借金が辛い!借金苦から逃れる方法や抜け出す解決策を徹底解説

借金は、金銭面で生活を圧迫するだけではありません。借金があるというだけでメンタルに悪影響を及ぼしてしまい、日々のストレスに繋がります。借金の辛さは、早めに解決するのがおすすめです。

そこで今回は、借金苦から逃れる方法や法的に解決できる債務整理について解説します。また、おすすめの相談窓口も紹介するので、チェックして早期解決を目指しましょう。

\借金が減らせるかすぐ分かる/
借金減額診断はこちら
無料・匿名でOK

 

弁護士に相談するメリットにも触れていくので、借金で苦しんでいるならぜひ本記事を参考にしてください。

借金が苦しい・辛いと感じる5つの理由

借金が苦しい・辛いと感じる理由

借金を辛いと感じてしまうのには、主に5つの理由があります。

借金が辛い・苦しい理由
  • 返済計画が立てられていない
  • 借金総額が返済できないレベル
  • 借金返済のために生活が困窮している
  • 貸金業者から電話連絡や督促状が届く
  • 相談相手がいない

返済計画が立てられていない

返済計画が立てられていない状態の借金は、非常に苦しいものに感じます。ゴールが見えない状況は、余計に辛くなってしまうでしょう。

 借金が長期間に渡ると、利息でトータルの返済額が増えてしまうので、負担は大きくなります。

また、返済期間が長くなればその間に何は起きるかはわかりません。例えば、結婚をして子どもが産まれると出費が多くなる・リストラにより職を失ってしまうリスクなどが挙げられます。

暗いトンネルにいるのと同じで、先に光がなければ精神的に辛い状態が続いてしまうのです。

借金総額が返済できないレベル

借金が苦しい・辛いと感じる理由

借金総額が自分の返済能力を超えている場合、金銭的に非常に大きな負担となるため、辛さを強く感じます。

 返済能力を超えた借金がある場合は、自転車操業の状態に陥っていることも少なくありません。

A社に返済をするためにB社に新たな借金をすることを繰り返していては、完済は難しいです。

借金に借金を重ねることになるので、まさに借金苦と言えるでしょう。

借金返済のために生活が困窮している

空の財布を見せる人

借金が膨らんでしまうと借金の返済が生活の中心になるため、生活が困窮して辛いと感じてしまいます。

 いくら働いても返済が重くのしかかるため、休日に自由に買い物を楽しむこともできません。

自分の稼いだお金にも関わらず好きに使うことができないので、日常的に我慢ばかりの日々が続きます。友人と遊びに行くことや外食を楽しむこともできず、自動販売機で飲み物を購入することさえ躊躇してしまうでしょう。

このような生活が長期間続けば大きなストレスになってしまい、精神的にも苦しくなってしまうのです。

貸金業者から電話連絡や督促状が届く

スマートフォンを操作する人

借金を返さないでいると、貸金業者から電話連絡や督促状が届くようになりますが、そのまま放置しておくのは危険です。

借金の返済が滞ると、以下のような手順で状況が悪化していきます。

状況 内容
①借金が膨らむ 借入額が返済できなくなり、借金を借金で返す自転車操業でさらに借金が膨らむ
②滞納をする 借り入れできなくなり返済不能に陥る。催促状が届く
③遅延損害金が発生する 遅延損害金が発生し、借金額がさらに膨らむ
④一括返済請求される そのまま放置していると賃金業者から一括請求がある。

督促連絡の電話や取り立てが来ることもある

⑤差し押さえられる そのまま放置していると裁判を起こされて財産が差し押さえられる

給与の差し押さえがあると、勤め先にも連絡がいく

最終的には資産の差押えを受けることにもなりかねないので、注意が必要です。貸金業者から電話連絡や督促状は無視してはいけません。

相談相手がいない

借金問題は、誰かに相談することで不安を軽減できる場合があります。しかし、自分一人で抱えているとメンタル面で大きな負担となるため、苦しい・辛い気持ちはどんどん膨らんでいくのです。

 借金のことを打ち明けると、信頼できる人との関係性をも崩してしまうのではと考える人も少なくありません。

自分ひとりの考えでは、客観的な解決方法がわからず、よりマイナスの思考になってしまいがちです。

身近に相談できる相手がいない場合は、心理的に重い状態が続いてしまい、良い解決策も思い浮かびにくくなります。

借金を返せないでいると陥る辛い末路とは?

借金を放置しておくとより辛くなる理由

借金が辛いからと何も対策せずに逃げていると、以下のような理由から、より辛い状況に陥ってしまう可能性が高いです。それぞれわかりやすく解説します。

借金を返せない場合の主な末路
  • 利息や遅延損害金で借金がふくらむ
  • 督促・取り立てによる精神的負担が増える
  • うつ病やノイローゼになる
  • 周囲の人に借金がバレやすくなる
\借金が減らせるかすぐ分かる/
借金減額診断はこちら
無料・匿名でOK

利息や遅延損害金で借金がふくらむ

借金を放置していると、日に日に利息が膨らむため、トータルの返済額は多くなります。

 利息は1日ごとに加算されるため、返済期間が長くなるほど無駄な出費が増えてより苦しさが大きくなってしまうでしょう。

また、返済期間が長いほど、返済日にお金を用意できないリスクも高まります。

返済日を過ぎてしまうと遅延損害金がかかるため、さらに出費がかさんでしまうのです。

督促・取り立てによる精神的負担が増える

借金を放置しておくとより辛くなる理由

借金状態が続いていると、貸金業者などの催促・取り立てにより精神的負担が増えます。

 返したくても返せない状況は、常に責められている状態とも言えるため、精神的に追い詰めらる人が多いです。

業者からの催促は電話や書面にて督促が届くことが一般的です。しかし、それらに応じない場合は法的措置をとるという内容の書面が送られてくるようになります。

「訴えられたらどうしよう」と不安になったり恐怖を感じたりと、精神的ダメージも大きくなるでしょう。

うつ病やノイローゼになる

顔を覆う女性

いくら返済をしても借金が終わらない状態に陥ると、先が見えない不安と強いストレスを抱え続けることになります。

借金をしていることを周りの人に言えば信用を失いかねないので、誰にも相談できずに一人で悩みを抱え込むことになってしまいます。

 このような状態が長期間続けば、うつ病やノイローゼを発症してしまっても何ら不思議ではありません。

精神疾患の治療には休養が必要なので最悪仕事ができなくなり、さらに借金地獄へと陥るという悪循環になってしまうでしょう。

借金を長期間一人で抱え続けると、どれだけ強い精神を持っている方であろうと、心も身体もむしばまれてしまいます。

精神病は見た目には分からないため、知らず知らずのうちに発症してしまうことも珍しくありません。

参考:NHK|健康ch

周囲の人に借金がバレやすくなる

督促状や督促の電話が原因でバレるケースも少なくありません。また、借入先からの督促の郵便物でも疑われる場合があります。

 金融業者などからの一括請求を放置していると、裁判所から通知が届くようになります。

そのまま対処しなければ強制的に財産を没収されかねないため、周囲にバレるリスクは高まるのです。

給与の差し押さえをされると勤務先に知られてしまうため、周囲からの見る目も変わってしまう恐れがあります。

苦しい借金生活から抜け出す4つの方法

借金苦から逃れる方法

自力で借金苦から抜け出すために、以下の3つの方法を検討してみてください。

自力で借金苦から抜け出す方法
  • きちんとした返済計画を立てる
  • 借り換え・おまとめローンを利用する
  • 信頼できる人の協力を仰ぐ
  • 債務整理を検討する

きちんとした返済計画を立てる

借金による精神的負担を軽減するには、きちんとした返済計画を立てて終わりを明確にすることが重要です。

 返済日や金利による利息、借金総額などを入力することで月々の返済額や完済にいたる年月を示せる「返済シミュレーション」の利用がおすすめです。

返済計画を立てる際は、いかに現実的な金額をもとに導き出せるかが大切なため、収入と支出など家計の整理をしたうえで算出しましょう。

借り換え・おまとめローンを利用する

借金苦から逃れる方法

現在の借入先が高金利で、利息がかかり返済が苦しい場合は借り換えやおまとめローンを検討してみましょう。

借り換え・おまとめローンとは
借り換えは、新たな借入先に乗り換えて金利を下げる対策です。おまとめローンは、複数の借入先がある場合1本にまとめて、管理しやすくする・金利を下げるといった目的があります。

多くの貸金業者にて、借り換えやおまとめローンを提供しています。自分にとってなるべく金利が安くでき、返済しやすい業者や銀行をリサーチすると、負担軽減に繋がる可能性があります。

 

信頼できる人の協力を仰ぐ

家族や親友など、信頼できる人に相談をしてお金を借り、一気に返済にまわすという手段もあります。貸金業者と違い、知人から借りれば利息が膨らむ心配がありません。

 借金の額や状況によっては、債務整理などの解決策を提案してくれる可能性もあります。

親身になってくれる弁護士事務所や、法テラスなどの相談窓口を紹介してくれる場合もあるため、思い切って相談してみるのも良いでしょう。

親族や友人から借金をする場合には、毎月の返済額といつまでにすべて返すかを明確にして、後々の関係性を壊さないよう誓約書を交わすことをおすすめします。

債務整理を検討する

現金

借金の金額が少ないうちなら生活費を節約する、かけもちで働くなどの努力をすることで、完済を目指すこともできるでしょう。

しかし、借金が返済できないくらいに膨らんでしまった場合には、そのまま放置するのではなく、債務整理を行うのがおすすめです。

債務整理は自分でもできる?

債務整理は自分で行うことも可能ですが、用意する書類も多く、ある程度の法律の知識も必要です。

 正確に手続きが進まないと失敗してしまう可能性もあるので、慎重に行う必要があります。

債務整理を行うなら、弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめです。複雑な手続きも任せることができるので安心です。

まずは無料相談などを利用して、良い方法はないか相談してみるもの良いでしょう。

借金生活から抜け出す方法はひとつではありません。

借金苦から抜け出せる債務整理とは?メリット・デメリット

借金苦の解決には債務整理がおすすめ

自力で借金問題を解決できそうにないなら、国の借金救済制度である「債務整理」を活用する手段もあります。

債務整理の種類は主に3つ

債務整理には主に、次の3つの種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

任意整理
  • 貸金業者との取引開始時に遡り、利息制限法の上限金利に引き下げて再計算
  • 裁判所は介さずに行う手続き
  • 将来の利息をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済
個人再生
  • 裁判所を介して行う手続きで、借金を5分の1程度に減額することを目的とした手続き
自己破産
  • 返済の見込みがないことを裁判所に認めてもらい、原則として法律上の支払い義務をすべて免除

手続き方法により借金の返済額が異なるため、自分にはどの債務整理の手段が適切なのか、把握する必要があります。

各債務整理のメリット・デメリットは?

借金苦の解決には債務整理がおすすめ

任意整理・個人再生・自己破産といった、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

任意整理のメリット・デメリット

メリット
  • 返済総額を減額できる
  • 過払い金が発生していれば返済に充当できる
  • 将来利息をカットできる場合がある
デメリット
  • 借金はゼロにならない
  • 引き直し計算の結果あまり減額されない場合がある
  • ブラックリストに載る

個人再生のメリット・デメリット

メリット
  • 大幅に借金が減額される可能性がある
  • 財産は処分されない
  • 職業制限がない
デメリット
  • 手続きが複雑で時間がかかる
  • ブラックリストに載る
  • 官報に名前が掲載される

自己破産のメリット・デメリット

メリット
  • 借金が全額免除される
  • 取り立てがなくなる
  • 人生をリスタートできる
デメリット
  • 高価な財産は処分される
  • 職業制限がある
  • ブラックリストに載る

各手続きで減額される金額が異なるため、メリット・デメリットを把握しておくことが重要です。

今の自分の状況と照らし合わせたうえで、最適な方法をとりましょう。

借金問題は債務整理に強い弁護士に無料相談しよう

借金は債務整理に強い弁護士に相談しよう

借金問題を法的に解決するためには、債務整理が非常に有効です。しかし、裁判所とのやり取りや貸金業者との交渉など、知識がない人にとって手続きを進めることは難しいでしょう。

債務整理をする場合は、借金問題に強い弁護士への相談・依頼をおすすめします。弁護士に任せるメリットは以下の3つです。

弁護士に依頼するメリット
  • 借金苦から抜け出す最適な方法を提案してくれる
  • 複雑な債務整理手続きを任せられる
  • 借金減額に関する交渉を代行してくれる
  • 督促をストップできる
  • 費用は分割払いや後払いを利用できる可能性もある

借金苦から抜け出す最適な方法を提案してくれる

ひとくちに債務整理と言っても、その方法は任意整理、自己破産、個人再生など複数あり、事情によって適切なものは異なります。

一体どの方法が良いのか分からない、という時には、弁護士に無料相談すれば、借金苦から抜け出す最適な方法を提案してもらうことが可能です。

 事情によっては、債務整理以外にも自分では思いつかなった解決策を提案してくれるかもしれません。

債務整理の経験が豊富な実績のある弁護士に依頼すれば、安心して任せることができるでしょう。

複雑な債務整理手続きを任せられる

茶色のガベル

債務整理の手続きを行うことは個人でもできますが、申立書等の必要書類を準備や資料を揃えるなどの手間がかかります。

これらの準備を全てミスなく行うのは多くの労力を要してしまうため、法律のプロである弁護士に依頼するのがおすすめです。

 弁護士に依頼することで準備にかかる作業を全て弁護士に任せることが可能になり、負担が軽減されます。

債務整理の手続きが開始された後もさまざまな交渉を代理してもらえるなど、複雑な手続きを自分で行うことはほとんどありません。

借金減額に関する交渉を代行してくれる

代理人として弁護士がつけば、債権者との借金減額に関する交渉も全て依頼できるので、交渉の負担から解放されます。

例えば、一般的に任意整理は裁判所を介さない当事者同士の話し合いなので、交渉力がなければ不利に進んでしまう可能性もあるのです。

 法律の知識がないまま手続きを進めると、ほとんど借金が減額されなかった、ということにもなりかねません。

そんな時に任意整理を専門にしている弁護士に依頼すれば、債権者とうまく交渉を行って、自分によって有利に進めてくれます。

交渉に自信のない方も安心です。

督促をストップできる

アルファベットが書かれたサイコロ

弁護士に債務整理を依頼すれば直接取立てが来ることがなくなるので、今までストレスに感じていた督促をストップすることができます。

なぜなら、和解が成立するまでの期間は返済が中断されるため、債権者は債務者に取り立てができなくなるからです。

 貸金業者などの激しい督促に悩まされていた方は、弁護士に依頼することで日常の精神的な負担も軽減させることができるでしょう。

借金に生活のほとんどを支配されてた方も、返済計画や生活再建について考える余裕が生まれるかもしれません。

費用は分割払いや後払いを利用できる可能性もある

現金

お金に余裕がないから弁護士に依頼できない、と諦めている方もいるかもしれません。

 しかし、最近ではそのような方の声に応えるため、分割払いや後払いに対応している弁護士事務所は増えています。

分割払いや後払いができれば、全額を一気に支払う必要がなくなるので、債務整理後にコツコツと支払いをすることができます。

金銭的な理由で弁護士への依頼を諦めていた方は、一度無料相談で費用面についても質問してみてください。

借金減額におすすめの弁護士・司法書士事務所5選

はたの法務事務所

はたの法務事務所

おすすめポイント
  • 相談料完全無料!
  • 費用の分割対応可能!
  • 全国出張相談無料!

はたの法務事務所は、相談は完全無料・費用の分割OK・全国出張相談無料など、利用のしやすさが印象的な法務事務所です。

 司法書士歴40年・債務整理の相談実績20万件以上など、まさに借金問題解決のプロが対応してくれます。

 

人に相談しづらい借金問題を得意としており、満足度は95.2%と高い数値を誇っているのも特徴です。※公式サイトによります

WEBによる相談は24時間受け付けているため、都合の良いタイミングで問い合わせできます。
主な対応業務 債務整理/過払い金請求/登記業務
対応時間
  • 電話:平日8:30~21:30、土日祝8:30~21:00
  • メール:24時間受付
料金(税込)
  • 過払い金報酬:取り戻した過払い金額の20%※10万円以下の場合は12.8%(別途計算費用として1万円)
  • 任意整理:基本報酬1社20,000円~
  • 個人再生(民事再生):350,000円~※再生委員に支払う費用としてプラス20万円~
  • 自己破産:300,000円~※少額管財事件の場合はプラス20万円~
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒167-0051

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階・6階

出典:https://hikari-hatano.com/

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

おすすめポイント
  • 蓄積されたノウハウが豊富!
  • 土日も相談対応!
  • 相談料無料!

 

東京ロータス法律事務所は、債務整理の事案を数多く手掛けており、蓄積されたノウハウを活かして借金問題解決へ全力で取り組んでくれる弁護士事務所です。

 相談は無料となっており、平日はだけでなく土日祝日でも10:00~19:00の時間帯で対応してくれるため、日々忙し人にもおすすめです。

電話だけでなくメールでの問い合わせにも対応しているため、口頭で伝えることを億劫に感じている人でも安心して相談できます。

経験と実績に基づき、一人ひとりに最適な解決策を提案してくれるでしょう。
主な対応業務 債務整理/過払い金請求/交通事故/労働問題/離婚・相続問題
対応時間 10:00~20:00
※土日祝日10:00~19:00も対応
料金(税込)
  • 自己破産着手金:220,000円/諸費用:55,000円/管財人引継予納金:200,000円~
  • 個人再生着手金:330,000円
  • 任意整理着手金:1件22,000円
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒110-0015

東京都台東区東上野1丁目13番2号成田第二ビル2階

出典:http://tokyo-lawtas.com/

ひばり法律事務所

ひばり法律事務所

おすすめポイント
  • 借金問題の実績豊富!
  • 現役弁護士が債務整理について動画で解説!
  • 借金問題に関するコラムで知識を学べる!

ひばり法律事務所は、債務整理やサイト被害を取り扱っており、なかでも借金問題を得意としている法律事務所です。

 経歴25年以上と経験豊富な弁護士が在籍しており、蓄積されたノウハウを活かして借金問題解決へと導いてくれるでしょう。

 

相談料は無料となっており、電話もしくはメールで問い合わせができるため、まずは連絡することをおすすめします。

債務整理について現役弁護士が解説する動画やコラムが掲載されているため、チェックしておきましょう。
主な対応業務 任意整理/個人再生/自己破産/過払い請求/サイト被害
対応時間 10:00~19:00
料金(税込)
  • 任意整理着手金:1社あたり22,000円
  • 自己破産着手金:220,000円~/報酬金:220,000円~/経費:5,500円/社
  • 個人再生着手金:330,000円~
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒130-0022

東京都墨田区江東橋4丁目22-4第一東永ビル6階

出典:https://www.hibari-law.net/

弁護士法人・響

弁護士法人・響

おすすめポイント
  • 各士業・専門家が連携して問題解決!
  • 弁護士とスタッフは専任制!
  • 豊富な実績と独自のノウハウを蓄積している!

弁護士法人・響は、1人の弁護士とスタッフが専任で担当し、必要に応じて各分野の専門家と協議をして問題解決へと進む、手厚いサポート内容が特徴の法律事務所です。

 弁護士・税理士・社労士・行政書士・調査会社からなる組織で、各士業・専門家の連携によりさまざまな角度から的確なアドバイスをしてくれます。
\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

 

依頼前に費用をわかりやすく説明してくれるため、どれくらいかかるか不安を抱えたまま手続きが進んでいくことはありません。

豊富な実績と独自のノウハウを活かして、借金問題を解決へと導いてくれます。
主な対応業務 債務整理/交通事故/労働問題/相続問題/離婚
対応時間
  • 電話:10:00~19:00
  • メール:24時間受付
料金(税込)
  • 任意整理着手金:55,000円~
  • 個人再生着手金:330,000円~
  • 自己破産着手金:330,000円~/報酬金:220,000円~
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒169-0074

東京都新宿区北新宿2-21-1新宿フロントタワー14階

\無料・匿名で今すぐ診断/
弁護士法人・響
借金減額診断はこちら

出典:https://hibiki-law.or.jp/

天音総合法律事務所

天音総合法律事務所

おすすめポイント
  • 専門性に特化したチームで対応!
  • 借金問題の実績豊富!
  • 迅速な対応により早期解決!

天音総合法律事務所は、専門性に特化したチームで対応してくれるため、一人ひとりに合わせた迅速な対応を可能にしている弁護士事務所です。

 迅速な対応により早期解決を目指すだけでなく、依頼者と密にコミュニケーションを取ることで不安を緩和してくれるなど、親切なサポート体制も魅力です。

 

「自己満足」ではなく「顧客満足」を重視するなど、依頼者に寄り添った対応は安心して任せられる要素となるでしょう。

ラジオ・雑誌・テレビなど、幅広いメディアに出演している点も特徴です。
主な対応業務 債務整理/交通事故/消費者トラブル/離婚トラブル/相続・遺言・後見
対応時間 9:00~18:00
料金(税込)
  • 任意整理着手金:1社につき55,000円~
  • 個人再生着手金:(住宅ローン無)605,000円~/(住宅ローン有)715,000円~
  • 自己破産着手金:605,000円~
無料相談 可能
対象地域 全国対応
所在地 〒103-0012

東京都中央区日本橋堀留町2-3-14堀留THビル10階

出典:https://amane-law.or.jp/

借金苦なときに避けるべきこと

スケジュール帳とお金

1. 借金を返せないから失踪する

借金を抱えている現実から逃げ出したいと失踪を考える方もいますが、失踪したからと言って生活が好転することはほとんどありません。

なぜなら、失踪先でもお金がない状況は変わるわけではないからです。住む場所や新しい仕事も一から見つける必要があります。

 債権者はあらゆる方法で借金の時効を成立させないため、失踪で借金を踏み倒すことも難しいと言えるでしょう。

貯蓄がほとんどない状態で新しい借り入れもできないため、生活はさらに苦しいものになってしまいます。大きなリスクを背負うことになるにも関わらず得られるメリットが少ないので、失踪はおすすめできません。

逃げている間にも、利息や遅延損害金はどんどん膨らみ続けてしまいます。

2. 貸金業者からの督促や連絡を無視する

ポスト

借金の返済が滞ると貸金業者からの督促や連絡がきますが、これを無視するとさまざまなデメリットがあるためやめておきましょう。

自宅への手紙や電話を無視し続けると勤務先へも電話連絡があり、職場の人に借金をしていることがばれてしまいます

 さらにCICなどの個人信用情報機関に遅延情報が5年程度登録されてしまうため、今後ローンの審査に不利になってしまいます。

返済が滞ると元金に加えて遅延損害金が上乗せされるため、債務は日ごとにどんどん膨らみ続けてしまうのです。最終的には資産を差し押さえられてしまい、給与も差し押さえられると生活が成り立たなくなってしまうでしょう。

そのような事態にならないためにも、貸金業者からの連絡には誠実に対応することがおすすめです。

3. 借金で借金を返す

新たな借金をして借金を返すという自転車操業は、どんどん借金が膨らんでしまう危険な行為であるため、やめておきましょう。

毎月利息の分だけ借金がかさんでいくことになるため、いつまで経っても借金生活から抜け出せなくなってしまいます。

 借金できる限度額いっぱいになってしまうと、それ以上借金ができなくなり、返済しきれない金額の借金だけが残ってしまいます。

さらにお金を借りようと闇金に手を出してしまえば、過剰な取り立てや違法金利に悩まされてしまうでしょう。

返済は苦しいものですが、後回しにするのではなく、少額でも良いのでコツコツと返済して総額を減らしていくことが大切です。

借りたお金は借りて返そうという安易な考えは、後々後悔する原因となってしまいますよ。

4. 闇金を利用する

お金を持つ人

通常、金融業者が融資を行う際に、設定できる金利の上限は年20%までと出資法という法律で決められています。

しかし、闇金は違法に融資を行う業者であるため法律を守らず、上限を超える違法な金利で貸し付けを行うので注意が必要です。

 とうてい返済できないような違法金利でお金を借りれば、すぐに返済ができなくなって生活が破綻してしまうでしょう。

闇金は返済のために過剰な取り立てを行うため、家族や職場にも被害が及んでしまうかもしれません

このような悪質な業者に関わってしまうと、生涯怯えながら過ごすということにもなりかねないので、絶対に利用しないようにしましょう。

審査なしで即日融資、無職でも借りられるなど、甘い勧誘に騙されないようにしてください。

借金返済が辛いときの無料相談先

電話

消費者センターに相談する

借金が辛い時には、各地域にある消費者センターで資格のある相談員に抱えている悩みを相談してみるのがおすすめです。

消費者センターはあらゆる借金問題の相談に対応しているので、借金の悩みについて適切なアドバイスをもらうことができます。

 近くに消費者センターが無いという方は、消費者ホットラインの「188」に連絡すれば、電話相談も受け付けてくれます。

相談員は弁護士ではないので法律的な解決を依頼することはできませんが、第三者の立場でアドバイスをくれるでしょう。

借金の悩みを相談したいけど、弁護士と話すのはハードルが高い、という方は、まずは消費者センターで気軽に相談してみてください。

一人で抱えていたお金の悩みを、相談員に話してみてくださいね。

弁護士や司法書士に直接相談する

話し合いをする人

弁護士や司法書士に相談に相談すれば、抱えている問題を法律的に解決する方法を教えてもらうことができます。

自分では思い浮かばなかった新たな選択肢を教えてもらえる可能性があるので、場合によっては借金苦から抜け出せるかもしれません。

 初回の相談料が無料の弁護士事務所もあるので、お金がないという方もまずは気軽に相談することができます。

弁護士や司法書士には守秘義務があるため、秘密はしっかりと守られます。家族や会社に漏れることはないので安心してください。

督促が続き訴状が届いているようなケースでも、弁護を依頼すれば代理人として手続きを代行してくれます。

法テラスを利用する

書籍とガベル

法テラスとは、国が設立した法的トラブルの相談窓口のことを言います。身近な法律相談窓口として、無料で借金の悩みを相談することができます。

借金地獄から抜け出す方法が分からない、債務整理について詳しく聞きたいなどの一般的な法律相談から、弁護士の無料相談も利用できます。

 弁護士の無料相談は、1つの相談を1回30分、最大3回まで相談することができるので、じっくりと話しを聞くことができるでしょう。

弁護士・司法書士費用に依頼したいけど費用が払えない、という場合には、一定期間立て替えてもらうこともできます。

これまで法律相談は敷居が高いと感じていた方も、法テラスなら相談しやすいでしょう。

日本クレジットカウンセリング協会

クレジットカード

日本クレジットカウンセリング協会とは、クレジットカードの多重債務者を助けるための活動を行っている財団法人です。

公正な立場から多重債の相談に無料で乗ってくれるので、今まで一人で抱えていた悩みを打ち明けてアドバイスを受けましょう。

 弁護士や臨床心理士、消費生活アドバイザーなど、さまざまな資格を持った相談員が在籍しているのが特徴です。

近くにセンターや相談室がないという方は、多重債務ほっとラインで電話相談をすることも可能です。家計カウンセリングも実施しているので、借金の返済だけではなく、生活の再建もサポートしてくれるでしょう。

無料で任意整理にも取り組んでいるので、お金がない方も利用しやすいですよ。

日本貸金業協会

現金

日本貸金業協会では消費者を守る観点から、無料で借金にまつわるあらゆる相談に乗ってくれるのが特徴です。

  • 登録業者か確認したい
  • 契約内容に不明な点がある
  • ヤミ金への対処法を教えてほしい
  • 借金の整理方法がわからない

上記のような相談を取り扱っており、相談や苦情の申立て、貸付自粛制度の利用については、手数料等の費用はかかりません

 相談者の状況に応じて、債務整理の方法などについての助言や情報提供、家計管理の実行支援などが受けられます。

貸金業者との紛争解決や、貸付自粛制度の利用もできるため、貸金業者とトラブルになっている方は相談してみましょう。

借金問題に関するよくある質問

借金問題の解決に強いおすすめの法律事務所・法務事務所は?
「東京ロータス法律事務所」「はたの法務事務所」「弁護士法人・響」などが挙げられます。借金問題の実績が豊富なため、蓄積されたノウハウを活かして解決へと導いてくれるでしょう。
借金が苦しい・辛いと感じる理由は?
返済計画が立てられておらず終わりが見えない、借金総額が返済できないレベルに陥っている、相談できる相手がいないなどが挙げられます。完済の目処が立っていない場合、精神的な負担も大きくなり、つらさを感じるでしょう。
借金を放置しておくとより辛くなる理由は?

返済期間が長くなり、金利による利息が加算され続けるためよりつらい状態になります。また、放置していると催促が止まらず、最悪の場合は裁判所から通知が届くこともあるでしょう。

結果、給料差し押さえなどの措置により周囲に借金がバレてしまい、精神的にも苦しくなります。

借金苦から逃れる方法は?

きちんとした返済計画を立てて、終わりを明確にすることが重要です。また、借り換え・おまとめローンを利用して金利を下げることで、利息による負担軽減に繋がります。

信頼できる人の協力を仰ぐことも、一つの解決策でしょう。

借金問題を法的に解決する債務整理とは?

任意整理・個人再生・自己破産といった3種類があります。それぞれ借金を減額、あるいは免除できる法的措置です。

借金苦から逃れるためには、債務整理をすることも検討に入れるべきでしょう。

債務整理のメリットは?
最大のメリットは、借金の減額・免除される点です。取り立てがなくなるなど、メンタル的にも負担が軽減され、人生を再スタートできるきっかけとなります。
債務整理のデメリットは?
債務整理は金融事故に該当するため、個人信用情報機関に名前が登録されブラックリストとなります。金融関係の審査ではほぼ通過できない状況となるため、人生に支障が出る点はデメリットと言えるでしょう。

まとめ

この記事では、借金で辛い状態にある人が一日でも早く解決できるよう、借金苦から逃れる方法や法的に解決できる債務整理について解説しました。

借金問題を解決するには、きちんとした返済計画を立てて終わりを明確にすることが重要です。それでも解決が難しい場合は、法的措置である債務整理を検討しましょう。

債務整理は手続きが複雑なため、借金問題のプロである弁護士に、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか。
※本記事はいかなる法的な助言や意見の提供をするものでもありません。ご心配なことがある方は、必ず弁護士に相談する等専門家のご支援を得ていただきますようお願いいたします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事