用には、相応のコストがかかることに注意しましょう。 

車載器のコストは本体だけではありません。セットアップなどを業者へ依頼する料金もかかりますよ。

審査なしで発行できるのはETCパーソナルカードのみ

ETCカードのうち、審査なしで手に入れられるのはパーソナルカードだけです。

 クレジット機能をともなうものは、かならず審査を受けなければなりません。

クレジットカードを扱う会社は、割賦販売法や貸金業法にもとづいて登録を受けています。この条件を満たすには、申請が来たら必ず審査をすることが決まりです。

ETCパーソナルカードにはクレジット機能はなく、以上のルールは適用されません。そのため審査なしで発行できるのです。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

ETCパーソナルカードは年会費や保証金が発生する

ETCパーソナルカードでは、年会費や保証金が発生します。年会費は税込で1,257円、保証金は最低で2万円です。

クレジットカードなら年会費無料も珍しくありません。年会費無料カードならもっているだけでお金がかからず、利便性が高いことでしょう。

 しかしETCパーソナルカードは使わなくてもコストを要するので、ずっと使わなくてもコストが発生します。料金に注意しましょう。

他人に車を貸しても、ETCの利用料金は名義人の負担

ETCカードを車載器に入れたままマイカーを他人に貸しても、利用料金は持ち主の負担です。

 カードを導入したのが本人である以上、車を貸すことで要するコストも自己責任になります。

たとえば車を貸した相手が高速道路を使うと、本来のETCカードの持ち主に利用料金が請求されて銀行口座からの引き落としが行われます。

金銭トラブルを避ける意味でも、貸した相手に高速道路を使わないように頼むか、あとで利用料金をもらう約束をしておきましょう。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

まとめ

車を運転する習慣がある方や仕事で車を使う機会が多い方は、クレジットなしのETCカードではなく、クレジットカード付帯ETCカードの発行がおすすめです。

クレジット付帯の中には年会費無料の種類もあり、選び方次第ではポイント還元も充実してます。女性や学生でも、車をよく運転する人ならおトクに利用できるカードがたくさんあるでしょう。

ぜひ今回紹介したランキングやおすすめカードを参考に、快適なカーライフを送りましょう。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

 

※この記事内で紹介するカードの年会費・発行手数料は、全て税込み表示です。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事