飛行機

航空会社のANAが提供しているANAマイルは、沢山貯めることで航空券に交換できたりと、嬉しい特典が多くあります。

最近では、飛行機に乗らずにマイルを貯める「陸マイラー」と呼ばれる方も増えてきました。

ANAマイルを効率的に貯めるには、クレジットカードの利用がおすすめです。

そこで、今回はおすすめのANAカードを紹介します。さらにANAマイルを貯めやすいクレジットカードもご紹介します。

マイルに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

ANAカードは飛行機好きはもちろん、旅行好きな人も持っていて損はないクレジットカードの一つです。

マイルを貯めたい場合、各クレジットカードのポイントをANAマイルに交換する方法もありますが、ANAカードを持つことでANAカードならではの特典やメリットが適用されます。

ANAカードのおすすめポイント
  • 「入会特典」や毎年の更新でもらえる「継続特典マイル」がある
  • 搭乗時に搭乗ボーナスマイルが加算される
  • 還元率2.0%の高還元のカードがある
  • お買い物ポイントをマイルに交換できる
  • カードの種類が多く自分に合ったものが選べる

ANAカード以外のカードはこれらの特典がないこと、さらにマイル還元率が低いため、マイルを貯めたい場合はある程度の利用額が必要となります。

マイルを貯めたい人は、他のクレジットカードでマイルを貯めるのではなく、ANAカードで特典をフル活用したほうが効率的でしょう。

 ANAカードの中でもPASMOやSuicaの機能がついた「交通系IC一体型」のカードは、買い物だけでなく交通機関の支払いにも利用ができます。

例えば、PASMO機能が付帯した「ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)」など。買い物のほかに東京メトロの乗車でもポイントを貯められ、貯めたポイントはANAマイルに交換できます。

とくにメトロポイントはマイルへの交換率が90%と高く、東京メトロユーザーには特におすすめです。

ANAマイルが貯まるクレジットカードの最強候補は?

数多くあるANAカードの中でも、特にマイルが貯めやすいカードはANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)です。

交通に便利なPASMO一体型になっているカードで、

  • 買い物で貯まる「OkiDokiポイント」
  • 東京メトロや電子マネーの利用で貯まる「メトロポイント」
  • 「ANAマイル」

3つのポイントを貯めることができます。もちろんこれらの各ポイントはマイルへの交換が可能。

 通常のANAカードに比べ、日常生活で使うサービスでポイントが貯まるため、無駄なくマイルへ集約できます。

ソラチカゴールドカードで貯まるマイル・ポイント

ソラチカゴールドカードは、カードランクが「ゴールドカード」なので特典の優遇や各ポイントの還元率が高く、よりマイルを貯めやすいでしょう。

貯まるマイル・ポイント例
  • 入会特典マイル:2,000マイル
  • 継続特典マイル:2,000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:25%
  • 買い物ポイント:1,000円=1ポイント=10マイル※移行手数料なし
  • メトロポイント:1乗車平日20ポイント/休日40ポイント

航空券に変える際の1マイルの価値は、3〜20円と言われています。

ソラチカゴールドカードなら、継続特典だけでも最低6,000円分還元してくれていることになるため、年会費はかかるものの特別高いわけでもないですね。

特に普段東京メトロを利用する方は、メトロポイントの還元率にも注目です。
 メトロポイントは平日1乗車につき20ポイントで通常の4倍、休日なら40ポイントで通常の2.7倍になります。

最強候補のANAマイルが貯まるクレジットカード3選

クレジットカード

まずは、おすすめしたい以下の3つのANAカードを紹介します。

ANAマイルが貯まりやすい3つのカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA VISAワイドゴールド

それぞれの特徴を理解して、自分に合ったANAカードをゲットしましょう。

ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)

ソラチカゴールドカード

ソラチカゴールドカードは、PASMOとANAカードが業務提携して発行している、クレジットカードです。

 入会時と更新時には、2,000ボーナスマイルをもらうことができます。

買い物だけではなく、東京メトロの乗車でポイントをもらうことも可能です。

通常年会費が5,500円(税込)かかる「10マイルコース」ですが、ソラチカゴールドカードは無料で登録できます

年会費 15,400円(税込)
ブランド JCB
還元率(通常) 1.0%~2.0%
申込条件 満20歳以上

出典:https://www.ANA.co.jp/ja/jp/amc/promo/sorachika_gold/

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ソラチカカード

ソラチカカードは、ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードです。

貯まったポイントは1ポイントを5マイルに交換できますが、年会費5,500円(税込)の「10マイルコース」に入会すれば、1ポイント=10マイルに交換可能です。

その他、搭乗時にもボーナスマイルをもらうことができます。

年会費を抑えつつ、マイルを効率的に貯めたい方におすすめのカードです。
年会費 2,200円(税込・初年度無料)
ブランド JCB
還元率(通常) 0.5%~1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.to-me-card.jp/admission/tome-ANA/index.html

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールド

ANA VISA ワイドゴールドは、入会時と更新時には、2,000ボーナスマイルをもらうことができるクレジットカードです。

電子マネー・iDや、楽天Edyなどの決済ツールもカードに追加できます。少額決済を行う機会が多い方にとっては、便利な機能だと言えるでしょう。

貯まったポイントは、1ポイントを2マイルと交換ができます。

また最高5,000万円の海外・国内旅行保険や、ANAスカイホリデーの優待割引など、旅行に役立つ特典が満載です。

年会費 15,400円(税込)
ブランド Mastercard/Visa
還元率(通常) 1.0%~2.0%
申込条件 満20歳以上

出典:https://www.smbc-card.com/mem/nyukai/pop/card_ANAwidegold.jsp

陸マイラーにおすすめ!ANAマイルに特化したクレジットカード2選

ANA

ANAマイルを効率的に貯めたい方におすすめの、ANAマイルに特化したクレジットカードを紹介します。

通常の還元率だけでなくボーナスマイルも獲得できるため、効率的にANAマイルが貯まります。

SPGアメックスカード

SPGアメックスカード

SPGアメックスカードは、ホテルの宿泊でポイントが貯まる、旅行に特化したクレジットカードです。

 更新時には、ホテルの無料宿泊特典をもらうことができます。

ANAマイルには、3ポイントを1マイルに交換することが可能です。

不定期にレートアップキャンペーンが開催されているので、公式サイトをチェックしておきましょう。
年会費 34,100円(税込)
ブランド AMEX
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/starwood-preferred-guest-card/

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カードのカード機能はそのままに、ANAマイレージクラブカード機能を搭載したクレジットカードです。

空港カウンターの搭乗手続きが不要なスキップサービスが利用できます。

選べるANAマイルコースと、楽天ポイントコースの2つが用意されており、途中で変更することも可能です。

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB/AMEX
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/

年会費無料!ポイントをANAマイルと交換できるクレジットカード4選

ANAマイルを貯めることはもちろん「ポイントも貯めたい!」という方におすすめの、クレジットカードを紹介します。

還元率が高いものを厳選しているので、参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、2,000ポイントを1,000マイル分のANAマイルに交換することができます。

 メンバーシップ・リワード ANAコースへの登録で、1,000ポイント=1,000マイルになります。

ポイントを有効期限内に使いきれるか心配な方は、無料のボーナスポイントプログラムへの参加をおすすめします。

年会費 31,900円(税込)
ブランド AMEX
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満20歳以上
\合計4万ポイントゲットできる/
アメックスゴールドカード
申し込みはこちら

出典:https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/

JCB CARD W

JCB CARD W_新券面

JCB CARD Wで貯まったポイントは、1ポイント=3ANAマイルに交換可能です。

通常の還元率はJCB一般カードの2倍なので、効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

しかし、入会は18歳〜39歳限定なため、早めに申し込むことがおすすめです。

年会費 無料
ブランド JCB
還元率(通常) 1.0%
申込条件 満18歳~39歳
\ポイント常に2倍〜最大20倍/
JCB CARD W
無料申し込みはこちら

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオングループの買い物でポイントの還元率が2倍になる、お得なクレジットカードです。

毎月20日・30日のお客様感謝デーでは、5%割引で買い物ができます。

 貯まったポイントはANAマイルに交換できますが、ANAと業務提携していないため、直接の交換はできません。

そのため、複数のポインを経由してANAマイルに交換することが必要です。

年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.5%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:https://www.aeon.co.jp/

ライフカード

ライフカード-Master青

ライフカードは、貯まったポイントは1ポイントを2.5マイルに交換することができる、クレジットカードです。

 1度の交換時の上限ポイント数はなく、手数料も無料で交換できます。

その他ライフカードでは、ステージ制のポイントアップサービスや、誕生日月にポイント3倍など、還元率アップのプログラムが多数用意されています。

買い物で使えば使うほど、お得になるカードです。
年会費 無料
ブランド Visa/Mastercard/JCB
還元率(通常) 0.3%
申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

出典:http://www.lifecard.co.jp/

4種類のANAカード

クレジットカード

お得にマイルが貯まるANAカードは、グレード別に4つの種類に分類することができます。主な種類は、以下の通りです。

① 一般カード

クレジットカード

ANAに搭乗する機会が、年に1~2回の方におすすめです。入会・更新時には、1,000マイルをもらうことができます。

一般カードの例
  • ANA Tokyo POINT ClubQ PASMO
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) など

もえらる特典が比較的少ない分、年会費が安いメリットがあります。

② ワイドカード

空港

ワイドカードとは、一般カードとゴールドカードの間のランクのカードです。

ワイドカードの例
  • ANA VISA ワイドカード
  • ANA JCB ワイドカード など

入会・更新時には、2,000マイルを獲得できます。毎回の搭乗でもらえるボーナスは、フライトマイルの25%分です。

もらえるマイルは一般カードよりも増えますが、マイル還元率は一般カードと同じになります。

③ ゴールドカード

クレジットカード

飛行機に乗る機会の多い方や、より効率的にマイルを貯めたい方は、ゴールドカードがおすすめです。

ゴールドカードの例
  • ANA VISA ワイドゴールドカード
  • ANA JCB ワイドゴールドカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード) など

ワイドカードと異なる点としては、通常6,600円(税込)程度の年会費がかかる10マイルコースが、無料で利用できることが挙げられます。

還元率を無料で上げられるので、よりマイルが貯まりやすいでしょう。

海外旅行保険も、最高5,000万円~1億円が付帯されていることが多いです。

 ただし、年会費は1万円以上かかるものがほとんどです。

あまりカードを使わない方にとっては、年会費分の元を取るのが難しいでしょう。
\合計4万ポイントゲットできる/
アメックスゴールドカード
申し込みはこちら

④ プレミアムカード

ブラックカード

数あるANAカードの中でも、最上級のランクであるプレミアムカードは、年会費も高額です。数万円〜、中には数十万円ほど必要なカードもあります。

プレミアムカードの例
  • ANAカードプレミアム
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANAダイナース プレミアムカード など

上記3つのカードは比較的年会費が高額な分、受けられる特典は豪華だと言えます。

 入会時・更新時には10,000マイルをもらうことができる場合もあります。

飛行機に乗れば乗るほど、お得になりますね。

また、世界中1,400以上の主要空港のラウンジサービスが利用できる「プライオリティ・パス」は、無料で利用できます。

ANAの上級会員や、プレミアムクラス利用者のみが利用できる「ANAラウンジ」も使うことができます。

最高1億円の海外旅行保険に加え、専用のコンシェルジュサービスや手荷物無料宅配サービスなど、旅行に役立つ豪華な特典が満載です。

ANAカードを選ぶ際の比較ポイント

ANAカードは種類が多く、年会費や特典などカードによって異なるため、どのカードにしたらいいかわからないという人もいるでしょう。

そこでANAカードを選ぶ際に、比較すべきポイントが4つあります。生活や優先順位を考えて、自分に合ったベストな1枚を見極めましょう。

1. マイル還元率(ポイント還元率)

カードを利用した金額に対して、どのくらいのマイルが貯まるかを示した指標です。

カードの種類によって還元率は変わりますが、基本的にゴールドやプラチナといった高ステータスカードのほうが高い還元率となり、ポイントは貯めやすくなっています。

還元率を上げるコースの選択が可能なカードもありますが、有料となるケースが多いです。

2. 搭乗ボーナスマイル

同じ1区間の搭乗でも、通常のフライトマイルに上乗せされる「搭乗ボーナス」で貯まるマイルは、カードによって大きく変わります。

 搭乗ボーナスの例:一般カード=10%、ゴールドカード=25%

ある程度飛行機に乗る予定がある人は、搭乗ボーナスマイルの付与率が高いカードの方がお得です。

3. 日常の使い道で活用できるか

自分の生活に合ったANAカードを選ぶことで、マイルが貯めやすくなります。

買い物はもちろん、電子マネーチャージや交通機関の利用など、日常生活でANAカードで使えればクレジットカードを1枚にまとめるのも一つの方法です。

4. 年会費

ANAカードの年会費は、無料のものから数万円するものと幅広いラインナップが特徴です。

年会費は安いに越したことはありませんが、年会費分の特典も加味して選択すると、効率よくマイルを貯めることができます。

 飛行機に乗る機会が多い人、年間のカード決済額が大きい人は年会費問わず特典や還元率を計算してカードを選ぶ方がいいでしょう。

ANAマイルの3つの使い道

空港

貯まったANAポイントは、さまざまな使い道が用意されています。

ここからは、ANAマイルが貯まった際に利用できる特典を紹介します。

1. 特典航空券に交換する

航空チケット

特典航空券とは、通常の支払い方法ではなくマイルで交換できる航空券のことです。

交換の際に必要なANAマイルの数は、主に3つのシーズンによって変動します。

シーズン 日にち(2022年版)
ローシーズン
  • 1月4日~2月28日
  • 4月1日~4月27日
  • 12月1日~12月22日
レギュラー
シーズン
  • 3月1日~3月10日
  • 5月9日~8月4日
  • 8月22日~11月30日
ハイシーズン
  • 1月1日~1月3日
  • 3月11日~3月31日
  • 4月28日~5月8日
  • 8月5日~8月21日
  • 12月23日~12月31日

シーズンの指定日は、年によって異なるため公式HPで確認が必要です。
 毎年上記よりも指定日は多いですが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、例年よりも指定日が少なくなっています。

国内線・国際線の特典航空券に必要なマイル数

空港

まずは、国内線の特典航空券を取得する際に、必要なマイル数の目安を紹介します。

路線 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
東京-大阪 5,000マイル 6,000マイル 7,500マイル
東京-札幌 6,000マイル 7,500マイル 9,000マイル
東京-沖縄 7.000マイル 9,000マイル 10,500マイル

次に、国際線の特典航空券を取得する際に、必要なマイル数の目安です。

路線 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
東京-バンコク 17,000マイル 20,000マイル 23,000マイル
東京-ロサンゼルス 30,000マイル 35,000マイル 38,000マイル
東京-パリ 45.000マイル 55,000マイル 60,000マイル

ローシーズと比べると、ハイシーズンにはより多くのANAマイルが必要であることが分かります。
 少しでもお得に特典航空券を手に入れるなら、ローシーズやレギュラーシーズンが狙い目です。

2. 座席をアップグレードする

座席

貯めたANAマイルで、予約する座席をプレミアムクラスにアップグレードすることが可能です。申請は、搭乗の2日前からできます。

アップグレードにかかるマイル数は、距離や区間によって異なりますが、片道12,000マイル〜

出発の24時間前までに、申し込みが必要ですよ。

ANAマイルを貯めることで、普段なかなか乗ることができない、プレミアムな座席を楽しむことができます。なおANAに限らず、スターアライアンス加盟航空会社のフライトでも座席のアップグレードが可能です。

ANAマイルで座席をアップグレードする際の注意点

飛行機

ANAマイル不足分を、現金で支払うことはできません。必要なマイル数を貯めてから、利用するようにしましょう。

 ツアーに含まれている格安航空券などは、アップグレードの対象にならないので、注意が必要です。

フライトの当日は、ゆったりとした座席で快適な空の旅を楽しみましょう。

3. 提携各社のポイントに交換する

お金

一般的にマイルには有効期限があり、せっかく貯めたANAマイルも使わなければ失効してしまいます。

 期限までの間に旅行に行く機会がない方は、提携各社のポイントに交換しましょう。

以下に、ANAマイルで交換できるポイントや商品の一部を紹介します。

交換できるポイントと商品例
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • iTunesギフトコード
  • ザ・ペニンシュラ東京のお食事クーポン

期限までに飛行機に乗らないからと諦めず、上記の商品の交換に活用しましょう。

お得に利用するためにも、ANAマイルは有効期限内に全て使い切りましょう。

ANAカードに関するよくある質問

年会費無料でおすすめのANAカードは?

「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

初年度年会費が無料で、2年目以降は2,200円の年会費がかかってしまいますが、継続特典で1,000マイル付与されることや使いやすさを加味すると、年会費以上の価値が見込めるカードです。

例えば継続特典の「更新時にもらえるマイル」については1,000マイル。1マイルの価値が3〜20円と言われていることを考えると、この特典だけでも約3,000円以上の価値があり、年会費は実質無料となります。

マイルを貯めやすいANAカードは?

「ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD」です。

継続特典が2,000マイル、搭乗ボーナスマイルが25%と、マイルの貯まりやすさが魅力的です。また東京メトロの「メトロポイント」の付与率も高くなり、東京メトロユーザーは特にマイルが貯まりやすいカードでしょう。

お得なキャンペーンがあるANAカードは?

「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。

いま入会すると「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」で最大60,000マイル、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」ではなんと最大122,000マイルと大量のマイルを獲得することができます(2022年4月5日時点)

飛行機に乗らずにマイルを貯めたい人におすすめのカードは?

「ANA To Me CARD PASMO JCB(GOLD)」や「ANA VISA Suicaカード」です。

「交通系IC一体型カード」の特徴は、交通機関の利用でポイントを貯めることができるという点です。JRユーザーはSuica、東京メトロユーザーはPASMO機能付きが使いやすいです。

中でも「ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD」は、東京メトロ独自のメトロポイントも還元率が高く、マイルを貯めやすくなっています。

買い物も移動も1枚のカードに集約できるため、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めやすいカードです。

まとめ

今回は、ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードを紹介しました。

ANAマイルを効率よく貯めるためには、ANAマイルが貯まりやすいカードを日々使用することが大切です。

貯まったマイルは航空券と交換できるのはもちろん、各種ポイントと交換することも可能です。交換レートはカードによって異なるので、しっかりとチェックしておきましょう。

ANAが発行していないカードでも、還元率が高いカードかつマイルと交換できるポイントであれば、間接的ではありますがマイルを貯めることができます。

この機会に、ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードを新しく作って、ショッピングを楽しみながらお得にマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事