カードローンとキャッシングの違いは?金利や融資スピードなどを解説

急な出費や長期の負担が予想される子供の教育費など、現金のやりくりが大変なとき、カードローンやキャッシングの利用を考える方は多いですよね。

しかし、カードローンとキャッシングの違いが分からず、混同してしまっている方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、カードローンとキャッシングの違いをわかりやすく解説していきます。

どちらが自分に適しているか判断できるよう、両サービスのメリット・デメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンとキャッシングの違いとは?

そもそも、カードローンとキャッシングとはどういったサービスなのでしょうか。

カードローン 主に金融機関が提供している「借入に特化したサービス」のこと。基本的に専用のカードを使って融資を受ける。
キャッシング カード会社が発行するクレジットカードに付帯した「キャッシング枠を利用して借入をするサービス」のこと。

カードローンとキャッシングは「現金の借入ができる」という点では、同じサービスであることが分かります。

ただ、上記の表を見て分かる通り、提供元や借入の仕組みが違います。他にも相違点は多く、主な違いとして挙げられるのは以下の5つです。

カードローンとキャッシングの主な違い
  • 金利・限度額
  • 審査から融資までの時間
  • 返済方法
  • 特典の内容
  • 入会金・年会費とATM利用手数料

自分に合ったサービスを使うためにも、違いを押さえておくことが肝心です。では、詳しく説明していきます。

カードローンとキャッシングの金利・限度額

カードローン キャッシング

 

ここではカードローンとキャッシングの金利と限度額に着目して、特徴・傾向の違いを紹介していきます。

特に金利は総返済額に影響するため、カードローンとキャッシングでどれだけ違うのか知っておくことは重要です。カードローンの金利は、比較的低く設定されていることが多いです。

 借入限度額は数十万円~数百万円までのため、キャッシングと比べると高額設定が多い傾向にあります。

一方でキャッシングの金利は、カードローンと比べると高めの場合が多いです。どの程度高いかは、後述で触れています。借入限度額は、ほとんどの場合数十万円までに設定されており、カードローンと比べると少額設定となっています。

キャッシングの場合、ショッピング枠とキャッシング枠で同じ利用枠のため、どちらか一方を使うとその分もう一方の利用可能額が減るため、注意が必要です。

では、実際のサービスを見ても、カードローンの方が金利が低く、限度額が高額なのでしょうか?具体的に比較してみましょう。

キャッシングの金利・限度額

サービス名 金利
(実質年率)
限度額
JCBカードW 14.10~18.00%
 10万~100万円(入会時)
楽天カード 18.0% 最高100万円

クレジットカード付帯のキャッシングの場合、以上のカードでは金利が14.10%~18.0%ほどとなっています。

カードローンの金利・限度額

サービス名 金利
(実質年率)
限度額
オリックスクレジット
「VIPローンカード」
1.7%〜17.8% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 1.5%~14.5% 10万~800万円
プロミス
「フリーキャッシング」
4.5%~17.8% 最高500万円

一方でカードローンは最低金利が5%以下にとどまっています。やはり、カードローンの方が金利が低い傾向にあるといえるでしょう。

 金利の違いは利息にも大きく影響するため、総返済額を抑えたいなら、なるべく低金利のものを選ぶのがおすすめです。

また、限度額に関しては、キャッシングの一般的な相場が10万~100万円であるのに対し、カードローンは多くの場合10万~800万円と、高額かつ範囲が広いことが分かります。

カード付帯のキャッシングは、ショッピング枠と同じ限度額内で利用するため、実際に借入できる金額はさらに少額になってしまう傾向にあります。

借入を考えている人は、カードローンとキャッシングどちらを使うにしても、金利と限度額の確認をすることが重要です。

カードローンとキャッシングの審査から融資までの時間

キャッシング カードローン 審査

 

現金の借入を考えている方の中には、「できるだけ早くお金が欲しい」と即日融資を求めている方も多いのではないでしょうか。

 

基本的に、カードローンは最短で即日融資可能な場合が多いです。一方で、カード付帯のキャッシングは融資まで2週間から最大1ヶ月かかる場合があります。

 

では、カードローンとクレジットカード付帯キャッシングの、審査から融資までにかかる時間をくわしく解説していきます。

 

カードローンの審査~融資までの流れ

カードローンを提供している会社は「最短即日融資」を謳っているところも多いです。ここでは、融資までの流れと実際の融資スピードについて紹介していきます。

融資までの流れ(一例)
  1. 申込
    パソコンやスマホ、窓口などから申し込む。
  2. 審査
    必要書類を提出する。通常、審査時間は最短30分~1時間程度。
  3. 契約
    審査通過後、郵送・無人契約機・窓口でローン専用カードを受け取る。
  4. 融資(借入)
    ネットや提携ATMなどで借入開始。

では、具体的な商品を例に挙げて、実際のカードローンの融資スピードを見てみましょう。

サービス名 オリックス・クレジット
「VIPローンカード」
三井住友銀行
カードローン
プロミス
「フリーキャッシング」
即日融資 可能 申込から最短60分※1 最短即日※2
審査回答 最短翌営業日 最短翌営業日※3
審査後~融資 可能 事前審査が最短15秒 最短30分

上記の通り、カードローンは即日融資が可能な場合が多いことが分かります。また、一度申し込めば、24時間365日いつでも借入が可能なところが多いです。

中には、「審査に通るか不安」という方向けに事前審査ができるサービスもあります。

初めての方が安心して申込できる仕組みになっているといえますね。

※1 審査状況によっては、審査結果の回答が翌営業日以降になる場合もあります。
※2 審査通過後、平日14:30までに契約内容の同意手続きをした場合
※3 申込の時間帯や本人確認書類の提出状況、申込完了後の確認事項等によっては融資までの時間が異なる場合があります。

クレジットカード付帯キャッシングの審査~融資までの流れ

クレジットカード付帯のキャッシングの場合、以下に当てはまる方は、すぐに借入できる場合が多いです。

  • クレジットカードを既に所有している。
  • クレジットカードの申込をする際に「キャッシング枠」を設定済み。

しかし、まだクレジットカードを持っていない方は、融資までの流れが以下のようになっています。

融資までの流れ(一例)
  1. 申込
    パソコンやスマホ、申込書などからクレジットカードの入会申込をする。
  2. 審査
    必要書類を提出する。一般的に、審査にかかる時間は2~4週間ほど。
  3. 契約
    審査通過後、クレジットカードが郵送で届く。
  4. 融資(借入)
    提携ATMでキャッシング利用

流れとしてはカードローンと大差ありません。ただ、新しくクレジットカードを作成する場合は発行時間があるため、実際に借入をするまで時間がかかる傾向にあります。

カードローンとキャッシングの返済方法

カードローン キャッシング 返済方法

 

カードローンにおける返済方法は、多くの場合、口座振替・提携ATMでの返済・コンビニ返済・指定口座への振込と、さまざまな方法で返済が可能です。

 

 夜間も返済可能なところが多々あるので、日中は返済に行けない方も安心です。

一方で、クレジットカード付帯のキャッシングでは、登録口座からの口座振込による返済が一般的です。

返済方式は、カードローンとクレジットカード付帯のキャッシングどちらも、主に「残高スライドリボルビング方式」をとっていることが多いです。

カードローンとキャッシングどっちを選べばいい?

ここまでカードローンとキャッシングの違いを説明してきました。「違いは分かったけど、どっちにするか決めかねる」という方は、両サービスのメリット・デメリットを見て、どちらが自分に合うか判断しましょう。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンを利用する場合のメリットとデメリットを紹介します。

メリット
  • 利用限度額の範囲内であれば、何度でもお金の借入が行える。
  • まとまった額の借入ができる。
  • 一般的に金利が低い傾向にあるため、利息を抑えられる可能性がある。

上記を見ると、カードローンであれば、急に大きい額のお金が必要になったときでも対応可能な点がメリットといえます。また、金利が低く、利息が抑えられる点も借りる側にとって嬉しい利点です。

デメリット
  • 他のローンの審査に影響する可能性がある。
  • 借り過ぎてしまう可能性がある。
  • 月々の返済額を低く設定すると、その分返済が長期化してしまう場合がある。

一方でデメリットとして、借入限度額内で何度でも自由に借入できる反面、借金をしているという感覚が鈍ったり、気軽に借入をしてしまう恐れがあります

ただし、計画的な利用・返済を心掛けていれば問題にはならないデメリットといえるでしょう。

こんな人はカードローンがおすすめ!

クレジットカード キャッシング (1)

メリットやデメリットを知っても、カードローンが自分に適しているのか、ハッキリと判断できないかと思います。

そこで、カードローンで借入をした方々の利用目的をもとに、どのような人にカードローンが適しているのか具体的に解説していきます。まず、カードローンはどのような理由で利用されることが多いのでしょうか。

カードローンを利用する理由(例)
  • 旅行代金に充てるため
  • 急な冠婚葬祭で支出が増加したため
  • 失業や転職などによって収入が減少したため
  • 資格取得や語学勉強などの自己投資に充てるため
  • 結婚や出産などで費用がかさんだだめ
  • 養育費や介護費に充てるため

20代以下~30代の方は自己投資を目的としていることが多く、30代以降は急病やケガなどのハプニング・結婚や出産といったライフイベントによる利用が多いようです。

 

では、実際の利用目的や前述したメリットをもとに、カードローンの利用が向いている方の具体例を挙げていきます。

カードローンの利用が向いている方の具体例
  • 付き合いが多く、旅行などに頻繁に行く方
  • 結婚や子供の出産のために、家計のやりくりに余裕を持たせたい方
  • リフォーム費用など比較的高額な支払い予定がある方
  • 子供の教育費に充てたい方
  • 家族の介護費に充てたい方

金利の低さや借入限度額が高い点を踏まえると、長期間お金が必要な方や高額な借入をしたい方に向いているでしょう。

カードローンであれば、ローンカードを作ることで何度でも借入が可能ですし、借入限度額が高い傾向にあるため若い方からご年配の方まで各世代のライフイベントに沿った利用ができるといえます。

クレジットカード付帯キャッシングのメリット・デメリット

では、クレジットカード付帯キャッシングのメリット・デメリットはどうでしょうか。

メリット
  • 利用限度額内であれば何度でも借入可能。
  • クレジットカードがあればポイント還元やその他付帯サービスを利用できる。
  • クレジットカードを作成する際にキャッシング枠も申し込んでいれば、基本的に融資までスムーズな場合が多い。

上記以外にも、クレジットカード1枚で買い物も借入もできる点はメリットといえます。

デメリット
  • まとまった金額を借り入れるとショッピング枠を圧迫してしまう。
  • 借入を繰り返すと借金へのハードルが低くなる可能性がある。
  • 高額のお金が必要なときには利用しづらい。
  • 不正利用時の補償が無い場合がある。

一方でデメリットは、カードローンと同様に借金への感覚が鈍る可能性があることが挙げられます。また、キャッシング利用時に登録した暗証番号で不正利用された場合、原則として補償対象とならない点もデメリットといえます。

 

 スキミング等の場合は補償対象です。

 

補償されないとなると不安があるかもしれませんが、暗証番号を推測されにくいものにするなど、セキュリティ面では工夫をしましょう。

こんな人はキャッシングがおすすめ!

カードローンとキャッシング、どちらもメリット・デメリットはさまざまで、利用上のリスクは同程度です。

キャッシングのメリット・デメリットを踏まえると、短期的にお金が必要な方、少額のお金が必要な方、同時にクレジットカードのポイントを貯めたい方には、キャッシングがおすすめといえます。

まとめ

ここまでカードローンとキャッシングの違いを解説してきました。それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるため、自分の目的に沿って使い分けることが大事です。

この記事のポイント
  • 高額な借入ならカードローンがおすすめ
  • 少額の借入ならクレジットカード付帯のキャッシングがおすすめ
  • どちらを利用するか迷ったらメリット・デメリット、金利、融資スピード、利用目的を考えて選択する

カードローンとキャッシング、どちらを利用するにしても、自身が返済可能な範囲で借入をすることが大事です。

 

実際に融資を受けたら、計画的に返済するよう心掛けましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事