クレジットカード

毎日の生活で発生する、固定費や食費など。これらの費用を現金ではなく、クレジットカードで支払うと、ポイント還元を受けられるメリットがあります。

しかし、現在は多くのクレジットカードが発行されているため、生活費がお得になるカードはどれなのか、迷う方もいるでしょう。

そこで今回は、生活費がお得になるクレジットカードを部門別に厳選して紹介します

クレジットカードをうまく活用できていない方や、これからカードを作る方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントが貯まる!生活費がお得になるクレジットカード3選

クレジットカード

ここからは、ポイントを効率良く貯めやすいクレジットカードを厳選して紹介します。

ポイントを効率良く貯めることができるので、生活費がお得になること間違いなしです。

JCB CARD W

JCB CARD W_新券面

JCB CARD Wは、39歳まで限定で申し込むことのできるクレジットカードです。39歳までに作れば、40歳以降も引き続き利用することができます。

Amazonやセブンイレブンも加盟しているので、よく利用する方は要チェックですね。

ポイントの還元率はJCB一般カードの2倍です。家族カードやETCカードも無料で作ることが可能です。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

 

年会費 無料
ブランド JCB
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳~39歳

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、楽天市場の買い物でポイントが最大3倍になるクレジットカードです。

 また、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を活用すれば、還元率を最大16倍まで上げることが可能です。

選べる国際ブランドが豊富である点も、楽天カードの魅力のひとつ。カードデザインは、パンダ・楽天イーグルス・ディズニーなど、幅広い中から選ぶことができます。

\新規入会・利用で7,000ポイント獲得/
楽天カード
無料申し込みはこちら

 

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB/AMEX
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、還元率が1.2%のクレジットカードです。

じゃらんやホットペッパーグルメ、ポンパレモールなどのインターネットショッピングでは、さらに貰えるポイントがアップします。

貯まったポイントは1ポイント1円で、リクルートが提供するさまざまなサービスで利用することが可能です。

食事・美容・旅行など、あらゆる場面でお得に活用できるでしょう。
年会費 無料
ブランド Mastercard/JCB/Visa
還元率(通常) 1.2%~3.2%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://recruit-card.jp/

生活費の節約におすすめのクレジットカード3選

貯金箱

ここからは、クレジットカードを生活費の節約に使いたい方におすすめのカードを紹介します。

加盟店の利用で、さらにお得になります。賢く活用しましょう。

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードは、ポイント交換が不要なオートキャッシュバック機能が付帯されたクレジットカードです。

貯まったポイントは、1年に1回口座に現金で振り込まれます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの加盟店では、通常の2倍の還元率で買い物をすることができます。

ポイントの有効期限を気にする必要がないため、忙しい方におすすめです。
年会費 無料
ブランド Mastercard
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、毎月20日・30日のお客様感謝デーで5%割引や、毎月10日のありが10デーにポイント5倍など、イオンでのお買い物が、さらにお得になるクレジットカードです。

イオンシネマは、いつでも300円割引でチケットを購入することができます。

 所定の条件を満たせば、イオンゴールドカードのインビテーションをもらうことも可能です。

年会費無料でゴールドカードを持ちたい方は、イオンカードセレクトで利用実績を積みましょう。
年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.aeon.co.jp/

dカード

dカード

dカードは、最大1万円のケータイ補償や貯まったポイントが携帯料金に充当できるなど、ドコモユーザーにお得な特典が多数用意されたクレジットカードです。

家族カード・ETCカードも無料で作ることができるので、家族で協力してポイントを貯められます。

ポイントUPモール経由のネットショッピングでは、還元率が最大10.5倍にアップします。

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://d-card.jp/st/

生活費の支払いでマイルも貯まる!クレジットカード3選

クレジットカード

次に、普段の生活費の支払いで、マイルも貯めることができるクレジットカードを厳選して紹介します。

マイルを貯めたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

JALカード 普通カード

JAL普通カード

JAL普通カードはフライトや買い物で、お得にJALマイルを貯めることができるクレジットカードです。毎年初回搭乗ボーナスとして、1,000マイルが付与されます。

搭乗ごとに、フライトマイルの10%がボーナスマイルとしてもらえるなど、マイルの貯まりやすさに特化したカードです。

補償としては、最大1,000万円の海外・国内旅行保険が自動付帯されています。

 

年会費 2,200円(税込・初年度無料)
ブランド Mastercard/JCB/Visa
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.jal.co.jp/jp/ja/jalcard/card/regular.html

ソラチカ一般カード

ソラチカカード

ソラチカカードは、入会時と更新時にボーナスマイルとして、1,000マイルが付与されるクレジットカードです。

PASMOオートチャージ機能が搭載されているので、電車やバスをよく使う方は、よりお得にポイントを貯めることができるでしょう。

東京メトロ定期券の購入や普段の買い物、飛行機の利用で、ポイントをどんどん貯めることが可能です。

公共交通機関を使って移動する機会の多い方は、お得に活用できるでしょう。
年会費 2,200円(税込・初年度無料)
ブランド JCB
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.to-me-card.jp/admission/tome-ana/index.html

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード

SPGアメックスカードは、ホテルグループのマリオットボンヴォイと、アメックスが提携して発行しているクレジットカードです。

カードの利用によって貯まったポイントは、マイルに交換することができます。

カード更新時には、高級ホテルの無料宿泊特典が利用できるなど、旅行に特化したカードだと言えます。

持っているだけで、自動的に「マリオットボンヴォイ」のゴールドエリート会員になることができます。
年会費 34,100円(税込)
ブランド AMEX
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

これって支払い可能?クレジット払いができるものとできないもの

クレジットカード

「ポイントを貯めるため、なるべく何でもクレジットカードで払いたい」と考える方もおられるでしょう。

ここでは、一般的にクレジット払いができるもの・できないものをご紹介します。

店舗により、クレジット払いに対応していない場合もあるため、利用の際はご確認ください。

クレジットカードでの支払いが可能なもの

ショッピング

クレジットカードで支払いができるものは、主に以下の通りです。

主にクレジットカード払いができるもの(一例)
  • スーパー
  • 飲食店
  • ホームセンター
  • 衣料品店
  • 公共料金(自治体により異なる)
  • 通信料
  • タクシー代
  • 新幹線代
  • 定期券代
  • 生命保険料
  • 税金(所得税、住民税など)
  • ふるさと納税
  • 国民年金の保険料

色々な料金が、クレジットカード払いに対応しているのですね。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

クレジットカードでの支払いが不可能なもの

現金払い

一般的にクレジットカードで支払えないものは、主に以下の通りです。

主にクレジットカード払いができないもの(一例)
  • 切手代
  • 収入印紙代
  • 治療費
  • 交通費
  • 自動販売機
 ただし、電子マネーが付いているクレジットカードを利用している場合は、交通費や自動販売機などを電子マネーで支払える場合もあります。

また、治療費が高額になった場合に、クレジットカード払いに対応している病院もあります。

状況によってはクレジットカード払いができることもあるため、気になる方は事前にご確認ください。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

どっちがお得?現金よりもカード払いがおすすめな4つの理由

なぜ、クレジットカードで支払いをすると、現金払いよりもお得なのでしょうか?ここからは、その理由を紹介します。

① ポイントが貰える

タブレット

現金払いはお金を支払うのみですが、クレジットカードなら支払い金額に応じて、ポイントをもらうことができます

付与されるポイント数はカードの還元率によって異なります。

例えば還元率1%で、毎月10万円を支払った場合にもらえるポイント数を見てみましょう。

クレジットカード
ポイント数
現金
払い
1年後 12,000ポイント 0円
5年後 60,000ポイント 0円
10年後 120,000ポイント 0円

たとえ支払金額が同じでも、クレジットカード払いではたくさんのポイントをもらうことができます。

現金払いにはないサービスなので、生活費を支払う際に大きなメリットとなります。

まだ現金払いのみであるという方は、この機会にクレジットカードの入会を検討してみるのも良いかもしれませんね。

カードによっては、独自のポイントアップサービスを用意しているものもあります。うまく活用すれば、さらにポイントを沢山貯めることができるでしょう。

普段よく使用するお店のカードを発行するのも、おすすめですよ。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

② 家計(収支)の管理が楽になる

計算

現金払いの場合、家計を管理するためには、毎回レジでもらう紙のレシートを保管する必要があります。

大きさの違うレシートを、こまめに貯めて家計簿に書き写す作業は、大変な手間です。

比較的少額であるコンビニの支払いであっても、保管の必要があるため、すぐに財布がレシートでいっぱいになってしまうでしょう。

 その点、日々の支払いをクレジットカード払いに統一していると、月々の支払いは請求書で一覧で見ることが可能です。

1カ月分の支払いが集約されているので、家計簿をつける必要がなくなります。

スマホ

最近では、インターネットの会員サイトで、請求書を見ることができるカードも増えてきました。

ネットで確認ができれば、紙の請求書を保管する必要がないため、請求書を紛失しても安心です。

 ネット環境があれば、いつでもどこでも請求書が確認でき、手軽に出費を確認することができます。

家族カードごとに支払いを分けて表示する、項目に分けて表示するなどの機能を活用すれば、さらに便利になるでしょう。

家計の管理ができるようになれば、無駄な出費にもすぐに気づくことが可能です。

今まで家計簿をつけていなかったという方も、この機会に家計を見直してみましょう。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

③ 現金を持ち歩く必要がなくなる

現金

現金を持ち歩くと、紛失のリスクがあります。特に高額な買い物の際は、気を付けなければなりません。

海外では、スリに遭う危険性もありますね。
 一方、クレジットカードなら1枚持っているだけで、カードの限度額いっぱいまで支払いが可能です。

もしクレジットカードの紛失・盗難があっても、コールセンターに連絡すれば、カード利用をすぐに停止してもらうことができます。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

④ セキュリティ対策にも要注目

セキュリティ

現在では、不正利用を防ぐためのセキュリティ対策が考えられているカードが、ほとんどです。カードをしっかり管理しておけば、被害に遭う可能性を抑えられるでしょう。

その他、会計の際レジでお金を取り出す手間も省けるメリットがあります。

毎回財布を取りだして、必要な金額分の紙幣と硬貨を取り出すのは手間ですよね。

クレジットカードはカードを1枚出すだけで、スマートに支払いができます。混雑している時にもスムーズに支払いができるので、ストレスなく買い物を楽しむことができます。

\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

生活費をクレジットカード払いにするデメリット

クレジットカード払い

日常生活のさまざまな支払いをクレジットカード払いにすると、現金を持ち歩く必要がなくなり非常に便利です。

しかし、生活費をクレジットカード払いにすると、以下のようなデメリットが出てくる可能性もあります。

クレジットカード払いのデメリット
  • ついお金を使いすぎてしまうことがある
  • 紛失や盗難、不正利用のリスクがある
  • 年会費がかかる場合がある

クレジットカードで生活費を管理する場合は、こまめにWeb明細を確認したり、定期的に暗証番号を変更するなどの対策を行うと良いでしょう。

年会費やポイント還元率に注目してクレジットカードを選ぶなど、よりお得に利用できるカード選びも大切です。
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

生活費がお得になるクレジットカードの選び方

スマホを片手に寝転ぶ女性

数あるクレジットカードの中から、自分に合ったものを見つけるためには、どのような点を重視する必要があるのでしょうか。

ここでは、4つの生活費がお得になるクレジットカードの選び方を解説します。

1. よく利用するお店から絞る

ショッピングモール

普段買い物をするお店でお得に使えるクレジットカードを選べば、効率的にポイントを貯めることができます。

例えば、イオンで買い物をする機会の多い方は、イオンカードセレクトを選ぶとお得ですね。

カードの中には、加盟店の利用で還元率がアップするものもあります。

少しでも生活費をお得にするためにも、よく利用するお店と相性の良いカードを選ぶことが大切です。

2. ポイントの使い道を見る

プレゼント

貯まったポイントは、クレジットカードによってさまざまな使い道が用意されています。主な使い道は、以下の通りです。

ポイントの主な使い道
  • 商品と交換
  • マイルに移行
  • 他社ポイントに移行
  • 支払いに充当
  • 電子マネーにチャージ
  • 現金にキャッシュバック

    貯まったポイントの使い道が少ないカードでは、せっかく貯めたポイントを有効に活用することができません。

    還元率だけではなく、どのような使い道があるのか公式HPでチェックしておきましょう。

    ポイントの交換が手間だと感じる方は、ポイントが自動でキャッシュバックされる機能のカードはいかがでしょうか。

    3. 年会費の元がとれるか

    お金

    還元率が高いカードを選んでも、年会費分の元がとれなければ損をしてしまいます。

    よって、できるだけ維持費を抑えたい方は、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

    もしカードをほとんど利用しなかった場合でも、損をすることはありません。

    カードによっては、条件を満たすことで、年会費が無料になるものもあります。

    年間の利用額を条件にしているクレジットカードをよく見かけますね。

    4. 電子マネーが搭載できるか

    クレジットカード

    クレジットカードの中には、電子マネーが搭載できるものがあります。

     電子マネーが利用できれば、2重にポイントを貯めることが可能となり、お得感も得られるでしょう。

    支払いがより便利になるので、今まで電子マネーを使っていなかった方もこの機会に登録してみても良いかもしれません。

    クレジットカードが利用できない店舗でも、電子マネーの支払いには対応している場合もあります。

    最近では、スマートフォンで手軽に決済できる電子マネーも、増えてきました。

    \ポイント常に2倍〜最大20倍/
    JCB CARD W
    無料申し込みはこちら

    まとめ

    今回は、生活費の支払いにおすすめのクレジットカードをご紹介しました。

    生活費は、生活していれば必ず支払わなければならないお金です。

    年会費分の利用額に達しないのではないかと心配な方は、維持費のかからない年会費無料のものがおすすめです。

    現金払いよりも管理をしやすいため、家計を見直したい方にもぴったりです。今回ご紹介した内容を参考に、自分に合った1枚をぜひ見つけてみてください。

    \ポイント常に2倍〜最大20倍/
    JCB CARD W
    無料申し込みはこちら
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事