クレジットカード

「学生だけどすぐクレジットカードがほしい」「即日発行してもらいたい」と考えている方はいませんか?

クレジットカードには、審査に通れば即日発行で手に入れられるものもあります。しかし、適当に選んでポイント還元率が低かったりすると、のちに後悔してしまうかもしれません。

そこで今回は、おすすめの最短即日発行できるクレジットカードをまとめました。

すぐにカードを入手できるメリットや、選び方の注意点・受け取り場所などもご紹介します。

最短即日発行ですぐ使えるおすすめクレジットカード3選

現在500枚ほど発行されているクレジットカードですが、即日発行に対応しているのはごくわずかです。

ここでは最短即日発行に対応している、おすすめカードを3枚紹介します。

エポスカード

エポスカードは最短で即日発行ができる、手軽なカードです。ショッピングに限らず、カラオケやホテルなどさまざまな施設で優待割引を受けられます。

全国約10,000店舗もの施設でサービスを受けられるため、利用範囲が広くて便利です。また海外旅行保険も、最大500万円までの補償が付いています

買い物から旅行・エンターテイメントまで、さまざまな場面で活用できることでしょう。 
年会費 無料
ブランド VISA
還元率(通常) 0.5%
申込条件 18歳以上(高校生除く)

出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、オンラインでの申し込み後最短30分の審査が可能なクレジットカードです。本カードは申請から1~2週間程度で届きます。

イオングループで買い物をすると、ポイントは通常の2倍付与されます。同店によく通う人なら、貯めやすくて便利といえるでしょう。

ショッピングだけでなく、公共料金の支払いにも対応しています。国際ブランドも3つに対応しているので、海外でも便利に活用できます。

自宅の近くにイオンがある人なら、このカードで買い物をさらに充実させられることでしょう。 
年会費 無料
ブランド VISA、Mastercard、JCB
還元率(通常) 0.5%
申込条件 18歳以上(高校生は卒業年度の1月1日から) 

出典:https://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、国内外のさまざまな店舗に対応したカードです。

デジタル発行なら最短5分で申し込みができ、インターネットや決済アプリとの連携で便利に使えます。スマホアプリ「セゾンPortal」で、カードの利用状況を画面ひとつでチェック可能です。

 貯まるポイントはセゾン独自の永久不滅ポイントです。ポイントに有効期限がないので、自由に貯めて使えます。

本カードだけでなく、ETCカード家族カードの追加も可能です。ただし、ETCカード・家族カードの発行には日数がかかる場合があるため、ご注意ください。

年会費 無料
ブランド VISA、Mastercard、JCB
還元率(通常) 0.5%
申込条件 18歳以上(高校生除く) 

出典:https://www.saisoncard.co.jp/lineup/cp/

「即日発行クレジットカード」の意味とは?

パソコン

即日発行クレジットカードとは、文字どおり「申し込んだその日に手に入れられるクレジットカード」という意味です。

近年は、カード申請から入手までの時間がかからない発行会社が多くみられます。

クレジットカード以外でも、さまざまな分野でスピード感のある対応が、社会的には好まれています。

例えばネットショップでも、当日配達なら商品がすぐに使えて嬉しいでしょう。

飲食店の料理も注文からなるべく早くできあがった方が、おいしく食べられます。同じように即日発行のクレジットカードも注目を受けています。

申し込んだ当日に、クレジットカートを手にすることができる即日発行は、スピード感を求める世間のニーズにあっているのでしょう。 

即日発行クレジットカードは学生にもおすすめ

両手を広げる

即日発行のクレジットカードは学生からみても役に立ちます。最近では「デジタルクレカ」という、スマートフォンと連携したシステムも話題になっています。

以下、即日発行のメリットやデジタルクレカについて詳しく紹介します。

クレジットカードを即日発行するメリットは?

時計

即日発行のメリットは、申請から入手まで時間がかからないことです。

従来のクレジットカードは、申し込んでから手元に届くまでに1週間以上かかるケースもあります。

しかし即日発行タイプなら、申請してすぐにカードカウンターなどで受け取ることも可能です。

カード会社が各地に設置している、受け取り専用の場所が自宅近くにあれば、すぐに受け取りに行けますね。

デジタルクレカなら即日発行してもらいやすい

パソコン

近年は「デジタルクレカ」も話題で、手軽さを求める学生にとっては使いやすいといえるでしょう。

デジタルクレカとは、インターネットから申し込んで審査に通過すればカード番号だけを受け取れる仕組みです。

実物のカードはありません。スマートフォン上にデータとして、埋め込まれているからです。決済は、スマホをレジの専用端末にかざして検知させるだけで、成立します。

セキュリティーの面から考えても、デジタルクレカはおすすめできます。

即日発行クレジットカードは土日にも対応可能

ATM

即日発行ができるクレジットカードの一部は、土日の申請も可能です。インターネットからなら、24時間365日いつでも申し込み専用ホームにアクセスできます。

申し込みができるだけでなく、受け取りも土日にできる種類があります。

カード受け取りカウンターは、ショッピングモールなどに併設されていることが多いです。

買い物のついでにクレジットカードを発行するなど、時間を有意義に使いながら、最短即日でカードを受け取れます。

パソコンやスマートフォンを使えば、時間を選ばずクレジットカードを申請できることがメリットです。

 

土日の即日発行ができるカードは限定的

スマートフォン

クレジットカードを即日利用するためには、カード会社の審査や発行手続きなどすべて即日行う必要があります。

土日の即日発行ができるカードは、以下の特徴を備えています。

即日発行ができるクレジットカードの特徴
  • 自動契約機か専用の受け取りカウンターがある
  • テジタルクレカとしてカード番号だけをもらえる

即日発行を希望される場合は、カード会社のホームページなどを参考に、どのような手順で手続きを進めるのかしっかりと確認しましょう。

仕事などで土日しか時間を確保できない方は、ぜひチェックしてみて下さい。

即日受取可能なクレジットカード申請の注意点は?

財布

即日受け取りのクレジットカードに申し込むには、以下の注意点を守りましょう。

5つのポイントに分けて、解説していきます。
即日受け取りに向けた注意点
  • インターネット申請の方が店舗より発行が早い
  • 即日発行はその日に受け取れるとは限らない
  • 受け取り場所が近くにないと即日入手できないこともある
  • キャッシング枠は0円にすること
  • 未成年は親の同意を得てから

インターネット申請の方が店舗より発行が早い

パソコン

年中休まず対応しているネット申請なら、24時間いつでも申し込み可能です。

ショッピングモールなどの受付カウンターは営業時間が限られているので、時間帯によっては申請から即日発行は難しいでしょう。

即日発行を希望するなら、申請時に店舗受け取りを選びましょう。場所を決めたら、そこへ向かえばよいだけです。

審査時間も最短1日でわかるので、審査に通過できればすぐに受け取りに行けます。

このようにパソコンやスマートフォンを使ったネット申請の強みは、店舗で申請する早く発行してもらえることでしょう。

即日発行はその日に受け取れるとは限らない

注意

即日発行は、必ずその日にカードを受け取れるという訳ではありません。発行と受け取りの意味の違いを知りましょう。

発行と受け取りの違い
  • 発行:会社が申請者のカードを作って出す
  • 受取:申請者がカードを入手すること

即日発行とは、あくまでもカード会社が申請を受けたその日にカードを作れる可能性です。

申請者が入手できなければ、即日受け取りにはなりません。

即日発行できても、受け取りは申請から翌日以降になるカード会社もあります。発行と受け取り日が違う可能性に、気をつけましょう。 

受け取り場所が近くにないと即日でもらえないこともある

地図

受け取り場所が自宅から近くないと、即日でクレジットカードを入手できない場合があります。

即日発行ができるカード会社は、専用の受け取り場所を用意していることが特徴です。会社が提携している、施設内の専用場所で受け取れます。

ただし、受け取り場所と自宅との距離には注意しましょう。例えば、自宅から1時間移動しなければ行けない場所では、即日受け取りが難しいだけでなく交通費もかかります。

 自宅近くで入手できるかの確認は大切です。難しいなら、自宅まで郵送してもらう形式もありますが、即日受け取りはできません。

即日カード受け取りを希望する場合は、どんな手順で手元にカードが届くのか要チェックです。

キャッシング枠は0円にすること

電卓

クレジットカードのキャッシング枠は、0円にしましょう。キャッシング枠とは、融資の限度枠を意味します。

利用を望まなければ、キャッシングに関する審査を省略できます。

 お金を借りる意思を示すと、発行会社は信用情報をより慎重に調査しければならず、一般的に審査に時間がかかる傾向にあります。

キャッシング利用枠がなければ、カード会社もそれに見合ったチェックを必要としません。

それだけ審査にかかる時間を短くできるため、即日発行対応してもらえる可能性が高まるでしょう。

早めのカード受け取りを希望するなら、キャッシング枠は避けるのがお勧めです。

未成年は親の同意を得てから

女性

クレジットカードは、申し込み条件を満たし審査に通れば未成年でも作れますが、保護者の同意を得ることが必要です。

 多くのカード会社は、高校生を除く満18歳からの入会を認めていますが、未成年による場合は保護者の同意を必須条件にしています。

未成年は、実家暮らしなら家族にすぐ相談できることでしょう。ひとり暮らしの場合は、電話やメールで「クレジットカードを作りたい」と伝える必要があります。

20歳未満でクレジットカードを持ちたい際は、正直に親に知らせるようにしましょう。

無断で作成してクレジットカードの使い込みが発覚すると、心配をかけてしまうかもしれませんね。

高校生はクレジットカードを入手できない

学生

18歳以上でも、高校生はクレジットカードを入手できません。発行会社の多くが、高校生を対象外としているからです。

高校生が入手可能なカードと言えば、次のようなカーぢです。

高校生が受け取れるカードの例
  • 家族カード
  • プリペイドカード
  • デビットカード

家族カードは、本会員がクレジットカードをもっている場合、同じ種類として発行してもらえます。

プリペイドカードやデビットカードも、保護者の同意が得られれば手に入れられることでしょう。

高校生の場合は、両親としっかりと相談した上で、家族カードやデビットカードの利用を考えましょう。

クレジットカードの即日発行に必要な準備

クレジットカード

クレジットカード即日発行してもらうには、十分な準備が大切です。少なくとも以下の3つの項目は、必須になります。

即日発行までの準備
  • 本人確認書類
  • 住所や電話番号などの個人情報
  • 銀行口座

本人確認書類

身分証明書

本人確認書類とは、身分証明書のことです。

提出することで、クレジットカードの申請情報を正しいと証明することが可能です。

以下に、本人確認書類の代表例をまとめておきました。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票のコピー
  • 在留カード

学生なら学生証を出そうと考える人もいますが、クレジットカードの申し込みでは使えません。

学生証は学生であることの証明が目的で、本人確認とは意味が違うからです。

 運転免許証や住民票といった、個人の身分を証明するものを用意しておきましょう。 

住所や電話番号などの個人情報

電話

自宅の住所や電話番号といった情報も、クレジットカードの申し込みに使います。なぜなら、申請者の本人確認として連絡先の情報が必要なためです。

本人確認書類に書かれたものと、申し込み時点の住所が違う場合は、追加で住所確認書類を出さなければなりません。

住所確認書類には、代表例として以下のような書類があてはまります。

住所確認書類の例
  • 公共料金支払明細
  • 社会保険料の領収書
  • 国税は地方税の納税証明・領収書

学生のように仕事がない人でも、公共料金支払明細があれば対応できることもあります。

カードの審査にも影響するので、個人情報は正直かつ正確に示しましょう。 

 

銀行口座

銀行

クレジットカードを即日発行してもらうには、銀行口座が必要です。クレジットカードの支払いは、口座から引き落とされることが一般的だからです。

クレジットカード会社は、口座の種類を特に決めていません。ネット銀行なら、口座設定もスムーズに進められることでしょう。

ただし、クレジットカードと名義が違う口座は設定できないことがあります。

自身名義の銀行口座もクレジットカードの発行に必要です。

クレジットカードを即日発行する流れ

クレジットカード

クレジットカードを即日発行してもらうには、以下の流れを踏まえましょう。

即日発行の流れ
  1. インターネットで申し込み
  2. 入会審査
  3. カード発行
  4. 指定の場所で受け取り

一般的には、以上の4ステップでクレジットカードの発行が可能です。

受け取り場所は、カード会社によって以下のように異なります。

エポスカード マルイのエポスカードカウンター
イオンカードセレクト イオン店頭内のイオン銀行
セゾンカードインターナショナル 全国施設内のセゾンカウンター・セゾンATM

基本的にカードがもらえる場所は公共の店舗内が多く、休日でも受け取れます。申請の流れとともに、最寄りの受け取り場所を確かめましょう。 

即日発行クレジットカードの審査は甘い?審査なしもある?

クレジットカード

即日発行できるクレジットカードは審査時間が短いといえますが、通過できないケースもあります。

カード会社は発行までの期間にかかわらず、申請者の属性や信用情報をくまなくチェックしているからです。 

ネットの情報では、審査が甘いカードなど紹介されていることがあります。ここでは、審査が甘いカードがあるのか詳しく解説します。

審査なしでカードを渡すケースはない

書類

クレジットカードを発行する会社は、申請者が来たら必ず審査します。

申し込み内容に怪しい点があれば、信用できないと判断して通過させません。

 即日発行可能なカードでも審査はしっかりと行われており、決して審査が甘いわけではありません。

審査時にカード会社が主にチェックするであろう項目は、申請者の属性信用情報です。プロフィールや金融履歴などから、カード発行にふさわしいかを総合的に判断します。

即日発行してもらいたくても、審査に落ちれば意味がありません。

通過できるように日ごろから適切なお金の管理を心がけ、申請に向けて正しく準備することが大切です。 

カード会社は申請者の属性情報をみる

クレジットカード会社は、申請者の属性情報をくまなくチェックしていると考えられます。

属性情報のうち重要となるのは、以下の項目でしょう。

属性情報の項目
  • 年齢
  • 職業
  • 年収(家族のぶんも含む)
  • 勤続年数
  • 配偶者の有無
  • 住宅ローン

属性は、申請者から見た個人情報です。年齢や職業・家族といった基本的なものだけでなく、住宅ローンの有無もあてはまります。

学生には仕事がない人もいますが、家族に十分な世帯年収がある場合は審査に通過する可能性もあります。

世帯収入での支払い能力があると判断されれば、本人に収入がなくても審査に通過するケースもあります。

安定した収入がない方は、世帯収入での支払い能力があることを証明しましょう。

個人信用情報もチェックする

カード会社は、審査時に個人信用情報もチェックします。指定信用情報機関からの情報をもとに、申請者に自己破産などの事故情報がないを調査する必要があります

主な指定信用情報機関は、以下の3つとなっています。

指定信用情報機関
  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

信用情報はカード会社だけでなく、銀行や消費者金融でのローンの利用履歴を管理しています。

期限までに借金返済が遅れたり、自己破産をしたりすると事故情報が残り、審査に悪影響を及ぼすでしょう。

信用にかかわるトラブルは起こさないように、日ごろからお金に対する責任感をもちましょう。

まとめ

今回は、即日発行ができるクレジットカードについて解説しました。スピーディーにカードの発行ができ即日発行は、社会人はもちろん学生にとってもメリットが多いです。

カードを即日発行してもらうには、本人確認書類銀行口座などの準備が大切です。決まった場所へ受け取りに行かなければならないため、スケジュールを整えてから行動に入りましょう。

今回の記事で即日発行できるクレジットカードの魅力を知ったら、さっそく目当ての1枚に入会してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事