クレジットカードのキャッシング枠って?金利や返済方法など解説

社会人になると、突然のトラブルや冠婚葬祭などで、金欠になることもあります。そんな時、頼りになるのがキャッシングです。

キャッシングはお金を借りることの総称として認識されていますが、今回取り扱うのはクレジットカードのキャッシングサービスです。

お金を借りる際には、きちんと返せるか不安に思う方もいるでしょう。しかし、しっかりと返済計画を考えてから借り入れをすれば、キャッシングは便利になサービスとなり得ます。

今回は、クレジットカードのキャッシングについて詳しく解説します。おすすめのクレジットカードも紹介するので、ぜひ自分に合った1枚を見つけてください。

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードには、限度額まで借り入れができる「キャッシング枠」と、買い物で使える上限額である「ショッピング枠」が設定されています。

シッピング枠=カード利用限度額と捉えることが可能です。

 キャッシング枠とショッピング枠の上限額は審査によって決定されますが、両者の上限額はひとくくりになっている点に注意が必要です。

例えば、キャッシング枠が20万円、ショッピング枠が50万円だったとしましょう。

1カ月の間に15万円分借り入れした場合、ショッピング枠の利用残高は35万円となります。

重要なポイントは、キャッシングを利用するとその分ショッピング枠が減ってしまうことです。キャッシング枠の上限は、ショッピング枠の上限額を超えることはありません。

キャッシングにはどんなメリットがある?

ここからは、クレジットカード付帯のキャッシングを利用するメリットについて見ていきましょう。

突然の金欠にもスピーディに借り入れができる

クレジットカード

通常、消費者金融や銀行などの金融機関でカードローンを利用する場合、審査に通過する必要があります。一方、クレジットカードに付帯されたキャッシングなら、面倒な審査は不要です

また、コンビニATMでお金を引き出すことが可能なので、まわりにお金を借りていることがバレる心配もありません。

申し込みはインターネットやコールセンターからすることが可能なので、旅先でも安心して利用することができます。

利用ごとの審査は不要

一般的なローンの場合、利用するたびに審査が必要な場合があります。カードに付帯したキャッシングサービスであれば、利用する都度の審査は不要です。

審査

クレジットカードの申し込み時にキャッシング枠が設定されていれば、すぐに借り入れが可能です。

 ただし、利用限度額をアップさせたい場合には、増額申請を行う必要があります。

海外キャッシングが利用できる

海外旅行中にお金が足りなくなることもあるでしょう。カード非対応のお店で買い物をする時に、現金が足りなくなることもあります。

海外で利用できるキャッシングサービスがあれば、旅先の国のATMでお金を借りることができます。お金は現地通貨で受け取ることができるので、両替をする必要もありません

海外キャッシングを賢く活用すれば、旅先で高額な現金を持ち歩かなくてよいというメリットになります。

キャッシングとカードローンの違い

両者に明確な違いはなく、どちらも借り入れを総称するキャッシングサービスのことです。

ただし、金利の面ではクレジットカードよりもカードローンの方が低く、利用上限額は高めである傾向があります。できるだけ低金利で高額なキャッシングをしたい場合には、カードローンが向いています。

ここからは、キャッシングとカードローンの活用方法を状況別に紹介します。

クレジットカード付帯のキャッシングが適している状況の方

クレジットカード付帯のキャッシングが適しているのは、以下のような状況の方が当てはまります。

キャッシングが適している状況の方
  • 借り入れが少額である
  • 単発で借り入れをしたい
  • カードをたくさん持ちたくない

    単発や少額のちょっとした借り入れのために、カードローンに申し込むのは手間がかかってしまいます。

    クレジットカード付帯のキャッシングなら、コンビニや提携している金融機関などのATMから気軽に借りることができるので、新たにカードを増やしたくないという方にもおすすめです。

    給料日までのつなぎや、今後キャッシングをする予定の無い方は、便利に使うことができるでしょう。

    将来、利用頻度が増えそうであれば、カードローンを検討しても良いかもしれませんね。

    カードローンが適している状況の方

    カードローンが適している状況の方
    • 高額な借り入れを希望している
    • 金利を抑えて借り入れがしたい
    • 何度も借り入れをする予定がある

      何度も借り入れをする、たくさん借りたいという方には、カードローンが最適です。金利もカードローンの方が低い傾向にあり、審査にもよりますが利用限度額もカードローンの方が高いことが多いです。

      まとまった借入を検討されている方は、カードローンの方がより利便性が高いサービスだと言えます。

      まとまった額の利用を考えている方は、カードローンを検討すると良いでしょう。

      クレジットカードのキャッシングを利用する方法は?

      ATM

      仕組みやメリットが分かったところで、クレジットカードのキャッシング利用方法について詳しく解説します。

      キャッシングは、提携しているコンビニや金融機関のATMを利用すれば、お持ちのカードを使って簡単に借り入れが可能です。

      ATMからキャッシングを利用する方法
      1. ATMのトップ画面から、「キャッシング」または「引き出し」を選ぶ
      2. 持っているクレジットカードを挿入し読み込ませる
      3. 4桁の暗証番号を入れる
      4. 利用方法から、キャッシングを選ぶ
      5. 借りたい金額を入力する
      6. お金とクレジットカード、明細書を受け取る

        借り入れ金額の最小単位は、カードにもよりますが1万円単位であることが多いですよ。

        手数料が発生する場合には、手数料分が引かれることを覚えておきましょう。

        キャッシングの返済は一括もしくはリボ払いで対応可能!

        無事キャッシングで借り入れができたら、今度は計画を立てて返済をしなければなりません。

        借り入れをしたお金を返済する方法としては、以下の2つの方法があります。

        支払い方法
        • 一括払い
        • リボ払い

          返済方法

          それぞれにメリットとデメリットがあるので以下で詳しく解説します。よく見極めて、自分に合った返済方法を選んでください。

          一括払い

          一括払いとは、借り入れをした金額すべてと利息を合わせて一括で返済する方法です。1回で完済できるので、給料のつなぎや少額借り入れの際には便利でしょう。

          一括払いをすると、返済回数が1回のみなので、利息が少なく済みます。即日返済すれば、無利息で借り入れも可能です。

          一方で、借り入れ金額と利息分全てを用意できなければ、利用することはできません。借り入れ金額が高額である場合や金欠の際には厳しいかもしれません。

          海外キャッシングは、一括払いのみの取り扱いであるカード会社が多いです。中にはあとでリボ払いに変更することができるものもあるので、心配な方は利用前に確認しておきましょう。

          リボ払いについて

          リボ払いとは、借り入れした金額の利用残高によって毎月固定された元金と利息を返済していく方法です。返済額はカード会社が設定した金額の中から自分で自由に選ぶことができます。

          少ないものでは、1万円からの返済が可能なカードもありますよ。

          金欠ですぐに返済できない場合でも借り入れをすることができるのがメリットです。

          一方で、返済額を少額にすると、返済期間が延びてしまうため、利息の支払いがかさんでしまうデメリットがあります。いつまでも元金が減らず、利息ばかりを支払っているという状況にもなりかねません。

           借り入れ額に対して返済が少ないと、借り過ぎの危険性もあります。あらかじめ計画をしっかりと立てた上で利用しましょう。

          繰り上げ返済という方法もある

          クレジットカード

          一括返済できるほどお金を持っていないが、リボ払いに不安を感じるという方もいるでしょう。

          そのような場合には、リボ払いで返済を続けながら余裕ができた時に繰り上げ返済をする方法がおすすめです。

          通常、利息は借り入れ時から時が経過するごとに増えていきます。しかし、繰り上げ返済を都度行うことで、返済期間を縮めることが可能になるのです。

          繰り上げ返済をするにはコールセンターに問い合わせる、インターネットから申し込むなどの方法があるので、お金に余裕のある方は一度検討することがおすすめです。

          ボーナスや臨時収入などを返済に充てれば、思った以上に早く完済できることもあるでしょう。

          主なキャッシングの返済方法3つ

          カード会社によっても違いますが、主なキャッシングの返済方法は、以下の3つです。

          主な返済方法
          • 銀行口座からの引き落とし
          • 指定口座に振り込み
          • ATM返済

            口座引き落としの場合、毎月カード会社で決められた引き落とし日に返済額が引き落とされます。

            仕事が忙しく、返済期日を忘れてしまいがちな方には自動で引き落とされる口座引き落としがおすすめです。

             口座に十分なお金が無かった場合には延滞になってしまう危険性もあるので、いつも口座には多めにお金を入れておきましょう。

            銀行振込は、コールセンターに振込先の情報を問い合わせる必要があります。振り込みは早めに返済できるメリットがある一方、振り込み手数料がかかるデメリットもあります。

            ATM返済は、提携している金融機関やコンビニATMから返済をする方法です。コンビニなら24時間いつでも返済が可能なので、利用しやすいメリットがあります。

            しかし、手数料がかかる場合があるので、公式HPを見るなどして事前に確認しておきましょう。

            キャッシングにおすすめのクレジットカード7選!

            楽天カード

            楽天カードは、利用上限額50万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。楽天銀行なら、24時間最短数分で振り込みが可能です。

            申し込みもインターネットからできるので、時間や場所を選ばずにキャッシングをすることができます。海外キャッシングも対応しているので、旅先でお金が必要となった時にも安心です。

            \新規入会・利用で5,000ポイント獲得/
            楽天カード
            無料申し込みはこちら

             

            年会費 無料
            ブランド Visa/Mastercard/
            JCB/AMEX
            還元率(通常) 1.0%~3.0%
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

            ファミマTカード

            ファミマTカードは、利用上限額150万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。ファミリーマート内のATMや、ゆうちょ銀行ATMなどで借り入れをすることができます。

            海外キャッシングでは、世界の主要空港をはじめ、都市部など100万カ所以上のATMで現地通貨を引き出すことが可能です。公式サイトにキャッシング返済シミュレーションもあるので、返済計画に役立てましょう。

             

            年会費 無料
            ブランド JCB
            還元率(通常) 0.5%~1.5%
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://ftcard.pocketcard.co.jp/

            エポスカード

            エポスカードは、利用上限額50万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。コンビニや銀行ATMはもちろん、銀行口座の振り込みも可能です。

            海外キャッシングでは、海外ATMで現地通貨を用意してもらうことができます。初めての利用なら最大30日間金利0円で借り入れができるので、お得に活用しましょう。

            年会費 無料
            ブランド Visa
            還元率(通常) 0.5%
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

            イオンカードセレクト

            イオンカード

            イオンカードセレクトは、利用上限額300万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。イオン銀行ATMなら、いつでも手数料無料で利用することができます。

            申し込みから最短数十秒で、スピード振り込みが可能です。キャッシング1回払いの利用分を、あとでリボ払いに変更することができるので、都合に合わせて便利に使いましょう。

            年会費 無料
            ブランド Visa/Mastercard/JCB
            還元率(通常) 0.5%~1.0%
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://www.aeon.co.jp/

            アコムACマスターカード

            アコムACマスターカードは、消費者金融アコムが発行する利用上限額800万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。自動契約機むじんくんを利用すれば、即日カードを受け取ることができます。

            利用明細は郵送されないので、家族にばれずに借り入れをしたい方にもおすすめです。クレジットカード利用額に応じたポイント還元はなく、利用分の0.25%がオートキャッシュバックされる特徴があります。

            年会費 無料
            ブランド Mastercard
            還元率(通常)
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/

            ライフカード

            ライフカード-Master青

            ライフカードは、利用上限額200万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。国内14万台以上の銀行や郵便局などの金融機関、コンビニATMで利用することが可能です。

            単位は1万円から利用できるので、緊急時に賢く活用しましょう。申し込みはオンラインキャッシングによる方法と、電話によるテレホンキャッシングがあります。

            口座に振り込まれる時間帯は金融機関によって異なるので、注意が必要です。

            年会費 無料
            ブランド Mastercard
            還元率(通常) 0.3%~0.6%
            申込条件 満20歳以上

            出典:http://www.lifecard.co.jp/lp/lifecard-dp/

            セゾンカードインターナショナル

             

            セゾンカードインターナショナルは、利用上限額100万円のキャッシング機能が付帯されたクレジットカードです。セブンイレブンなどのコンビニに設置されたATMで簡単に利用することができます。

            ATMの利用手数料はいつでも0円なので、時間帯を気にすることなく借り入れが可能です。海外キャッシングやオンラインキャッシングもできるので、旅先でも安心です。

            年会費 無料
            ブランド Visa/Mastercard/JCB
            還元率(通常) 0.5%
            申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

            出典:https://www.saisoncard.co.jp/lineup/cp/

            まとめ

            今回は、突然の出費にも安心なクレジットカード付帯のキャッシングについて紹介しました。キャッシング枠のあるクレジットカードは多く存在します。

            カードローンに比べるとクレジットカードのキャッシングは気軽に利用できるというメリットがあります。10万円以下の借入であれば、クレジットカードのキャッシングが最適です。

            海外キャッシングやオンラインキャッシングなど、クレジットカードにはさまざまなサービスが用意されているものもあります。急な出費に備えて、キャッシングの利用ができるカードを1枚手元に持っておくと安心です。

            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
            ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
            ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
            ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
            おすすめの記事